2017.5.2:「ライトバズーカ」として新しいカテゴリを打ち立てたシグマの「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」の使い勝手と描写性能をまとめたページを作成しました。 個人的な評価 どうもありがとうございました。, 2014年12月より野鳥撮影にハマり現在に至ります。三脚でじっくり構えて撮るスタイルではなく、歩き回る散策型の撮影スタイルです。. カールツァイス『Makro Planar T* 2/50 ZE』レビュー&作例!神っぷりがすごい!, 『M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro』レビューと作例~その①!!, 『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO』試し撮りと気になること. ⇒シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary キヤノン用. 本体と合わせて、約1530gの重量であれば、負担もそれほどなく十分楽しめますね。, このカメラとレンズをセットで購入したとしても、一眼レフカメラ中級機くらいの そろそろオオルリもつがい相手が見つかり、撮影しにくく 一眼レフなどのレンズ交換式カメラの醍醐味は、使用レンズによって写真表現が大きく変わることだ。とはいえ、どんなレンズが最適かつ高性能なのかがカメラ本体に比べてわかりにくく、レンズ選びはなかなか難しい。もちろん、使用するカメラのマウントによって使えるレンズは限られるし、どんな種類(広角、望遠、マクロ、高倍率ズームなど)のレンズが必要かも、撮影する被写体や撮りたいイメージによって大きく変わってくる。, さらに、交換レンズにはカメラメーカー純正品だけでなく、レンズメーカーの製品も数多く存在している。そこで今回は、10万円以下のレンズに絞って、筆者が“優秀だけどお買い得”と感じている10本をノミネート。特に優秀な5本については、実際に使用した感想をもとに順位付けした。今回は、第2位のレンズを発表!, ■第5位はあの高倍率ズーム! 「これは売れるだろうなぁ」と感じる描写と携帯性と価格。”社外製レンズ(sd Quattroにとっては純正)”というポイントを考慮してもおススメできるもので、このスペックをこの価格帯で切り込んできたシグマには素直に拍手を送りたい。 SIGMAの100-400mmレンズが欲しいなぁと思って早1年。そうこう思っているうちにTAMRONから似たようなレンズが出て来たので比較してみたりもしたが、ついに決意してレンズを買った。, そして選んだのが、最初に選択肢に浮上したSIGMAの100-400mm F5-6.3 DG OS HSM。どっちがいいかなぁ~とか悩んでおきながら、最終的にこっちのレンズを選んだ理由、それは, ただそれだけ。TAMRONは70-300mmを持ってるし、結局比較してもほとんど一緒なのだから、使ったことのないメーカーのレンズを所有してみたかったのだ。, 簡素ながらしっかりとレンズは梱包されてた。飾り気はないけど真っ白な箱で清潔感がある。中にはレンズの他に、保証書や取扱説明書が付属していた。, 肝心のレンズは長さ182mm・最大径86mm・フィルター径67mmでかなり存在感がある。軽量化を意識してプラスチックを多用したレンズなので、マットなボディで高級感はあんまりない。といってもチャチな印象はなく、それなりの堅牢さは感じられる。重量は1.1kgあるだけあって結構ずしっと来る。レンズを伸ばさない状態では重心位置はレンズのちょうど中心であるピントリングの前側か、あるいはそこより若干マウント側にある感じ。レンズを伸ばすとズームリングの後ろ側に重心位置が来る。, ついでに言うけど前玉・後玉のキャップは正直カッコよくない。そこのカッコよさは求めてないけども。, ズームリング/ピントリングはキャノンレンズと同じく反時計回りに回すことで望遠/遠くへピントを当てることができる。両リングとも適度なトルク感があり、かつ硬くて操作できないということはない。ただ回す時に若干擦れる音がする。直進ズームはとてもスムーズにできる。, AFなどのスライドスイッチはレンズ左側面に集約。