リミットボーナスには、リミットボーナスクラスという物が設定されています。 このリミットボーナスクラスの段階が上がることで、能力強化をできる回数が増えます。 キャラの場合は、以下の表のように、LBを取得した回数に応じてリミットボーナスクラスが上昇します。 キャラのlb は全体的に ★1 ... グラブルクイズ20問(第2弾) グラブルクイズ20問(第1弾) 魔法戦士タイムアタック; パンデモニウム最終階層攻略. グラブルのキャラ強化システム「リミットボーナス」(lb)について、ポイントの振り方、優先度など役立つ情報を掲載。ジョブとキャラ・exリミットボーナスと項目別に解説しているので、育成の際の参考にどうぞ。 ¨æˆä¾‹, 「四象降臨」黄龍・黒麒麟(PROUD+)攻略, オーキス(リミテッド)のキャラ評価, エーテリアルプラス(耳飾り)の解放方法, グラブル攻略班@神ゲー攻略Twitter, グラブル@神ゲー攻略チャンネル. リミットボーナス(旧:ゼニスパーク)を解説!強化の仕組みやジョブ/キャラによる違いに加えて、優先的に振るべき項目の説明やポイントの溜め方も掲載しています。, リミットボーナスとは「攻撃力」「防御力」「HP」といったステータスを強化できるシステム。獲得したLBで自分の好きなように強化を割り振れるのが特徴。, リミットボーナスの強化にはLBかジェムを使用する必要がある。LBはLvMAXのキャラやジョブで一定量のEXPを稼ぐことで入手できる。なお無課金でもLBは十分稼げるので、よほど特殊な事情がない限りジェムの購入/使用はオススメできない。, 強化するにはLvMAXのキャラ/ジョブに更にEXPを溜める必要があるため、本格的に手を付けるのはレベル上げが一段落してから。ハードルが高いわけではないが、最序盤は考えなくてOK。, ジョブは主人公のRank、キャラは取得したLB量に応じて『リミットボーナスクラス』が上昇していき、クラスに応じて強化できる項目数の上限が設定されている。またジョブのLBでは、ランクに応じて選択できる強化が増えていくのも特徴。, LBの強化にはリセット機能があり、既に強化したものを1段階ずつ戻すことができるので、試しに付けてみるということも可能。ただし使った分のLBは返却されないため注意しよう。, レベル最大以降のキャラを個別に強化できる要素で、強化できる項目はキャラによって違うのが特徴。各キャラごと、運用ごとに振り分けを考える必要がある。, LBは強化項目がキャラごとに異なっており、行ごとにそのキャラのタイプや種族、固有の性能によって強化内容が変わる。, 右下の『サポートアビリティ』にポイントを振ることで、『リミットボーナスアビリティ』という追加サポアビを習得することも可能。, 強化するためのポイント(LB)はキャラごとに分かれており、最大Lvで一定量経験値を入手するごとにLBが溜まる。また強化上限が決まる『クラス』もLBを稼いだ量に応じて上がっていく。(※最終解放済みのキャラは、Lvが最大でなくてもポイントが溜まる。), 強化の上限はクラスに応じて解放され、★ひとつを1個とカウントして、クラス1で4個、以降はクラス1ごとに1ずつ増加。現在はクラス15の18個が上限で、クラス自体はそれ以上も用意されているが、現状は強化できる項目がかなり限られている。, 同名キャラの場合はLB獲得量に応じたクラスが共通となっており、またLBも一定のレートで変換することができる。, 強化の内容は、ゲーム内で確認できる上の2行がそれぞれタイプ/種族に応じてそれぞれ決まっている。攻撃UPや防御UPなど、シンプルな効果が多い。, 3行目は上2行と違い、キャラの性能やアビリティに合わせた効果になっている。ピンポイントな効果もあり、そのキャラの性能をより活かせるものが多い。, 確定DA持ちや通常攻撃を行わないキャラのDAUPなど、一部強化が無意味になってしまうキャラは例外的に少し特殊な内容になっている。