B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B, ƒƒ“ƒOƒŒƒ“ƒW‚̉¿ŠiE«”\E‘•”õEƒIƒvƒVƒ‡ƒ“. 詳しく見る 今すぐ注文. パフォーマンス 最速の加速. テスラ モデルS リヤバンパー交換 . EVのデメリットとも言われる航続可能距離も840kmあり、実用面でも十分なハイパーEVです。, 高性能パワートレイン「Plaid(プレイド)」を備えるテスラSモデルの市販車が、ニュルブルクリンクでスパイショットされました。Plaidは3つのモーターを有する高性能パワートレインです。, ニュルの公式記録ではありませんが、テスラは7分20秒という驚異的な記録を保持していて、今後はレクサスのスーパーカー「LFA」の記録7分14秒64を超えることも期待されます。, 今回目撃された車両はミシュランカップ2Rパフォーマンスタイヤやリアスポイラー、カーボンブレーキなどを装備するほか、非常に大きなリアディフューザーが搭載されています。テールライトやエアアウトレットについても専用デザインを採用すると予想されます。, テスラ モデルSが2019年9月21日にニュルブルクリンク北コースを予約し、記録更新にチャレンジすることが明らかとなりました。今回、記録更新に挑戦する車両「モデルS P1000」のプロトタイプもスクープされています。, テスラ モデルS P1000には高いグリップ性能を持つミシュラン「カップ2 R」や軽量ホイール、ワイドフェンダーなどを標準装備。同時にパワートレインも強化されていて、今回のテスト車両には3つの電気モーターを装備し、より高性能となった次世代パワートレイン「Plaid」を搭載します。2019年8月には、ポルシェ・タイカンがニュルブルクリンク北コースで7分42秒という4ドアEV最速記録を更新していることから、この記録を塗り替えようというテスラの闘志が垣間見えます。, テスラ モデルSは、5人乗りのセダンタイプの電気自動車でバックドアはハッチバックになっています。オプションで後ろ向きシートですが子供2人用のシートも用意されていて、最大で大人5人+子供2人の7人乗りになります。, ドアは全て横開きのヒンジドアで、アウタードアハンドルは普段ボディに埋め込まれていて必要に応じて動きます。ドアハンドルのデコボコが無くなるのでスッキリとした見た目になり、走行中にボディに沿って流れる風も整う効果があります。, リアビューはスッキリとしたデザインで、LEDテールランプなので視認性も高くなっています。電気自動車なのでマフラーが無く、リヤバンパーは一部ブラックアウトされリフレクターとメッキ加飾が施されています。, ヘッドライトはもちろんLEDを使っていて、ポジションランプはヘッドライトのフチを囲むように配置されています。フォグランプとウインカーも同様にLEDが使用されています。, ボディサイズは、全長4,979mm、全幅1,964mm、全高1,445mmで、レクサスLSと全長・全高が同じくらいですが幅が100mmほど広いサイズ感です。, ホイールは19インチの「シルバースリップストリームホイール」が標準装備され、オプションでグレーに塗装された19インチの「グレースリップストリームホイール」が、21インチにインチアップされた「グレータービンホイール」の3種類用意されています。, ボディカラーは全7色設定で、標準塗装色の「ソリッドブラック」、123,000円のオプション塗装が「ミッドナイトシルバーメタリック」、「オブシディアンブラックメタリック」、「ディープブルーメタリック」、「シルバー」の4種類、185,000円の上級オプションカラーは「パールホワイトマルチコート」、「レッドマルチコート」の2種類です。, テスラ モデルSのインテリアは、他のモデルと同じくセンタークラスターに設置されたタッチディスプレイが特徴的で、ナビやエアコンコントロールの他に車両情報やエアサスペンションのセッティングなど、様々な情報を設定・確認できます。, 後部座席は広々とした足元スペースが広がり、ゆったりと寛げるようになっています。インテリアカラーは全5パターンで、シート・インテリアパネル・ルーフが全てブラックに統一されたパターンが標準装備で、ホワイトやクリームのシートカラー、木目調パネル、クリームルーフなど様々なパターンがあります。