どれも適度なクリック感があり操作はしやすく、不意にずれてしまうほどスライドスイッチが緩くはない。ただカメラバッグから取り出す際にずれてしまう可能性はあるので、固定で使うにしてもチェックは必要かと。SIGMA USB DOCK使用時に使えるカスタムモードの切り替えスイッチも搭載。, またズームロックスイッチもある(写真左側の「LOCK」)が、固定できるのは100mmのみ。使うにしても持ち運びするときぐらいかな…。, レンズのマウント面にゴム製のシーリングが付いていて、これで簡易的ではあるが防塵・防滴構造としている。実際にカメラボディに装着すると、このシーリングが隙間にピタリと覆いかぶさってくれる。ただ、あるだけましではあるが頼りなさそうな印象なので、雨天時のレインカバーは必須だと思う。, 付属しているフードは、下にプリントされている文字からもわかるように、贅沢にもこのレンズ専用品。最大径は約96mm(実寸)と大型で、根本以外はほぼ円筒形。樹脂製なので軽い。, レンズを装着すると、100mmの状態でマウント面~フード先端までで約245mm(実寸)とさらなる存在感を示す。, またフードの根元は指を掛けやすいように凹んでいるので、直進ズームをとてもしやすい。というよりも、直進ズームをしやすくするためのフード形状になっている。, フードを逆付け出来るが、それでも前玉・後玉のキャップをつけた状態での長さは203mm(実寸)とそこそこ大きい。この長さゆえに、これまで使っていたカメラバッグに縦で収まらなくなってしまった…。収納には意外と注意が必要かも。, このレンズを買う人は70-300mmの上位互換として買う人が多いと思うので、TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(A005)と並べてみる。並べると余計にSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMの大きさが際立つ。重さも400g上乗せなのでずしっと来る。, 僕が使っているEOS 80Dと組み合わせると総重量は2kg近くになり、レンズもそれなりの長さになるので、片手で持ったりするのはだいぶ厳しい。両手でしっかりと構えれば、特に男性であればそこまで重たいわけではないので慣れれば大丈夫。三脚座がないレンズだが十分に撮影できる。, 写真はブログ用に縮小しているので描写の緻密さはそこまで伝わらないと思うが、解像度は非常によく、絞り開放のJPEG撮って出しでも変な色収差も見当たらないので、とても気持ちがいい。葉っぱの葉脈一本一本が見える、とまでは言わないが、それぐらいの印象。前ボケ・後ろボケもきれい。, 気になるAFスピードはTAMRON 70-300(A005)よりは圧倒的に速く静かでスムーズ。ただ完全に無音で駆動するわけではない。また標準状態だと、特にピントが外れている場合に動き出しに迷いがある感じでワンテンポ遅れる。でもある程度ピントがあった状態からならスッとフォーカスが当たるのでそこまで不満はない。フォーカスロックすればかなり精度は上がるので、撮りたいものの距離がある程度決まっているのであればフォーカスロックを使用すべき。, 一方で気になるのは手振れ補正(OS)で、400mm(APS-C換算640mm)で動いているものを適当に撮ると、そこまでがっちり補正してくれないため少しぶれる。しかもそのブレは大きな画面で見て分かる程度の軽微なブレだからタチが悪い。デフォルト状態で使うときのOS設定はモード2(縦方向のブレのみ吸収 / 流し撮り用)ではなくモード1(縦横のブレに対応)じゃないと辛い。モード1であればそこそこブレを抑えられる。しっかり構えればそこまで問題はないけども、僕が撮りたいスピードが速い物だと難しいかもしれない。, というわけでファーストインプレッションとしては「かなりいい!」という感じ。まとめると、, という感じ。いざ本当に撮影したいものを撮った時にどうなるかはわからないが、手振れ補正さえ改善できれば大満足のレンズだ。これからガシガシ使ってさらに様子を見ていきたい。, へと変更。つまりはAFの動き出しを速くし、手振れ補正がしっかり効くように設定した。, AFは動き出しからスッと動くようになった。