年間休日とは、会社・企業ごとに決まっている一年間の休日のことです。 カレンダー通りの休日が当てはまる会社・企業もあれば、職種によっては当てはまらないこともあります。 休日が規則的、不規則的、どのような場合も、一年間の休日の合計を「年間休日」といいます。 労働基準法35条1項により、使用者は労働者に、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならないという決まりはありますが、「年間休日は〇〇日以上 … 一方、労働者平均では 108.7 日となっており、日本全体の企業平均に近い数字といえるでしょう。 金融・保険業. 逆に年間休日が少ない業界は、下記になりました。 上記3業種は、平均の年間休日日数が118日を超えています。先ほど平均年間休日は105日とお伝えしましたが、その日数よりも13日も多い休日数です。 年間休日が少ない業界. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カレンダー通りの休日が当てはまる会社・企業もあれば、職種によっては当てはまらないこともあります。, 休日が規則的、不規則的、どのような場合も、一年間の休日の合計を「年間休日」といいます。, しかし、労働基準法で「年間休日は〇〇日以上」などと決められているわけではありませんので、その日数は会社・企業によって異なります。, 年間休日の起算日は法律などで特に決まっていませんので、ここでは、1月1日を起算日とした場合と、4月1日を起算日とした場合について調べてみました。, ※5月1日が祝日になり、その前日と翌日が国民の休日となり、ゴールデンウィークが10連休、また、10月22日が祝日になると仮定しています。, そして、土日に重ならない祝日・振替休日17日を104日にプラスすると土日祝日は121日になります。, 官公庁や、国家公務員、地方公務員、多くの会社・企業が12月29日~1月3日を年末年始休暇にしていますので、ここではその日数を数えますが、2019年は12月29日が日曜日なので、12月28日(土)から休みになると考えます。, 2019年1月1日(火)~1月3日(木)までの3日、2019年12月28日(土)~12月31日(火)までの4日、合計7日(内1日は元日と、2日は土日と重なります)です。, 国家公務員の場合はお盆休みというものはなく、夏の間に取得する夏季休暇が3日間あります。, 地方公務員の場合もお盆休みというものはなく、その日数は自治体によって異なり、平均して3日~5日ほど休みを取っているようです。, ちなみに、2019年のお盆みは、8月10日(土)、8月11日(日・山の日)、8月12日(月・振替休日)、8月13日(火)~8月16日(金)、8月17日(土)、8月18日(日)となり、9連休になります。, 土日祝日121日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる2日も加算しない。)+夏季休暇3日=128日, 土日祝日121日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる2日も加算しない。)+夏季休暇3~5日程度=128日~130日程度, 土日祝日121日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる2日間も加算しない。)+お盆休み4日=129日, 職種によっては週休二日制(1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上のこと)や日曜日のみお休みの場合もあると思います。, そこでお休みが日曜日と祝日、年末年始休暇、お盆休みだけの会社を想定して計算してみると, そのうち、日曜日に重ならない祝日・振替休日19日ですので52日に加算すると日祝日は71日になります。, 日祝日71日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。日曜日に重なる1日も加算しない。)+お盆休み4日=79日, 土日に重ならない祝日・振替休日18日を104日にプラスすると土日祝日は122日になります。, 官公庁や、国家公務員、地方公務員、多くの会社・企業が12月29日~1月3日を年末年始休暇にしていますので、ここではその日数を数えますが、2019年は12月29日が日曜日なので、12月28日(土)から休みになると考え、2020年は1月4日が土曜日なので、1月5日(日)まで休みになると考えます。, 2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)までの9日(内1日は元日と、4日は土日と重なります)です。