この間、ルドルフ大公はウィーンを離れオーフェンに移っていました。, これはもちろんベートーヴェンとルドルフ大公の再会を指します。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 中庸の徳~クラシックの名演、名盤. 1990年:ヨアヒムの指揮でベルリン・デビュー 19.ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番「大公」 シューベルト:ピアノ三重奏曲第1番 カザルス・トリオ(26,28年、EMI) 歴史的名盤とされているので選んだが、ぼくの個人的には、「大公」トリオは、アシュケナージ その典型的なものとして、ベートーヴェンより少し早い世代の作曲家ユスティン・ハインリヒ・クネヒト(1752年 - 1817年)に15の楽器のための『自然の音楽的描写』(1784年)という標題音楽があり、この作品の5つの楽章は本作とほとんど同じ標題を持つ[7]。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. ★★★★★ 一楽章、この全集の演奏スタイルからすると、偶数番の交響曲はピッタリだと思います。 コンサートの盛り上がりは、演奏終了後の観客の拍手喝さいが物語っています。. 1937年:ナチスの迫害を逃れて米国に移住 ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 ベートーヴェン: ピアノ三重奏曲第6番変ホ長調 op.70-2 ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調 op.97『大公』 アレクサンドル・メルニコフ(フォルテピアノ/Alois Graff, c.1828 エドウィン・ボインク修復、メルニ … オーストリアの指揮者, 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 第6交響曲は、ベートーヴェンの交響曲の中で標題が記された唯一の作品である。 ベートーヴェンが自作に標題を付した例は、他に「告別」ピアノソナタ(作品81a)などがあるが、きわめて珍しい。 とくにこの第6交響曲は、ベルリオーズやリストの標題音楽の先駆をなすものと見られている 。 ピアノから始まる3楽章も、ベートーヴェン作品指折りの美しいアンダンテ・カンタービレだ。ロマンティックだが大げさでないのは、この曲全体に共通する品の良さによる。テクスチャが厚ぼったくならず、まるですきバサミですいたような軽さがあるからだろう。その分、細かい連符やリズムの活用が効いており、変奏の技も豊富に見れる。 「ベートーヴェンの器楽は巨大で計り知れないものの領域を開く」これはE.T.A.ホフマンの言葉である。この言葉がまさに当てはまる曲を取り上げよう。 ベートーヴェンが自然を愛したことはよく知られており、「ハイリゲンシュタットの田園風景」に彼は深い愛を感じたのでしょう。, また当時、「自然をテーマとした明るい音楽」が流行していました。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。, カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 ・第1楽章「田舎に到着したときの晴れやかな気分」 ベートーヴェン: ・ピアノ三重奏曲第6番変ホ長調 op.70-2 ・ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調 op.97『大公』 アレクサンドル・メルニコフ(フォルテピアノ/Alois Graff、1828年頃 エドウィン・ボインクによる修復、メルニコフ蔵) カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。, ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) 第3楽章から終楽章までは切れ目なく演奏されており、このスタイルは「運命」でも見られます。, これまでの交響曲はハイドンの完成させた形式により4楽章で構成されていました。 ベートーヴェンが37歳の時のことです。 ・第5楽章「牧歌 嵐のあとの喜ばしい感謝に満ちた気分」, まさにこれまでの常識を打ち破った革新的で芸術的な作品なのです。 1798年にJ.H.クネヒトが発表した『自然の音楽的描写』がその代表例です。 心、疲れた方に聴いて欲しいクラシック音楽を厳選していきます! 定番の1枚としても知られており、クラシックの初心者の方にもオススメの1枚です。, アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日) 1810年の終わりに着手、翌年3月には完成し、ウィーンで非公式の初演を行った。