が、その一方でとりあえず動いてからピントが合っているかどうかを確認するようになるためか、必ずしもピントが合うまでのスピードが速くなるわけではないみたいで、これは標準でもいいかな~という印象。, 一方で手振れ補正はファインダーを覗いている限り明らかに効き方が変わり、TAMRONほどではないが「ゴキッ」とした動きで被写体が止まる。実際に写真のブレが減るかどうかはこれから試してみる必要がある。, 走行会に参加した友人のサポートついでに、デビュー戦としてこのレンズを使ってみた。動き物に対してどうなのかが気になるところであったが、かなり使えるレンズだった。, ファームウェアをV2.0へとアップデートすることで超快適なAF性能を手に入れることができた。使い心地が最高に良くなるのでアップデートは必須!, 望遠レンズ, オススメ, レビュー, SIGMA, 100-400, 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM ・ボディの重量約370gで軽量である サンヨンからライトバズーカへ 沖縄の野鳥写真をテーマにしたブログを始めることにしました。fc2は初めてなので仕様に慣れるまで時間がかかりそうです。少しずつレイアウトに手を加えて写真が見やすいブログにしたいと考えています。 おすすめのカメラとレンズをご紹介していきます。, バードウォッチングをしている方は、鳥の美しい姿を見慣れているので、記録に残す写真も わからないという方に、低価格で揃えることができる 重量は、約1160gであり、この焦点距離ではかなり軽量です。, バードウォッチングのスタイルだと、手持ち撮影になると思いますので、 野鳥撮影をするには、かなり物足りなく感じと思います。, HIDEもいつも思っています。 価格なので、かなり低価格で野鳥撮影を楽しめるセットをそろえることができます。, いやー、カメラやレンズのことを考えるのっておもしろいですね。 Copyright ©2020 SHUTTER HACK All Rights Reserved. 光学ファインダーを覗きながら撮影するタイプです。, ミラーレスカメラやネオ一眼といわれる超望遠撮影ができるカメラなどがありますが、 ひゃっかいだん. 野鳥撮影も大好きですが、機材も大好きなHIDEでした。 ただ、超望遠レンズのすごいやつは、価格は高いし、重いしとデメリットも増えてきます。 先日カメラのレインカバーを買ったのだが、これをつけた状態だとストラップが使えないのでカメラを首から下げられない。常に右手でカメラを持てるなら... Canon純正のバッテリーは値段が高すぎるので、愛用の一眼レフカメラEOS80D用には、これまで僕は社外バッテリーばかりを買ってきた。 ... 写真のピントってパリッと合ってると超気持ちいけど、微妙に合わせたいところと違うところにピントが来てるとなんかモヤモヤする。マニュアルフォーカ... ※現在は新型のレインカバーを使用しています 最安価格(税込):68,800円 店頭参考価格帯:79,380円~81,000円 価格.com売れ筋ランキング:79位 満足度レビュー:4.50(32人) クチコミ:752件 (※11月11日時点) ライトバズーカ購入4カ月の雑感 シグマのライトバズーカ(sigma 100-400mm f5-6.3 dg os hsm)を購入して早4カ月。野鳥撮影の回数を重ねるにつれて印象も固まってきました。要約すると次のようになります。 ・開放から解像度が高い シグマのライトバズーカ(SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM)を購入して早4カ月。野鳥撮影の回数を重ねるにつれて印象も固まってきました。要約すると次のようになります。, ・開放から解像度が高い・ズームなので融通がきく・USB DOCKによるカスタマイズは便利, それまで使用していたNIKKOR 300mm f/4E PF + TC-14E IIIの場合、開放では写りがイマイチな気がしてf8まで絞ることが多かったのですが、シグマの100-400mmでは開放(400mmでf6.3)から使えると感じました。, テレ端の400mmで撮ることが多いとはいえ、必要に応じてズームアウトできるとやはり便利です。山の中でじっとしていると、すぐ近くの木に鳥が飛んでくることもあります。そんな予期せぬ事態でもズームなら柔軟に対応できます。, 別売のUSB DOCKを使用すると、AF速度、フォーカスリミッタ―、手ブレ補正、ピントなどを調整できます。手ブレ補正を「ダイナミック ビュー」に変更することで、ファインダー像が静止して見やすくなりました。AF速度は「速度優先」にしています。, 画質面で遜色がなくズームの利便性を享受でき、200g強の重量アップは許容範囲。そうなると、サンヨン+テレコンの出番がなくなります。ヤフオクで売るのもアリかなと思っていると、思わぬ盲点がありました。, 飛翔中の野鳥を撮影したときの歩留まりは、ライトバズーカよりもサンヨンのほうが良いのです。動体に対するAFの追従性については、やはり純正に一日の長があるのかもしれません。, そんなわけで、ライトバズーカをメインに据えつつ、被写体によってはサンヨンも使うという二段構えの態勢で臨むことになりそうです。   Nikon D500 + NIKKOR 300mm f/4E PFで撮影, tokajar ・撮像素子がAPS-Cで、焦点距離が1.6倍になるので野鳥撮影に適している シグマは公式にこのレンズを「ライト・バズーカ」と称して従来の「バズーカ」とは違う路線であることを主張しています。 また、超望遠レンズの選択肢が少ないソニーEマウントへの新提案としてMC-11で利用できる点も見逃せませんね。 ・ダブルズームキットなので、野鳥撮影以外にも使うことができる, などがあげられます。 「その美しい姿を記録にも残したい!」 ライトバズーカ購入4カ月の雑感 シグマのライトバズーカ(sigma 100-400mm f5-6.3 dg os hsm)を購入して早4カ月。野鳥撮影の回数を重ねるにつれて印象も固まってきました。要約すると次のようになります。 ・開放から解像度が高い 超望遠400mmをカバーする、同社が「ライト・バズーカ」と称するワンランク上の望遠ズームレンズ。焦点距離だけでなく、画質や操作性もハイレベルで重さが1160gと比較的軽量なのが魅力。 キットレンズより240mmも伸びます。 なんて思い始めた方もいるのではないでしょうか。, でも、カメラのことはほとんど知らないし、何を選べばいいか つい見とれてしまい、シャッターを押すのを忘れるほどです。, さて、バードウォッチングを始めた頃は、見るだけでもよかったけど、 そんな中でもズバリおすすめはこちらです!!, ⇒キヤノン EOS Kiss X7 ダブルズームキット 多くの人が待ち望んでいたオリンパスのマイクロフォーサーズ用2倍テレコンバージョンレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」が発売日を迎えました。私は予約販売 ... オールドレンズを扱いやすいカメラはどれだ? M42沼・ライカM・L・Rやミノルタ、ペンタックスK、コンタックス、キヤノンFD、オリンパスOMなどなど、オールドレンズ沼は広く深い楽しい楽しいレンズ沼のハ ... このページでは一眼カメラ用交換レンズ「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」の情報を収集しています。 Indexデータベースレビュー作例参考サイト購入早見表レンズデータ紹介競合 ... Sony Alpha Rumorsがα7S II後継モデルに関する面白い情報を発信しています。 キャッシュバックキャンペーン一覧表 キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切 OM-D ... このページでは一眼カメラ用交換レンズ「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のレビューを掲載しています。 キャッシュバックキャンペーン一覧表 キャンペーン 特典 対象期間 (開 ... M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20 交換レンズレビュー, ニコン AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR 交換レンズデータベース, マクロレンズの決定版 EF100mm F2.8L マクロ IS USM【評価・作例】, OM-D E-M1 Mark IIを使う上での豆知識・不具合情報【機材レビューまとめ】, 2017.10.24:デジカメwatch 特集記事を参考サイトへ、「レンズの特徴」項目を追加しました。