, 土日祝日122日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる4日間も加算しない。)+夏季休暇3日=129日, 土日祝日122日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる4日間も加算しない。)+夏季休暇3~5日程度=129日~131日程度, 土日祝日122日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる2日間も加算しない。)+お盆休み4日=129日, そのうち、日曜日に重ならない祝日・振替休日20日ですので52日に加算すると日祝日は72日になります。, 日祝日72日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる2日間も加算しない。)+お盆休み4日=80日, さらに、2019年のお盆休みは、山の日や土日の並びの関係で9連休になるようですよ!, 会社や企業など、勤務先によって休みの規定が異なりますので、必ずしもこの日数のお休みがあるわけではありませんので、就業規則などを確認してくださいね!, […] 2019年の年間休日日数は何日? https://jpnculture.net/nenkankyuujitu2/ […]. 退職する際に必要な「退職届(願)」は、封筒に入れて提出するもの。しかし、どんな封筒を選ぶべきか、どう書くべきか、郵送する場合はどうすべきかについては... 「向いていないかも」と感じる仕事を続けるべきなのか、メンタルヘルスの専門家がアドバイス。向いていない仕事にやりがいを見いだす方法や、仕事の向き不向き... 昇給とは年次や勤続年数などに応じて賃金が上がること。なかでも定期昇給制度は多くの企業が採用しており、「今の職場に勤め続ければどのくらい給料が上がるか... 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。, 退職願・退職届・辞表の違いと書き方・渡し方・封筒への入れ方(退職願・退職届テンプレート), 【2020年版】年間休日とは? 平均日数・多い業種ランキングと転職時注意したい休日記載, 夏季休暇・年末年始休暇などが会社の就業規則に定められている場合、年間休日に含まれる, 年間休日数の平均は108.9日(2019年調査)。2020年の土日祝の日数は120日. この記事では年間休日に含まれるものや平均日数、2020年休日数などを解説します。そのほか年間休日が多い業種ランキング(2020年版)や、求人情報を見る時に気を付けたい年間休日以外の休みに関する制度の説明も併せて参考にしてくださいね! 応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!, 転職活動で求人情報を見ていると「年間休日120日」など、休日についての記載があります。しかし、「夏季休暇や有給休暇は年間休日に入るの?」「日数が書いてあっても多いのか少ないのか判断できない」など、分からないことがあるという人も多いのではないでしょうか。そこで、2020年最新データをもとに年間休日に含まれるものや平均日数、転職にあたり注意すべき休日表記などを解説します。, 「年間休日」とは、会社が定める1年間の休日数を指します。あくまで会社の規則によるため、会社によって異なります。ただし、労働基準法には会社に対して「法定休日は毎週少なくとも1日、または4週を通じて4日以上」「労働時間の上限は週40時間」と定めた条項があり、これらから逆算すると、「会社が確保すべき年間休日の最低日数」を以下のように算出することができます。, まず、1年365日÷週7日=約52週、これに1週間の労働時間の上限40時間を掛けることで、会社が従業員を1年間で労働させることができる上限時間は、2085.7時間だと分かります。また、同じく労働基準法に「1日に8時間を超えて労働させてはならない」とも定められていることから、2085.7時間を1日8時間で割ると、1年間の最大労働日数が算出されます。, 1年間の最大労働日数260日を1年365日から引けば、年間休日数の最低ラインは「105日」ということが分かります。, とはいえ、この105日は1日の労働時間が8時間とした場合ですので、例えば会社が定める所定労働時間が7時間であれば、最大労働日数は2085.7時間÷7時間=298日となり、年間休日数の最低ラインは67日になります。「年間休日67日」は少なく感じるかもしれませんが、4週4日の法定休日、週40時間の労働時間上限共にクリアしているため法律上は問題ありません。このように、所定労働時間が短い場合には年間休日が少なくなります。, 毎週の定められた休日数に加え、会社が就業規則で「休日(公休日)」と定めていれば夏季休暇、年末年始休暇も年間休日に含まれます。