公開初演は1814年、シュパンツィヒのヴァイオリンとリンケのチェロ、そしてベートーヴェン自身のピアノで演奏された。耳の病はピアノ演奏に支障をきたしており、初演を聴いたモシェレスやシュポーアは、ベートーヴェンの演奏技術の劣化を嘆きつつ、それでもなお称賛すべき点も残っていたと語っている。数週間後にこの曲を再演し、それがベートーヴェンにとって最後の公の場でのピアノ演奏となった。, 1楽章の第1主題、ベートーヴェンにしてはやや長めの、叙事詩の幕開けのごとき旋律。単純にこのメロディの美しさだけとっても成功作に違いないが、dolceのピアノから始まるのも、なんというか「がっつかない」余裕のような、鷹揚な品の良さを感じる。徐々に弦が重なり合い、主題が繰り返されるときにはヴァイオリンが主旋律になるのも鉄板だが素敵だ。弦の入り方も、奏者によってはぬるっと入ってこられると妙な不気味さもあり「こっちが幽霊トリオか!」とツッコミを入れたくなる。 「エリーゼのために」が作曲されたのは、そのような時期でした。, また、この作品は「オーストリアとフランスの戦争」に深く関係している作品でもあります。 このときルドルフ大公もウィーンを離れました。, 戦争は半年ほど続き、11月にフランス軍はようやくウィーンからいなくなります。 「田園」は第5交響曲「運命」が完成した後、1808年の春から秋にかけて作曲されたと言われています。 しかし僕はもっとプライベートな音楽に聴こえる。ルドルフ大公へのリスペクトを込めた贈り物。ロマン派の音楽の先取りのようだ。少なくともこの曲から漂う上品さは、人類一般というよりは一個人のもつ内面によるものに感じるのだが、どうだろうか。ベートーヴェンの器楽が開く「巨大で計り知れないものの領域」とは、そういう音楽の新時代のことも示唆しているのかもしれない。. 2楽章のスケルツォ、伝統的なピアノ三重奏曲は3楽章だが、交響曲のごとくスケルツォ楽章が挿入され規模が大きくなっている。冒頭のホフマンの言葉を思い起こす。単純に曲の長さだけでなく、僕はこのスケルツォ楽章を聴いて「ああ、これオーケストラ版で聴いてみたいな」なんて思ってしまうのだが、そんなときにベートーヴェンの「巨大で計り知れないものの領域」を切り拓いていこうというスピリットを感じる。変化が多くて楽しい楽章だが、個人的には主題の旋律の愛らしさによるところが大きいように思う。優雅さもある。 まさに穏やかな「田園」と激情の「運命」ですね。 1946年:アメリカに帰化. ベートーヴェンの三大ピアノソナタも収録されています。, ルービンシュタインと言えばショパンを思い出す方もいるとは思いますが、ベートーヴェンも名演が揃っています。 最近マイナー曲ばかり書いているが、2020年はベートーヴェン生誕250周年である。僕はシューベルトやシューマン好きを公言していますが、実は記事の更新数ベートーヴェンが一番多い。やっぱり好きなんだなあ、と。, ということで、ピアノ三重奏曲の傑作、通称「大公トリオ」。そこそこ有名なので各所に様々な情報があり、今更何を書こう。そこで、みんなが「大公トリオ」を調べるときにどんな検索キーワードを入れているのかを見てみた。「難易度」「解説」「名盤」などの他に、「海辺のカフカ」「幽霊トリオ」「街の歌」「ケンプ」「オボーリン」「スーク」と出てくる。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日), ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第23番「熱情」&第26番「告別」. 【参考】 @@@‚ׂ«ƒfƒBƒXƒN‚ªŒ»‚ê‚Ä‚¢‚éB‚»‚Ì•M“ª‚̓”ƒ@ƒ“ƒgŽwŠöƒxƒ‹ƒŠƒ“EƒtƒBƒ‹‚É‚æ‚éˆê˜A‚̃uƒ‹ƒb ベートーヴェン交響曲第6番「田園」の名盤 ----- hiroちゃんのライブラリー131種類を全て紹介 -----2019/01/12 追加投稿 多くの… ヴァイオリンの音域がやや低め、チェロもかつての古典派より活躍、そしてベートーヴェン自身とルドルフ大公が弾く楽器であるピアノの使い方の巧みさ、これらによってグッと大人っぽい(という表現が良いのかわからないが)雰囲気になっている。 『クラシック音楽を聴いてこころ、幸福』になる方が私の他にも、いらっしゃるかもしれないと思い、書き始めてみました。 「告別(Das Lebewohl)」とは、ベートーヴェン自身が付けた標題です。 4楽章、大げさにやってフィナーレを盛り上げることもできるだろうが、一つ一つの要素はベートーヴェンの他のピアノ三重奏曲よりもいっそう洗練されているため、上品な雰囲気を保って演奏するスタイルも非常にマッチする。燃え上がる情熱でぶっちぎるぞ、というだけではないのが、この曲の魅力だ。 ), “Beethoven’s Instrumental-Musik,”(1813) in E. T. A. Hoffmanns sämtliche Werke, vol. 1899年:ポツダムでデビュー 交響曲第6番 ヘ長調 (こうきょうきょくだい6ばん ヘちょうちょう)作品68は、ドイツ古典派の作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年 - 1827年)が1808年に完成させた6番目の交響曲。作曲者によって『田園(ドイツ語: Pastorale)』の標題が付されている。 これは戦争に勝ったフランスを配慮してのことだったのかもしれません。, ベートーヴェンはフランス語で出版されたことに怒り、「Das Lebewohlとles adieuxでは全く違う。」と抗議したそうです。, ルービンシュタインの名演で「告別」を堪能してはいかがでしょうか。 作品はベートーヴェンの"パトロン"であり"弟子"でもあるルドルフ大公に献呈されました。 ここではベートーヴェンの「ピアノソナタ第26番(告別)」の解説と名盤を紹介したいと思います。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第26番(告別)」の演奏 @@@ƒNƒi[˜^‰¹‚Å‚ ‚éB‚±‚ê‚ç‚ɂ‚¢‚Ä‚¶‚Á‚­‚è’®‚¢‚½ã‚ŁA””N‚É‚P“x‚̃y[ƒX‚ŏã‹L‚P‚O‚O … 作品はベートーヴェンの"パトロン"であり"弟子"でもあるルドルフ大公に献呈されました。, ここではベートーヴェンの「ピアノソナタ第26番(告別)」の解説と名盤を紹介したいと思います。, ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) 単純計算になりますが、ベートーヴェンの書いた交響曲が9つであるのを考えると、数字の面でも一作品においての熱量の違いを感じることが出来ます。, 交響曲第6番「田園」は交響曲第5番「運命」と同時に、1808年に初演されました。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 「運命」が5年もかけて作曲されたのを考えると、短期間で作られたと言えるかもしれません。, 「田園」は自然豊かなハイリゲンシュタットで作曲されたもので、まさに自然の豊かさと落ち着きが曲に表れています。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. スケッチ帳に書かれた「性格交響曲」についても同様であり、この言葉は創作者の世界観を表す純音楽という意味で用いられている。ベートーヴェンは、「誰でも田園生活の考えさえあれば、多くの説明がなくとも、作者の意とするところを自ら考えることができる」といって標題を詳しくすることを避けた[7]。, もうひとつは、ベートーヴェンの作曲当時までによく書かれていた自然描写音楽へのアンチテーゼである[5]。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 また、クネヒトには『雷雨によって妨げられた牧人の喜びのとき』(1794年)というオルガン作品もあった。ベートーヴェンがこれらの作品を知っていたかどうかについては現在まで確認されていないものの、田園交響曲との標題内容との一致から、ベートーヴェンがこれらの先行作品を意識していたことはほぼ確実と考えられている[5]。, ベートーヴェンは田園を好み、ウィーンでは近郊を歩き回り、夏には田舎に生活して大自然に親しんだ。彼のスケッチ帳には「森の中で―自分は幸福だ―樹々は語る―汝を通して―おお神よ―なんと素晴らしい……」、「どの樹もみな自分に語るではないか。聖なるかな。聖なるかな。森の中は恍惚たり」などと書き付けてある。日本の音楽評論家門馬直衛は、こうした心情を音楽で語ったのがこの第6交響曲であるとする[1]。, 1807年暮れからスケッチが開始され、第5交響曲がほぼ完成した後の1808年初春から1808年初秋にかけて作曲された[8]。, 従来、交響曲第5番と第6番は同時期の作曲と見られていたが、ベートーヴェンのスケッチ研究の成果によって、両者の作曲時期はそれほど重なっていないことが明らかにされている。第6番のスケッチは、主として1808年初頭から同年9月ごろまでにベートーヴェンが使用していた「パストラール・シンフォニー・スケッチ帳」で確認できることから、実質的な作曲時期は1808年春からの約半年間である。一方、同スケッチ帳には第5番のスケッチはまったく現れておらず、第5番は前年の1807年中に筆が進められ、1808年の初頭には仕上げに入ったものと考えられる[8]。