イギリス王室が抱えている公務は毎年3000件以上にのぼる 。 2016年現在、イギリス王室で公務を分担する王族は20人を数える。王室で生まれた王子や王女はもとより、男性王族に嫁いできた女性たちもすぐに公務に携わるようになる。 「GLOBE+」を一層お楽しみいただけるサービスをご提供します。, おすすめのニュース、取材余話、イベントの優先案内など イギリス王室(イギリスおうしつ、英: British Royal Family)は、イギリスの君主および王族の総称。, 王族の範囲に関する明確な定義は存在しないが、少なくとも Her Majesty(HM, 陛下〈王妃〉)や His/Her Royal Highness(HRH, 殿下)の敬称を持つ人物は、一般的に王族であると考えられている。そこで有力な指針のひとつとされているのが、1917年11月にジョージ5世により発表された、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称の運用方針を定めた勅許状である。これによると、王子・王女の身分と陛下・殿下の敬称は、国王、国王の子供、国王の息子の子、プリンス・オブ・ウェールズの長男の長男に与えられるものとされている。, ただし、出生時に王族と認められなくても、王位の継承など時がたてば国王またはその近親になることが確実である人物が存在しうる場合などには、必要に応じて王族の範囲が広げられる場合がある。, たとえば、1948年にエリザベス王女(当時)の第一子で長男チャールズが誕生した時、チャールズは国王ジョージ6世の女系の孫であったため本来ならば王族とはならないが、状況からしてチャールズが将来次期国王に即位することは確実であったため、勅令によってチャールズは王子となった。, 1952年以降、女王エリザベス2世在位中の近年でいえば、プリンス・オブ・ウェールズの長男の全ての子が王子・王女の身分と殿下の敬称を与えるように勅許が与えられた。これは、女王エリザベス2世の孫の一人で王位継承権第2位のウィリアム王子が結婚し、女王在位中の曾孫たる第3王位継承者の誕生(ジョージ・オブ・ケンブリッジ王子:2013年生)が現実味を帯び、またそれと同時期に王位継承法が改正され、「兄弟姉妹間男子優先制」から「長子優先制」に変わったことから、プリンス・オブ・ウェールズの長男の第一子が女子であっても、自動的に王位を継承することになったためである。, なお、プリンス・オブ・ウェールズの次男サセックス公爵ヘンリー王子の子女は、「女王在位中は王子・王女の身分を有さない立場」にあり、「現プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ王太子が新国王に即位した際には王子・王女の身分を与えられる」という特異な立場にあるが、この時点でプリンス・オブ・ウェールズの長男の子女以外の、女王の曾孫に身分・敬称を与える旨の勅許や法改正案は出ていない。新たな勅許等が出ない限り、慣例によりサセックス公爵の長男アーチー(2019年生)は「ダンバートン伯爵」の儀礼称号で呼ばれ、女子や次男以下の男子はロード(Lord)、レディー(Lady)の儀礼敬称をつけて呼ばれる。, また、これらの敬称を持つ男性王族と結婚した女性は、夫の爵位・称号に対応する夫人としての称号を与えられ、陛下や殿下の敬称を冠して呼ばれる。一方、女性王族と結婚した男性は、特別に爵位・称号を賜らない限り、称号や王族特有の敬称を名乗ることができない。エリザベス2世の夫であるフィリップ王配は、結婚時にエディンバラ公爵位と殿下の敬称をエリザベス2世の父ジョージ6世から賜り、エリザベス2世から「プリンス (prince)」の称号を授けられたため、His Royal Highness The Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵フィリップ王子殿下)と呼ばれる。しかし、アン王女の夫であるティモシー・ローレンスは、結婚時に特別の爵位や敬称を賜っていないため、結婚後も軍人としての肩書きであるVice-Admiral(海軍中将)で呼ばれている。, 2016年現在、イギリス王室で公務を分担する王族は20人を数える。