国民の祝日をはじめ、ゴールデンウイーク休暇、シルバーウイーク休暇、会社創立記念日なども同様です。, 年次有給休暇は、労働基準法で定められた「法定の休暇」ではあるものの、会社が定める公休日ではありません。また、同じ会社で働いていても人によって付与される日数や取得できる時期が異なり、年間取得日数には個人差があることから、年間休日に含まれていません。, 会社で取得できる休暇には、労働基準法では定められていないが、会社が独自に導入している「法定外の休暇」もあります。「慶弔休暇」「結婚休暇」「リフレッシュ休暇」「バースデー休暇」などがそれにあたります。これらの休暇取得も個人差があるので、年間休日数には含まれていません。 金融業や保険業の年間休日数は、企業平均で 120.4 日、労働者平均は 121.4 日と、 it 業界と並ぶ水準となっています。 1年のうち、どれくらいの日数が休日なのかご存知ですか? カレンダー通りなら、土日祝日のほかに年末年始休暇やお盆休み、学校や会社によっては、創立記念日なども休日になるかもしれませんね。 2019年は、今上天皇のご退位や新天皇の即位などがあり、この年限りの祝日が増えるようです! ≫慶弔休暇とは? 有給? 取得できる日数は?, ここまでの解説で年間休日に含まれるもの、含まれないものは分かったと思いますが、具体的な日数を示されても多いのか、少ないのか分からないという人もいるでしょう。そこで、まずは参考となる「カレンダーどおり」に土日祝を休みとした場合の休日数を数えてみましょう。, 2020年の土日は104日、土日に重ならない祝日と振替休日は16日あるため、土日祝と振替休日が公休日と会社で定められている場合、年間休日は最低でも土日104日+祝日16日=120日になります。これに会社独自の夏季休暇や年末年始休暇が合算されると、年間休日は120日以上になるケースが多く、130日を超えることもあり得ます。, このように考えると、求人情報などでよく見掛ける「年間休日120日」という基準は、カレンダーどおりくらいの頻度で休むことができ、1年のうちの約3分の1が休日です。, 一方、年間休日が105日の場合は、1年のうち土日だけでも104日ですから、土日を全部休むと祝日と年末年始はほぼ出勤となる計算です。あるいは「毎週日曜が休みで、土曜は月1回出勤、祝日は基本的には出勤」などのケース。その内訳を見ると、週1回の日曜休みは年間52日で、土曜休みは40日。これに夏季休暇、年末年始休暇など就業規則で定められた休日が13日あれば、年間休日は52日+40日+13日=105日となります。年間休日120日と比べると15日の差ですが、少なからず負担を感じることになるでしょう。, 厚生労働省が実施した「平成31年就労条件総合調査」によると、年間休日の平均日数は108.9日です。会社の規模別でみると、従業員数1,000人以上の会社では115.5日、300~999人の会社では113.3日、100~299人の会社では111.1日、30~99人の会社では107.5日となっており、「会社規模が大きくなるほど年間休日数も多くなる」という傾向があるようです。, 同調査で年間休日が120日以上ある会社の割合を見ると29.3%。ちなみにこちらも会社規模別に割合を見ると、1,000人以上の会社では49.2%と約半数であることに比べて、100~299人の会社では35.2%、30~99人の会社では25.4%に留まり、会社規模によって開きが生じています。, 年間休日の平均日数、および120日以上の会社の割合から相対的に考えても、年間休日120日の会社は休日が多いといえる一方、105日の会社は休日が少なめだと言えます。, 業種別に見ると、1位「学術研究、専門・技術サービス業」「情報通信業」、3位「金融業、保険業」は118日以上と120日に迫っているのに対し、少ない業種では100日以下と、大きく差が出る結果となりました。, 年間休日が多いからといって必ずしも毎週2日休めるわけではなく、土日祝に休めるとも限りません。年間休日数が会社によって異なるのと同様、休める日や曜日は会社ごとに異なり、必ずしも連休が取れるわけでもありません。, 例えば、求人情報を見比べてみると「完全週休2日制」や「週休2日制」などの記載があることが分かります。「完全週休2日制」とは、1年を通じて毎週2日の休みがある場合を指し、「週休2日制」とは週2日休みが毎月1回以上ある場合を指します。, つまり、「週休2日制」といっても毎週2日休めるのではなく、例えば月の1週目に2日間の休みが確保されていれば、ほかの週は週1日休みであっても「週休2日制」という扱いになります。また、「完全週休2日(土・日)」など明記されていない場合は、休める曜日は分かりませんし、週によって休みの曜日が変わることもあります。