, ▲例としてユエルのLB。1行目が『バランス』、2行目が『エルーン』、3行目が『キャラ固有』の強化になっている。, キャラのLBは全体的に★1が最も効果が大きいものが多く、徐々に恩恵が小さくなっていく。例外はあるが、★1~2を満遍なく取得するのが効率的。, 各キャラには非常に不定期だが追加サポアビ(リミットボーナスアビリティ)も実装される。実装済みのキャラと効果内容は以下の通り。, 単純な強化だけでなく、追加でアビリティを取得できるといったジョブごとに主人公を強化できる要素。元々はゼニスパークという名前だったが、キャラのボーナスが実装された際に名称が変更された。, キャラの場合と違い、主人公は全ジョブでLBが共通。Lv20のジョブで一定の経験値を入手するとLBが獲得でき、全ジョブで使用することができる。, ポイントは共通、強化項目もほとんど同じだが、強化の割り振りはジョブごとに設定できるようになっている。逆に設定を行っていないジョブでは、他のジョブで強化してあっても恩恵は受けられない。, リミットアビリティとは、主人公のLBを消費して習得できる特殊なアビリティ。ジョブレベル20が前提となるうえ、EXアビリティと違いそのジョブでしか装備できないという制限はあるが、貴重な効果を持ったものもある。, リミットアビリティは特にクラス4で重要で、運用する際はEXアビリティとリミットアビリティを最低1個ずつ入れる必要がある。その分クラス4のリミットアビリティは強力で、同系列のクラス3のアビリティも使用できる。, © Cygames, Inc.※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶グランブルーファンタジー公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。, そのキャラに合った属性の攻撃力を上げてくれる強化で、クリティカルの次に恩恵が大きい。★3のメリットは少なめだが、属性×属性以外の編成なら★2までは振っておいてOK。, TAほど優先度は高くないが、こちらも火力面へ貢献できる効果で、★1は安定、★2も基本は振っておいてOK。スキル『三手』や連続攻撃UPなどがあると優先度は下がる。, 素の攻撃力を高める純粋な強化で、序盤は非常に恩恵が大きい。ただし装備が揃ってくると徐々に恩恵が減ること、★2以降は上昇量が少ないことから、多くても★2、基本は★1止めで。振る余裕がないキャラも多い。, 主に『自身の防御DOWN』系のデメリット、もしくは自身のHPを減らす効果を持つキャラで優先的に振るべき効果。また背水の維持などにも有用。防御面の効果なので好みは分かれるが、コストパフォーマンスは非常に良いのでポイントが余った際のオススメでもある。, ほぼ『防御』と同じと考えて良いが、特定の属性にしか効果がない点、また数値が低く防御の方が恩恵が大きい点から振る機会は少ない。一般的には防御★2ののちに振る候補。, こちらも同じく耐久面に不安があるキャラでオススメ。素のHPに加算されるため、スキル『守護』の効果が後から乗ることにより実際の表記より上昇幅は大きいことが多い。(※スキル『暴君』を使う属性や、自身のHPを減らせる場合は恩恵が少なめ。). 最終階層ボス攻略; 英雄武器一覧; 英雄武器作成方法; アーカルムの転世. 覚醒Lv 必要ジェム数; Lv2: 40: Lv3: 80: Lv4: 100: Lv5: 120: Lv6: 160: Lv7: 200: 覚醒レベルボーナスとおすすめキャラ: おすすめの使い方 緊急時の覚醒レベル上げに使用. ¦ã®å€¤ã€‚得意属性の敵に有効, 背水武器がある火、闇属性で有効, HPが維持しやすい水、光属性などで有効, かばうなどを持ったキャラに有効. キャラLB: 消費LB×20: リミットボーナス(ジョブLB)の振り方 : リミットボーナス(キャラLB)の振り方: 覚醒Lvの上昇.