Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. ‚é‚Æ’l’i‚Í‚¢‚­‚çH, ŽÔ‚̈ێ”ï‚͍‚‚¢HŒŽX‚¢‚­‚ç‚®‚ç‚¢‚©‚©‚é‚́H. 安い軽自動車ランキング~120万円以下で新車購入できるおすすめの15車種. ポケットカーズは軽自動車の専門店!軽未使用車・新古車・中古車オールメーカーでお客様のカーライフをサポート。新潟市・三条市の4店舗で在庫台数800台の軽自動車を展示。軽未使用車・新古車・中古車を探すならポケットカーズへお気軽にお問い合わせください。

ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選, Sクラスの内装はラグジュアリーなデザインとフラッグシップモデルらしい先進装備が魅力. 新車に近い中古車の購入を希望している方にとって魅力的である「新古車」。少しでも安い価格で手に入れたいものですよね。そこで今回は新古車が安い時期や安い理由などについてまとめました。新古車に興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。 安い軽自動車ランキングを新車価格一覧とともに紹介します。低燃費で普通車と比べて維持費の安い軽自動車は、セカンドカーとしてもメインの車としても大活躍してくれます。コスパの良い安い軽自動車をランキング形式でまとめました。新車がほしいユーザーはぜひ参考にしてください。, 100万円前後で新車購入できる、安い軽自動車ランキングを紹介します。燃費が良く、普通車よりも維持費が安く済む軽自動車ですが、その魅力はコスパの良さだけではありません。年々各メーカーの技術も向上し、普通車に劣らない走行性能・安全性能を備えるまでに進化しています。女性向けの可愛らしいデザインから男性好みのスタイリッシュな軽トールワゴンまで、デザインも多種多様です。, 新車で購入しても100万円前後の予算に収まるおすすめの安い軽自動車を、ランキング形式でまとめていきます(他社と連携し販売されているOEM車種を含む)。「新車がほしいけれど予算的に中古車じゃないと厳しい…」と、新車の購入を諦めているユーザーの参考になれば幸いです。, マイルドハイブリッド専用車となったマツダ・フレアはエコドライブアシスト機能が充実していてガソリン代も節約できる, 4代目ワゴンRのOEM車として誕生したマツダ・フレアは、マイルドハイブリッドを搭載するモデルです。ボディカラーのラインナップなどの違いはありますが、多彩な収納や居住性の高さ、エコドライブアシスト機能など基本的な装備は同じです。デュアルセンサーブレーキサポートや誤発進抑制機能などの先進安全装備は全車に標準装備。2020年1月の改良では、メーカーオプションで装着できる「全方位カメラ付パッケージ」に左右確認サポート機能や3Dビュー機能が追加され、より安全に配慮した一台へと進化しています。, 新型マツダ・フレアの底値はHYBRID XG(2WD)で1,177,200円です。33.4km/Lというハイレベルな燃費性能で、長い目で見ても維持しやすいおすすめのエコカーです。, 躍動感のあるスタイルで男性女性問わず親しまれる日産・デイズは新車でも手を伸ばしやすい安価な軽トールワゴン, 日産・デイズは三菱・ekワゴンの姉妹車として2013年より販売されているモデルです。スポーツモデルとなるデイズのハイウェイスターは、三菱のekカスタムの姉妹車にあたります。内装色は落ち着いた雰囲気のアイボリーが採用されています。, 日産・デイズのベースグレードとなるJ(2WD)を選んだ場合、価格は1,157,760円となります。燃費消費率は23.0km/Lで基本スペックはekワゴンと同等ですが、ボディカラーの設定やフロントフェイスなど外装に違いがあるので、両車で迷っている方はその差に注目してみてください。, 乗り降りしやすく広い室内、収納が豊富などの特徴を持つダイハツ・ムーヴは老若男女問わずおすすめの軽カー, スズキ・ワゴンRと並ぶ軽トールワゴンの代表的モデルとして知られるダイハツのムーヴは、トールワゴンならではの深底で大容量を確保したラゲッジルームを搭載し、車内の至る所に便利な収納が設置されています。90度に開くドアを採用しているので、乗降性にも優れています。, 新型ダイハツ・ムーヴのL(2WD)は1,112,400円です。