, このレンズは他のコンテンポラリーシリーズと同様の外観と操作性である。より高価な一部の製品と比べて頑丈さや耐候性は劣っている。, レンズは400mmまでズームすると内筒が約2.5インチ伸びる。それにしても焦点距離を考慮すればとてもコンパクトだ。, ズームリングは僅か90°の回転角で広角端から望遠端まで移動することが可能であるため、素早くズーミングしたい場合に最適だ。直進ズームに対応している点も使いやすい。, フォーカスリングはゴム製では無くプラスチックだ。オートフォーカスがメインとなる本レンズではあまり問題とならないだろう。動作は良好に減衰されており、マニュアルオーバーライドにも対応している。, D800との組み合わせにおける100mmの絞り開放には少しがっかりだ。絞り開放ではフレーム中央でもシャープでは無く、四隅もそれほど見事では無い。, 400mmは絞り開放からとても良好だ。ディテールはシャープであり、この価格帯の超望遠ズームとしては良好なパフォーマンスである。, 400mmの絞り開放ではフレーム四隅も問題無い。EF100-400 IS II USMと同レベルとはいかないが、AF-S 200-500mm F5.6には匹敵するだろう。, F8まで絞るとベストなパフォーマンスに近づくが、F8と言うレンズの明るさを考慮うする必要がある。, 周辺減光は絞り開放でも大問題とはならない程度だ。しかし、減光を重く見るのであれば、1段~2段ほど絞ると良いだろう。, D500と組み合わせた場合のオートフォーカス速度は見事だ。400mmで接写する場合には遅くなるものの、ズームレンジ全域で高速である。価格を考慮すると非常に感銘を受ける。, リブ付きのマニュアルフォーカスは従来よりも明らかに改良されている。しかし、ズームリングよりも手前に配置されているのは、人によって好みが分かれるかもしれない。, 前玉が驚くほど小さい67mmだ。フィルターを安価に済ませることが出来るというメリットと「暗いレンズである」という事実を現している。, この分野のジャンルには典型的な三脚座が搭載されていない。シグマはこのレンズを使うカメラマンのほとんどは手持ち撮影だろう、と想定しているのは明らかだ。, このレンズは競合レンズと比べて暗いが、絞り開放から発色やコントラストは良好で絞る必要は無い。, 100mmにおける解像力をチェックすると、シグマは全ての絞り値でキヤノン100-400L IIよりもフレームの端までシャープだった。色収差は少なく、コントラストも良好だ。, 200mmの画質はキヤノンが上回るが、シグマはとても近い画質を持っている。レンズに違いはピクセルレベルで拡大しなければ顕著に見えないだろう。, 400mmの絞り値はキヤノンでF5.6、シグマでF6.3だ。両方とも絞り開放の場合、シグマはとても僅かだが有利だ。これには私も驚いた。同じ絞り値に設定すると差が無くなるが、F8まで絞ると再びシグマが有利となる。, 周辺減光はキヤノンと比べてはるかに大きいが、優れたシャープネスやコントラストを持っている。そして色収差も少ない。シグマがこのような高性能レンズを素晴らしい価格でまとめたのは本当に称賛すべきことだろう。, オートフォーカス精度は良好だ。弱点では無く強みと言えるものだろう。フォーカス速度は程よいがスポーツ用途などには追い付かない場合がある。可能であればAFリミッターを作動させるべきだろう。, このレンズは絞り開放のF値が比較的暗く、234mm F6.3という開放F値はここ最近のレンズとしては最も暗い。実際、このF値は多くのカメラが対応する「F5.6」より1/3段暗いものだ。暗所における動体撮影に適しているレンズとは言えないだろう。しかし、だからと言って競合レンズと比べて劇的に違いがある訳でも無い。, 手ぶれ補正は100mmにおいて1/13秒まで適切な成功率を維持することが出来た。400mmでは1/40秒程度と効果段数は似ている。