Favour – Favor

歴史的にみても、イギリス英語とアメリカ英語は18世紀頃まで、両国共に英語のスペルの制度はとても曖昧で詳しく決まっていませんでした。イギリスとアメリカでは、地方やエリアによって英語の発音が異なっていますので、当然の事ながら単語のスペルにもそれぞれ違いがありました。

みなさんは、「英語」と聞くとどんな英語が思い浮かびますか?日本ではアメリカ英語が主流ですが、多様化した英語は、地域によってスペルや発音などに違いがあります。今回は、代表的なアメリカ英語とイギリス英語の特徴を、歴史的背景もふまえながらご紹介していきます。

アメリカ英語では「take」、イギリス英語では「have」を使う表現, アメリカ英語とイギリス英語の表記の揺れの大半は語末の数文字で生じています。ガラッと変わるパターンは稀です。, つづりが部分的に変わるパターン、前後の並び順が逆転するパターン、特定の母音や文字が含まれたり省かれたりするパターンなどがあります。, 「ズ」のような発音の際には S もしくは Z が用いて表記する場合があり、 後に英語と呼ばれる言語が、現在のイギリスが置かれるブリテン島で生まれたのは、およそ西暦5世紀の頃だとされます。 その昔、ジュート人、サクソン人、アングル人といったゲルマン系民族が、新天地を求めて現在のデンマークとドイツ北部から北海を渡ってこの島へやってきました。 当時のブリテン島ではケルト系の先住民「ブリトン人」達によって、ケルト語とその方言が使われていましたが、ゲルマン民族の侵攻を受 … 以下いずれかの方法で会員登録してください。, 8月27日(木)〜8月28日(金)社員研修のため、いただきましたお問い合わせは8月29日(土)以降順次回答いたします。何卒ご了承ください。, 8月13日(木)~16日(日)は夏季休暇となります。休業期間中に頂きましたお問い合わせは8月17日(月)以降順次対応いたします。何卒ご了承ください。, 7月10日(金)は社員研修のため、いただきましたお問い合わせは7月11日(土)以降順次回答いたします。何卒ご了承ください。, ゴールデンウィーク中、5月2日(土)〜5月6日(水)の営業時間は13:00-17:00とさせて頂きます。, School Withでは10月末にオフィスの移転を予定しています。11月中は東京・渋谷の仮オフィスでのご面談となりますが、お気軽にお問い合わせください!.

アメリカ留学前の準備の流れ, 一方、「アメリカの英語はちょっと自分には合わないのかな?」と感じた方は、発音のキレイな他の国を検討してみましょう。, 主要な英語圏では、英語の訛りの少ないキレイな英語が魅力のカナダや、伝統的なクイーンズイングリッシュが学べるイギリスがおすすめなので、以下記事を参考にしてみてください。 「ス」のような発音の際には S か、 C を用いて表記する場合があります。, オーガナイズ → organize 、organise

アメリカ英語とイギリス英語には「明るいL」と「暗いL」の使い分けに違いがありますが、「schedule」のように語末に「l」の音が来る場合には、どちらも「暗いL」、つまり「ゥ」に近い音になります。, アメリカ英語では「təméɪṭoʊ」、イギリス英語では「təmάːtəʊ」と発音します。それぞれ、「タメイトゥ」と「タマァトゥ」に近い発音です。, アメリカ英語では「vάɪṭəmɪn」、イギリス英語では「vítṭəmɪn」と発音します。それぞれ、「ヴァイタミン」と「ヴィタミン」に近い発音です。, これらの発音の違いは決して厳密なルールに縛られているものではありません。アメリカ人がイギリス英語風の発音をすることも、イギリス人がアメリカ英語風の発音をすることもあります。また、どちらの発音が通じないというようなこともあまりありません。, 「トイレ・お手洗い」を言い表すのに、カナダ、アメリカ、イギリスとそれぞれ別の言い方をします。カナダ英語では一般的に「washroom」と呼ばれます。「お手洗い」をそのまま直訳した感じで日本人にとってもすんなりと理解できる単語だと思います。アメリカでは「bathroom」と呼ぶ人が多いです。, アメリカ・カナダ両方とも家はユニットバスが基本でシャワーもトイレも一緒の部屋になっているという背景があってbathroomでも通じるのですが、ただ公共の場ではもちろんトイレのみのため、「bathroom」と聞くとおかしいと感じるようです。, イギリス英語ではpublic toilet、またはlavatoryと呼ばれます。アメリカ・カナダでは日本の「トイレ」と言っても通じない場合がありますので注意が必要です。, もしアメリカの英語が問題ないと感じた方は、本格的に留学について考えてみましょう。以下のページでアメリカ留学の準備の流れを紹介しているので、参考にしてみてください。 Centre – Center