先進エンジンの「トパーズネオ」を採用し、走行燃費は31.0km/Lとなっています。, スバル・ステラはDAIHATSUで販売されているムーヴのOEM車で、外装・内装など基本スペックは同じです。安全装備にはスマートアシスト3を採用しており、スマートアシスト3搭載車は政府が推奨するサポカーSワイドに該当します。カタログ燃費はムーヴと同じ31.0km/Lです。, 一部グレード構成は異なりますが、スバル・ステラの価格はベースグレードのL(2WD)で1,112,400円と、最安値で見るとDAIHATSUムーヴと同率となります。リアシートもゆとりがあり、ファミリーカーとしてもおすすめの安い軽自動車です。, 標準仕様の「E e-Assist」にまで先進安全システムを備える三菱・ekワゴンは安全性にも優れた安い軽自動車, 三菱・ekワゴンは2001年に誕生した軽トールワゴンです。2013年の3代目モデルからはNMKV(三菱と日産の合弁会社)が開発を手掛けています。スタイリッシュなエクステリアが魅力で、ボディカラーはベースグレードのE e-Assistでも多彩な9色から選ぶことができます。内装はナチュラルなアイボリーカラーにブラウンのシートが標準装備となっています。, 新型ekワゴンのE e-Assist(2WD)は1,109,160円で、三菱車の中で最も安い軽自動車です。カタログ燃費は23.0 km/Lと平均的ですが、ベースグレードのE e-Assistにまで衝突被害軽減ブレーキシステムが標準装備されていてこの価格というのは非常に魅力的です。, 2014年に登場して以来、爆発的な人気で順調に売り上げを伸ばしているスズキ・ハスラーは、今やスズキを代表する1モデルと言っても過言ではありません。アウトドアなイメージの強い外観をまとったクロスオーバーSUVで、内装もボディカラーに合わせたカラフルなデザインを採用しています。, 新型ハスラーのA(2WD)を選択した場合、価格は1,100,520円です。ステータスインフォメーションランプやエネルギーフローインジケーターなどのエコドライブを支援する装備も多く搭載されています。燃費はAグレードで24.8~26.6km/L、J・Gグレードの2WD車で32.0 km/Lと、ヤンチャな見た目に反して環境にも人にも優しいクルマです。, Nシリーズの人気車種ホンダのNワゴンは「日本の新しいベーシック」として順調にユーザー層を広げている, 日常に溶け込むシンプルなスタイルを持つホンダ・N-WGNは、ホンダNシリーズの第4弾として2013年に誕生しました。「日本の新しいベーシック」というコンセプトで開発され、現在も好調な売れ行きを保っています。独自のパッケージ技術により広々としたゆとりのある室内空間を実現しました。, ホンダ・エヌワゴンはベーシックモデルC(FF)で1,090,000円と、HONDA車の中で最安値が設定されています。また、カタログ燃費は29.4km/Lで、ホンダNシリーズの中では最も低燃費な車です。, 「軽トールワゴンと言えばコレ!」なスズキ・ワゴンRは安い軽自動車のおすすめモデルのひとつ, 広い室内空間を実現し、当時の軽自動車界に大きな革命を起こしたスズキ・ワゴンRは、アルトと並んで長くユーザーに親しまれてきたスズキの安い軽自動車です。2017年に発売された6代目モデルでは軽自動車初のヘッドアップディスプレイを搭載しています。2018年には25周年を記念した特別仕様車も販売されました。, ワゴンRのベースグレードはFAで1,078,920円に設定されています。ボディカラーのバリエーションも豊富なため、老若男女問わず乗りやすい車種です。FAの燃費消費率は25.6~25.8km/Lとなります。, 優れたデザイン性と低燃費のバランスが取れたスズキ・ラパンは女性におすすめの安い軽自動車, クラシカルなエクステリアが目を引くスズキ・ラパンも、おすすめの安い軽自動車のひとつです。見た目の可愛らしさもさることながら、ナチュラルでおしゃれな内装デザイン、ナノイー搭載のフルオートエアコンやUV・IRカットガラス、シートヒーターの採用など女性に嬉しい装備が充実しています。, スズキ・ラパンの最安値はG(2WD)で1,077,840円となっています。Gの燃費が29.6km/L、その他上級グレードで35.6km/Lと低燃費なので維持しやすく、初めて車を購入する女性におすすめのモデルです。, 安い軽自動車界の新星として登場したダイハツ・ミラトコットは初めての新車にぴったりのモデル, 2018年6月に登場したダイハツ・ミラトコットは先代ミラココアの後継モデルです。可愛らしいパステルカラーからおしゃれなメタリックカラー、キャンバス地調のデザインフィルムトップのものまで、全12カラーのボディカラーがラインナップしています(キャンバス地調のデザインフィルムトップ4色はX “SA 3”とG“SA 3”にのみ展開)。TOPAZ NEO(トパーズ ネオ)と呼ばれる独自のエンジンを搭載し、燃費は29.8km/Lです。, 価格帯はベースグレードのL(2WD)で1,074,600円からとなっています。先進安全装備のスマートアシスト3が標準装備となる最安グレードL “SA 3”(2WD)でも1,139,400円という安さです。およそ7万円以内でスマアシ3が標準装備になることを考えると、おすすめのグレードはL “SA 3”です。, スバル・プレオ+はミライースやピクシスエポックの姉妹車で優れたエコカーとして知られる, スバル・プレオプラスはダイハツ・ミライースをベースとしたOEM車で、ミライースやピクシスエポックとの大きな違いはエンブレムのみです。コンパクトなボディサイズで、駐車やUターン、車庫入れなどの取り回しもスムーズに行うことができます。, プレオプラスの最低価格は標準仕様のF(2WD)で896,400円です。OEM元のミライースや姉妹車のピクシスエポックと比べて少々割高となりますが、それでも軽自動車の中ではかなり安いコスパの良いモデルと言えます。, スズキ・アルトのOEMモデルとして生まれたマツダ・キャロルも減税対象車でお金のかからない軽自動車, マツダ・キャロルはアルトをベースとしたOEM車です。2代目と3代目はプラットフォームの共有のみでしたが、4代目以降は完全にOEM化され現在に至ります。外装・内装・走行性能ともにアルトと変わりません。, マツダ・キャロルもアルトと同様、ベースグレードのGF(2WD)で847,800円という低価格が設定されています。エクステリアやインテリアのアクセサリーも豊富で、気軽にカスタムが楽しめます。新車ではエコカー減税対象車に該当するのも嬉しいポイントです。, 1979年より販売・製造がスタートし、軽ボンネットバンブームを引き起こしたロングセラーカーのスズキ・アルトは、スズキ車の中で最も安い軽自動車です。2016年には国内累計販売台数500万台を突破し話題となりました。2018年12月の一部改良によって安全装備の強化やデザイン面での質感アップが行われ、さらに魅力のある車に進化を遂げました。, スズキ・アルトの新車価格は最安グレードのF(2WD)で847,800円と、ダイハツ・ミライースやトヨタ・ピクシスエポックに匹敵する低価格が設定されています。, ミライースのOEMで同等のスペックを持つトヨタ・ピクシスエポックは維持費も安い軽自動車, トヨタのピクシスエポックはダイハツ・ミライースのOEM車として2012年に登場しました。そのため見た目や中身のスペックはミライースと同じで、グレード構成も一緒です。燃費も良く乗りやすいので、幅広い年齢層にオススメの安い軽自動車です。, ピクシスエポックのB(2WD)はダイハツ・ミライースと同じ842,400円に設定されています。トヨタ車で安い軽自動車を探している方にぴったりのモデルです。, 安い軽自動車と言えば、エンジンの改良・車両の軽量化をとことん追求し、平成32年度燃費基準+40%を達成したダイハツ・ミライースです。燃料消費率は35.2km/Lと非常に優れています。もちろん、燃費の良さだけでなく加速のよさにも定評があり、運転中のストレスが少ない車です。, ダイハツ・ミライースの価格帯は、最も安いBグレード(2WD)で842,400円です。「とにかくコスパ重視!初期費用も抑えたい、でもやっぱり新車がほしい!」そんなユーザーにおすすめの車と言えます。, 最近では安くても高性能かつデザインの良い軽自動車が増えています。モデルによってボディサイズなどに違いはありますが、各自動車メーカーが独自のパッケージ技術を採用し、車内の広さも普通車に劣らないほどのレベルにまで達しています。軽量化を重ねることで燃費性能も向上しているため、長く維持することを考えても非常にコスパが良く、非常に魅力的です。, 今回は120万以下の安い軽自動車15モデルに焦点を当てて紹介しました。本体価格・燃費性能・デザイン性・安全性能など、自分がどの要素を最も重視するのかを考えながら、自分好みの安い軽自動車を見つけてください。. 低価格でお得な軽自動車とoem車について軽自動車の大きな魅力はリーズナブルな価格です。安いモデルだと70万円台から選べます。軽自動車の売れ筋モデルは120万円台ですが、低価格でも装備はしっかりしていて問題は無いです。 新古車は「未使用車(登録済み未使用車・届出済み未使用車)」とも呼ばれており、言葉は違いますが新古車と意味はほぼ同じです。この新古車に魅力を感じ、欲しいと思った人の中には「どこの店舗へ行っても売り出されていない」という悩みを抱えている人も多いでしょう。, 新古車はいつでも手に入るわけではなく、ある一定の条件を満たした場合に市場に出回る車ですので、全く知識のない人が一生懸命探しても見つけることは難しいでしょう。今回は、新古車がいつどこで売り出されるのか、何をすればお得に買えるのかについて詳しく紹介していきます。, ・新古車はいつでもあるわけではないため、在庫がある時期をしっかりとチェックしておく, ・新古車をよりお得に手に入れたい場合は、時期や車種、年式を総合的に見て判断するのがベスト, ・どこに行けば新古車が売ってあるのかと悩んでいる人は、在庫数に自信のあるネクステージがおすすめ, 自動車販売店では毎月同じ台数を売っているわけではなく、財布の紐が緩む時期や車を必要とする時期に集中して販売している傾向があります。主に、新古車は車業界の繁忙期後に出回ることが多いため、「4月」「7月」「10月」「12月」をチェックしておきましょう。, 新古車の正式名称は「登録(届出)済未使用車」です。自動車公正取引協議会に加盟している販売店では「新古車」という言い方はしません。新古車という表現は消費者を混乱させる可能性があるためです。, 「登録済」とは「陸運局での登録が済み、ナンバーを交付されている」ということなので、そのまま公道を走行できるケースがあります。, 新古車の多くはディーラーが新車登録をした車です。走行距離は100km未満と少ないことが多く、ほぼ新車状態の状態でありながら新車よりも安く手に入れられることがメリットといえます。多くの場合、手続きをきちんとすれば新車保証をそのまま受けることが可能です。, 1年の中で一番車業界が忙しくなるのは決算月の3月です。そして、新古車の台数はその直後である4月に多くなります。, 各自動車販売店は、決算月までに目標売上台数のノルマを達成しなければなりません。台数が足りなければ、メーカーからの報酬額が減ってしまいます。, 目標を達成できない場合には、足りない台数を補填するために販売店が買い取って、報酬を得られるようにする仕組みです。つまり決算月に売れ残りの車が多かった販売店は、4月に大量の新古車を在庫している可能性が高いといえます。, 二番目に新古車が多く市場に出回る時期は10月です。9月は中間決算月となる場合が多く目標台数が設定されているため、決算月と同じ要領で系列の販売店に卸すか自社で買い取るかの方法で新車の売上実績を確保しています。, その際に卸された車が新古車として市場に出回るため、10月も他の月に比べて台数が増える傾向にあります。, 企業の中には、1年に1回~2回程度給料とは別にボーナスを支給する制度を設けています。ボーナス支給日を7月・12月とする企業が多いため、自動車販売店では7月や12月に向けて車の在庫を確保するのでしょう。, しかし、ボーナス月に新古車が出回るのは中古車販売店がほとんどです。ディーラーは新車をメインに販売しているため、7月や12月まで新古車を在庫しておく確率は低いでしょう。7月や12月に新古車を手に入れたいなら、中古車販売店へ行くのがベストです。, 車の価格は、選ぶタイミングや車の状態などで変わってきます。新古車も例外ではありません。価格を下げるチェック項目をいくつか知っておくと、通常より安価に手に入れることも可能です。ここでは、車のどこをチェックすれば良いのかについて6つの項目をご紹介します。, 車業界では繁忙期直後に新古車の在庫が多くなり、大量に出回る可能性が高まるとご説明しました。実は、大量に在庫を抱えた店舗では車の価格が下がることも多く、その証拠に多くの自動車販売店がその時期にキャンペーンや値下げを実施しています。, 販売店がキャンペーンや値下げ広告を打ち出すのは、より短期間に新古車を売り払い、次の繁忙期までに新車の在庫を置くスペースを確保するためです。, 出回ってすぐの新古車は劣化が少なく、税金関係など優遇されることも多いため、買う側にとってもメリットがあります。