, タッチスクリーンの大きさは17インチあり、Googleと連動したマップ・カーナビのほか、ラジオやBluetoothやUSBで接続したオーディオの再生、カレンダーの同期、音声コマンドや通話、車両のエネルギー残量、カメラの映像など、様々な情報を映し出してくれます。, テスラ モデルSは75kwh・100kwhの2種類バッテリーを積んでいて、75kwhのものは最大約490kmの航続距離、100kwhのものは最大約613kmから632kmの航続距離を記録しています。, 75kwhのモデルは、シングルモーターとデュアルモーターの2種類に分けられ、シングルはリアモーターの後輪駆動、デュアルモーターはフロント・リアモーターのAWDになります。100kwhのバッテリーを積んだモデルはデュアルモーターのAWD、ハイパフォーマンスモデルのP100Dは、リアに高性能モーターを積んだAWDで、0-100km加速が2.7秒のパフォーマンスを発揮します。, テスラ モデルSは、2013年から日本で導入されていて、東京などのテスラストアで購入することができます。価格帯は900万円から1,700万円と2倍近い値幅がありますが、どのモデルも今までに体験したことのない電気自動車の動きを楽しむことができます。, ハイパフォーマンスモデルのP100Dには、車内の空気や環境を整える活性化炭素フィルターやHEPAエアフィルターレーション、プレミアムオーディオ、全席シートヒーター、GPSメモリー機能付きのエアサスペンション、パワーリフトゲート、寒冷地仕様パッケージなどの快適装備などが標準装備になっています。, テスラモーターズにはモデルSのほかにSUVタイプのモデルXがあり、そのモデルにも「P100D」のハイパフォーマンスモデルでは、0-100km/hの加速は3.1秒かかりますが、モデルSでは更に早い2.7秒で加速することができます。, トヨタのプリウスと同じボディタイプのハッチバックセダンで標準仕様は5人乗り、オプションで後ろ向き子供用シートを装着すると大人5人+子供2人の7人乗り仕様になります。, 価格帯はシングルモーターのエントリーモデルが900万円から、高性能リアモーターを搭載したハイパフォーマンスモデルが1,700万円で、値幅は広いですが最上級モデルでは上質なインテリア空間や電気自動車の走りを体験することができます。. 261 km/h. Model Sは電気自動車としてゼロから設計された車。高強度アーキテクチャーと底面に搭載されたバッテリーパックにより驚異的な衝突保護性能を誇ります。, Model Sは安全性を最優先して設計されています。全電動アーキテクチャーは全ての側面から車両を保護し、量産車の中で最も低い横転リスクを実現しています。, Model Sには内燃機関が存在しないため、正面衝突時にクランプルゾーンが乗員にかかる衝撃を最小限に抑えます。, 高強度の中央ピラーと衝突エネルギーを吸収するシル構造は乗員と床面に搭載されたバッテリーパックの両方を最大限保護します。, デュアルモーターAWDは、どんな天候下でもトラクションとトルクを瞬時にコントロール, Model Sはこれまでのパフォーマンスや安全性のスタンダードを覆します。Teslaの電動パワートレインは、デュアルモーター AWD 、アダプティブ エアサスペンション、そしてルーディクラス加速で、どんな天候下でも比類のないパフォーマンスを発揮します。, 全電動パワートレインと低重心は 最高のパフォーマンス、航続距離、そして効率を発揮。, フロントとリア両方のホイールに独立したトラクションを伝えるデュアルモーターテクノロジー、Teslaだけが成し遂げるあらゆる天候下での比類なきコントロール。Model Sはすべてのホイールのトラクションとトルクを瞬時にコントロールし、ユニークで優れたAWDシステムを装備しています。, スーパーチャージャー設置場所ならどこでも250キロメートル分を15分で充電できます, 業界をリードする航続距離と世界中に広がる充電オプションでModel Sならどこまでもドライブすることができます。, 便利なTeslaのグローバル充電ネットワークにアクセスして、長距離旅行を自由気ままにお楽しみください。, オートパイロットの高度な安全性と便利な機能は、車の運転で最も負担の掛かる部分をアシストするよう設計されています。, オートパイロットは、同じ車線内でハンドル操作、加速、そしてブレーキを自動的に行います。完全自動運転は次のような新機能を導入し、既存の機能を改善しながら、車両の性能を向上し続けます。, オートパイロットは、同じ車線内で操舵、加速、そしてブレーキを自動的に行います。