ライセンス → licence、license, アメリカ英語とイギリス英語の間には発音が異なる単語も多くあります。ただし発音の違いは綴りの微妙な違いとはほぼ連動しません。, organize も organise  も、center も centre も、発音は同じと考えてまず問題ありません。, 発音の米英の違いに注意を払うべき単語は「綴りが同じで発音が違う」代物です。これは綴りの違いとは切り離して扱ってよいでしょう。, アメリカおよびイギリス以外の国では、歴史的にイギリス連邦と密接な関係を有している国・地域についてはイギリス英語を基にする傾向があります。たとえば、オーストラリアやニュージーランドは綴りも含めてイギリス英語寄りです。, カナダはアメリカ英語とイギリス英語のどちらの綴りも導入されており、米英どちらの綴りが主に用いられているかは単語によってマチマチです。, center や theater を典型とする「語末の-er」パターンは、使用頻度の高い単語も多く含まれており、最もよく見るパターンのひとつです。, アメリカ式英語では語尾が -er になる単語の一部が、イギリス式英語では -re と綴られます。, maneuver と manoeuvre は語末だけでなく半ばにある母音も表記が違ってくる例外的な単語です。, なお、接尾辞としての -er は米英共通で -er の綴りが揺らぎません。比較級の接尾辞 -er 、あるいは「~する者」という意味を付与する接尾辞の -er などは、あくまでも -er であり、-re になったりはしません。, たとえば、player(選手)は英国式英語でも player と綴ります。 playre と綴るようなことは、ありません。, color と colour にみられる表記の違いも、アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いを意識するきっかけとなりやすい典型的な部分です。, アメリカ式英語では語尾を –or とつづるところを、イギリス式英語では our とつづることがあります。, 基本的には語尾の綴りが変わるパターンですが、例外的に単語の半ばの字が同じパターンで変化する場合があります。たとえば favorite  と favourite (お気に入りの)は代表的な例でしょう。, 実は、 -or と -our ではアメリカ式英語の -or の方が英語としては根源的な表記であるという説があります。11世紀頃にフランスがイングランドを支配下に置いた「ノルマン・コンクエスト」(The Norman Conquest)の影響で、英語で語尾を -or と綴られていた語が少なからずフランス語式の表記である -our に揃うように綴られるようになり、以後イングランドでは -our の綴りを踏襲するようになった(他方アメリカでは -or に回帰する流れが生じた)とされています。, 「-ize」または「-ise」は名詞を動詞化する接尾辞であり、該当する語が多岐にわたります。, 基本的にアメリカ英語が -ize 、イギリス英語の場合は -ise 。ただし昨今ではイギリス英語でも -ize の綴りを用いる例が増えつつあるようです。他方、国連や EU の公文書では -ise と綴られる場合もあり、国際的には -ise のほうが標準に近そうという部分もあります。, -ize / -ise を加えて動詞化した語に、さらに接尾辞 -tion を加えて名詞化する、という語形変化パターンがありますが、この場合も綴りの違いは踏襲され保持されます。, つまり、アメリカ英語の organize は organization に、イギリス英語の organise は organisation と変化します。, ちなみに「~主義」を意味する接尾辞 -ism は、-ize 形の動詞の名詞形として用いられることがあるものの、-izm の形を取ることはなく -ism と綴られます。例えば organism(有機体)は米英関係なく organism です。, -yze と -yse は、 -ize と -ise のマイナー版のような組み合わせです。基本的な扱いも、名詞化した際の変化の仕方も同様です。, -ize / -ise と比べると、-yze / -yse の綴りが用いられる語はかなり限られてきます。, これも意外と頻出ワードを多く含むパターン。アメリカ英語が –ense 、イギリス英語が –ence と綴ります。, pretence は動詞 pretend の名詞形です。pretend は「~のふりをする」といった意味。, なお、licence  / license は、名詞としては米英の綴りの違いがあるものの、動詞(「認可する」「ライセンスを付与する」)として用いる場合は、イギリス英語でも -ence ではなく license の表記を用いるほうが一般的です。, practice にも licence と同じような変化パターンが見られます。こちらの場合、名詞としてはアメリカ英語もイギリス英語も基本的に practice と綴られます。動詞として用いる場合はイギリス英語における主な綴りが practise になります。, ちなみに、「アドバイス」(advise / advice)や デバイス(device / devise)といった語は、アメリカ英語かイギリス英語かを問わず、名詞なら advice と綴り、動詞の用法なら advise と綴られます。, いわゆる「アナログ」や「カタログ」に当たる語です。アメリカ英語は –og 、イギリス英語は ogue と綴ります。, 語尾の綴りが gue の語には tongue(舌)、league(リーグ)、vague(漠然とした)などの単語もありますが、これはアメリカ英語もイギリス英語も同様に表記し、かつ、ともに ue を発音しません。, 語尾の L (エル)の前に母音をもつ動詞(cancel など)が進行形や過去形へ変形する際、アメリカ英語ではそのまま ing や ed が加えられますが、 Copyright©