ですので、こうした「完全週休2日制」と「週休2日制」の違いを踏まえたうえで、休める曜日の記載を含めて確認すると良いでしょう。, 休みに関する不満がきっかけで転職を考えるようになった人もなかにはいるかもしれません。しかし、当然のことですが、制度や休みやすさだけのために転職するのは良くありません。, ですから、書類選考や面接で聞かれる退職理由についても、「休みが少なく、過酷な労働条件から逃れたかったから」と伝えるのは避けたほうが良いでしょう。会社側が知りたいのは前職の過酷な労働条件ではなく、応募者が「これまでの経験やスキルを発揮し、今後どのように会社に貢献してくれるか」なのです。, そのため、退職理由や志望動機を考える際には、過去の不満ではなく、これまでの経験を踏まえて応募企業で「やりたいこと」と「できること」を整理し、ポジティブに伝えることが大切です。年間休日の多さは転職を考えるきっかけの1つとして聞かれたら答えるに留め、あくまでも仕事内容や応募先にふさわしい人材だという点をアピールしましょう。, 求人情報をよく読んで応募する会社を選び、選考を通過し、内定の連絡が届いたとしても、ここで気を抜いてはいけません。「休みが多い会社」だと思っていても、休日・休暇制度などの労働条件をよく確認しないまま内定を承諾してしまうと、入社後に「意外と休みが取れない」「こんなはずではなかった」となりかねないからです。, こうした事態を避けるためにも、承諾の返事をする前に休日・休暇制度について不明点や疑問点が残っていないか、もう一度確認することが大切です。, 内定通知と一緒に「労働契約書」「労働条件通知書」「就業規則」などが送られてくるのであれば、年間休日数と合わせて休日制度や休日の曜日、年次有給休暇の日数、夏季休暇・年末年始休暇の記載内容に認識のずれがないかをチェックします。内定通知が電話による場合には、「労働契約書などは別途送っていただけるのでしょうか」と念のため確認するか、疑問に思っていることを質問しましょう。, いずれにせよ内定通知を受けたなら早めに返事をする必要があるため、休日・休暇制度を含め、労働条件で不明点があれば、あらかじめ書き出して整理しておくのがおすすめです。そうすれば、通知が来ても慌てることなく、スムーズに確認を進めることができるでしょう。, 年間休日数は会社ごとに就業規則で定められており、休日・休暇制度や休みの曜日も異なります。転職にあたり「仕事内容だけでなく、休みもきちんと取れる会社を選びたい」と考えているなら、休日・休暇制度について正しい知識を得たうえで、求人情報の記載内容をしっかりと確認することが大切です。ただし、選考では休みが多いことを志望動機として伝えるのではなく、仕事や応募先に関する内容を伝えましょう。. 求職者が会社選びをする際に重視する項目の一つに「年間休日」があるのを知っていますか。エン・ジャパンの人事のミカタによると、転職理由のベスト5に休日などに関する項目が挙げられています。, 働き方改革が推進され、「ライフワークバランス」という言葉をよく聞くようになりました。さらにブラック企業などが取り上げられやすくなるなど、働き方について敏感になっている求職者が増えている今の時代。だからこそ年間休日について、しっかり理解を深めておく必要があります。, この記事では、年間休日について、用語の説明から、最低限守るべき休日数、企業規模別・業界別平均年間休日などについて説明していきます。この記事を読めば、自社の年間休日が多いのか、少ないのか分かるはず。, この記事を読んで年間休日の見直しをしたり、また求人で魅力的なアピールなどができるようになれば幸いです。, 無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、Facebook on 求人情報、Googleしごと検索、Yahoo!しごと検索の求人サービスにも自動で掲載されます(各社の掲載条件を満たした場合)。, engage(エンゲージ)の導入社数は、30万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料), 年間休日とは、企業が定める1年間の休みの合計日数のことを指します。年間休日には、毎週の定められた休暇に加え、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、また会社で定めた定められた休暇を含みます。しかし、有給休暇などは含みません。, 企業によって、週休二日であったり、完全週休二日制であったりと毎週の休みの日数は異なります。また祝日、夏季休暇や年末年始休暇の有無、その他会社独自の休暇などがある場合もあるため、企業ごとに年間の休日日数には違いが出てきます。, もともと休日は従業員が心身ともに休めるように設置義務があり、国からも最低限設けるべき休日日数が定められています。