, 過去の研究では、19世紀の音楽学者グスタフ・ノッテボーム(1817年 - 1882年)によって、第6交響曲のスケッチは1806年に始まり、翌1807年夏ごろから本格的に取りかかり、1808年に仕上げに入って同年6月ごろ完成とされていた[9]。 ベートーヴェンはクネヒトの理論書を持っていたことがわかっています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。, 「田園」の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 冒頭、クラリネットの素朴な音型にホルンが音程を拡大して応えるが、「ホルン5度」による純粋かつ自然な響きが浄化された感じを高める[25]。加えて、ヴィオラとチェロによる第1楽章同様の空白5度の保持音を伴っており、牧歌風が強調される[24]。, チェロのピチカートの上に第1ヴァイオリンが前奏に出た音型の転回形に基づく主要主題(第1主題)を示し、第2ヴァイオリン、さらに低弦とホルン、木管へと移っていく。副主題(第2主題)はハ長調で第1ヴァイオリンに示され、第1楽章の第1主題との関連がある。この終止とともに冒頭主題が回帰してくる[25][24][注 2]。, 新しい中間主題は変ロ長調、クラリネットとファゴットのオクターヴで現れ、これに第1主題に基づく展開風な経過句がつづく[25][24]。, やがて第1主題の前奏がフルートに帰ってきて、クラリネットがこれに応えると、再現部となる。第1主題は第2ヴァイオリンに出るが、同時に主要主題に基づく変奏が無窮動風な16分音符のオブリガート対旋律となって、第1ヴァイオリンから第2ヴァイオリン、ヴィオラとチェロへと受け継がれて高揚していく[25][24]。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen), ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker). "「田園」はクネヒトに刺激を受けて生まれた可能性がある"とも言われています。, 「田園」のスケッチには、声楽を用いようとした形跡が残されています。 録音の少ないクライバーの貴重な録音で、1983年11月7日のコンサートがライブ録音されました。 ベートーヴェンの交響曲第6番は、その名の通りベートーヴェンの作曲した6番目の交響曲です。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Author: funapee(Twitter) 末永く、お付き合いいただけたならうれしいです。, 「田園」を散策しながら、たくさんのおいしい空気を思いっきり吸い込んでいたのでしょう。, この曲は、(中略)彼の自然に対する愛と感謝の気持ちを音楽にしたものといってよく、彼が生涯その自然を愛でたウィーン郊外のハイリゲンシュタットの森を散策しなが, 小川のせせらぎや、小鳥のさえずり、雷鳴といった自然の姿が音によって生き生きと描写され、たいへんわかりやすく、彼の交響曲のうちでも、特に親しみやすい音楽となっている, 第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ ヘ長調 「いなかに着いたときの愉しい気持ちの目覚め」, スイス・ロマンド管弦楽団の、構築性バツグンな音楽づくりのなかにも、優しくもやわらかいニュアンスが流れる、素晴らしい名盤, 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介, ベートーヴェン:交響曲第7番【5枚の名盤の感想と解説】強烈なスピード感とワクワクの1曲!!, マーラー:交響曲第5番「アダージェット」【瞑想的な名盤5枚の解説】癒やしのアダージョの夜…(後編), ハイドン:交響曲第94番「驚愕」【おすすめ名盤3枚の解説】トリビアなイタズラで「ビックリ!」させちゃ…, モーツァルト:交響曲36番「リンツ」【名盤3枚の解説】たのもしく、明るい曲で元気になろう!, シューベルト:四重奏断章(弦楽四重奏曲第12番)【解説と名盤3枚】それは断たれたプレリュード!, メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟【解説と3枚の名盤の音と感想】その風景と音がありありと見える名曲, モーツァルト:交響曲第29番【解説とおすすめ名盤8枚】明るくて美しいロココ調の響き!. そして翌年1810年1月にルドルフ大公はウィーンに戻ってきました。, これはルドルフ大公が1809年5月にウィーンを離れたことを指します。 こうした事情から、これまで『田園』交響曲に対する見方は『運命』交響曲との比較論が中心で、両曲の性格の相違が強調される傾向にあった。例えば、『運命』での極度の精神的緊張、創造力の爆発的な噴出に対して、ベートーヴェン自身が精神的バランスを維持するための創造形式が『田園』である、といった見方である。しかし、このような情緒的解釈は、交響曲様式の革新性において第5番に劣らない本作の意義を見落としかねない[10]。, なお、1803年6月ごろから1804年4月ごろまで使用していた「ランツベルク6」と呼ばれるスケッチ帳に第6番の主題のわずかな萌芽を見ることができる。1807年7月から8月にかけて使用された「ハ短調ミサ・スケッチ帳」にも第6番第1楽章の主題に発展する原形が見られるが、これらはすべて断片的であり、本格的な創作は「パストラール・シンフォニー・スケッチ帳」使用期と見られる[8]。, 1808年12月22日、オーストリア・ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場において、ベートーヴェン自身の指揮によって初演[1]。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。, ルドルフ大公は神聖ローマ皇帝レオポルト2世の子供で、1804年から1835年までオーストリア皇帝の地位にいた人物です。 スケッチは「告別」の他にも「Der Abschied(別れ)」と書いた跡がありました。 もしかしたら、「毎日がイマイチ楽しくない」というそんな方がいたら、 Bryan R. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 基本的には自由に使っていただきたいのですが、実用目的で使いたい方はこちらのページをご一読ください。, ブログに書いていない音楽の話やオススメの音盤などをつぶやいています。お気軽にフォローしてください!. モーツァルトは41曲の交響曲を書き、ハイドンにいたっては104曲の交響曲を書いています。 また、徹底した動機展開による統一的な楽曲構成法という点で、前作交響曲第5番(作品67)とともにベートーヴェン作品のひとつの究極をなす[3]。, 第6交響曲は、ベートーヴェンの交響曲の中で標題が記された唯一の作品である。ベートーヴェンが自作に標題を付した例は、他に「告別」ピアノソナタ(作品81a)などがあるが、きわめて珍しい。とくにこの第6交響曲は、ベルリオーズやリストの標題音楽の先駆をなすものと見られている[4]。, 標題は、初演時に使用されたヴァイオリンのパート譜にベートーヴェン自身の手によって「シンフォニア・パストレッラあるいは田舎での生活の思い出。絵画描写というよりも感情の表出」と記されている[2][5][4]。, これらの標題は楽譜以外にも認められ、1808年12月17日付『ウィーン新聞』に掲載された初演演奏会の予告には「田舎の生活の思い出」という副題が見られる。ベートーヴェンが使用していたスケッチ帳にも同様の記述があり、「性格交響曲(Sinfonia caracteristica) あるいは田舎の生活の思い出」とされ、「シンフォニア・パストレッラ」は音による絵画的描写ではなく感情の表現であることが強調されている[5]。, ベートーヴェンが「絵画的描写ではなく感情の表出」と強調したことについては、以下の理由が挙げられている。ひとつには、ベートーヴェン自身の理想主義的な作曲理念からのものであり、模倣のための模倣である描写語法を安易なものとして退け、音楽的脈絡や全体的構成の中で不可欠かつ必然性を持たせること、言い換えれば、描写語法のより高い次元での用法をめざしたのである[5]。 スケッチには「再会」の他に、「到着(Ankunft)」と書いた跡がありました。, また、ベートーヴェンは「尊敬するルドルフ大公殿下帰還、1810年1月30日」と草稿に書き入れています。, ドイツ語で書かれた標題でしたが、楽譜はフランス語で出版されました。 たいこ叩きのベートーヴェン 交響曲第6番「田園」名盤試聴記 朝比奈 隆/新日本フィルハーモニー管弦楽団. 第2主題はヘ長調で戻ってくる。, 提示部と同様に再現部が終わると、ここから長大なコーダに入り、第1主題による変奏的展開となり、大きな高揚を示す。その過程では、クラリネットやファゴットの短いリズム音型に第2楽章の小鳥のさえずりを思い起こさせる音色や響きも出る[25]。チェロとファゴットに16分音符のオブリガート対旋律が再び出ると、ここから無窮動風な律動が大きなうねりとなって最後のクライマックスを呼び起こす。頂点から急速に音量を落としてピアニッシモで弦楽が主要動機を示し、最後は弱音器を付けたホルンが楽章冒頭のクラリネットの原主題を回想し、各弦楽が弧を描くようなオブリガート音型を受け渡しながら下行し、全曲を閉じる[25]。, 第1番 - 第2番 - 第3番『英雄』 - 第4番 - 第5番(運命) - 第6番『田園』 - 第7番 - 第8番 - 第9番(合唱付き)( - 第10番), ミッキーマウス - ドナルドダック - デイジーダック - イェン・シッド - チェルナボーグ, トッカータとフーガニ短調 - くるみ割り人形 - 魔法使いの弟子 - 春の祭典 - 交響曲第6番『田園』 - 時の踊り - はげ山の一夜 - アヴェ・マリア - (月の光), 交響曲第5番『運命』 - ローマの松 - ラプソディ・イン・ブルー - ピアノ協奏曲第2番 - 動物の謝肉祭 - 魔法使いの弟子 - 威風堂々 - 火の鳥, なお、門馬は副主題(第2主題)を「第1挿入句」、この後の中間主題を「第2挿入句」と呼んでいるが、ここでは『ベートーヴェン事典』の表記に従った。, Ludwig van Beethoven:Sinfonie Nr.6 'Pastorale' F-Dur op.68, 南西ドイツ放送交響楽団(SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg), Symphony no.6 in F major 'Pastoral', Op.68, Symphony No.6 in F Major 'Pastoral' Op.68, Beethoven, Ludwig van/SYMPHONY NO.6 IN F MAJOR, OP.68 (PASTORAL) - Score and Parts (ID:1661), Beethoven, Ludwig van/SYMPHONY NO.6 IN F MAJOR, OP.68 (PASTORAL) - Score and Parts (ID:5182), Symphony No.6 in F major ('Pastoral'), Op.68, Sinfonia n°6 in Fa maggiore, Op.68, «Pastorale», https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第6番_(ベートーヴェン)&oldid=75476159. ただ音質は悪いですが、一度は聴いておきたい伝説的コンサートに間違いありません。 @@@@@. チェロとヴィオラの5度の保続音の上に第1ヴァイオリンが第1主題を出す。4小節で独立しており[14]、半終止のフェルマータは、第5交響曲の冒頭と呼応している[15]。木管の3連符とヴァイオリンの経過句でト長調となり、第2主題はハ長調、4小節の単純な句が第1ヴァイオリンから次第に低い弦に移っていく[14]。, 展開部では徹底的に第1主題動機を扱う[16]。変ロ長調からニ長調(実はト長調のドミナント)、ト長調へと転調しつつ、主題の動機を36回繰り返す。一段落すると、今度はト長調からホ長調(実はイ長調のドミナント)、イ長調へと転調しつつ同様な反復となる。, 再現部では第2ヴァイオリンとヴィオラによって第1主題が示される。4小節目の半終止の代わりに第5小節から第1ヴァイオリンの軽快な句が現れるが、これは第5番の第1楽章再現部でのオーボエの叙唱句と同様の筆法である。第2主題では型どおりにヘ長調をとる。コーダでは展開部と同じように始まるが、すぐに転調して木管と弦のかけあいから弦のみとなり、クラリネットとファゴットの重奏、ヴァイオリン、フルートと続いて全合奏で終わる[14]。, ソナタ形式。チェロとコントラバスのピチカートに、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、独奏チェロ(2人が弱音器を付けて弾く)が小川のせせらぎのような音型を加え、その上に、第1ヴァイオリンが静かな第1主題を示す[17]。第2主題はヘ長調、第1ヴァイオリンが高音域から分散下行、分散上昇するが、さらにファゴットが歌う主題に他の楽器が集まって発展する[16]。その後、第1主題による短いコデッタを経て展開部に入る。, 展開部では主として第1主題を扱いながら転調していく[17]。ここでは木管楽器の充実した書法が特徴的であり、木管のフレーズは再現部でも装飾的用法として現れる[16]。, やがてヘ音の持続上にフルートが第1主題を示して再現部となる。再現部は第1主題部は短縮されているが[17]、第2主題以降は概ね型通りである。ヴァイオリンにしばしば現れるトリルは、小鳥のさえずりを象徴化したもので、この小鳥の描写はコーダに入ると明確に注釈入りで示されることとなり[16]、フルートがサヨナキドリ(ナイチンゲール)、オーボエがウズラ、クラリネットがカッコウをそれぞれ模倣して鳴き交わす結びとなる[17]。, 複合三部形式をとり、事実上のスケルツォ楽章[18]。主部は弦のスタッカート主題(ヘ長調)に木管の旋律がニ長調で応答する。これが繰り返されると今度は弦がニ長調のまま主題を出し、木管はハ長調となる。ハ長調は主調であるヘ長調の属和音(ドミナント)調であり、総奏へと昂揚してヘ長調に戻る。ベートーヴェンが自然な音楽の流れの中できわめて見事な調的コントラストを見せる部分である[19]。