カット前のシート込みの重量 74.7グラム. と言う事は・・・ 138.3−89.9なので・・・ ディグニクス09cの重さは・・・ 48.4グラム! ディグニクス05の特徴. 平日は戦う企業戦士、休日はカットマン、二足の草鞋を履く 卓球 社会人サラリーマンカットマンのブログです。主にカットマン目線で用具や戦術をお届けします。カットマンの方もそうでない方も卓球の情報を共有できたらと思います。 ディグニクス09cを割としっかり試打してみましたので、個人的な感想をしっかり書いてみたいと思います♪(ホントに個人的な感想です。), 基本的に僕はこだわり強めなので、クセがあるかもしれませんが、その辺は「レビューのクセが強い! ディグニクス09cは他のディグニクスシリーズと比較して重いというだけで、他メーカーの同硬度のラバーと比較すると軽い印象があります。 ... *カットマン 公開日:2020/02/24 とくに今回の新商品は粘着テンションラバーが多く出されていて、これは近年ボールがプラスチックボールに変わり回転量が減った事が要因と考えられます!, いくつか商品を挙げますと・ラクザZ(ヤサカ)・ズィーガーPK50(ニッタク)・オメガ7チャイナ(XIOM), の後継ラバーとして?出た商品でドイツの皇帝ティモボル選手が開発に関わったとして一躍期待が高まったラバーです!このラバーを今回フォアに貼り、ドライブとカットを試してみました!, これは両面にトクアツを貼るとキツイとは思いますがアツだったら重さをそこまで気にしなくても良さそうです!!, まずドライブ初速は速くありません。普通です。打ってから相手コートに届くまでの速さは正直並です。, まぁ粘着ラバーと思って使えばまぁまぁ弾むかな。と思う位です!しかし!ディグニクス09Cの持ち味はここからでした!相手コートに入ってからのバウンドがかなり伸びます!, 相手コートにバウンドしてから前に伸びたり、上に伸びたりする、いわゆる荒れ球ができるのでブロックはやりにくそうでした!, 良く言えば、しっかりと球を持って飛ばす感覚がある!悪く言ってしまうと相手の回転の影響を受けやすい!これはカット用のラケットに貼ると球離れが遅くなりやすい分特にそう思うかもしれませんね!, 擦って切るカットもシートが負けないので変なミスをしにくいのでは!?と思います!ただし!やはり使って初日では飛び方に慣れる事ができないのでイメージしてたより飛ぶ時もあれば飛ばない時もある・・・。, まぁどのラバーもそうですが使って慣れるしかないです!値段が高いから初日から全部入るって訳ではありません(笑), 【ドライブ】・球が荒れる・初速はそんなに速くない・相手コートに入ってから変化する・相手は取りにくい・少しラバーが重い・体を使って打たないと良い球になりにくい, 【カット系】・基本は飛ばない・長く持ちすぎた時に飛距離が出過ぎる時があった・ツッツキのコントロールが良い・相手の回転の影響を受けやすい, 卓球をこよなく愛すカットマンです。 Copyright © RINK LLC. その点で、ディグニクス80は攻撃選手だけでなく、カットマンにもお勧めです。ディグニクス80なら、「カットを切った後、相手のつなぎのループドライブをカウンタードライブで狙う」というカットマンの王道パターンが安定すると思います。 主にカットマン。 練習、試合、ジュニアクラブ… 様々な場面で思ったことを書き記していきます☆. ディグニクス09cを貼ったラケットの重量 138.3グラム. 今日はどんな用具に出会えるのか!?. 「ディグニクス64」(11月1日) 「ディグニクス80」(11月1日) ヤサカの 「ライガンスピン」(10月中旬) しか発売情報がありません。 All Rights Reserved. Copyright© ◆卓球◆白馬@サラリーマンカットマンのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. 用具の変更や技術の進歩により純粋にカットのみで勝ち上がることが難しくなったため、カットマンにも両ハンド攻撃が求められます。, 今後のカットマンはカット、ツッツキでチャンスメイクし両ハンド攻撃で得点に結びつけるオールランドプレーヤーへとなっていくのではないでしょうか。 !」とツッコんでいただければと思います。値段の高いラバーなので、お客様に損をして欲しくない・ご自身に合ったラバーをお選び頂きたいという思いで、気合を入れて書かせて頂きます。是非ご参考にしていただければと思います(^^), 理由は硬いスポンジで弾きがあるより、柔らかめである程度は食い込みが欲しいからです。(打法にもよりますので、これは完全に個人差ですね), 09cは103グラムが当店の在庫には多かったですね!なので通常より2グラムは軽いという感じです。, このままだと私にとっては軽くて空振りしてしまいます・・・(普段は185±1くらいのラケットを使っております。), 個人的には軽かったので、サイドバランサーとサイドテープを使い、重心を調節して184グラムにしました^^, ディグニクス09cは他のディグニクスシリーズと比較して重いというだけで、他メーカーの同硬度のラバーと比較すると軽い印象があります。, 粘着でスポンジが硬めだからといって重すぎるというわけではなさそうですね・・_φ(・_・, 上記のような形でいつも自分のプレースタイルや感覚によって重さを変えたり選んだりして、用具が自分に合ってくれるように工夫してます(^^)高校時代では僕が使う用具は大体使い安いと言われてました笑, “自分の用具の基準”がわからない方はご相談に乗らせて頂きますので、是非店頭で僕とお話ししましょう♪, ・打球のインパクト時は滑らない(他のグリップ力重視のラバーとは比べ物にならないくらい滑らない), 打球点関係なく、通常のドライブ連打はもちろんのこと、カウンタードライブや引き合いが打ち損ない滑り落ちることがありません。ネットミスはほとんどなくオーバーミスのみ。, 中・後陣の巻き返しのドライブも非常に安定感があったので、カットマンの選手にも非常にオススメだと感じました^^, さらに従来のテンションラバーと比較して、相手コートのバウンドの変化が大きかったですね。基本的にドライブが深く入るのですが、そこからボールが跳ねたり沈んだりと、軌道がとても予測しづらいです。, 僕のボールを受けた練習パートナーは取りづらそうな顔で「あっつ〜」と言わんばかりの表情をしておりました←何が熱いの, ボールの重さはあまり出ませんでしたが、バウンド後の変化がこのラバーの1番の魅力だと思いました^^, 弧線が高い=初速が遅いということでもあります。スピードのあるボールで相手を1発で抜きさるには他のディグニクスシリーズやテナジーシリーズの方が向いていると感じました!!, (今回は柔らかめのラバーを選んでおります。硬めのスポンジを選べばその点は多少は改善されるのではないかと考えております・・), また、トップシートが回転の影響を受け、ループドライブをブロックをすると上に飛んでいってしまうことがたまにありました。, 浅いループドライブを取ろうとして、慌てて手だけ伸ばしてしまうと、ミスの可能性は大きいと思われるので、注意が必要ですね!, 今までのディグニクスよりも扱いやすさを少し削り、いやらしさを+しているようなラバー。, 気持ち良く打球をしたいのなら従来のディグニクスシリーズがいいと思います。威力も十二分です。, しかし、09cにはサーブレシーブや台上操作性や回転の変化、など、勝利の為に必要な要素が従来の製品よりも沢山詰まっているように感じました。, ライバルとは何か一つ”違い”を見出したいと悩んでいる選手は一度試してみる価値ありです^^!!, 以上で私の個人的な感想とさせていただきます!最後までご覧頂きありがとうございました(*´ー`*). ボールを「つかむ」感覚が向上して、回転をかけやすくなったことで、従来以上にドライブの安定感が増し、球威も上昇したことが最も大きな特徴です。中~後陣に下がってのドライブラリーがしやすくなっています。 Copyright© ◆卓球◆白馬@サラリーマンカットマンのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 今日はカットマンのバックハンドアタックについてお話していきたいと思います。 現代卓球においてカットマンは純粋にカット、ツッツキだけで勝ち上がることは難しく、上を目指すには攻撃技術が必要不可欠になっています。 