そして外からでは判断できない、時計内部の状態を確認。 本記事ではオーバーホールの内容や、頻度、料金などを解説していきます。, ブライトリングは、1884年に創業者の「レオン・ブライトリング」が、スイスに工房を開いたところが始まりです。 日本国内正規販売店でブライトリングをご購入いただくと、クラブ・ブライトリングという会費無料のクラブへご加入できます。 そのまま放置して、ムーブメント内部のパーツが故障してしまったら、高額な修理費用がかかる場合があります。, これらの症状以外にも、異常に気付いたら状態が深刻化する前に、オーバーホールに出してください。, 大切なブライトリングを預けるわけですから、依頼する相手もしっかり選びたいものです。 そんな方におすすめなのが、時計の宅配修理店です。, 「時計の宅配修理専門サイト produced by 高島屋質店」なら、店舗に出向かず、申込して時計を郵送するだけで全国どこからでもオーバーホールができます。 その状態をいつまでも放置していると、パーツにサビが生じる原因にもなるでしょう。 そして組み立て後に、徹底的に精度の調整を行います。, オーバーホールの際は、時計のムーブメント内部にある100個を超えるパーツを、ひとつひとつ分解します。 ピン・パイプが取れた、中留が閉まらないといった症状が現れたら、交換のタイミングと考えてください。, ブライトリングの外側をセルフメンテナンスするためのさまざまなグッズが販売されています。プロがおすすめするお手入れグッズについてご紹介します。, 革バンドは、汗や皮脂を吸うと臭いが発生しやすくなってしまいます。ただ、革バンドの汚れを取り除いてから、数回スプレーして自然乾燥すれば、嫌な臭いも抑えることができます。, HELI製の大人気クロスにシチズン製の時計バンド洗浄液のセットです。メンテナンスのビギナーにおすすめです。, 他にもさまざまな自宅できるお手入れグッズについてご紹介しています。以下をご参照ください。, 前述しましたように、セルフメンテナンスはあくまで外側のお手入れ、かつ持ち主の方が日常的に行うお手入れです。オーバーホールの代わりにはなりません。そのため、機械式時計の場合は3~5年に1度、クォーツ時計の場合は4年に1度のオーバーホールが必須です。, また、以下のような症状が発生した際は、すみやかにオーバーホールまたは修理を依頼することをおすすめします。, 弊社は、最新の設備と自社の修理工房を持ち、技術研修・技術指導などを行い、レベルの高い技術者が常駐しています。, 創業80年以上の歴史と、日本屈指の月間取扱件数1万以上と長年の実績がある弊社に、ぜひおまかせください。, ◆ コピー品・模造品は対応不可 こちら をご覧ください。, ブライトリングのオーバーホール 料金の目安や期間と頻度、見積もりの取り方まで全て解説, 時計修理・オーバーホール専門 五十君商店 大阪四ツ橋店(西心斎橋店)がオープン|電池交換・ベルト交換も対応, タグ・ホイヤーのオーバーホール 料金の目安や期間と頻度、見積もりの取り方まで全て解説, 腕時計の収納・保管方法は?おすすめのワインディングマシーンや収納ケースなどをご紹介, オーバーホール、防水テスト、ヒゲゼンマイ修正、ムーブメントの汚れ、油切れのため、洗浄と油注入. 代表モデルの「クロノマット」や「ナビタイマー」は、日本でも高い人気を誇っています。, 航空業界など、高度な水準が求められるフィールドで選ばれる、ブライトリング。 それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合ったところを選んでみてください。, 修理業者はネットで検索でき、比較も簡単にできます。 定期的にオーバーホールをすることで、内部パーツの不具合や劣化などにいち早く気がつき、深刻なダメージを未然に防げるのです。, 時計の動力には電池やゼンマイがありますが、いずれも精密機械であることに変わりはありません。 そのため、オーバーホールは、全ての時計で行う必要があるのです。, オーバーホールには「分解」「洗浄」「組み立て」「仕上げ」の4段階の工程があり、それぞれ以下のような作業があります。, 時計の外観を確認した後、ケースを開けて中身を分解していきます。 3針機械式時計のオーバーホール基本料金(外装仕上げ含む)は、86,400円(税込)が43,200円(税込)となり、クラブ・ブライトリングメンバーの場合、パーツ代金を除くメンテナンス料金が標準料金の半額となります。機械式クロノグラフの場合は54,000円~75,600円(税込)となります。 多彩なラインナップと特典をご用意しております。