Colour – Color アメリカ英語(米国式英語)とイギリス英語(英国式英語)では、同じ単語だけれどスペル(綴り)が微妙に異なる場合があります。たとえば center と centre 。あるいは、color と colour 。 米国英語と英国英語におけるスペルの違いには、ある程度の法則性が見いだせます。 17世紀の初め、イングランドの人々がアメリカに移住し始めました。彼らはイングランドから遠く離れた所に住むこととなりましたが、英語のスタイルにそれほど違いはありませんでした。異なるアクセントや方言は発展していきましたが、話し方に関してはイングランドで使われていた英語と変わりはありませんでした。しかし1776年の独立戦争時、アメリカはイングランドから独立します。, 実際にはこの数年後から始まり、ある辞書がアメリカ英語が始まる要因となり、影響を与えることとなるのです。, 16世紀と17世紀にイングランドで書かれた辞書が多く、最初に影響力を与えた辞書は1755年に出版されました。これは「A Dictionary of the English Language」と呼ばれ、サミュエル・ジョンソンという人物によって書かれたものでした。彼より前に出版されていた辞書もいくつかありましたが、彼が大きな成功を成し遂げたために、サミュエル・ジョンソンは世界初の英語辞典を書いた人物であると未だに誤解され続けているのです。この辞書はこれからの150年間も一般的な辞書として残され続けるでしょう。, また一方のアメリカでは、ノア・ウェブスターという男性が1806年にアメリカで初の英語辞典を出版しており、彼は「Merriam-Webster dictionary」の要因となった人物です。, 1812年にアメリカがカナダを侵略した時、アメリカ人は再びイギリス人と争いました。これは多くのアメリカ人が、さらに強い反英国の気持ちを持つことに繋がっていました。政府を含む多くのアメリカ人は、イギリス人とは違う個性が欲しいと感じていたのです。これは英語での話し方も含め、多くの点でイギリス人と自分自身(アメリカ人)を区別したいという感情を強めていったのです。, また、ノア・ウェブスターはアメリカには独自の英語が必要だと考えていました。彼は1807年に「An American Dictionary of the English Language」と呼ばれる新しい辞書の作成に取り掛かりました。彼は多くの単語の綴りを変更したいと考え、そのスペルを発音に近づけるよう変えたのです。, 青:イギリス英語 赤:アメリカ英語

