また、事前に「道に迷わないよう経路を確認する」「余裕を持って最寄り駅に着くようにする」など、当日になって焦らないようにすることが大切です。, 面接官は多くの就活生を見ているので、企業研究が不十分だとすぐに見抜かれてしまいます。 バイトだからというだけで軽視されることはない 10. ときには交通機関の乱れにより、遅刻してしまう場合があるかもしれませんが、ちょっとした遅延なら余裕を持って現地へ着いていれば問題ない場合がほとんどです。 「足を組む・貧乏ゆすりをしている」 「このような人が多い」というだけで、当てはまっているから不合格だと落胆する必要はありません。 時間的制限(いつまでにいくら)を設けない 入社前はもっとフラットで和気藹々としていることを期待して入社しましたが、実際は社長一族の権限が非常に強く、周りの管理職の方々も彼らの顔色... 入社してきた人は例外なく「こんなはずではなかった」といってすぐに辞めたいといいはじめるので入社を決める前に読んでください。 社会人として最低限のマナーが守れていないと、面接官に良い印象を与えられず、不採用に繋がってしまう恐れも。 こちらでは、面接官が見ている4つのチェックポイントご紹介します。, 面接官は、就活生が社会人としてのマナーがきちんと身についているかチェックしています。 3. 将来が不安なこの時代。普通のサラリーマンなりに、4つの財布(給与/配当/不動産/副業)を育てます!, ※2019年4月時点で目標大幅クリア済 2. ・面接中に自分と目を合わせてくれなかった うつむきがちだったり、無表情だったりすると、元気がないように見え、何を考えているのかわかりません。 学歴不問、職歴不問、未経験での求人情報が多いコールセンターでは、面接がとても重要になります。, なぜ、コールセンターの会社は、時間とお金をかけて面接を行うのでしょうか?履歴書だけで十分!と思った方もいると思います。, しかし、多くのコールセンターでは、学歴・職歴・経験よりも、人物面やポテンシャルを重視して採用しています。この時、どの人物がコールセンターにふさわしいのか、将来的に稼いでくれる人材になってくれるのか、これらを見極めるために面接を行っています。, せっかく条件に合ったコールセンターのアルバイトを見つけたのに面接で失敗した…なんてことにならないように、しっかりと事前準備や基本マナー・よくある質問集などをおさえておきましょう。, 面接の前にまだ履歴書ができていない…という方はこちらをチェックしてみてくださいね。志望動機の書き方について伝授します! ・面接結果の通知がなかなか来ない ©Copyright2020 こびと株.com.All Rights Reserved. 福岡証券取引所 「相手の言うことを正しく理解する能力」や「伝えたいことを的確に表現し、相手に理解してもらう能力」を身につけましょう。, 面接では、仕事に対する考え方や自分の人となりを本音で話しているかを見られています。 9. 「しきりに髪を触ったり、手が落ち着かなかったりしている」, こんな態度はNGです。面接会場についた時点から採用面接が始まっています。「アルバイトの面接で伺った○○です」と自分の名前、担当者の部署・名前を伝えましょう。待つように控え室に通されても、飲食・タバコはいけません。, 面接では言葉のキャッチボールが大事です。相手の質問をよく聞き、それに対して素直に答えるよう心がけましょう。, また、不安なこと、分からないことはどんどん質問するのも大切です。 仕事を始めてから「イメージと違った」と後悔しないよう、気になることは事前に聞いておきましょう。, 面接終了時には、元気よく「ありがとうございました」と挨拶をして、最後まできちんとした対応を心がけましょう。ダラダラ歩く、ドアを乱暴に閉めるなど、面接官の方に不快感を与えてしまうような態度はNGです。, また、面接が不安な方は無料で事前に面接対策をしてくれる、コンシェルジュサービスの利用もオススメです。求人探しから面接まで、プロのサポートが受けられるので、不安な方は一度利用してみてはいかがでしょうか。, 上記のように、志望動機、勤務時間の希望、日数などは必ず聞かれる質問です。ここで曖昧な返答をすると不採用になる可能性があるので、きちんと用意しておきましょう。, 採用する側は、やる気のある人、元気で素直な人に来てほしいと思っているので、特に志望動機は面接官の立場になって「こんな人なら採用したい」と思える答えを考えましょう。, 面接も終盤になるにつれて、「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。「質問はあるし、聞いてみたいけど、こんなことを聞いたら、やる気がないと思われて、不合格にされてしまうのでは…」と思うこともありますよね。, コールセンターに限らず、アルバイトの面接を経験したことがある方なら、同じような疑問を持ったことがあるでしょう。確かに、ダイレクトに質問をしてしまうと、やる気がない!?と思われてしまう可能性も否定できないので、ここは、聞き方を工夫しましょう。例えば以下のようなイメージです。, 自分の質問として聞くと、あまりにダイレクトな質問であっても、実例を使って質問をすれば、欲しい回答を得ることができますし、面接官の方も答えやすいでしょう。, 学生さんの場合、授業・試験・実習・宿題など、なかなか平日の時間はとれないかもしれません。でも、ここは質問の角度を変えて、自分のようにあまりシフトに入れない人間でも、稼ぎたいので、どのようにしたいいのか教えてもらえますか?といった聞き方をすると、面接官の方もやる気を感じてもらえるでしょう, なかなか上手な返し方が思い浮かばない方は、思い切って第三者に相談してみるのもアリでしょう。他者の考えに触れることで、解決の糸口が見えるかもしれません。, 全く初心者でのコールセンターへの応募でした。面接会場は、コールセンター会社の会議室で、20名ほど集まっていました。, まずは、全員を対象に人事担当者らしき方が、会社の説明を行いました。そして、その後に5人ずつ集団面接を行いました。, 聞かれた内容は、志望動機や学生時代に頑張ったことが中心でした。私の場合、バスケ部にいたので、辛い練習のとき、どのように克服しかたなど、話しました。, とあるアウトバンド系のコールセンターの面接では、テレアポをするときに使うと思われるスクリプトのようなものを読みました。, 最初は、全く読めなかったのですが、面接官の指示に従って、読み方を変えていきました。学生時代の朗読とは違って、劇団の入団試験のような感じでしたが、新鮮な感じがして、面白かったです。, 面接の予定は、前もって手帳に書き込んで、スケジュールも開けておいたのですが、当日、人身事故が発生し、電車がストップしてしまいました。, 結果、面接には大幅に遅れてしまいましたが、遅刻が決定的になった時点で、面接先に電話をしておいたので、良かったです。, 人事の方の対応も、「大変ですね。気をつけて来て下さい」と、とても優しくしてくださり、焦らずに面接会場に向かうことができました。, 今回は、面接時の体験談を紹介しましたが、コールセンターで働いた体験談については、以下を参照してみてください。働いた後の様子がイメージでき、志望動機も伝えやすくなるかもしれません。, 「まだ不安…」「やっぱり面接対策してくれる人が欲しい!」など、お困りの方はコールナビの無料相談サービス、コンシェルジュサービスがオススメです。専任のコンシェルジュが個別に面接対策を行うので、アナタの強みや改善できるポイントなどをアドバイスすることが可能です。, 無料サービスですので、お気軽にご利用くださいね。