でもリソース不足で手がまわらないし、確かな知識を持った社員もいない…。 ・ストレスチェック機能, 今まで指定用紙で処理していた場合ペーパーレス化もできるので、テレワークを進めたい企業に最適です。また、人事の方の業務負担の軽減も見込めます。, \ たった1分で「MINAGINE就業管理」の機能・料金がわかる / まずは無料で資料ダウンロードする, ジョブカンは、10年以上の歴史があるクラウド型勤怠管理システムです。これまでに5万社以上が、ジョブカンを利用してきました。, Slackからの打刻入力はもちろん、シフトの確認を行えるので、変動労働制を取り入れている企業にとっては、従業員がスムーズに予定確認をできるようになるのがメリットと言えます。, また、現在までの労働時間の確認もできるので、長時間労働の防止に活用することも可能です。, IEYASUは、従来の機能である「LINE打刻」に加えて、Slackから出勤・退勤打刻を行うことができる「slack打刻」機能を、2020年4月にリリースしました。, IEYASUでは、次の画像のように、勤怠管理を行っているワークスペースで「@ieyasu勤怠管理」とメンションをつけた上で、「出勤」「退勤」と日本語のメッセージを入力するだけで打刻ができます。, 日本語に対応しているので、無理に辞書登録をする必要はありません。また「in」「out」でも打刻できるので、日本語が不慣れな従業員がいても安心です。, KING OF TIMEでは、デベロッパー紹介の元、SlackとAPI連携が可能です。, 実際にKING OF TIMEとSlackを連携させている企業では、長時間労働を防止するための機能を導入。一定時間を越えて勤務した場合、Slackにアラート通知が行くように設定しています。, RecoRuは、誰でも手軽にマニュアルがなくても使えるくらいシンプルなデザインが特徴の勤怠管理システムです。, 出退勤の打刻の連携はもちろん、有給や打刻修正の申請をSlackで通知できるので、管理職や人事の方はスムーズに承認や確認を進めることが可能です。, Slack打刻が利用できるおすすめ勤怠管理システムを5種ご紹介しました。もっと多くの勤怠管理システムの特徴をみてから導入を検討したい場合は、こちらの記事もあわせてご覧ください。22種の勤怠管理システムを一気に比較検討できるようにまとめて紹介しています。, リモートワークの推進により、今後は会社以外の場所でも打刻ができる方式が主流になることが予測されます。, 会社以外での打刻は、Webブラウザ上での打刻や打刻アプリの活用などさまざまな方法があります。しかし、打刻率の向上とコミュニケーション活性化を両方叶えたいと考えた時にはSlack打刻が最適です。, Slackは有料版だけでなく、無料版もあります。ぜひ、Slackをダウンロードし、勤怠管理ソフトとの連携を試してみてください。. 2.設定タブを選択し、システム管理を選択する ジョブカン勤怠管理の評判、ユーザーレビューを掲載中!ジョブカン勤怠管理を実際に使用したユーザーが評価した満足度や良い点、改善点、導入企業名も閲覧可能。企業規模や業種による絞り込みで自分に近いユーザーの評判をチェック! ジョブカン勤怠管理で打刻する社員の情報を登録する項目。これだけは どの会社も避けて通れない設定です。 登録必須な項目は、【姓名】【メールアドレス】【スタッフコード】だけ。 メールアドレスは、従業員が自分のパソコンや携帯から打刻するとき、打刻修正・休暇申請をするときに利 「勤務開始していますか?」といった煩雑なやり取りをしなくてすみます。, まず勤怠管理システムの基本機能はすべてといってよいほど備わっているが、驚いたのは打刻機能の多さ。IC、スマホ、ライン、指認証、etc から企業にあった打刻方法を選べるところがすごく便利だと思う。集計機能充実しているので勤怠管理がすぐできるのも便利。, 最初の設定に時間がかかったので、この点をもう少しスムーズにできるようにしてもらえると尚使いやすいと思う。最初の設定では専門知識(協定、保険について等)がやや必要。, 打刻漏れ、打刻ミスが明らかに減った。特に外回りの多い営業部の人たちに多く改善が見られた。GPS管理で不正打刻も無くなった。, 「通常の社員」と「管理者」の画面がしっかりと別れているところです。 3.システム管理内の「Slack連携設定」を選択する, 4.対象のワークスペースを選択のうえ「許可する」を押す 打刻履歴の部分に、打刻した日付と打刻方式の欄に「Slack」と表記されていれば、打刻は完了となります。, ここでは、勤怠ソフトごとにSlackと連携することで、どのような機能が使えるかを紹介します。, サービスごとに、Slackで利用できる機能に若干の差異があるので、確認してみましょう。, 勤怠管理システム「MINAGINE就業管理」は、人事制度コンサルティングを行う株式会社ミナジンが開発した、コンプライアンスに強い勤怠管理システムです。, MINAGINEでは、Slackと連携しての打刻機能以外に、「GPS打刻機能」(iOS、Android対応)も用意されています。, GPS打刻機能を利用すると、外出先の「どこで打刻したか?」も管理できるようになります。営業職などの外回りが多い従業員の業務状況の確認、また安全管理もSlackを通じて行えるのがメリットです。, また、打刻だけでなく、下記のような日々の細かい業務を効率化できる機能も搭載されています。, ・勤務表の作成 ジョブカン勤怠管理の詳細を確認する. ジョブカンは、10年以上の歴史があるクラウド型勤怠管理システムです。これまでに5万社以上が、ジョブカンを利用してきました。 ジョブカンで利用できるSlackとの主な連携機能は、以下の通りです。 打刻入力; シフトの確認 「MINAGINE就業管理」はコンサルタントが導入・ルール設計から運用まで、"総合的にサポート"します。 管理側画面も細々しており、毎回行いたい処理が直感的に行えないので非常に時間がかかります。 使いやすいな!と思えたことがあまりないです。, 勤怠をしっかり打刻データとして残し、休暇日数管理や深夜残業の申請など各社員の勤怠への意識が高まったことは良かった点です。, 複雑な勤怠管理ではなく、シンプルな日々の打刻をメインに使われるのであれば選択肢の一つとして検討いただいてもいいのでは。, 基本的な機能は揃えているので、エクセルなどからの乗換?に関しては問題なく移行できると思います。とはいえ、休憩時間がつけづらいなど、変な部分を自動判断(出勤/退勤など)をしており、操作しづらさもある。, 朝のシステム障害が多い印象があります。自身は利用して半年ほどでしたが、システム障害により、出勤記録をつけられないなど経験することがあった。勤怠管理システムとしては致命的だと感じた。, ウェブでの勤怠管理を実現できた。リモート業務下での勤怠管理を実施できた。承認に関してもスムーズに記録ができた, 勤怠管理システムで何をしたいのかをよく確認のうえ導入を実施するといいと思います。単機能な部分があるので、あとからいろいろと実施したいというのにはあまり向かないかもしれません。, 他のサービスを利用したことはないのですが、WEB(ブラウザ)・ICカード・Slack経由など様々な方法で出退勤を行えることだと思います。