王室で生まれた王子や王女はもとより、男性王族に嫁いできた女性たちもすぐに公務に携わるようになる。この20人の王族のうち、実にその半数の10人が女性王族で、彼女たちだけで900に近い団体の長を務めている[1]。, 英国で現在、陛下または殿下の敬称を名乗っている、もしくは名乗る権利がある人々は、次の通りである。女王のみが Her Majesty を冠して呼ばれ、その他はウェセックス伯爵の子供を除き His/Her Royal Highness の敬称を冠して呼ばれている。エディンバラ公爵は、1917年の勅許状が定めるプリンスではないが、前述のとおり、特別に出された勅許状により1947年に殿下 (His Royal Highness) の敬称を、1957年にプリンスの身分を賜った。, ウェセックス伯爵夫妻の長女ルイーズ及び長男ジェームズは、1917年の勅許状によると、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗る権利を持っているが、ウェセックス伯爵夫妻の結婚時に、夫妻の希望を汲む形で、エリザベス2世が「ウェセックス伯爵夫妻の子供は、王子・王女の身分と殿下の敬称を名乗らない」と宣言したため、この身分と敬称を用いない。ルイーズは、The Lady Louise Windsor(ルイーズ・ウィンザー令嬢)という一般的な伯爵の娘としての呼称で呼ばれている。ジェームズは、ウェセックス伯爵の継嗣として、「セヴァーン子爵」の儀礼称号を称しており、敬称はLord(卿)を用いる。, 王子と結婚し、プリンセス (princess) の身分とHer Royal Highnessの敬称を得たが、その後離婚した人物は、以下の通り(存命のみ)。, なお、チャールズ(ウェールズ大公)の最初の妻で1996年に離婚したダイアナ・スペンサーは、離婚後もイギリス王室の一員であると見なされ、王族としての責務を果たした。王室は、彼女が「ウェールズ大公妃」(プリンセス・オヴ・ウェールズ)を名乗り続けること、そしてケンジントン宮殿に住み続けること (Grace and Favour)に同意した。[要出典]これは一般に女性が離婚後も前夫の名字を名乗り続ける慣行による。, 次の人物は、1917年の勅許状によると王子・王女の身分が与えられず、殿下の敬称を名乗る権利がなく、実際に名乗っていないが、王族として扱われることがある。, 米国フォーブス誌によると、バッキンガム宮殿や王冠などの国有財産を除く、エリザベス女王の個人資産は、5億ドルと推計されている。また、イギリスの国有財産であるバッキンガム宮殿の資産価値は50億ドル、王室が所有する不動産の価値は100億ドルと推計されている[2]。, イギリス王室はDuchy of LancasterとDuchy of Cornwallの二つの王族公領を所有している。, Duchy of Lancasterは462km²の広さがあり、2011年においてその価値は3億8319万ポンドと推計されている。また、2011年においてDuchy of Lancasterの利益は1338万ポンドであった[3]。, Duchy of Cornwallは540.9km²の広さがあり、2010年においてその価値は6億7700万ポンドと推計されている。また、2010年においてDuchy of Cornwallの利益は1720万ポンドであった[4]。, 1997年、ブレア労働党政権のコスト削減により王室専用ヨットのブリタニア号 「GLOBE+」を一層お楽しみいただけるサービスをご提供します。, このWebサイトの全ての機能を利用するためにはJavaScriptを有効にする必要があります。, 死んだペットが10万ドルでよみがえる(文字どおり) クローン犬誕生の現場に立ち会った【動画あり】, 【募集終了】これからのビジネスコミュニケーションを考える「GLOBE+ TALK」10月3日(木)開催!. イギリスの女王エリザベス2世の純資産は5~6億ドルだが、ヨーロッパで最も裕福な王族ではない。ヨーロッパの王族の中には、その純資産が数十億ドルにのぼるケースもある。純資産の額に基づく、ヨーロッパで最も裕福な王族の上位10人をランキング形式で 日本に住んでいれば、日々生きていく上で必要になるものが何なのか把握できていますよね。