This site is powered by WordPress and the Basic Simplicity theme by Michael Janzen, 投稿日時 10月 13th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ », ツルハグループの1,600店舗で無料のWi-Fiサービス「TSURUHA Free Wi-Fi」が提供開始, 有線LANのWi-Fi6化も可能!TP-Link Wi-Fi中継機「RE505X」のレビュー, Google、Androidの次期バージョン「Android 11」のデベロッパープレビューを公開, 高速Micro SDカード「SanDisk Extreme Pro 256GB」のレビュー, イベントレポート : HOYA MW10 HiKARIで「OSAKA 光のルネサンス2019」を体験, 写真めちゃ綺麗「Canon PowerShot G7 X Mark III」のレビュー, Pixel 5でホーム画面のグリッド数を減らすとアプリアイコンも拡大して見やすくなる, Googleフォトの新しい編集機能がリリース、より高度な人物ポートレートの調節が可能に, Sony Mobile、120Hzディスプレイや4K HDR 120fps撮影をサポートした「Xperia 5 II」を発表, 別途アプリ不要、Androidスマートフォンの画面上にJリーグのライブスコアを固定表示する, Googleの「音声文字変換」アプリを使って聴覚障害の方とのコミュニケーションの円滑化を図る, Dolby Onアプリを使えばボイスレコーダー、スマホ動画、ライブ配信をドルビーサウンド化できる, 「Photoshop Camera」アプリを使えばSNSにシェアする写真がグレードアップ, システムアプリ「Settings Suggestions」がGoogle Playストアで初公開, スマホ決済サービス「J-Coin」を紹介 スマホでお金を送る、もらう、支払う、口座に戻すが簡単に. google_ad_slot = "4613001229"; google_ad_region = "Post_Under"; サービスは SSID 「TSURUHA_FREE_WI-FI」として提供されており、端末の Wi-Fi メニューから接続を行い、WEB ブラウザを立ち上げて「インターネットに接続」をタップすると利用を開始できます。事前登録などは不要で、多言語対応なので訪日外国人でも利用しやすいと思います。 インバウンド市場が盛り上がる中で、ドラッグストアが多言語化・コミュニケーションによりインバウンド集客する事例が増えています。ドラッグストアの多言語化・コミュニケーションの成功事例では、効果的にプロモーションを行えています。このページでは、ドラッグストアのインバウンド対策やインバウンド集客における多言語化・コミュニケーションについて次の3つの事例を取り上げます。, ドラッグストアの多言語化・コミュニケーションによるインバウンド対策やインバウンド集客には、顧客層を広げられるというメリットがあります。訪日外国人は日本語を読めない人がほとんどなので、日本語だけの対応では訪日外国人を取り込むことは難しくなってしまいます。また海外向けにプロモーションを行っても、対応が日本語だけではその効果が薄くなります。多言語化・コミュニケーション対策は訪日外国人対応をする上で必須といってもよいでしょう。, 近年の訪日外国人急増を受け、インバウンド対策として多言語化・コミュニケーション対策を真っ先に行ったところも多くありました。しかしその方法はさまざまです。ここでは、ドラッグストアという業界・業種における多言語化・コミュニケーションによるインバウンド対策事例を見ていきましょう。, 株式会社ツルハホールディングスは、ツルハグループ各社が展開する約1,600店舗において、無料Wi-Fiサービス「TSURUHA Free Wi-Fi」の提供を開始して椅子ます。, 無料Wi-Fiサービス「TSURUHA Free Wi-Fi」は、「ツルハドラッグ」や「くすりの福太郎」などのツルハグループ約1,600の店舗内で、無料で利用可能な高速無線インターネット接続サービスです。事前の登録が不要で、日・英・簡・繁・韓・タイ語で画面上に表示された利用規約に同意するだけで、インターネットの利用が可能になるというもの。, これにより、店舗内でのスマートフォンやタブレットなどによる商品情報・キャンペーン情報の検索や、ツルハグループのお得情報ポータルサイト「FAN!」を訪日外国人にも提供できます。, また、中国語や英語対応可能なスタッフを配置するなど、言語の壁を解消。店頭でのコミュニケーションがズムーズになるため、訪日外国人はより快適に買い物を楽しむことができます。, さらに、中国向け越境ECサービス「全日空海淘」のスマートフォンアプリ内に、ツルハドラッグ館を開設。ツルハドラッグの店頭で販売中の化粧品をはじめ、ツルハグループのプライベートブランド「M’s one」や「くらしリズム」などの日用品を販売するとともに、ツルハグループの店舗ブランドの紹介や免税店舗の案内も掲載。, これは、インバウンドの旅ナカ、ならびに旅アトにおける購買促進の取り組みの一環。同社は、インバウンド向けにツルハブランド認知向上を図りたいとしています。 2020年には、インバウンドが4,000万人規模に拡大することが見込まれています。今後も同社は、両社の提携を通じて「全日空海淘」アプリを活用することにより、インバウンドへのプロモーション活動、ツルハグループの店頭販売促進施策を推進していく考えとのこと。, 食品スーパーいなげやの子会社でドラッグストアのウェルパークは、訪日外国人向けの通訳サービスの導入を開始しました。, 首都圏の免税対応店4店の売り場に通訳サービスを利用するためのタブレット(多機能携帯端末)を配備。外国語を話せる従業員がいないときでも質の高い接客ができるようにして、インバウンド需要を取り込む。今後出店する免税対応店すべてに導入していくことを目的としています。, 通訳サービスを手がけるスマートボックスが提供する、テレビ電話を使った通訳サービス「どこでも☆通訳」を導入。タブレット内の専用アプリで、コールセンターの通訳スタッフがテレビ電話を介して接客を手助けする仕組みです。