完全自動運転は次のような新機能を導入し、既存の機能を改善しながら、車両の性能を向上し続けます。, すべてのTesla車には、安全性と利便性を向上し、ストレスフリーな運転を可能にする最先端のドライバーアシスタンスシステムが標準装備されます。, 8台のカメラと12台の超音波センサーが車線や周囲の物体を検知し、常に360度の視界を提供します。, Model Sはドライバーが指示することなく、車線内を走行し交通状況に合わせて速度を調節します。, 新型Model Sには、現在のオートパイロット機能や将来の完全自動運転対応機能を実現する先進のハードウェアを標準装備—ソフトウェアアップデートを通して継続的に機能が向上するよう設計されています。, すべてのTesla車両には、将来ほとんどの交通状況下で、平均的ドライバーよりも2倍以上安全な完全自動運転を可能にするために必要なハードウェアがすでに搭載されています。, Model Sはクラス最大の収納スペース、大人5人が乗車できるシートオプション、17インチの大型タッチスクリーンを装備。高度なノイズエンジニアリングはレコーディングスタジオに匹敵するサウンドを創り、標準装備のガラスルーフは乗員全員に広大なインテリア空間を提供します。, Model Sは通常エンジンが搭載されている部分にもフロントシートがあるため、広々とした空間を実現しています。, Model Sの運転席には2つのディスプレイが装備されています。中央にある17インチのタッチスクリーンとハンドルの後ろにあるもう1つのスクリーンです。, 前席を前方に拡張することで後部座席にも広々とした空間を作り出しているため、乗る人全員に快適なドライビングエクスペリエンスを提供しています。, 大型17インチのタッチスクリーン上ですべてにアクセス — 時間の経過とともに改良される設計、正規のソフトウェアアップデート、新機能導入、機能的で高パフォーマンス。, 大きな17インチのタッチスクリーン上ですべてにアクセス — また、ワイヤレスアップデートで時間の経過とともに進化し、新しい機能やパフォーマンスを導入します。, Model Sはクラス最高の収納力と折りたたみシートを装備。 他のSUVと比べても大きな収納スペースは、自転車に車輪を付けたまま載せたり、乗る人すべての荷物を収納することができます。, Model Sはクラス最高の収納力とフルフラットの折りたたみ式シートを搭載。他のSUVよりも広いスペースを誇ります。そのため、車輪を付けたまま自転車を積んだり、乗る人すべての荷物を運ぶことができます。, Model Sの広大なガラスルーフは標準装備。車内は明るく、広々としたスペース、そしてどこまでも広がる空を楽しめます。, Teslaの静かなパワートレインと緻密なノイズを抑えるエンジニアリングは、レコーディングスタジオに匹敵するサウンドダイナミクスを実現しました。, HEPAフィルトレーションシステムは車内へのウィルスやバクテリアの侵入を防ぎ、医療グレードの空気品質を可能にします。, フロントおよびリアシートヒーター、ヒーター付きステアリング ホイール、ワイパーブレード デフロスター、そしてウォッシャーノズル ヒーターで快適さが向上。, ネオジウムマグネットと8インチサブウーファーを含む11スピーカーを装備したカスタムオーディオシステム。, Model Sは、妥協のない美しさ、スピード、耐久性を備えながら、驚異的なエアロダイナミクスとパフォーマンスを実現。車に近づくと自動的にドアハンドルがせり出し、ドアを閉じると格納されます。, コールドクライメート対応機能 (全席シートヒーター、ヒーター付きステアリングホイール、ワイパーブレードデフロスター、ウォッシャーノズルヒーターを含む), 車内の空気中からウィルスやバクテリア、においを取り除くHEPA エア フィルトレーション システム. 世界ではクロアチアのリマック社が開発したピュアEVの「C_Two」が1.8秒を記録していますが、モデルSプレイドも世界トップクラスの性能を持つことがわかります。, スーパーカーを凌駕する性能を持ちながらも販売価格は16,999,000円ということで、テスラのコストパフォーマンスを見せつけるモデルになっています。 テスラ モデルs 2014年モデル ロングレンジの新車・中古車情報をまとめてチェック。2020年5月28日にマイナーチェンジとして発売されたモデルs ロングレンジの価格・性能・装備やオプション、値引き情報・買取価格などを掲載中。 