当然、年間休日数が多いほうがゆっくり休めるということで、仕事探しの際にこの年間休日数を気にする求職者は少なくありません。一つの企業の魅力になりえるのが、年間休日です。, 先ほど、国から最低限守るべき休日日数が設けられているとお伝えしました。それでは、最低限守らなければならない法定休日とは年間何日なのでしょうか。労働基準法を見ると、第三十五条に下記のように記載されています。, 「毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない」とあります。これは、「法定休日」と呼ばれるもので、守らなければ労働基準法違反になります。どの企業であっても守らなければならない法律です。, 週1日休みを与えればOKで、年間52週あるので最低限守るべき休日日数は52日か!と考える人もいるかもしれませんが、それは違います。, 労働基準法では「1日の労働時間は8時間以内」「週の労働時間の上限40時間」と定められているので、このルールをクリアする必要があります。, たとえば、1日8時間労働で、週6日で働いてもらった場合、週の労働時間は48時間となり、「週の労働時間の上限40時間」を超えてしまいますよね。なので、労働時間のルールをクリアしたうえで、週1日以上の年間休日のルールを設定しなければならないのです。, ここでは、比較的一般的な働き方である「1日8時間労働、週40時間労働」という働き方で最低の年間休日算出していくことにします。計算は下記のようになります。, 計算によると、守るべき最低年間休日数は105日になりました。ただし、これは1日8時間労働、週40時間労働を前提にした算出方法なので、1日7時間労働であったり、変形労働時間制などの働き方であれば、最低限の年間休日数も異なってきます。, それでは、平均的な年間休日日数はどのくらいになるのでしょうか。厚生労働省によると、平均的な年間休日数は108.9日という結果になっています。, 120日~129日の年間休日を設けている従業員1000人以上の企業は48.2%と約半数に及ぶのに対して、従業員30人~99人の企業は23.5%と倍以上の差があります。もちろん、大企業よりも休日数が多い中小企業もありますが、平均値で見ると、従業員数が大きくなるほど年間休日の数も増える傾向があると言えます。, 上記3業種は、平均の年間休日日数が118日を超えています。先ほど平均年間休日は105日とお伝えしましたが、その日数よりも13日も多い休日数です。, 私たちを支えてくれている運輸業や宿泊業・飲食サービスなどは労働集約型のビジネスなので、どうしても人に頼る部分が大きくなります。休日もそれに伴って、少なくなる傾向があるのかもしれません。こちらは年間休日100日を切る業種も出てきています。, このように、従業員の規模、業界によって年間休日は異なってくることが分かりました。大事なのは、相場を知ること。平均値を知ることで、自社はどうなのか見直すことが重要です。, 先にもお伝えしましたが、年間休日は求職者が注目する重要な部分。同業界と比べ、少ないのであれば、見直さなければ求職者を獲得するのは難しくなります。, また、年間休日が多いのであれば、それをアピールしない手はありません。なぜ他社よりも休日日数が多くできるのかまで伝えることで、その会社の休日に対する取り組み方も見えてきます。もちろん働いていくれている従業員の満足度向上のためにも、平均を知ることは重要です。, 他の業種よりも採用上の魅力になり、優秀人材を採用を後押しすることができます。もちろん休日だけで会社を決める人は少ないと思いますが、入社を後押しする1つの要素にはなります。特に平均年間休日数が少ない業種で、大きく上回れば、差別化できる要素になるでしょう。, 休みが多いことは働く従業員にとってもプラスです。心身ともにリフレッシュできる環境だからこそムリなく長く働くことができます。もちろん社員と会社をつなぎとめるものは休日だけではありませんが、1つの要因にはなるでしょう。, 休みが多くなれば、その分仕事をする時間は減るので、売上に影響が出るでしょう。特に労働集約型ビジネスの場合、人が稼働していることが重要なので、休日を多くするとその分売上に影響が出やすくなってしまいます。, 休日をしっかり確保しながらも売上を増やしていく方法を考えたり、他にはない仕組みを作ることなど、他にはないやり方を考えていく必要があります。長期的に見れば休みが増えることのインパクトは大きいので、どのような判断するのかにかかってきます。, 働いてくれる時間が長くなれば、生産量は増えるので、売上を増やすことができます。最低守るべきの休日日数で、あとは全部働いてもらえばその分売上アップに期待できます。, しかし、それでうまくいけばみんな年間休日をできるだけ少なくしますよね。