, このレンズはシャープだ。とてもシャープだ。そして本当に素晴らしいのは絞り開放からとてもシャープだと言う事だ。僅かにソフトな400mmを除いて焦点距離間に差はない。, 色収差は100mmで目立ち、300mmへズームすると減少し、400mmで再び発生する。幸いにも倍率色収差はソフトウェアで修正可能だ。残念なことに色収差補正はキヤノンやニコンのカメラにはプロファイルが無く、JPEGや動画には適用できない。, 歪曲は広角端から望遠端にかけてじわじわと糸巻き型歪曲が発生している。歪曲収差は悪くなく、実写では問題が少ないだろう。, オートフォーカスは「標準」で素早く被写体に合掌する。「精度優先」ではAFは遅いがとても滑らかなAFとなり、「速度優先」では精度低下のリスクはあるがAFは高速だ。モードを見比べてた場合、それぞれのAF速度を見分けるのは難しく、すべてのモードで速いように見える。精度優先と速度優先の差は僅かだ。, 暗所におけるオートフォーカスはハンチングする可能性が高い。これは暗いレンズとして予想できることだ。サッカーの試合をサーボAFで撮影した場合、AFは一貫性のある動作だった。, ズームリングの回転方向はキャノン方向でニコンとは逆だ。回転角は80°でこのタイプとしては理想的だろう。, フォーカスリングはズームリングの手前に配置されており、私はこのデザインが好みでは無い。, このレンズは最低限の耐候性を持っている。虹を撮るために小雨の中で撮影したが問題なく動作した。前玉には撥水撥油性のコーティングが施されている。, 比較的低価格で利便性はとても高い。そしてこのレンズの画質はずっと高価なレンズと争う事ができるもので、機能性も充実している。潜在的な問題はサードパーティ製と言う点だが、シグマはこれをUSB Dockによるファームウェアと4年間の長期保証(USA)対応でリスクを軽減している。, 過去に400mm F5.6と言うような低コスト・小サイズというレンズが存在しており、このレンズが特別小さい訳ではない。このクラスのレンズはとても重くてうんざりするが、このレンズはそう悪くはない。とは言え重量はまだ1160gある。, 驚いたことにこのレンズには三脚座が存在しない。テスト撮影では問題なかったが、カメラ側の三脚穴を使わざるを得ないことは気を付けた方が良いだろう。, 幅広いズームリングはしっかりとしてかなり滑らかだが、より高価なレンズほどではない。直進ズームに対応している。直進ズームは激しい動作だが、レンズフードを掴むことで操作しやすい。, 手ぶれ補正は安定するまで1秒かかる。動体撮影や三脚使用時には切っておくと良いだろう。, 耐候性は無いが、マウント部にラバーシールが備えられている。悪天候の場合には別途レインコートを用意する必要がある。, 屋外で使用する場合、操作性にはなんの問題もない。手持ち、三脚使用に関わらず、とても使って満足のいくものだ。, オートフォーカスは高速だ。×1.4テレコンバーターに対応しており、F8対応カメラAFは作動する。ただし、正確さは望遠側で損なわれる。, 100mm解像力…とても良いスタートだ。中央はF5~F11まで素晴らしい(excellent)結果で、F16でとても良好(Very good)、F22で回折の影響をうけて良好(Good)となる。端はF5~F11までとても良好(Very good)で、F16で良好、F22でソフトとなる。, 200mm解像力…中央はF5.6~F11まで優れた性能(excellent)を発揮し、F16でとても良好(Very good)、F22とF29でまずまず(fair)だ。端はF5.6でとても良好(Very good)、F8~F11で優れた性能(excellent)となり、F16でとても良好(Very good)、F22~F29でまずまず(fair)だ。, 300mm解像力…中央はF6.3~F8で優れた性能(excellent)を発揮し、F11~F16でとても良好(Very good)、F22でまずまず(fair)、F29でソフトとなる。端はF6.3でまずまず(fair)、F8~F16でとても良好(Very good)、F22でまずまず(fair)、F29でソフトとなる。