家賃や食費、光熱費などなど。イギリスは先進国なので、名前も聞いたことがないというような費用は特段ありません。 (HMY Britannia) を退役させ、エリザベス女王が公衆の面前で涙を見せる。, イギリスの場合には、女性王族が結婚により「臣籍降嫁」し、それ以降は基本的に公務に携わらないということはない。現女王の長女であるアン王女は、英国オリンピック委員会総裁など340もの団体の長を務め、年間の公務も600件を超える。これは兄チャールズ王太子に次ぐ多忙さを意味する[1]。, ウェセックス王国、ノルマン朝、プランタジネット朝、ランカスター朝、ヨーク朝、テューダー朝、ステュアート朝、ハノーヴァー朝、サクス=コバーグ=ゴータ朝、ウィンザー朝、イングランドとの合併前のスコットランド王国、ウェールズ、その他フランス、ドイツ等の血筋が脈打っている。, [4] ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルバート, ジェームズ2世および7世1688-1701 / ジェームズ3世および8世1701-1766 / チャールズ3世1766-1788 / ヘンリー9世およびヘンリー1788-1807, チャールズ4世1807-1819 / ヴィクター1819-1824 / メアリー3世および2世1824-1840, ロバートおよびロバート4世1919-1955 / アルバート1955-1996 / フランシス2世1996-現在, “Just How Rich Are Queen Elizabeth And Her Family?”, http://www.forbes.com/sites/luisakroll/2011/04/22/just-how-rich-is-queen-elizabeth-and-her-family/, http://www.duchyoflancaster.com/management-and-finance-2/accounts-annual-reports-and-investments/, http://www.duchyofcornwall.org/managementandfinances_finances_analysis.htm, https://web.archive.org/web/20110501234225/http://jp.wsj.com/Life-Style/node_230012, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イギリス王室&oldid=78124994, His Royal Highness - 王子(国王の息子、国王の息子の息子、ウェールズ公の長男の長男), Her Royal Highness - 王女(国王の娘、国王の息子の娘)、王子の妃. イギリスに住む生活費. 王室の活動費は、2年前の収入の25%として計算されます。 2017年度は、15年度に訳3億440万ポンド(約430億円)の収入があったため、その25%にあたる約7610万ポンド(約107億円)を計上しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 海外移住-live-.All Rights Reserved. 英王室は税金ではなく、独自の収入源を持っています。広大な所領です。グレートブリテン島の海岸線の多くや西部ランカスター、南西部コーンワルなどに加え、ロンドン中心部のリージェント・ストリートにも土地や不動産をもち、そこから地代などが入ってくるのです。, 王室の活動費は、2年前の収入の25%として計算されます。2017年度は、15年度に訳3億440万ポンド(約430億円)の収入があったため、その25%にあたる約7610万ポンド(約107億円)を計上しました。ここには職員の人件費も含まれています。, かつては収入を国庫にいれ、その一部を王室費として国家予算から支出していましたが、国民の税金が使われているとの「誤解」を生む要因にもなっていました。そのため12年4月、収入の15%を年間活動費として国家予算に含めない形で支出する制度に変わりました。