16球団構想とは、現在のセ・パ2リーグ12球団体制にさらに4球団を追加するエクスパンション(球団拡張)です。 ホークスの王会長が、福岡のテレビ局の報道番組で16球団構想に言及しています。 さらに野球解説者の古田敦也氏も16球団構想に賛同し、準備に動いていることを示したことで、球界再編の注目は一層高まっています。 この16球団構想で特に注目を集めているポイントは2点です。 喫煙の規制がどんどん厳しくなっています。 ソフトバンクの王貞治球団会長が打ち出したプロ野球16球団への“エクスパンション構想”。現行のセパ12球団から4球団を増やすというもので、王会長は「若い人にチャンスが広がる」と、野球の底辺を拡大するためにも球団数を増やすことは必要だと、構想の思いを明かしている。, その新規参入の候補となる地域は複数あり、すでにいくつかの候補地の名前も挙がっている。大前提となるのは、プロ野球を開催出来るだけのスタジアムがあるかどうか。ナイター設備を備え、収容能力も最低でも2万人以上は欲しい。そして、現在、プロ野球球団が本拠地を置いていない“空白地”であることも条件になる。, 筆頭候補に挙がるのが沖縄県那覇市。将来的なNPB参入を目指して今年から琉球ブルーオーシャンズが発足。キャンプ地としてもよく知られ、野球人気は高く、収容人数約2万人の沖縄セルラースタジアムでは、毎年のように公式戦が開催されている。, 沖縄の他に有力地として挙がるのが新潟市、松山市、静岡市の3都市。新潟市のハードオフエコスタジアムは3万人収容可能とプロ野球球団の本拠地と比較しても遜色ないスペックを誇る。松山市の坊ちゃんスタジアムも収容3万人、静岡市の草薙球場は2万人超となっている。この他にも岡山市(マスカットスタジアム)、宇都宮市(宇都宮清原球場)、高松市(レグザスタジアム)あたりも候補になるだろうか。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 某週刊誌の記事で挙げられた16球団構想の候補地を覚えているだろうか。あの記事改めて考えると、現実の動きに関する信憑性はともかく意外とよく調べて書いてはいたなと思われるのがただどこの都市や地域じゃなく都市圏に着目していたことだ。たとえただの飛ばし記事だったとしても、16球団構想がすぐに実現しないのを精神論やナベツネのせいなどで片づけるよりはよほどリアルで建設的な内容だと言える。せっかくだから乗ってみようじゃないか、というのが今回のお話。なんて言ってみたはいいのだが、実のところ正確なことは言えない。というのも「都市圏」の算出法が日米で異なるうえに日本は各省庁でバラバラだからだ。あと今回の内容は時間の関係もあってwikipediaをかなり参照しているので、できるだけ公文書がソースと明記されている数字を使ってはいるものの細かい数字のソースとしては弱い。あらかじめご了承いただきたい。, 以前、野球解説者の古田敦也氏が人口30万人程度のシンシナティにもMLBのチームがあるのだから、日本の地方都市でももっとNPBの球団は可能なはずと言ったそうだ。元になったTV番組を私は見てないのだが、古田がこのような発言をしたこと自体は間違いないらしい。たしかにMLBのホームがある全28都市を見ると、人口がそこまで多くない都市も多い。, 最少はシンシナティで30万人弱。40万人未満の都市は全部で10ヶ所もあり、100万人を超えるのは合計8ヶ所。日本は30万以上なら合計72ヶ所、60万以上ですら23ヶ所もある。だからこれらの都市、それも地方都市にNPB球団を増やすのは十分可能なはずだ。これが外部の16球団賛成派の主張になる。一方で「プロ野球の集客には200万人の人口が必要」との説もある。ただしこれも具体的な統計ソースなどはなく球団関係者が語ったことにすぎないので、外部の16球団賛成派から「球団の努力が足りないからだ」「ナベツネのせいだ」で片づけられるのは目に見えている。, そこで「都市圏」である。たとえば日本ハムは人口6万人に満たない北広島市へ移転するが、観客はその6万人からしか来ないことがありうるか?これまでの阪神や西武は50万人弱の西宮や34万人の所沢からしか観客を動員できていなかったのか?基本的な集客力を周辺の大都市圏に求めているのは自明だ。MLBでもこの点は同じことで、「都市圏」を見ないとこうした疑問は解決しない。アメリカの都市圏については、2010年のMetropolitan Statistical Areasを用いる。, 都市圏合計数が2減っているのは、アナハイム(ロサンゼルス都市圏)とオークランド(サンフランシスコ都市圏)の都市圏が重複したから。