弓の引き方、古くの弓道文献、用語の意味の解説、コミュニティ運営、弓道における関節の痛みの治療、技術や実力を向上させる練習法. 全国規模大会で的中9割、団体優勝の経験させてもらいました。 全国規模大会で的中9割、コーチ,選手で団体優勝の経験がある。. 修理いろいろ(かけ帽子、指、腹革・捻り革、等) 色々な部分の修理前後の画像です 説明; 大修理其のⅡ 腹革替え、捻り革替え、副え指替え 人差指縫直し、中指縫直し 乳替え、小紐付け直し の予定だったが 人差し指、中指どちらも Twitter↓是非フォローお願いします。, 下にSNSボタンがあるので気に入ったら感想をシェアしてみて下さい。とても励みになります。, -上級者向け記事, 射法全般, 弓具について Copyright© "弓道大学" , 2018 All Rights Reserved. 弓道具は弓道家にとって、とても大切なものです。こちらでは、弓道具の中でも弓・矢・かけのお手入れ方法について紹介しております。また、このサイトでは弓道・弓具に関する情報を定期に更新してお … 弓道具を知る. 弓道で弓を引く為に欠かせない道具である「ゆがけ(かけ)」。このかけに穴があいてしまったり、溝ができてしまったり、糸がほつれたり、擦り減ってしまったりした場合の修理についてのアドバイスで … 普及活動. お客様のご都合によるご返品にはご対応できかねますので予めご了承ください。, 不良品・誤送品があった場合は商品到着後7日以内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。, 一度開封された商品 (開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。. 教本2、3巻の解説:離・残身 到着次第、修理指示書の内容を元に、修理にとりかかります。 店をご利用される際によくあるお問い合わせや疑問点について, 翠山における、実店舗と通販でのお客様への対応の仕方について. 2016, 2017年. 加盟店. ゆがけは射術を決めてしまうもの。 今回は上級者向け記事になります。編集長のKouがお送りします。 弓道において弽の選定は上級者ならば慎重になること間違いありません。 本記事は初心者は鵜呑みにすると暴発や早気等の危険性があるので注意してもらいたいと思います。 当弓道コミュニティで主催する稽古会50回以上。 講演内容. どのメーカーでも完璧に。プロとして当然の仕上がりとサービスをご提供いたします。, 修理品を修理指示書とともに、弊社宛に送っていただきます。 弓道の矢の販売サイトです。弓道の弓具などを専門に扱っている弓具店が運営しています。男性・女性向けの豊富な弓道具、オリジナル商品も取り揃えていますので、何でもご用命ください。 takahashi, 矢束一杯に引き込み、充実した会を得ることがキレイな離れを導く条件です。離れ方をスムーズにするためには「会」でしっかり左右に伸び合うことが大切になります。, そして、次の離れにつながるためにはゆがけの指の位置関係が大切になります。実は弦のひっかかりなく、関節の不正なく離れたときはゆがけとギリ粉のすれる音が違うことがわかっています。ここでは、ゆがけに生じる音から、適切な離れを導くための右拳の位置について解説していきます。, 取り懸けるときに懸帽子と中指(四つ弽は薬指)にギリ粉をつけます。これは、懸帽子と懸帽子を押さえる指との滑りを止めるためです。, 引き分けに入り、会に至るときに取り懸けた指とかけ帽子の間で摩擦が起きて音が出ます。このときに、右拳が適切な向きと位置で引き収めてくると「キチキチ」と音が鳴ります。, 逆に「ギリギリッ」て音が引いている途中で止まるとそれは伸び合っているのではなくて拳を握っていることを表します。そして、引き分けでなっていた「ギリギリッ」て音が会になると「ギリギリーッギリーッ」と、音と音との間隔が長くなります。, これは、丁度伸び合って、伸び合う力が満たされた状態を差し、日置流ではこの状態を「やごろ」と言います。音の間が長くなって最後音が鳴るからならないかくらいのところまで引いたときが離れの時機であると説明しています。, すると、初めと次の二部分は「引く矢束」で初めは音が五ツで短く近く、次は三ツでやや長く遠く、最後の部分は引かぬ矢束に相当し、音は二つくらいで長く遠くなる。 汎用紙でもかまいませんが、 「住所/氏名/TEL/直して欲しい箇所」 はご記名ください。, ふくさ/カケ袋/乾燥剤/タオル等の修理と関係の無いものは、送付しないで下さい。修理品以外の備品紛失等の責は一切負えません。, 過剰包装を避ける為、基本的に修理品は、送っていただいたままの荷姿でご返送致します。, tel: 092-555-8921 fax: 092-555-8926 2018.05.11 糸がほつれた、革が破れた、イマイチ手に合わない、思いつきの改造をしたい…。全てのニーズに迅速にお答えするよう、日々努力させていただいております。 Copyright (C) 征矢弓具製作所. 弓道の矢の販売サイトです。弓道の弓具などを専門に扱っている弓具店が運営しています。男性・女性向けの豊富な弓道具、オリジナル商品も取り揃えていますので、何でもご用命ください。 本規約を同意の上、会員登録を行なってください。Register after confirming the policy, 同じメールアドレスでの複数登録は、無効とします。Registering multiple times using the same mail address is prohibited. 矢処が重なってしまい矢筈が欠けるというのは、しばしば稽古中に起こるものですよね。