英語や中国語、韓国語、タイ語、フランス語など9カ国語に対応可能。, 既に導入済みの立川北口店では、客数は変わらずに免税品の売り上げが2倍になったといいます。ウェルパークは現在、インバウンド対応を強化しており、2016年3月に開業した原宿竹下通り店は売り上げの約8割が免税品。丁寧な接客術を武器にインバウンド需要を取り込むことに期待されています。, マツモトキヨシホールディングスの子会社で、ドラッグストアチェーンの日本大手企業である株式会社マツモトキヨシは、中国語簡体字、繁体字でページを制作し、店内提供可能サービスやオススメ商品、キャンペーン内容をメインに紹介しています。, またTmall国際にも出店しているため、ECサイトへのリンクも設置され、クーポンを印刷もしくは画像保存して持参をすることで、日本国内への旅行をする際に有益に買い物をできます。, 訪日中国人の増加に合わせて、中国語対応スタッフが常に駐在しており、迅速に接客できます。免税対応も実施。, 支払い手段としても、銀聯カードでの支払いはもちろん、WeChat支払いやアリペイにも柔軟に対応しています。, 店内では無料Wi-Fiにつなぐことができるため、買い物している最中に中国にいる友人や家族と相談しながら、欲しい商品情報を即時に得ることができます。, 訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを毎日配信!, 【独自取材】JNTO企画「インフルエンサー育成」施策とは?293万人の在留外国人の情報発信力に活路か, 【11/26】観光庁後援・スノーリゾートフォーラム2020~DMOとスノーリゾート形成に関するトークセッション~開催のご案内, 【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査, 【11/30〜12/4】オーストラリア・ニュージーランドとのオンライン商談会を開催!開催概要・参加するメリットを紹介, 【レポート無料】あの地方自治体はどんなキャンペーンを行なっている?地域の魅力を軸とした独自観光支援策まとめ, 外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは, 訪日ラボ、中国旅行会社を直接つなぐ「オンライン商談会」10月19日〜23日開催決定!現地から期待の声も, 世界をつなぐ「オンライン商談会」レポート:「バーチャル店内紹介」に台湾の旅行会社様も興味津々(レインズインターナショナル様×大榮旅行社様), 世界から愛された「アキバフクロウ」存続の危機に支援者殺到、わずか1日で300万円集まったワケ, 【レポート無料】コロナ禍で普及進む「オンライン商談」成功事例とデメリット/導入前に必ず考慮すべきポイントとは?, 仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】, 【独自調査】コロナ外出自粛 海外で消費増1位の日本製品は「ゲーム機」、減ったのは「外出着」「化粧品」:訪日経験者の消費行動変化を調査, オンライン商談会をサポート/低コスト×高効率 インバウンド市場に向けたセールスコールの機会【訪日ラボ】, コロナ「第2波」でも自粛すべきでない理由:感染状況を正しく把握し「正しく怖がる」意識を, 【独自調査】インバウンド回復は「2月」予想最多、もっとも誘致したいのは「台湾」:19日"観光解禁"うけ「新型コロナと緊急事態宣言解除」意識調査を実施, 【無料レポートプレゼント】140社以上!新型コロナへの企業対応 総まとめ:業種別・支援策も, 航空業界の回復は「4年」必要…「トラベルバブル」で復活なるか?各国の運休・減便・再開・破産の動きとは【航空×コロナ動向まとめ】, 【独自調査】9割がインバウンド売上「大きく落ち込んだ」…客足戻り始めは前回調査より楽観傾向に:新型コロナ意識調査実施, 【26事例】コロナと闘うインバウンド事業の施策・対策を総まとめ:HIS「変なホテル」感染リスク軽減プラン提供開始 ほか, 【入国制限まとめ】11/13更新:中国・韓国など9か国・地域の渡航中止勧告解除/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表, コロナ後のインバウンド市場を独自調査で予測/事業の8割「すでに大きな影響」訪日客戻るのは「1年後」, 【最新版】新型コロナ助成金・融資まとめ:緊急事態宣言で発表の納税猶予解説/市町村単位の支援まで網羅, 【2020年3月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 【世界マップまとめ】新型コロナウイルス感染感染者・死亡者・累積症例数など丸わかり6選, 【2020年2月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版公開|東京オリンピックを迎えうつ、約1,400サービスを完全網羅, 中国人が日本よりタイを旅行先にする5つの理由:日本がタイに学ぶべき「わかりやすい安心感」と「文化体験」, ドラッグストア×多言語化・コミュニケーション事例その①:株式会社ツルハホールディングスは6言語対応可能なWi-Fiサービスも活用, ドラッグストア×多言語化・コミュニケーション事例その②:ウェルパーク:9カ国語に対応可能な通訳サービスで売上アップ, ドラッグストア×多言語化・コミュニケーション事例その③:中国語スタッフが常駐し多言語に対応したホームページも作成:マツモトキヨシ. google_ad_height = 280; google_ad_height = 280; google_ad_region = "Post_Top"; Home » Androidニュース » ツルハグループの1,600店舗で無料のWi-Fiサービス「TSURUHA Free Wi-Fi」が提供開始, ツルハホールディングスは 10 月 13 日、同社が運営している全国の店舗で無料の公衆無線 LAN サービス「TSURUHA Free Wi-Fi」を開始しました。 //-->, . 同サービスは「ツルハドラッグ」や「くすりの福太郎」などグループ約1600店舗で使える無線インターネット接続サービスで、日・英・中・韓・タイなど6言語に対応。Wi-Fi利用ニーズの高い訪日外国人の利便性を高めた。 利用者は事前登録の必要はない。 Source : ツルハ,