是非お立ち寄りくださいませ。, BREITLING ウェブカタログを見る そんなブライトリングの時計を入手したら「できるだけ長く使いたい」と思う方が多いのではないでしょうか。, 時計を長持ちさせる秘訣は、オーバーホールです。 潤滑油は、適切な油を適切な量を注入する必要があるため、熟練した技術が必要とされます。, パーツを組み上げ終えたら、次は時計のタイミング調整を行い、精度を向上。 しかし、セルフメンテナンスは腕時計の外側部分にとどめておいてください。常に肌に密着している腕時計を清潔に保つためにも、まずはマイクロファイバーやセーム革などの乾いたクロスを用意し、腕時計を外した後に拭く癖を付けましょう。, プラスチック製の風防で小さな傷の場合は、専用の傷取りクリームを使用することで、目立たなくさせることが可能です。ただし、不適合な研磨剤を誤って使用してしまうと、傷が増えたり、より広がったりといったトラブルを引き起こすことになります。, 大切なブライトリングの傷を増やしたくない時は、自己判断での修理をするのではなく、時計修理店に依頼しましょう。, ブライトリングのバンドが汚れてしまったらどう対処すればよいでしょう。 早めにオーバーホールを、検討しましょう。, 時計が駆動する際の音が、以前よりも大きくなっている場合は、ムーブメント内部のローター周辺の潤滑油が切れていることがあります。 ブライトリングは割引サービスくらいなのでまだ良いですが。 購入から5年経過でオーバーホールしようと思いケースから保証書とメンバーズカードを出そうとしたら、カードと保証書が見当たりませんでした。 ◆ オーバーホール以外の送料(全国一律) まず時計の駆動をつかさどる部分である「ムーブメント」を分解、内部のパーツの清掃と検査。 高いものでは100万円以上もする、高価格帯な時計です。 経験と知識が豊富なベテランスタッフが在籍し、さまざまなサービスを行っています。, オーバーホール(分解洗浄)と新品磨きをセットでお申し込みした場合、”基本料金が3,000円引き”となります。 オーバーホール(分解洗浄)新品磨きオーバーホール+新品磨きその他, オーバーホールは時計内部の分解・洗浄、必要があれば部品交換をして、新品に近い状態に戻します。 ・ご自身で時計をご送付いただく場合・・・・1,000円 (返却費用) 時計を長く使い続けるためには不可欠なので、定期的に受けておくことをおすすめします。, オーバーホールの依頼先には「正規メーカー」「時計修理業者」「家電量販店」などがあります。 愛用のブライトリングを長持ちさせるためには、「オーバーホール(分解掃除)」が必要不可欠です。しかし、「オーバーホールとは一体何か」「モデルによってオーバーホール費用は異なるのか」「オーバーホールに適した依頼先は?」「見積もりを見てから依頼するかどうかを決めてもいいのか?」「オーバーホールに加え、日常のお手入れを自分でするべきか?」などといった、オーバーホールやお手入れに関する疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。, この記事ではブライトリングを所有するにあたり必要なオーバーホールに関する情報や頻度、費用の目安から、見積もりの取り方や長持ちさせるためにやるべきことまで、丁寧にご紹介します。, では、一体どれくらいの頻度でオーバーホールを行えばよいのでしょうか。ひとつの目安は、機械式時計で3~5年に1度、クォーツ時計で4年に1度です。しかし、時計を複数持っている人や一種類の時計を使い続けている人、保管環境を整えている人やそうではない人など、時計の使用環境、保管状況は人それぞれ異なります。, そのため、必ずしも目安の期間に応じたオーバーホールで構わないとは言い切れません。気になる症状がある場合は、早めに相談することが大切です。, 弊社のオーバーホールは2週間前後で対応しています(見積もり期間は除く)。一方、メーカー依頼時の参考期間は6週間前後です。およそ3分の1程度のスピードでの仕上げが可能となりますが、時計の状態により、異なることがあります。また、お持ちの時計のモデルによりましては、メーカー対応のみとなるケースがあります。, 時計を修理に出すなら料金、利便性、技術力の3つが大事です。 並行品オーバーホール価格 63,180円~113,400円【1,5倍】 タグホイヤーの正規店で購入すると入会する事の出来る「エドワードクラブ」会員は特典を受けることが出来ますが、タグホイヤーの腕時計を並行輸入品や中古購入した場合は「エドワードクラブ」に入会することができません。 最終チェックが完了したら、ケースやブレスレットの研磨を行い、細かな傷を消して外観をきれいな状態に戻します。 この際に、時計をさまざまな角度から、確認します。, ケース内部の部品をひとつひとつ細かく外していき、パーツ同士の摩擦による劣化や、各部品に注いだ潤滑油の油切れなどを、顕微鏡を用いて細かくチェック。 クラブ・ブライトリングには情報満載の会報誌インフォ・ブライトリングやメンバーズサロン等のイベントへのご招待、スタジオ・ブライトリング内のメンバー専用ラウンジの利用や技術者によるメンテナンス・アドバイス等々多くの特典がご用意されております。中でも最も嬉しいサービスはメンバー特別価格でメンテナンスを受けれることでしょう! クォーツの電池交換は標準価格12,960円(税込)が、メンバー特別価格は6,480円(税込)となります。 愛用する「BREITLING(ブライトリング)」を長持ちさせるためには、オーバーホールが必須です。 ■ロレックスやオメガのオーバーホール料金が安い!東京・大阪の修理店でおすすめは?, おそらく、この問いに対する絶対的な正解は無いのですが、上記の見解にはどれも大丈夫だとする根拠が無いのも事実。, これは、時計内部の機械がスムーズに動くために必要不可欠である『潤滑油』が5年前後で干上がってしまうという理由からきています。, 潤滑油が切れた状態で時計を使い続けると、歯車が擦れて摩耗したりそのせいで他の部品にも悪影響が及びかねません。, 最悪、機械の大きなトラブルに発展してしまう可能性も否定できないため、それらを未然に防ぐためには4年に1度のオーバーホールが必要だというのです。, 殆ど使用していない時計でも、やはり潤滑油は5年前後で干上がってしまうため、4年に1度のオーバーホールは必要だというのです。, 4年に1度のオーバーホールは維持費としては決して安いものではありませんが、冒頭でも述べたようにやはり必要経費だということです。, 大切な時計を『一生モノ』として使い続けるためには、ぜひここをケチらないようにしたいものです。. 各店を選択した際の、メリット・デメリットを比較していきます。, 以上の点から、たとえ費用が割高で手元から離れる期間が長くても、安心感を重視するなら「正規メーカー」が良いでしょう。, 費用の割安さと迅速性を求め、自分で優良なお店を検索する自信がある場合は「修理専門店」を選択するのが、おすすめです。, では、実際にブライトリングをオーバーホールしてもらうためには、どのようにすれば良いでしょうか。, 東京(銀座)と大阪にある「スタジオ・ブライトリング」に電話予約をして店舗に持ち込む方法と、オンラインでピックアップサービスを申し込む方法があります。 航空時計の名門として揺るぎない地位を築いたガストン。1915年には、クロノグラフの操作専用プッシュボタンを備えた腕時計型クロノグラフ『30分タイマー』を発表しています。「飛行士のための計器」を目指し、航空の歴史とともに進化を遂げてきたブライトリングは、上空3000mの過酷な環境にも耐える性能、瞬時に情報を読み取れる文字盤など、まさにパイロットが求めるプロ仕様の技術を持ち合わせていました。, クォーツ全盛期といった苦難の時代を乗り越え、1983年にフレッチェ・トリコローリの公式時計に採用されると、1999年には業界初の100%クロノメーター化の偉業を達成。創業者の思いは、今もなお受け継がれて、高い精度に対する高い評価を得ています。, プロのための計器を手掛けるブライトリングの代表的なモデルについて、いくつかご説明しましょう。, 愛用の時計は、誰もが長持ちさせたいと願うものです。そのためにはオーバーホールは不可欠ですが、日常的なセルフメンテナンスも欠かせません。 ただし、オーバーホール中止やコピー品などは、着払いにてのご返却となります。どうぞご注意ください。, オーバーホールとは、時計の性能を保ちつつ長く使い続ける上で不可欠な「定期的な分解掃除」のことをいいます。100を超える内部部品を全て分解して行うメンテナンスは、人間で例えるならば定期検診でしょう。外からでは判断できない時計内部の状況を確認し、部品の洗浄から点検、さらに不良部品の交換まで行う様子は、人間の体をメンテナンスするのと変わりがありません。 ブライトリングにオーバーホールが必要な理由・頻度・必要期間 オーバーホールの頻度はどのくらい?目安は機械式で3~5年に1回、約2週間かかる. ちなみに、機械式時計のオーバーホールの頻度や期間についてはどのタイミングで出すのが正解かといえば、その答えは人それぞれ見解が異なるようです。 人によっては5年に1度、或いは10年に1度オーバーホールすれば大丈夫だと言ったり・・・。