新古車の購入を考えている方は、4月や10月の広告をチェックしてみましょう。, 車を買う人も、出回ってすぐの新古車の方が税金関係や劣化など優遇されることが多くなるため、会社側と顧客側の両方にメリットが出る仕組みとなっています。新古車の購入を考えている人は、4月や10月の広告をチェックしてお買い得な店舗を探してみましょう。, 新古車の一般的な走行距離は数㎞~数十㎞程度です。しかし中には数万㎞~数十万㎞のように長くなっているものもあります。走行距離が多い場合は試乗車だったのかもしれません。走行距離が多ければそれだけ価値は下がりますので、交渉をすると値引きをしてもらえる確率が上がります。, 新古車として販売される車には試乗車や展示車、キャンセルされた新車などが含まれることがあり、長く走っている車ほど値引き交渉がしやすくなる点を覚えておきましょう。お得に新古車を手に入れたいなら、価格交渉の根拠となる走行距離をチェックすることが大切です。, 車は車種やグレード、カラーによって需要に差が出ます。そのため、目的に合った車の選び方をすることが大切です。, 将来的に車を売却したいのなら、リセールバリューが高いものを選ぶことで査定額を引き上げられます。しかし「リセールバリューが高い車種=人気がある」ということですので、新古車購入時の値引き幅は低くなってしまうかもしれません。, 反対に、リセールバリューが低い車種なら安く手に入れられるでしょう。しかし、需要が低いため、売却時にはプラス査定の要素が減ってしまうリスクもあります。, より安い新古車を買って長く乗り続けたいと考えているなら、車種だけでなくカラーやグレードも確認して人気のないものを選ぶと良いでしょう。交渉次第でさらに安くなるかもしれません。, 各メーカーでは「顧客を飽きさせない」「他社との差別化を図る」という目的で、大体2年~3年ごとに車のモデルチェンジを行います。そこで狙い目は、新・旧のモデルが重なる時期です。, 新車販売店では新しいモデルを優先して売り出すため、モデルチェンジが行われる前に古いモデルの車を処分しなければなりません。そのため、このタイミングで古いモデルの車が欲しいとスタッフに伝えれば、通常以上に大きく値引きしてくれる可能性が高まります。, 新モデルの登場が決定すると古いモデルを在庫処分するスピードが一気に上がってしまうため、店舗へ行ってもすでに車がないというケースも少なくありません。こまめに車業界の情報を収集しておくことが大切です。, 新古車の中には登録から1年~2年程度経過しているものも多く、車検の残り期間によっては通常よりもお得に購入できます。新古車は、売られてから日が経っていくと重量税や自動車税、自賠責保険の有効期間が短くなっていくものです。場合によっては車検が切れている車もあります。, 車検の残り期間が短ければ短いほど、値引きの可能性は高まるでしょう。しかし車検の有効期間が短い車を選んでしまうと購入後すぐに車検の支払いがあるため、トータルで価格を計算しておくことが重要です。年式の新しい車にすると税金対策の効果はアップしますが、大幅な値引き交渉は難しくなってしまうでしょう。, 価格を比較する場合、ネット上に記載されている車両本体価格を見比べて判断してしまいがちです。しかし、実際に車を買ったときに支払う総額とは全く違います。車の購入時にかかる費用には、「名義変更費用」「車庫証明代」「手数料」などがあり、費用は販売店によって異なります。, 大切なのは、総額を見て車の値段を比較することです。新古車の本体価格をネットで調べると150万円で、新車は200万円だと50万円もお得になっているように見えるかもしれませんが、その他の費用を加えると結局は大して変わらないということもあります。, また、新古車価格は買う場所によっても差が生まれます。ディーラーでは、車の値段が高い分、手数料は中古車取扱店よりも低く設定していることがほとんどです。車の値段を比較するときは、直接店舗へ行って手数料が含まれている見積もりを出してもらうと良いでしょう。, 新古車はいつでもあるわけではないため、ポイントをおさえて探すことが大切です。状態が良く価格の安い新古車を見つけるには、新古車の扱いがある販売店を選ばなければなりません。, また、新古車を探す際には気を付けなければならない注意点もあります。知らずにいると後悔することにもなりかねないため、しっかりポイントをチェックしておきましょう。, 新古車の取り扱いがある販売店は、ディーラー、中古車販売店、新古車販売専門店です。