結論としては「尽力を尽くす」という言葉の言い回しは間違いですが、なぜ「尽力を尽くす」は間違っているのかについては次項でさらに詳しくご説明していきます。, 「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? 2) あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 尽力; ご尽力; お骨折り; 力の限り頑張る; 身を砕くほどの努力; 自分以外の人やもののために、自分の 力を尽くすこと: 献身; 挺身; 貢献; 尽力; 寄与; 勉強や仕事などに精を出すこと: 営々; 営営; 精励; 出精; 精勤; 刻苦; 尽力; 奮闘; 熱心に 努力することを表す 言葉: 注力; 努力; 尽力; 力を入れる ■皆様のご尽力に心から感謝申し上げます。 4 一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること。, 続いては、「精進する」という言葉の意味をもとにして、会話や文章における「精進する」の使い方について考えていきます。上記でも述べたように、「精進する」という言葉には、複数の意味があるとされています。その中でも、日常生活での会話や文章で使われているのは、「1つの物事に集中して一生懸命に努力をする」というニュアンスでの意味だと考えられます。そのため、ビジネスシーンのコミュニケーションや日常的な会話などで使用される「精進する」は、物事や仕事に、一生懸命に取り組んだ努力したりすることを表現する際に、使用される言葉だと考えられます。, 上記では、会話や文章で「精進する」を使用する際の、基本的な意味や使い方について考察しました。「精進する」という表現は、会話などの他に、メールでも使用されることがあります。そこで続いては、メールで「精進する」という言葉を使用する際、どのように使えば良いのか、考察していきます。メールで「精進する」という言葉を使用する際も、基本的には会話や文章で使用する際と、使い方はあまり変わらないと考えられます。メールを送信する相手に、仕事や業務、何らかの物事などに必死で取り組んだり、一生懸命努力したりすることを宣言する際に、「精進する」を使用するケースが多いと考えられます。, 続いては、「精進する」という言葉を使用した、例文をご紹介してきます。例文を通して、どのようなタイミングや言い回しで、「精進する」という表現が使用されているのか、確認していきましょう。「精進する」という言葉の意味や使い方を、より深く理解できる可能性があります。, 「精進する」という言葉とともに使用されることが多い言葉の1つとして、「所存」という言葉が挙げられます。「精進する」と「所存」を使用した言い回しとしては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。・新規事業の責任者として、精進する所存です。・関係者一同、精進する所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。・精進する所存でございますので、あたたかく見守って頂けますと幸いです。, 「次第です」というフレーズもまた、「精進する」という言葉とともに使用されることが多い言葉の1つです。「精進していく次第です」といった言い回しで使用されることが多く、以下の例文のような使い方ができると考えられます。・今後とも、精進して参る次第ですので、よろしくお願いいたします。・さらに精進して参る次第でございます。・精進して参る次第ですので、今後ともご指導頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。, 続いては、「精進する」という言葉と似ている意味を持つ、類語や同義語をご紹介していきます。「精進する」という言葉の類語を学んでいくと、文章や会話の内容によっては、言い換え表現として、より適切な言葉へと言い換えられる可能性があります。また、類語の意味などについて確認することで、「精進する」という言葉への理解も、深まる可能性があるでしょう。, 「精進する」と似ている意味を持つ類語の1つに、「奮励する」という言葉が挙げられます。「奮励する」の意味については、「goo辞書」で、以下のように解説されています。引用の内容から、「奮励する」という言葉には、気力を奮い立てて、物事などに励んだり努力したりすることを表現する意味があると、読み取ることができます。, 「研鑽する」という言葉もまた、「精進する」の類語の1つと言えそうです。「研鑽する」という言葉の意味を確認するにあたり、今回は「goo辞書」に掲載されている解説を引用して、参考にしていきます。引用した解説から、「研鑽する」とは、学問を究めることを意味する言葉だと読み取れます。「精進する」は、1つの物事に一生懸命励むことを意味する言葉のため、学問や勉強に関する内容で使用する場合は、「研鑽する」も類語の1つになると言えそうです。, 「精進する」の類語・同義語としては、「奔走する」という言葉もまた、意味が似ている言葉の1つとして挙げることができそうです。「奔走する」の意味について、「weblio辞書」に掲載されている解説を参考に、確認していきます。引用の内容から、「奔走する」という言葉には、3種類の意味があることが読み取れます。1つ目の意味は、物事を成功させたり良い展開にしたりするために、あちこち駆け回ることだとされています。2つ目は、ごちそうを出して、他人をおもてなしすることを表現する意味だとされています。そして3つ目は、大切にしたり、かわいがったりすることとなっています。「精進する」の類語としては、以下の引用のうち1つ目の意味が当てはまると言えそうです。, ① 物事がうまくいくように、あちこちかけまわること。 しかし、使う機会が多いからこそ「尽力を尽くす」という言葉が正しいのか否かを知っておく必要があります。次の項目では「尽力を尽くす」の意味について詳しくご紹介します。, 「尽力を尽くす」という言葉をわかりやすくご説明するため、この言葉を分けて考えてます。「尽力を尽くす」は「尽力」と「尽くす」という言葉の組み合わせにより成り立っていますので、まずはこの2つの言葉の意味についてご説明します。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。. しかし、上記でご紹介した類語・同義語の他にも、「精進する」と似ている意味を持つ言葉は多数あります。 特に、「邁進する」や「尽力する」といった言葉は、「精進する」と意味や使い方を混同してしまちがちだと考えられます。 2 一定の期間行いを慎み身を清めること。 何か力を貸して欲しい旨の依頼がある場合には、「尽力いただきたい」ではなく「お力添えをいただきたく」とするのが正しい依頼文です。「お願い」をする相手に対して「力を尽くせ」と依頼するのは厚顔も甚だしい行為です。