バッキンガム宮殿の修繕費を捻出するため、17年度に収入の25%に引き上げられました。残りは王室財産として蓄えられ、首相や財務相、女王手許金会計長官が管財人を務めています。, オランダの場合、公費が支出されているのは国王と王妃、前女王の3人。公開されている15年の予算額は、人件費なども含め約4000ユーロ(約52億円)でした。, 日本の皇室費は、18年度で約98億6000万円。内訳は、国賓・公賓の接遇や外国訪問といった公的活動に使う「宮廷費」が約91億7000万円、天皇家の日常生活や通常の宮中祭祀にあてる「内廷費」が約3億2000万円、皇族としての品位を保つために各宮家に支払われる「皇族費」が約3億6000万円。このほか宮内庁の人件費などが約114億7000万円。皇居や赤坂御用地、正倉院などは「皇室用財産」とされ、国に帰属しています。, ヨーロッパ、中東、アジア……今も各地に数多く残る王室。仕事を持ってきっちり稼いだり、PRのために世界を駆け回ったりと、新しい王室の姿が見えます。民主主義のもとで君主制を存続させる、彼ら彼女らのしたたかな戦略を探りました。, おすすめのニュース、取材余話、イベントの優先案内など 生活も考え方も全然違う! イギリスの階級社会とは, 階級とはいったい何でしょう? 日本ではあまりなじみのない言葉ですよね。 19世紀のヴィクトリア朝を中心としたイギリスの階級社会についてご紹介し … イギリスに移住するとなれば、そこで生活していくために必要なお金は大体把握しておきたいはず。でないと、日本でいくら貯金をしておけば良いのか、現地でどの程度のお給料が出る仕事に就けば良いのかがわからなくなります。, もちろん為替レートによって変わってきますが、ここではイギリスで暮らすためには大体いくら必要になるのかをご紹介していきます。, 1ポンドが何円になるのかによって大分と物価は変わりますが、2018年現在のところ、日本の物価より少しだけ高いかなと思っていただければ丁度良いでしょう。一時期は1ポンドが250円にかかろうかというくらいまでになり、イギリスへの旅行者は息も絶え絶えだったはずです。, ですが、今はそれも大分変わり、2018年1月31日現在では1ポンド=153.998912円と、当時と比べれば日本からイギリスへの移住者にとってかなり嬉しい状態になっています。, そうなると、イギリスで住んでいる感覚としては日本と変わらないか、それより少しだけ高いかなと思う程度です。物価や消費税が高いから住みにくいと言われますが、そこで働けばその分物価に合わせたお給料設定になっているのでそこまでの苦労は強いられません。, 余談ですが、イギリスのコインは厚みがあるので、財布は現地で購入することをオススメします。すぐに財布がパンパンにはちきれそうになってしまいますので。, イギリスに移住するとなると、当然のことながら引っ越しに関係する費用は必ず発生します。では、今から移住を考えている人が見落としがちな費用とは何でしょうか。, 移住するとなるとビザが必要になりますが、そのためにはビザ申請費用や諸費用が必要となります。ビザの種類によって大きく異なるため、自分の取得するビザ情報をこまめにネットでチェックしましょう。, かなり高い頻度で条件などが変更になるため注意しなければいけません。また、ビザの取得には大学生の交換留学であっても東京か大阪に行かなくてはならないのでその移動費もかかります。いわずもがなですが、パスポート申請費用も合わせて考えておきましょう。, 引っ越しとなると裸一貫で現地へ飛ぶ人は少ないでしょう。日本のものも少しは持っていきたいはず。ですが、飛行機に持ち込める荷物なんて少量でトランクに入るような小さなものしかありませんから、日本から荷物をイギリスに送る必要があります。, その際にかかる費用を考慮しておきましょう。引っ越し会社にもよりますが、段ボールの大きさと重さで費用が決まるため、体重計などを用意して規定の重さを超えないかどうかあらかじめチェックしておきましょう。, それを超えると費用が更に高くなってしまうため注意です。あまりにものが多いなら代行サービスを利用する手もありますが、もちろんそれにも費用がかかるので自分で行った方が安くつきます。