約半分の14ヶ所18チームは400万人以上の都市圏に置かれている。そしてなんと200万人未満なのは全30チーム中たった1ヶ所、ミルウォーキー(約156万人)しかなかった。「200万人」はMLB基準だと正しかったわけだ。アメリカは超のつく大都市が少ない代わりに数十万人程度の中心都市の周囲に数万人、数十万人の人口を抱える都市がいくつもあることが多いので、この結果になったと思われる。ちなみに他のスポーツと比べてもMLBは多い人口を要求されていて、私が調べたNFL、NBA、MLSにはもう少し小さめの都市圏も少なからずあった。それでもほぼすべての都市圏が100万人以上。45都市圏中唯一の例外はNFLのグリーンベイで、たったの30万人程度しかいない。人気ありすぎだろパッカーズ。, 2015年の国勢調査による総務省規定の大都市圏の人口だ。日本国内のデータは全てこれを参考にしている。もう200万人を超える都市圏は、中心都市が東西に大きく分かれていて球団本拠地として考えるとかなり微妙な位置にあたる静岡・浜松しか残っていない。つまり、2005年にMLB基準だとスモールマーケットの部類に入る札幌、仙台、広島が全て埋まったことで、新しくリーグを拡張する余地がほとんどなくなってしまったわけだ。ミルウォーキーを基準としても追加できるのは宇都宮と岡山まで。16球団には足りない。日本は関東がアメリカで圧倒的に多いニューヨークのさらに2倍近い人口を抱えているうえに2位の近畿にもニューヨーク並の人口がある。3位の中京はアメリカで3位のシカゴと同じぐらい。一方で国交省基準の都市圏とも並行して見ていくと、近畿を3分割(大阪、京都、神戸)することで京都が200万人超の大都市圏になるものの、それ以外だと100万人を超えるのはここで載せた地域と前橋、富山しかない。50万以上100万未満の都市圏はそこそこ多いのだが、有力候補とされる松山や実際にNPB入りも目指すという那覇はこの100万未満の都市圏にあたる。日本一部の地域に人口が集中しているうえに各県にやや細かく人口が分散しているのだ。ちなみに都市圏人口50~100万はマイナーリーグAAAの最低基準程度。30チーム中50万人未満はリノだけで100万人以上が18ヶ所、そのうち150万以上は11ヶ所もある。またJリーグやBリーグでもよく批判される東京圏への集中も、都市圏人口を考えると当然の結果だと気づくだろう。半分が関東圏にあった17年前はさすがに多すぎだったが、日本全体の30%弱を抱える関東に4~5球団程度ならそこまでおかしなことではない。ましてや16球団まで増えるならなおさら。J1・J2の36チーム中11チームはほぼ数字通りになるし、BリーグにいたってはたとえB3の埼玉ブロンコス、八王子ビートレインズが昇格しても36チーム中10チームだ。, 例の週刊誌の記事、その意図していたところはわからないが、もし16球団推進の動きを加速させたかったのだとすればむしろ墓穴を掘ってしまったようだ。リアルを伝えたかったのならかえって良かったと思うけどね。「16球団構想」が可能な都市を都市圏から考えると、静岡と浜松の中間地点と京都の2ヶ所に絞られてしまう。いっそエコパスタジアムの横の山を切り開いて新球場を作るか。いや半分冗談じゃなくて。どのみち静岡県は雨が多すぎるから、プロ野球が数十試合をこなすにはドーム球場がないと持ちこたえられないのだ。そこに何とかしてねじ込むとすれば宇都宮と岡山。長年有力候補とされてきた新潟、松山、那覇は人口が乏しく、特に松山と那覇はNPBで必要とされる観客動員が非常に厳しいのが現実になる。今挙げた4地域にしてもプロ野球としてはスモール・マーケットとさらに極小のマーケットに分類される。90年代の人口は見てないので正確なことは言えないが、250万人超のデンバー、セントピーターズバーグ(タンパ)と400万台のフェニックス、500万台のマイアミがまだ残っていたMLBとはずいぶん大きな違いだ。外部にいる「16球団構想」賛同者は拙速なうえにただの精神論、陰謀論があまりにも目立ちすぎている。今はコロナ問題もあって進展がさらに困難になっていると思うが、それを「気合」や「ナベツネ」などで片づけられては、王会長をはじめとした実際に球団増へ向けて動いていると思われる人たちや、「できないと言う人たちは100年たっても…」と言っていた川淵三郎氏らへの風評被害にしかならない。外側にいて内部の事情が分からないのなら、まず外からでも調べられるリアルを見るところから始めてはどうだろうか。, Ltfrankcさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog