(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 トヨタ新車情報ドットコム.All Rights Reserved. メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 1.5L、ハイブリッドともに、グレードによって燃費数値が異なるため、まず先にグレードを決めたい。最も推奨度が高いのは、1.5L、ハイブリッドともに中級のGだ。, 1.5Lの場合、ベーシックなXでは、エアコンのオート機能が装着されずマニュアルタイプになる。ハイブリッドを含めてXのヘッドランプはハロゲンのみで、LEDはオプションでも装着できない。, 14インチタイヤは転がり抵抗を抑えた燃費重視のタイプで、指定空気圧も前輪が250kPa、後輪は240kPaと高いためだ。特に40km/h以下で市街地を走っている時に、乗り心地の硬さが目立ってしまう。, その点でGになると、標準装着されるタイヤは14インチになるものの、5万9400円のオプションで15インチ+アルミホイールに変更できる。, 14インチとはタイヤの性格が変わり、指定空気圧も前輪が230kPa、後輪は220kPaに下がるため、乗り心地と走行安定性のバランスが向上する。, 上級のZは、3灯式フルLEDヘッドランプや8インチディスプレイなどを標準装着するが、中級のGにオプションで付けられる装備も多い。, そこでGを推奨する。オプション装着したい装備が多かったり、専用の上級シート表皮などに魅力を感じたらZも検討するといい。, 次は買い得グレードのG同士で、1.5Lとハイブリッドの損得勘定を比べる。ハイブリッドGの価格は213万円、1.5LノーマルエンジンのGは175万6000円だから、ハイブリッドGが37万4000円高い。, ただしハイブリッドGは、1.5LノーマルエンジンのGでは1万6500円でオプションになるバックガイドモニターなどを標準装着する。一部の装備が上級化されるので、この金額を差し引いたハイブリッドの正味価格は約35万円に収まる。, 購入時に納める環境性能割と、自動車重量税も異なる。Gではこの2つの税額を合計すると5万3300円だが、ハイブリッドGは非課税だから、この金額も差し引く。最終的な実質差額は30万円と考えていい。, 現時点で算出に悩むのはガソリン価格だ。新型コロナウイルスの影響で、2020年4月下旬におけるレギュラーガソリンの平均価格は1L当たり130円まで下がったが、この価格は特殊だ。, そこで影響が生じる前の1L当たり145円で計算する。実用燃費はWLTCモードと考える。, そうすると1km走行当たりの燃料代は、Gが6.8円、ハイブリッドGは4.1円だ。ハイブリッドでは1km当たり2.7円の節約が可能で、30万円の実質差額を燃料代の節約で取り戻せるのは、11万kmを走った頃になる。, ちなみに車種によっては、ハイブリッドの実質差額を4万~6万kmで取り戻せるが、ヤリスのようなコンパクトカーは、ノーマルエンジンの燃費も良好だ。, この30万円という差額は、コンパクトカーにとっては大金だから、取り戻せる距離も10万kmを超えることが多い。, 表現を変えると、ハイブリッドの経済効率は、ボディが重くノーマルエンジンの燃費が悪い車種ほど優れているわけだ。そのためにクラウンでは販売総数の80%がハイブリッドで、レクサスISも70%に達する。, これらの車種では、実質差額が4万~6万kmを走れば取り戻され、ハイブリッドは数年後に売却する時の条件もいいからハイブリッド比率が高まった。, 逆にコンパクトカーでは、ハイブリッドが人気を得にくい。仮に発売直後に販売比率が増えても、時間の経過に伴って下がってくる。, ヤリスでは、ノーマルエンジンを1Lと1.5Lの2種類にしたから、発売直後でもハイブリッド比率は45%にとどまる。, ヤリスのハイブリッドとノーマルエンジンの損得勘定を客観的に判断すると、1年間の走行距離が1.5万kmを超えるか否かが選択の分かれ目だ。, 1年間に1.5万kmを走れば、7~8年で11万kmを走行できるから、実質差額が取り戻されて最終的に出費を節約できる。, しかし1年間の走行距離が7000kmでは、取り戻すまでに15年かかり、13年とされる乗用車の平均使用年数(平均寿命)を上まわってしまう。, そうなると燃料代の節約で実質差額を取り戻せない可能性が高い。1年間の走行距離が1.5万km以上ならハイブリッドを選ぶ余地があり、それ以下ならノーマルエンジンが経済的という判断が成り立つ。, お金の面以外では、運転感覚に対する好みの違いも、ノーマルエンジンとハイブリッドの選択に影響を与える場合がある。, ヤリスのエンジンはすべて直列3気筒だから、ノイズを抑えるうえでは4気筒に比べて不利だ。その意味でハイブリッドは、車両重量の割に動力性能の高いモーターを併用するから、ノーマルエンジンに比べてアクセルペダルを深く踏む機会が少ない。, フル加速すればハイブリッドでも3気筒のノイズが高まるが、通常の走行では、ハイブリッドは静かで滑らかだ。ハイブリッドのエンジン負荷を抑えた走りは、燃費の向上にも役立つ。, いっぽう、1.5Lノーマルエンジンは、モーター駆動を併用しないから吹き上がりが活発だ。高回転域までよく回る。, さらに1.5Lノーマルエンジンには、6速MT(マニュアルトランスミッション)も用意され、エンジンの回転数や変速操作をドライバーが完全にコントロールできる。, 車両重量はノーマルエンジンのGが1000kg、ハイブリッドGは1060kgだから、ノーマルエンジンはボディが軽く操舵に対する反応も機敏だ。, 峠道を走ると、ノーマルエンジンは進行方向が軽快に変わり、旋回軌跡を拡大させにくい。操舵角に応じて、車両を内側に向ける操作もしやすい。, 後輪の接地性など走行安定性はハイブリッドと同水準だが、ノーマルエンジンは総じて曲がりやすい。, ヤリスとフィットを比べると、後席と荷室の広さでは、ヤリスは明らかに負けてしまう。視界や取り回し性も含めて、ヤリスは実用性ではフィットにかなわない。その代わりヤリスは、走りの楽しさでフィットに勝っている。, 買い得グレードはGだが、走りのよさをさらに高めるなら、上級のZを選んで16インチタイヤ+アルミホイールを8万2500円でオプション装着したい。走りが一層機敏になるからだ。1.5LノーマルエンジンならではのMTを選ぶ手もある。, 以上のようにヤリスは、スポーツ派まで含めて、幅広いユーザーをターゲットにしている。ボディ剛性やサスペンションの取り付け剛性、それに基づく走行安定性など基本性能を入念に造り込んだから、6速MTで運転を安心して楽しめるコンパクトカーに仕上がった。, ノーマルエンジンとハイブリッドは、ユーザーの好み、使い方、走行距離、予算に応じて選べばいいが、ほかのコンパクトカーでは得られないヤリス独自の個性を追求するなら、1.5Lノーマルエンジンになるだろう。, 「アーマーゲー」と呼ばないで! 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。, BMW 新型M235i Xドライブ グランクーペの評価!さらに洗練されたモデルに変わった. まとめ. 最近登場した新型車の中で、特に注目度の高い車種がトヨタヤリスだ。好調に売れたヴィッツの後継に位置するコンパクトカーで、エンジンやプラットフォームまで刷新したから、車名も海外と同じヤリスに変更した。, ヤリスのエンジンは、すべて直列3気筒になる。1L、1.5L、1.5Lハイブリッドの3種類があり、1.5Lのノーマルエンジンとハイブリッドは新開発された。, 1Lは基本的に従来型と共通で、法人が営業車に使ったり、レンタカーやカーシェアリングの需要を重視している。そのために1Lは上級グレードのZを選べない。, 従って一般ユーザー向けは、1.5Lとハイブリッドだ。グレードは、両エンジンともベーシックなX、中級のG、上級のZを設定した。2WD&CVT(無段変速AT)の価格は以下の通りだ。, ■1Lノーマルエンジン(価格はすべて2WDのCVT仕様)X・Bパッケージ:139万5000円 X:145万5000円 G:161万3000円■1.5LノーマルエンジンX:159万8000円 G:175万6000円 Z:192万6000円■1.5LハイブリッドX:199万8000円 G:213万円 Z:229万5000円, ヤリスで特筆すべきは、ハイブリッドがベストカーの燃費テストにおいて驚異的な燃費をマークしたことだ。具体的に触れておくと、郊外での実燃費で40.0km/Lという信じられないような燃費をたたき出したのだ。, ヤリスの推奨できる選択肢は、1.5Lとハイブリッドだ。ここではパワートレインの選択を含めて、ベストグレードについて考えたい。. 新型ヤリスがハイブリッド車(HV)の革命児になる!? ナラシ中の燃費 16.0キロ 661.2キロ走って 42.28L給油で満タン法で15.6キロ 2000キロ走行後の平均燃費 14.2キロ 驚異の燃費性能を実現したその秘密とは?, ヴィッツから車名を改め2020年2月に発売された新型ヤリスの燃費性能がすこぶる話題だ。今やHVが当たり前になり、熟成期に入った……と誰もが思っていた。, しかし、ヤリスはより実態に近いといわれる新基準のWLTCモード燃費で35.8km/L。実際に走らせても、常識破りの燃費値をマークした。, アクアやプリウスなどでトヨタのHVは熟成を重ねてきたにも関わらず、なぜヤリスは、その一段階上をゆく圧倒的燃費性能を実現できたのか?, コロナ騒動の陰に隠れてしまったが、今年上半期でもっともインパクトのあった新車はヤリス、筆者はそう確信している。, WLTCモード燃費35.8km/Lというカタログ値もケタ外れだけど、実際の燃費テストでも一般道では驚異の40km/L台を達成。ドライバーはごく普通に運転しているだけで、姑息な省燃費テクニックなどいっさい弄していないのにこの数字。まったく驚異的というより他にない。, (編注:「ベストカー」4月26日号にて燃費テストを実施。市街地、高速、郊外を含む新基準のWLTCモードに準拠したコースで計測した燃費の結果は【表1】のとおり), このテストを実施した時、編集スタッフと話題になったのがこの20年の技術進歩の凄さについてだ。, 実は、10年ほど前まで筆者は初代インサイト(ZE1)という珍しいクルマを所有していた。, ホンダ初のハイブリッド量産車となる初代インサイトがデビューしたのは1999年だが、その開発の目的は世界初の“3リッターカー”というタイトル。これはガソリン3Lで100km走るという意味で、初代プリウスを大きく凌ぐ燃費33.3km/Lが目標だった。, とにかく燃費向上が至上命題だから、2人乗りのクーペボディは贅沢にもオールアルミ製で、車重はなんと860kg。, 1L・3気筒のエンジンからミッションやサスペンションまで、すべてギリギリに軽量化された専用パーツで構成されていて、いうなればレースではなく燃費競争のために造られたホモロゲーションモデルのような存在だった。, 筆者はこの超軽量“燃費スペシャル”が大いに気に入って10年以上にわたり所有していたのだが、ここまで燃費チューンを徹底した初代インサイトですら、公道で40km/Lをマークするのは容易ではなかった。, 瞬間燃費計をにらみつつ、デリケートなアクセル操作やこまめなシフト(筆者のインサイトは5MT)で好燃費ゾーンをキープして、やっと到達できるのが40km/L台。それが、この時代の技術の限界だったのだ。, いっぽう、今回テストに使用したヤリス・ハイブリッドGは、車重1060kgのごく標準的な5人乗りハッチバック。ドライバーは交通の流れに乗っているだけで、燃費について特に意識した運転はしていない。, これで公道で40km/L台が出るということは、つまりパワートレーンがそれだけ進化したということ。その事実にスタッフ一同あらためて感銘を受けたというわけだ。, ただ、反面そこで疑問に思ったのは、20年以上にわたって開発を続けてきたトヨタのハイブリッドシステム(THS-II)の、どこにまだそんな燃費効率アップの余地があったのか、ということ。, ヤリスはコロナ騒動で試乗会が中止になり、開発関係者に直接この件を取材することができなかったが、さいわい広報のはからいでテレビ会議による質疑応答の機会を得たので、そこでこの疑問をぶつけてみた。, しかし、チーフエンジニアの末沢泰謙さんをはじめとする技術者の面々から返ってきたリアクションは、「いやぁ、飛び道具みたいなものがあるわけじゃなくて、あらゆるところを満遍なく少しづつ改良した結果なんですよ」というもの。, われわれメディアは、すぐに「華々しい技術革新」みたいなわかりやすいネタを求めがちだが、こと燃費向上技術に関しては、そういう近道はあんまりないのが現実らしい。, とはいえ、その「あらゆるところを満遍なく」の内容は、詳細に見るとてんこ盛りと言えるほどに密度が濃い。詳しく解説しているとキリがないから主要部分だけを列記しても以下のとおりとなる。, ・新設計の3気筒1.5L“ダイナミックフォースエンジン”M15A型を搭載。RAV4の2L版とボア・ストローク(80.5mm×97.6mm)を共用する新世代のエンジンで、熱効率41%を達成している。, ・モーター/ジェネレーターを小型・高回転化した新型ハイブリッドトランスアクスルを採用。現行プリウスからの2軸構造は踏襲するものの、コンパクトカー向けに完全新設計。モーター出力と伝達効率はともに約30%向上し、システム出力も16%向上している。, ・インバーター用のパワートランジスタとして逆導通型絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(RC-IGBT)を採用。小型化に貢献するとともに、ハイブリッドシステム全体の効率アップに寄与している。, ・ハイブリッドバッテリーにリチウムイオン電池を採用。信頼性とコストを重視してトヨタは長年ニッケル水素バッテリーを使ってきたが、今回ついにセルベースから新開発したリチウムイオンに転換。充電能力は従来比で約2倍となり、エネルギー回生の能力が大きく向上している。, もちろん、これ以外にもエンジン内部のフリクション対策や、エアコンなど補機類の効率アップ、空気抵抗、走行抵抗の低減など、いわゆる定番メニューにも地道な改善が続けられており、その総合的な成果が新型ヤリスの優れた燃費に結実しているというわけだ。, それにしても、筆者のイメージとしてはTHS-IIはもうカラカラに乾いたタオルだと思っていたのに、そこから旧ヴィッツ比2割アップの燃費を絞り出すんだから技術者の執念というのはすごい。, 世間では「内燃機関はオワコン。これからはEVに投資すべき」と浅薄なことを言う人が少なくないが、現実には発電所からもCO2が出ているのを忘れちゃいけない。, それを加味した視点(ウェル・トゥ・ホイール)で見ると、新型ヤリスのCO2排出量(燃費性能)はEVに迫る水準まで来ているわけで、ある種の“ゲームチェンジャー”となる可能性すら秘めている。, 初代インサイトから約20年を経たヤリスの進化に驚いたわけだが、これからの20年はどうだろう? 筆者は内燃機関+ハイブリッドのしぶとさにはまだまだ可能性があるように思えるんだけど、皆さんはどう思いますか?, 機能よりモノっぽさで勝負!? ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. トヨタ ヤリスを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, 機能よりモノっぽさで勝負!? 総合評価:, 3年落ち4万キロ走行の中古車を購入 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針, 燃費毎の投稿数のヒストグラム(度数分布)グラフです。グラフにカーソルを合わせると投稿数が表示されます。, 新車販売総合、好調 ヤリス が2か月連続トップ…N-BOX に2500台差 10月車名別, 【日本カーオブザイヤー2020-2021】ヤリスやキックスなど、10ベストカーへ進出, 【WEC 19/20最終戦】勝った方が王者のトヨタ同門対決、小林可夢偉ら7号車トリオが初戴冠, 移動型バリアフリートイレ、トヨタ×LIXIL 共同開発…車いすでのイベント参加を支援, 自動車7社3月期予想、トヨタ、ホンダ、スバルと赤字縮小の日産も上方修正[新聞ウォッチ], 【池原照雄の単眼複眼】今期折り返しの業績は明暗…トヨタなど4社が通期予想を上方修正.