EV歴ももう9年目になりますね。日産リーフを5年、テスラを1回車検を通して3年半近く。総走行距離は3.8万kmくらい。このあたりでこれまで経験したテスラ・モデルSの故障箇所を記しておきます。テールランプ内に・・・これは故障というか、品質管理 テスラ モデルSのスタイリングなどを紹介:5ドアハッチバックセダンのボディタイプ、大人5人乗りで子供用シートを装着すると7人乗りになる、P100Dの0-100km加速は2.9秒など、テスラ モデルSのエクステリアやインテリア、パフォーマンスや価格帯をまとめた。 投稿日 : 2015年12月22日 最終更新日時 : 2015年12月22日 投稿者 : admin カテゴリー : ブログ, 修理. テスラ × . Model S. 秒. テスラ モデルsのパーツのことなら「みんカラ」。モデルsに装着できるパーツ(タイヤ、カーナビ他)のレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!テスラ モデルsのパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ハンドリングとエアロダイナミクスを改良し、最高速度は時速261 kmを実現. 最高 時速. 2003年に創設されたテスラ社は、2008年に「ロータス」のアーキテクチャを採用した、初の生産モデル『ロードスター』を発売。そして2012年、満を持して発売された4ドアクーペが「モデルs」だ。大型テールゲートを持つそのルックスから5ドアハッチバックに寄ったデザインを特徴としている。 テスラ モデルSは5ドアハッチバックのセダンタイプの電気自動車で、5人乗り仕様になっています。エントリーモデルは900万円からハイパフォーマンスモデルは1,700万円で、フロントとリアモーターを搭載するAWDシステムを構成しています。, テスラ モデルSは、テスラモーターズが販売するセダン型の電気自動車で、2012年にアメリカで発売され2013年からは日本でも発売されている車両です。, 完全な電気自動車なので気になるのは航続距離ですがバッテリーは「75kwh」と「100kwh」の2種類が用意されていて75kwhモデルは480kmから490km、100kwhモデルは613kmから632kmの航続距離を実現しています。, 自動運転やデュアルモーターでのAWDシステムを搭載し、P100Dモデルでは0-100km加速が2.7秒とハイパフォーマンスを発揮するテスラ モデルSのエクステリアやインテリア、スペックや価格帯などをチェックしておきましょう。, モデルSプレイドは航続可能距離も840kmもある速さと実用性を兼ね備えたピュアEV, 新型モデルSプレイドは3つのモーター(トライモーター)を搭載したAWDシステムを搭載したピュアEVで、何と言ってもシステム出力1,100ph以上を発生する強烈な加速は、0-100km/hまで2.1秒、最高時速320km/hまで達成します。, 日本車では日産のGT-Rニスモが0-100km/h加速2.8秒で日本最速を記録していますが、それよりも速い動力性能は驚きです。 0-100km/h 加速 ... 停止状態から時速100kmまで2.5秒という、量産車セダンの中で最速レベルの加速 . テスラ・ロードスターが2020年にフルモデルチェンジで最高速400km・航続距離1,000kmを実現, リーフがフルモデルチェンジで航続距離延長!プロパイロットやe-ペダルなど注目装備も満載, 新型リーフのNISMOバージョンが発売開始 東京モーターショーのリーフNISMOを振り返る, BMW iNEXTは電気で動くクロスオーバーSUV!EVモデルならではの先進的デザインが魅力, ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選, 新型ヤリスクロスが2020年8月31日発売 ライズとC-HRの中間を担う新型SUV. 0-100km/h 加速. Model Sはこれま … Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. Tesla (テスラ) モデルS/Front Bumper Spoiler with LED(フロントバンパースポイラーLED付) information 2017-05-28 2020-04-02 heartupworld ツイート