インターネットで「新古車」「未使用車」といったキーワードで探すこともできます。, 気をつけたいポイントは、「新古車」という表示をしているのは自動車公正取引協議会に加盟していない販売店であることです。そのため、「未使用車」と表示している販売店のほうが信頼できるといえるでしょう。, なお、新古車は販売台数が少なく流動的であるため、Webサイトに掲載されたと同時に売り切れてしまうケースがあります。新古車の取り扱いがある店舗のサイトは定期的にチェックし、最新情報をつかんでおきましょう。, 中には、Webサイト上に情報を公開していない店舗もあります。足を運べる範囲なら、実際に電話をして在庫があるか問い合わせてみることもひとつの方法です。, 状態が良くて価格も安いからという理由が一般的な新古車を探す目的ですが、新古車枠で未使用車以外が売りに出されていることもあります。そのため、車の状態や価格をしっかりと確認しなければなりません。, まずチェックしたい点は走行距離です。試乗車として使用されていた車の中にはかなりの距離を走っているものがあります。その分価格交渉はしやすくなるため、自分が納得できる価格になっているかをしっかり確認しましょう。, 諸経費についてもきちんと見積もりを出してもらわなければなりません。曖昧になりがちなものに「点検整備費」や「新車保証継承手続き」などの項目が挙げられます。, これらの費用は通常それほど高額になることはありませんが、相場が分からないことも多く不明瞭になりやすいものです。車の状態や価格に不信な点を感じたら、手を出さないほうが得策といえるでしょう。, 新古車をお得に手に入れる方法はありますが、やはりどれだけ値引きができたとしても、その金額はそこまで大きくありません。新品同様の車に乗れるというメリットはありますが、値段も同時に高くなります。, そこでおすすめなのが、中古車購入です。「古い車は故障しそうだから嫌だな」と考えている方もいるかもしれませんが、ネクステージでは資格を持った整備士が車の点検をしっかりと行っているだけでなく、新品同様に清掃します。, 「誰も乗ったことのない車でなければ嫌だ」という方以外ならきっとご満足いただけますので、新古車をさらに値引きで購入したい方、中古車に興味がある方はぜひお問い合わせください。, A.初度登録(届出)された使用・運行されていない車を「登録(届出)済み未使用車」といいます。以前は、ほぼ新車同様の状態良好な中古車が、広く「新古車」と呼ばれていました。しかし、消費者に誤解を招くため、現在では新古車という表現は使われません。, A.未使用車は、「使用または運行に供されていない車」と厳密に定義されています。そのため、試乗車や代車などは未使用車として販売されません。ただし、新車と同様、店舗間の移動のための走行はありえます。走行距離がゼロというわけではありません。, A.未使用車は新車よりもお得に購入できるのが利点ですが、どれくらい安くなるかは車種によって異なります。新車より50万円ほど安くなることもありますが、人気の車だと、さほど価格差がないこともあるでしょう。諸費用もあわせて検討することも大事です。, A.未使用車のデメリットとしては、カラーやグレードを選べない、メーカーオプションを付けられない、次の車検までの期間が少し短くなってしまう、といった点が挙げられます。希望の条件にピッタリ合う車種があれば、お得な選択肢になるでしょう。, A.未使用車の多くは、ディーラーが在庫調整や目標達成のために、自社名義で登録したものです。初期不良など、何かトラブルがあって中古車市場に流れてくるわけではありません。きちんとした販売店で売っているものならば、心配はいらないでしょう。, 比較的新しく、安い車を求めている方には新古車が最適です。しかし、車によっては車検や保証の期間が短いものもあるため、慎重に選ぶ必要があります。, 今回ご紹介したお買い得情報を参考にすれば、通常よりも価格交渉がしやすくなり、安価に購入できるかもしれません。しかし新古車は在庫自体が少ないため、多く取り扱っている店舗で探すことが重要です。, そこでおすすめなのが、2万台の在庫数があるネクステージです。ネクステージなら、全国の130店舗以上から車を選べるため、好みの車種を見つけやすいという利点があります。さらに、車の回転率が高いためお好みの新古車に出会える可能性も高いでしょう。新古車の購入をお考えなら、ぜひネクステージに相談ください。.