最終更新日:2020/02/24, 現代卓球においてカットマンは純粋にカット、ツッツキだけで勝ち上がることは難しく、上を目指すには攻撃技術が必要不可欠になっています。, 攻撃といえばフォアハンドでのドライブやスマッシュがイメージされると思いますが、今日はカットマンのバックハンドでの攻撃の重要性をお話していきたいと思います。, カットからの攻撃はフォアハンドよりもバックハンドの方が重心移動をスムーズに行えます。右利き選手の場合、バックカットは並行足から右足前で打球することが多く、フォアハンドの場合は左足前で打球するため足の切り替え動作が発生するからです。ラリー中に足の切り替え動作を行うと体勢が崩れやすく、またカットと攻撃では打法が異なるため打球が不安定になりがちです。その点バックハンドは右足が前で打てるので足の切り替えを行う必要がなく比較的安定してカットからの攻撃を行えます。. ラケット重量 89.9グラム. 様々な用具を試し良い用具を探して早8年。 ディグニクス スペシャルサイトです。バタフライは卓球選手を始め卓球を愛する皆様の為に、ラバーやラケットなど卓球用具の開発・製造・販売といった事業活動を行う卓球用品総合メーカー。 こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 日中は暑い日が続きますが朝晩は冷え込みやすくなってきました。だんだんと夏から秋へと変わっていきますね。季節の変わり目は体調管理に気をつけてがんばってい …, こんにちは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 暑い日が続きますね。熱中症に気をつけてがんばっていきましょう! 今日は身体の使い方についてお話ししていきたいと思います。 ドライブやスマッシュを力任せ …, こんばんは。 白馬@サラリーマンカットマンです。 ぼちぼちと練習再開できております! 暑くなってきましたので熱中症対策に感染症対策と今まで通りスムーズな練習とはいかないと思いますが、置かれた環境で少し …, こんにちは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 非常事態宣言の解除により徐々に練習再開されている方も多いのではないのでしょうか。 私も先日久々に練習をしてきました。前回の練習から2ヶ月以上経っていま …, こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 長い自粛生活で心身共に疲弊しています。私も週の半分はテレワークで対応しています。2ヶ月近く練習できておらずフラストレーションは溜まるばかりです。 少し …, こんにちは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 世界的な自粛ムードの中で思うように練習できていない選手が多いと思います。今日は家でも試すことができるカットマンのグリップについてお話していきたいと思い …, こんにちは! 白馬@サラリーマンカットマンです。 今日は恒例のカットマンオススメラケットシリーズをお届けしたいと思います! いよいよ第八弾!今日はSTIGAの「ディフェンシブ クラシック」です!! 基 …, こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 今日はカットマンのバックハンドアタックについてお話していきたいと思います。 現代卓球においてカットマンは純粋にカット、ツッツキだけで勝ち上がることは難 …, こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 今年は東京オリンピックの年ですね!昨年の過酷な代表レースを勝ち抜いた日本代表の選手の皆様にはぜひ健闘していただきたいと思います! 今日はカットマンのラ …, こんばんは! 白馬@サラリーマンカットマンです! 年の瀬ですね。あっという間の1年でしたが2019年も無事過ごすことができました。来年もカットマンを中心に卓球情報を発信していきたいと思います。