, 日本に住んでいれば、日々生きていく上で必要になるものが何なのか把握できていますよね。家賃や食費、光熱費などなど。イギリスは先進国なので、名前も聞いたことがないというような費用は特段ありません。, 日本と同じ感覚でいられるのはメリットと言えるでしょう。その費用はどれくらいになるのか、人気主要都市であるロンドンに住む設定で見ていきましょう。, イギリスのロンドンと言えば移民も多く、仕事先も多いことから住みたいという人は多いです。その人気ぶりから家賃相場はロンドン全域を平均すると1000ポンドあたりだと言われています1ポンド=150円だとしたら約15万円ですね。, 東京に住んでいる人の感覚と地方に住んでいる人の感覚では、この捉え方は違うでしょう。ロンドンも、人気エリアだとこれより高くなりますし、穴場を見つければもっと安くなります。, 未婚者なら、シャアハウスを選んだり小さなフラット(日本でいうアパート)を選択することで家賃を安くおさめることができます。基本的にバスタブはあっても日本人ほど活用しないので、はじめからシャワーのみで妥協できるのであれば探しやすくなるでしょう。, ちなみに私はイギリスで冬を過ごしましたが、建物自体が暖かいならシャワーだけでもホカホカでした。物件探しの際には断熱性がどれくらいかを示すQ値と、気密性を示すC値を聞きたいところです。, これらは数字が低いほど良い性能なのですが、やはり数字を知っても実際に住んでみると違うなと思うことは日本でもあるので、多少運は必要です。, 食べていかなくてはいけないので食費も気になるところですが、イギリスで外食するとなると1食は大体10ポンドとなります。1500円はやはり高いと思う人が多いでしょう。あまり自炊が得意でないなら、スーパーで売っているサンドイッチがオススメです。, サンドイッチの生まれた国であるからにはどこでも売っており、文化が違う日本でもなじみのあるもので、10ポンドもしません。お昼にはちょうど良いですね。安く済ませようとするならばやはり自炊が必要で、その場合1か月にかかる食費は1人70~100ポンドくらいです。, 高くて15000円くらいですね。イギリスに住むなら現地の料理方法に加え、口に合う調味料を見つけられれば強いです。日本食が恋しくなっても、味噌や醤油を手に入れようとするとそれは輸入品になってしまうので高くついてしまいます。, ロンドンなら日本の食材が売っている専門店もありますが、日本で買ったら安いのにという感覚はしばらくぬぐえないでしょう。, イギリスの朝食はイングリッシュ・ブレックファストと呼ばれ、豆にブラックプティング、ソーセージ、目玉焼きが定番です。家庭によってはコーンフレークで軽く済ませるところも多いので、その真似をすれば朝食分は浮いてきます。, イギリスの水道代は少々変わっており、最初の半年間に使う分を先払いした後は使い放題のところが多いです。月に10~20ポンドくらいとみておけば良いでしょう。日本人がここでお得なのは、バスタブがある場合毎日お風呂に浸かっても、水が使い放題ならそれを気にせず堪能できるという点です。, その分光熱費はかかりますが、水道代が使い放題というのは魅力的ではないでしょうか。あまりお風呂に日本ほど高い性能がないのが一般的なので、人によってはすっかりイギリス流になりシャワー派になるかもしれませんが。, ロンドンのマンションで暮らす場合、光熱費は1ヶ月でおよそ150ポンド、同じようにいポンド=150円として日本円に換算すると22500円ほどと言われています。, 家の構造にもよりますが、地方で昔ながらの家に住むなら暖炉があるところもありますし、オール電化ならガス代はかかりません。イギリスだからと構えるより、その家に注目した方が安さを追求できます。, これら生活費をざっくりまとめると、1ヶ月にかかるお金は日本円で15万円ほどとなります。こうしてまとめるとやはりイギリスに住むというのは高くつきますね。スマホ代を含めてみたり、通勤までにかかるコスト、自動車維持費、コンタクトレンズの費用、医療費を考えれば更に膨らむでしょう。, ロンドンでは特に家賃は高いものの、その他は日本とそこまで大きな差はありません。節約次第で安くは住めますが、移住までにかかる費用はしっかり用意しておく必要があります。.