世界中に愛読者を持つミステリーの女王アガサ・クリスティーが1949年に発表した「ねじれた家」が2017年に豪華キャストで初の映画化。作品情報とネタバレを感想まで。世界的大富豪の祖父が亡くなった件で孫娘は遺産を狙う一族の中に犯人はいると思い探偵に依頼する 映画『アガサ・クリスティーねじれた家』自ら最高傑作と語った作品 アガサクリスティの映画作品は登場人物が多いですね。 なので映画の冒頭は登場人物の把握に集中することになります。 最後、僕が思ったことは「うわ、やめて!やめてーーー!!あぁぁぁ、あんまりだぁぁぁ!」だった。英語のタイトルCrooked Houseの映画。日本のタイトルの「ねじれた家」はけっして家そのものがねじれているわけではない。また原題のCrooke アガサ・クリスティー ねじれた家 現在、放送予定はありません。 ミステリーの女王A・クリスティーが自らのお気に入り作品に挙げる「ねじれた家」を、「天才作家の妻-40年目の真実-」のG・クローズ他の競演で映画化した推理群像劇。 アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵 〜パディントン発4時50分〜 サボタージュ; おしどり探偵; トミーとタペンス―2人で探偵を― オリエント急行殺人事件 (2017年) アガサ・クリスティー ねじれた家; ナイル殺人事件 (2020年) 【ホンシェルジュ】 「ミステリの女王」と呼ばれる、20世紀に活躍したイギリス生まれの推理作家、アガサ・クリスティー。彼女の作品は様々な言語に翻訳され、愛されています。彼女の作品の中から、おすすめの10作をランキング形式で選んでみました。