どうぞよ …. パッケージ込みの全体重量 98.8グラム. ディグニクス05の特徴. ディグニクス09cは他のディグニクスシリーズと比較して重いというだけで、他メーカーの同硬度のラバーと比較すると軽い印象があります。 ... *カットマン ※2019年4月8日 まず、フォア打ちして感じたのが弾む!ドライブをすると、相手コートでの伸びが凄く、受け手側は取りづらいとのこと。また、スピードも出るので一撃で抜きやすいラバーだと感じました。テナジー05よりも回転もスピードもありですね。 手打ちでもある程度のスピードボールが打てるし、しっかり打てなかったとしてもそこそこの球が打てます。(ただ、相手は取りやすい) しっかりインパクト強く打てるとえげつない球がいくのは間違いない。なので、初級者~中級者まででインパクト … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); バックハンドの場合、身体が邪魔になり大きくバックスイングを取ることができません。そのため、チャンスボールが思ったより深く入ってきた時や高く入ってきた場合対応しにくくなってしまいます。その場合は臨機応変に威力よりもコース重視のバックハンドにしたり、フォアハンド攻撃に切り替えたりして対応しましょう。, 多球練習も一球練習も最初はコースや高さを限定して行い、バックハンドの感覚を養います。ある程度できるようになれば次はカット後のツッツキを全面に送球してもらいます。全面に来たツッツキをバック側3分の2はバックハンドで、フォア側3分の1はフォアハンドで攻撃しましょう。, 上記は一例ですが実戦ではどちらに送球されるかわかりません。練習ではバックハンドの練習に比重を置きつつもより実践に近づけるためにしっかりフォアハンドでも対応できるようにメニューを組み立てていくことが重要になります。, カットの回転やコースを工夫して相手に返球させるコースを限定させる意識を持つとさらにバックハンドの精度を高めることができます。また、意外性を出すためにフォアサイドにきたチャンスボールをあえて回り込んでバックハンドで打ち抜けば相手にプレッシャーを与えることができます。, 今回のバックハンドアタックは主にミート打ちを想定していますが、バックミートがしっかりできるようになれば、次はバックハンドドライブの習得を目指してみましょう。攻撃の幅が広がります。, いかがでしたでしょうか。カットマンの攻撃においてバックハンドの重要性をお伝えできたかと思います。, フォアハンドに比べてコンパクトに繰り出せるバックハンドはカットからの反撃がしやすく、カットからの切り替えも比較的容易なため、対戦相手にとって脅威になりえます。, 最近では琉球アスティーダの村松選手や信号機材の厚谷選手のようにバックハンドドライブでもフォアハンドドライブと変わらぬ威力を出せるカットマンが登場しています。 卓球用具紹介 ディグニクス05の特徴をレビュー 寿命やテナジーとの比較も<卓球ラバー紹介>, 発売から半年ほどしか経っていないにも関わらず、「テナジーを越えるラバー」の二つ名、使用するトップ選手数の増加により、すでに圧倒的な知名度を得ているラバーがあります。, 「ディグニクス」シリーズです。実際どの程度すごいラバーなのかは、よく知らない人が多いのではないでしょうか?, 今回は、ディグニクスシリーズの中で最も発売が早かった「ディグニクス05」について紹介します。, 株式会社タマスのブランド「バタフライ」のラバーであるディグニクスシリーズには、現在「05」「64」「80」の3種類があります(「64」「80」は2019年11月発売予定)。, 今回紹介するディグニクス05は、鋭いチキータや前陣カウンターを可能にし、ディグニクスシリーズの中ではボールの回転量に最も重きを置いているラバーです。, ディグニクスシリーズの注目点は、同じバタフライの人気シリーズ「テナジー」で採用されている「スプリングスポンジ」をさらに進化させた「スプリングスポンジX」を使用している点が挙げられます。, スプリングスポンジXは、従来のスプリングスポンジよりも反発弾性が向上したことで、ボールをさらに「つかむ」感覚を実現しています。