, 400mm解像力…中央は既にF6.3~F8で優れた性能(excellent)を発揮し、F11~F16でとても良好(Very good)、F22でまずまず(fair)、F29でソフトだ。隅はF6.3でまずまず(fair)、F8で良好(good)、F11でとても良好(Very good)、F16で良好(good)、F22でまずまず(fair)F29でソフトだ。, 絞り開放を使わざるを得ない状況においてもズームレンジ全域で優れた中央解像力を発揮する。被写体が中央に配置されるのならばシャープな像を得ることが出来るだろう。, 比較的ソフトに見えるのは400mmの端だけだ。そしてそれはF11まで絞ればとてもシャープとなる。, 歪曲は100mmで0.87%、200mmで1.72%、300mmで1.84%、400mmで1.82%だ。これはより高価なレンズよりも良好な結果と言える。, フレアの兆候はなく、フードも効果的。全てのシチュエーションにおいて「フレアフリー」だ。, オートフォーカスをテストしたところ、40枚のうち1枚の軽度なピン外しのみとかなり良好な結果だ。, 200mm時において、近接から無限遠までは0.6秒でハンチングすることなく合掌した。これは高速だ。, USB Dockを使ってフォーカス速度を変化させると0.5秒~0.7秒に変化する。「, フォーカスリングに遊びはなく、135°の回転角がある。ゴム幅は20mmだ。ズームリングは90°の回転角を持ち、幅は45mm。どちらも中程度の剛性を持っている。Canonとは全く同様の回転方向だが、Nikonとは全く逆となっている。, AF音は外からほとんど音は聞こえない。内臓マイクで録音した場合、移動開始と停止時にのみ音を拾う。しかしコントラストAF時における低速モードではノイズが小さく、高速時にはノイズが目立つ。手ぶれ補正音は静止画でも動画でも静かだ。, 手振れ補正をチェックするために400mmの望遠端で160回のテストを実施した。4~5段の補正効果があることを確認できたが、同時に1/200-1/25秒の間のどこかで手ぶれ補正の成功率がよりスローシャッターの時より成功率が悪い。今回はOSカスタマイズでチェックする時間が無かったので、すべて通常モードで実施している。, 155mmの焦点距離で非常にシャープで最高の性能を発揮する。四隅は僅かに劣り、望遠端に向かって徐々にソフトとなる。長い目で見ると、パフォーマンスは非常に優れている。, チャートを使った確認…400mmの望遠端ではシグマもニコンもコントラストとディテールが低下してパンチのある描写を少し損なう。シグマは中央画質がやや良好だが、四隅はニコンと比較して区別がつかない程度だ。総合的にみて、シグマはズーム全域で非常にバランスの取れたパフォーマンスを示している。, 2017.6.2:FlickrのGorupページがもう一つあったので「Flickr2」として追加しました。, 2017.5.17:作例リンクにLenstipを追加。そのうちレビューが公開されそうですね。, 2017.4.22:ついついキヤノン用を購入。明後日あたりに到着予定なのでそのうちレビューします。, 2017.4.21:作例にPHOTOHITO(Canon/Nikon)を追加しました。撮影日時とEXIFに注意してください、投稿者が150-600mmと間違えてレンズ名を選択している可能性がある作品も存在します。, 2017.4.21:国内発売日を迎えました。本日から各種レビューを発見次第リンクに追加してゆきます。, 2017.4.2:参考サイトにリンクを数点追加。主だった海外のサイトでもレビュー記事はないですねえ, 2017.3.30:国内の裏情報サイトが「3月31日予約販売開始・4月21日発売」と記事を発信しています。価格は量販店で89000円程度ですので、通販サイトなどではもっと安くなりそうです。, 2017.2.23:参考サイトにDPREVIEW Hands onを追加しました。, 2017.2.21:公式発表、参考サイトに公式へのリンク・レンズデータに仕様とMTFグラフを追加。競合する400mmの望遠ズームと比べと非常に軽量となっているようですね。300mm F4単焦点のような感覚で取り扱うことが出来そうです。発売日・価格は未定のもよう, 2017.2.18:ページを作成。2017 CP+にて発表後にレンズ情報を追加していきます。.