売上アップを期待できる一方、リスクもはらんでいるのです。デメリットを見ていきましょう。, 退職リスクが増える働いてくれる時間を増やせば売上アップに期待できるようになりますが、社員は疲弊していきます。週1日ではとても体が休まらない…と感じてしまえば社員の退職リスクは増えるでしょう。, 退職者が増えれば、また採用しなければならず、採用コストや入社後の教育コストもかかります。そうすることで経営上はマイナスになってしまうことも。入社後3ヶ月での早期退職者の損失はおよそ200万円以上になるというデータもあります。, もちろん、休日は多ければ良いというわけではありませんが、バランスを見て適切な休日日数を設定することが経営上重要になってくるのです。, 求職者は年間休日を気にしているということを書きました。それでは、求人で募集をかける際に、魅力的な年間休日はどのくらいなのでしょうか。一般的に120日が一つの基準になるでしょう。, 転職サイトでも「年間休日120日」のフラグがあることが多く、一つの魅力的な年間休日日数になります。こうした数値を超えている場合は、求人でしっかりアピールしていくことが大事です。, また先ほどもお伝えしましたが、同業種の相場をつかむことが大事です。情報通信業は年間休日の平均が118日を超えていましたので、年間休日120日であってもそれほど抜きんでた存在になりにくいでしょう。しかし、年間休日平均が100日を切る中で120日であれば、圧倒的な魅力になります。, そうした場合は業界の平均を大きく上回ることも伝えるべきですし、なぜそれが可能なのか、どういう仕組みで実現しているのかを丁寧に説明することで、さらなる魅力を伝えることができるでしょう。, 年間休日について理解を深めたら、無料で求人を出してみませんか。エン・ジャパンが運営する『engage(エンゲージ)』を使えば、0円で求人を掲載できます。, ポイントはオンライン上で求人が出せること。その日に求人を作って掲載できます。煩わしいやり取りはありません。オンライン上で完結します。しかも何求人出しても無料。掲載中の修正も何回でも。掲載期間も無制限なので、1年中求人を出しておくこともできます。, 成功報酬もなし。つまり、0円で採用までできるのです。すでに30万社以上が利用しているサービスので安心してご利用いただけます。, engage(エンゲージ)は無料で使える採用支援ツール。無料でできることは求人掲載だけではありません。1つずつ説明していきます。, 採用活動で不可欠になっている採用サイト。制作会社に依頼すれば、制作費は数十万円~数百万円。さらに制作期間も数ヶ月。更新も手間がかかるため、保有していない企業も少なくありません。, engage(エンゲージ)であれば採用サイトを無料で作成できます。デザインテンプレートを用意しているので、テキストを入力し、好きな画像をアップロードするだけで、下記のようなサイトが作れます。プログラミングなどは一切不要。クリエイティビティを発揮して、魅力的なサイトを作ることができます。, engage(エンゲージ)でつくった求人は、IndeedやFacebookなど複数の求人サービスに自動的に掲載されます。求人の露出度がグッと高まるので、その分応募を期待できるようになります。0円で採用できる可能性があるのです。, それ以外にも、無料でエン転職の会員にスカウトメールを送れる機能や、応募者とやり取りできる機能、ビデオ面接できる機能など採用活動に関する機能が盛りだくさん。無料での利用上限はありますが、基本無料で使えるので、リスクはありません。30万社が使う理由がここにあります。, 採用に悩む経営者・人事担当者に向けて、採用ノウハウを提供しているメディアです。激変する採用手法をキャッチし、自社で活かすための具体的な方法をお届けします。無料求人掲載ならengage(エンゲージ), もともと休日は従業員が心身ともに休めるように設置義務があり、国からも最低限設けるべき休日日数が定められています。, ただし、これは1日8時間労働、週40時間労働を前提にした算出方法なので、1日7時間労働であったり、変形労働時間制などの働き方であれば、最低限の年間休日数も異なってきます。, また、年間休日が多いのであれば、それをアピールしない手はありません。なぜ他社よりも休日日数が多くできるのかまで伝えることで、その会社の休日に対する取り組み方も見えてきます。, 入社を後押しする1つの要素にはなります。特に平均年間休日数が少ない業種で、大きく上回れば、差別化できる要素になるでしょう。, 特に労働集約型ビジネスの場合、人が稼働していることが重要なので、休日を多くするとその分売上に影響が出やすくなってしまいます。, 入社後3ヶ月での早期退職者の損失はおよそ200万円以上になるというデータもあります。.