矢筈が一度欠けてしまうと、筈が壊れている間はその矢が使えないのも不便ですし、矢取りの間隔も短くなるので稽古の効率が落ちたりするのも意外と大変です。自分で矢筈を修理することが出来ます。 歴史.     ユネスコ登録に向けての取り組み. 仙台東北生活文化大学 弓道講師 講師実績例. 弓道の理解し辛い部分をヨガ,座禅,解剖生理学,スポーツ心理学の知識を使って原理原則から演繹し考察する。 ©Copyright2020 理論弓道:大きく引いて中る射を身に着ける方法.All Rights Reserved. 入会金・年会費は、無料です。Membership fee is free. All Rights Reserved. 弓道具の選び方. info@soyakyugu.com. 2018.05.14 弓矢専門の弓矢さん All Rights Reserved. -かけ, サイズ, 弓具, 弓道, 弦枕, 弦溝, 弽(ゆがけ), 控え, 斜面, 束離(そくり), 正面, 流派, 種類, 翔鳳, 銘, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Kou 日置流竹林派 最新情報 尚、修理品のお預かり期間は、1週間~3週間です。優先修理であれば即日でも可能です。, PDF形式です。印刷してお使いください。 Copyright© 弓道大学 KYUDO UNIVERSITY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. 弓道の理解し辛い部分を原理原則から演繹し考察する。 修理品を修理指示書とともに、弊社宛に送っていただきます。 到着次第、修理指示書の内容を元に、修理にとりかかります。 尚、修理品のお預かり期間は、1週間~3週間です。優先修理であれば即日でも可 … 本記事は初心者は鵜呑みにすると暴発や早気等の危険性があるので注意してもらいたいと思います。, また、弽については多くの弓具店を回り弽を見てきたつもりですが私もすべての弽を使ったことがあるわけではありません。, 流派が決まって射術が安定し、「矢尺が一定になる、手首の角度が一定になり射癖も減って的中も出ている」ようになったら弽の新調を考えても良いでしょう。, また、指導者は後輩たちの弽をチェックし、時には修理やメンテナンスをするのにこの記事を役立ててもらいたいと思います。, やろうとすれば弽は人をもたれにすることも早気にすることもできてしまうものです。それほど引き取りに影響が出ます。, 流派によって使う弽も違うため、自分の流派に合った弽をオーダーするのが合理でしょう。, これらのパーツがそれぞれ組み合わさって流派を形成しており、それぞれ勝手手の内が違い、弽選びは難しくなってきます。, 弽はいきなり現在の弽とかけ離れたものをオーダーするのではなく、まず修理やメンテナンスで調整して様子を見てから行った方が賢明だとおもいます。, 流派については出身の記載。現在はいろいろな弽を作っている場合も多く、その流派の弽しか作ってもらえないわけではありません。, 実際には自分のフィーリングになる部分もあるわけですが、的中に左右する勘所というのはある程度決まっています。, というわけで今回は上級者向けの弽の選び方でした。議論を呼ぶところもあると思います。, アフィリエイト等広告無し無料サイト「弓道大学」編集長 日置流竹林派 最後のときは、伸びは少なく次第に静かになったときである。離れはこの静かになったときの終わり、すなわち最後のキチ~の直前に離れるのが充実し、両手の平均し、気合いも緊張しているのである。~浦上範士~, 引き分けに入ると、親指は懸け溝に当たった弦に従って、押し出されます。押し出された親指はさらに内側に入り、中指もしくは薬指に当たっていきます。, この時、中指、薬指は第二関節から第三関節の間で親指に当たると中指が全体が曲がった構造を取ります。伸びもせず、握ってもいない中指の指の形が親指外に出ないように、逆方向に力が働きます。そうして、中指と親指との間でこすれ合う摩擦力が働き、「ギリギリ~」と音がします。, もしも、中指が伸びすぎた構造であれば、親指を押し出されると同時に中指も一緒に伸びてしまうため、音は「ギリギリ」ではなく、「ズルズル」と音が鳴ってしまいます。逆に中指が曲がりすぎて、親指を押さえつけるように握った状態では摩擦が起こらず、音が鳴りません。, このようにうまく摩擦が働くと、かかった親指と中指あるいは薬指は引き分けが進むに従って締まっていきます。自分で握らなくても右拳の取り懸け部がしっかり強固になります。, 摩擦力で締まっているため、弦がかけ溝から外れた瞬間に摩擦力はゼロになります。ゼロになった瞬間に親指はななめ後方に押し出されます。これが離れの線となります。結果的に右肘はまっすぐではなく、ななめ後ろに離れていきます。 キリ~やギリ~の音を激しくさせて「掛けホドキ」ということをなし、離れの時機を作る人がいる。~浦上範士~, 同様にで左手は親指の根っこで弓の右側を押します。そして、離れたときに弓にかかる力がゼロとなり、左拳と左肘が的方向に押し出されます。左拳が弓の弓返りの働きが加わって後方に動き、結果的に左腕が開いた形になります。, 左右の拳の動く大きさは、初心の間はなるべく大きく開く方がよい。左拳は会の時の位置よりも前方に出ることなく、上がることなく、そのまま後ろ下方口→左肩方向へ動き、, 右拳は会の時の位置より前方を通らぬよう、上下せぬよう、左方へ緩まぬよう、そのまま直ちに右後ろ下方の方向へ軽く大きく開くようにする。~高木範士~, 弓の引き方、古くの弓道文献、用語の意味の解説、コミュニティ運営、弓道における関節の痛みの治療、技術や実力を向上させる練習法, 当サイトの弓の引き方を書籍にまとめました。弓道の実力を伸ばすために必要な理論を学べます。.