それによって、相手コートのより深いところへの打球が可能になり、ドライブの球威も上昇しました。, ボールを「つかむ」感覚が向上して、回転をかけやすくなったことで、従来以上にドライブの安定感が増し、球威も上昇したことが最も大きな特徴です。中~後陣に下がってのドライブラリーがしやすくなっています。, 台上技術では、ツッツキやチキータのように自分で回転をかける技術が安定しています。しかし、スポンジの反発弾性が高いこともあり、ストップは通常よりもボールが浮いてしまうことがあるようです。, 同じ理由で、当てるだけのブロックも平均的なラバーよりはボールが飛び過ぎて、オーバーしてしまうことがあります。そのため、少し押し気味のカウンターブロックで返球するか、回転をかけ返す力があるのでカウンターで打つのがオススメです。, ディグニクス05はまさに「オールラウンドな攻撃的プレーヤー向けのラバー」と言うことができるでしょう。, ディグニクス05で使用されているスプリングスポンジXは、テナジーシリーズのスプリングスポンジよりも硬度は高いです。しかし、試打した人たちからは、「テナジーよりもボールが食い込む感触がある」という意見が多く出ています。, また、前述のとおり、ディグニクス05はテナジーよりもドライブやスマッシュの球威も上です。性能面ではディグニクス05はテナジーよりも優れていると結論付けることができます。ただし「ラバーとしてテナジーよりも上か」と聞かれると、必ずしも上とは言えません。, 確かに、ディグニクス05はテナジーよりも回転量が増しているので、球持ちがよく、ボールの飛距離は出ます。ですが、それは裏を返せば「飛ばしたくなくても勝手に飛んでいってしまう」ということです。つまり、テナジーに慣れているプレーヤーにとっては、飛距離が思ったよりも出過ぎてしまい、オーバーミスをする可能性が出てきてしまいます。逆に、パワーがなくテナジーでは思うような飛距離を出せない人にとっては、これまでよりも楽に飛距離が出せて、強いボールを打つことができます。, このように、あらゆる点においてテナジーよりも進化しているディグニクス05ですが、総合能力を比較するとそれぞれに長所短所があり、単純に、テナジーよりも優れているとは言えませんでした。, 回転をかけやすいため、チキータやフリックといった、自分から回転をかける台上技術で威力を発揮します。, 高い反発弾性によるボールを「つかむ」感覚が、相手の球にパワー負けせず、高精度のカウンターを実現します。, コンパクトなスイングで威力のある球が出るので、パワーに自信がなくても、威力のあるドライブやスマッシュを打つことができます。, 上述のプレーはもちろん、ドライブやサーブといった基本のプレーでも、通常よりも多い回転量で相手より優位に立つことができます。また、中~後陣に下がっても弧線を描く安定したドライブを打つことができるので、ラリー戦になったときに、その性能の高さを最も感じられるでしょう。, 「高性能ラバー=耐久性がない」というのが、これまでの常識だったのですが、ディグニクス05はその点においても常識を打ち破ってきました。その秘密はここまではあまり触れてこなかったシートにあります。ディグニクス05では、スポンジ同様シートも従来よりも格段に進化したものを使用しており、シート耐久性が従来のラバーの倍以上になっています。, テナジーシリーズは仮に毎日一時間打てば、一ヶ月程で表面がツルっとして、回転がかかりづらくなっていたのですが、ディグニクス05はその倍の二ヶ月程度なら、性能を維持してプレーすることができます。そのため、値段はテナジーシリーズよりも高価ですが、コストパフォーマンスはディグニクス05の方が良いかもしれません。, ディグニクス05を使用した人の多くは、「テナジーの上位互換ラバー」という感想を述べています。実際にあらゆる性能がテナジーよりもグレードアップしているので、その感想は間違いではありませんが、前述のとおり、ボールが飛びすぎる場合もあり、その部分の調整は難しいラバーです。テナジー以上に上級者向けのラバーと言えるでしょう。, ★最安値挑戦中★送料250円 ディグニクス05 期間限定 バタフライ(BUTTERFLY) 卓球 裏ソフトラバー.