アメリカ英語の歴史は古くイギリスからの移民がアメリカに渡った1600年代以降400年以上の長きに渡り使用されてきました。 イギリスとアメリカは大陸も離れているため、個々に異なる特徴を持って成長していきました。 アメリカ英語(米国式英語)とイギリス英語(英国式英語)では、同じ単語だけれどスペル(綴り)が微妙に異なる場合があります。たとえば center と centre 。あるいは、color と colour 。, 米国英語と英国英語におけるスペルの違いには、ある程度の法則性が見いだせます。Oxford Dictionaries あらため「LEXICO」 ウェブサイトの「 American and British spelling 」などが上手くまとめてくれていますので、ぜひ参照してみてください。, この手の表記揺れは、べつに曖昧な把握でも英会話に支障を来すことはそうそうありません。でも英語を学んでいく過程では遅かれ早かれ遭遇することになる知識でもあります。早めに接して意識しておくと、後々役立つでしょう。 17世紀の初め、イングランドの人々がアメリカに移住し始めました。彼らはイングランドから遠く離れた所に住むこととなりましたが、英語のスタイルにそれほど違いはありませんでした。異なるアクセントや方言は発展していきましたが、話し方に関してはイングランドで使われていた英語と変わりはありませんでした。しかし1776年の独立戦争時、アメリカはイングランドから独立します。 では、アメリカ英語は1776年から話されるようになったのでしょうか? 実際にはこの数年後から始まり、ある辞書 … EIKOKU GO , Organise – Organize, しかしこれらが変えられることはなく、ウェブスターは1828年、ついに自身の新しい辞書を出版することとなります。, アメリカには独自の英語辞典があり、人々はここに書かれているものを標準的な単語の綴りとして使うようになっていきます。間もなくして、多様な方法でアメリカ英語はイギリス英語から大きく変化していきました。. 2020 All Rights Reserved. 語学留学に興味がある方であれば、アメリカ英語やイギリス英語の違いについて一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?, 日本語にも方言があるように、英語は国や文化によって異なります。英語は大きくアメリカ英語とイギリス英語に分けられ、様々な特徴があります。, こちらではそのアメリカ英語の特徴や地域ごとの違い、イギリス英語やカナダ英語とどう違うのかといったことをお伝えいたします。, アメリカ英語とはアメリカ合衆国で使用されている英語のことを言います。アメリカ英語は大きく北部の方言と南部の方言に分けられ、東海岸と西海岸によっても違いがあります。, 世界的に公用語を英語としている国のほとんどはイギリス英語を基本としていますが、一部フィリピンなどはアメリカ英語を公用語しています。, 日本では学校で習う英語や街中で見かける英語は全てアメリカ英語となっており、日本人には大変馴染み深いものです。しかし、世界的にはイギリス英語も広く普及しており、違いを理解しておくことは非常に重要です。, 英語は元々イギリスで誕生し、移民によってアメリカに伝わりました。アメリカ英語は移民によって元々の英語が伝わりましたが、発祥の地イギリスではより発達した英語となったという説があります。, また、イギリス英語が地域ごとに大きな差がある一方で、アメリカ英語はそこまで大きな違いはありません。アメリカ英語の歴史は古くイギリスからの移民がアメリカに渡った1600年代以降400年以上の長きに渡り使用されてきました。, イギリスとアメリカは大陸も離れているため、個々に異なる特徴を持って成長していきました。そのため、イントネーションや単語の綴りに至るまで、様々な面で変化し使われるようになったのです。, カナダ英語はイギリス英語ともアメリカ英語とも異なる特徴を持ちます。カナダ英語では綴りに関してはイギリス英語寄りですが発音に関してはアメリカ英語に近い発音となっています。, カナダ英語とアメリカ英語の発音が似ているのは、1776年から1793年の間にアメリカ独立革命を逃れて当時イギリスの領土であったカナダに大量流入した亡命集団がカナダ英語の基盤となっているためです。, 王党派と呼ばれる亡命集団の一派は、アメリカ合衆国の中北部から北上してきた人々ですが、アメリカでも同じ中北部から西部開拓が始まり、アメリカ英語がアメリカ全土に広まっていきました。ですのでルーツは同じ地域に住む人々から始まっています。, 対してカナダ英語がイギリス寄りの綴りをする背景は、教育の影響が大きいそうです。アメリカから逃れてきた王党派はどうにかしてイギリスに近い状態でいようと試みました。その結果として、イギリスの教育者や権威者がイギリス綴りやイギリス文法を学校で教えるようにしました。, このようにして発音はアメリカ寄りですが、綴りはイギリス寄りという特殊な状態が生まれたようです。カナダ英語の綴りは多くの場合はイギリス英語と同じですが、一部アメリカ英語と同じ綴りをするものもあります。, まずイギリス英語と同じ綴りの代表的な例として、アメリカ英語では単語が「-or」、「-er」で終わるもの。イギリス英語では「-our」、「-re」と表記されます。(例:colour、cheque、centre、metre), ただアメリカと同じ綴りを用いる場合もあり、末尾が「-ize」「-yze」で終わる単語についてはアメリカと同じ綴りが使われています。(例:realize、paralyze), 綴りについては政治・経済の影響もあり、例えば「tire」はアメリカ式の綴りが使われますが、これは自動車産業がアメリカ中心で、アメリカとの取引が多いためだそうです。対して金融機関はイギリスとの関係が密のため、「cheque」はイギリス式が使われるようです。, 英語の発音はアメリカ英語とイギリス英語で異なります。アメリカ英語では、母音の後にRの綴りがある単語で、母音のあとの/r/を発音するR音性的な(rhoticあるいはr-full)発音となります。, これに対して、イギリス英語では同様の綴りで/r/を発音しない非R音性的な(non-rhoticあるいはr-less)発音をします。また、アメリカは広大な土地であるにもかかわらず、東部方言の発音やいわゆる「南部なまり」を除いては、発音の地域差はあまりありません。単語のスペルと発音の関係についてもアメリカ英語には特徴があります。, アメリカ英語ではイギリス英語に比べスペル通りの発音をしないことがあります。例えば、「t」が二つ並んだ綴りの場合、アメリカ英語ではスペル通りに発音しない場合があります。一方でイギリス英語では「t」はそのまま「t」で発音します。, このような発音の違いがあるので、日本人はイギリス英語の方が発音しやすいとされています。基本的には、アメリカ英語での発音はスペルとは少し違う音で発音することや、Rを強調して発音するといった傾向が強いとされています。, したがって、アメリカ英語を学習する際に気を付けなければならないのは、イギリス英語との違いを理解し、単語はスペル通りに発音されないこともあるので、スペルだけを見て発音するのではなく、ネイティブの発音をしっかりと把握した上で、注意して発音することが重要です。, アメリカ英語とイギリス英語では、大きく発音が異なる単語が存在します。例えば前述の通り「r」の発音が大きく異なっていたり、「t」を発音するかどうかが異なっています。, また、アメリカ英語での母音「a」の発音が、イギリス英語においては「ɔ」になる違いが見られたりもします。ところが、このような一定の法則にすら当てはまらない大きな違いを持つ単語も存在します。, アメリカ英語では「fɪléɪ」、イギリス英語では「fílɪt」と発音します。それぞれ、「フィレィ」と「フィリト」に近い発音です。イギリス英語の方が綴りにより忠実で、アメリカ英語が由来となったフランス語に近い発音になります。, アメリカ英語では「déɪṭə」、イギリス英語では「dˈæṭə」と発音します。イギリス英語の方が「ダータ」に近い発音になります。, アメリカ英語では「ˈɔːfən」、イギリス英語では「ˈɔːftən」と発音します。それぞれ、「オーフン」と「オフトゥン」に近い発音です。, アメリカ英語では「skédʒuːl」、イギリス英語では「ʃédjuːl」と発音します。それぞれ、「スケジューゥ」と「シェジューゥ」に近い発音です。

イギリス英語では lling や lled のように L を重ねた上で、 ing や ed が加えられます。, 典型パターンとしてグループ化できる表現の他にもアメリカ英語とイギリス英語で綴りの異なる単語はあります。, たとえば whiskey と whisky (ウィスキー)、 yogurt と yoghurt (ヨーグルト)、あるいは tire と tyre (タイヤ)なども米英で表記の違いのある単語です。, 「小切手」は check と cheque。cheque にはフランス語っぽさを感じます。, また、 elevator と lift のように、同じ対象を指すのに単語がまったく異なる場合もあります。, テストで「スペル theater か theatre のどっちのだったっけ」迷ったとき、実はどっちも正解なのです。, これらの違いの法則を覚えてしまうことで、今後混乱しないように、また、混乱している友人を見かけたら実はどっちも正解であるということを伝えてることができるかもしれません。, また、もちろんイギリス人がアメリカ式スペルを、アメリカ人がイギリス式スペルを見たときにはそれが向こうのスペルであることには気づきます。しかし、街中で見かけるスペルなどはその国のスペル方法を踏襲しているので、どちらの国に行ってもしっかりと対応できるようにしましょう。, 昨今ではイギリス英語でも -ize の綴りを用いる例が増えつつあるようです。他方、国連や EU の公文書では -ise と綴られる場合もあり、国際的には -ise のほうが標準に近そうという部分もあります。. カナダ英語の特徴とアメリカ英語との違い

イギリス英語の特徴とアメリカ英語との違い, 日本人留学生に一番人気のアメリカ。世界最先端のエンタメ、スポーツ、テクノロジーを求めて世界中から人が集まるので、いろんな文化に触れながら英語を学ぶことができます。, お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!, School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!, 学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。, サイト内の文章、画像等の著作物は株式会社スクールウィズに属します。文章・写真などの複製及び無断転載を禁じます。, 会員登録は無料!30秒で完了します。