HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い) (空調管理された保管庫に保管される事を進めます:滅菌庫?), 滅菌物の保管期限ですが以前は単純に期間で決めていたのですが  芽胞の状態にある細菌まで完全に殺す(=滅菌する)には、より高温での処理が必要となる。 一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。) ケースが普通です。 一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。 余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。) B型肝炎ウイルス検査でわかること 接着剤が使われていると、熱や蒸気でその部分が損なわれる可能性も そうすると、物の素材だけでは判断できない場合があると思います。 出来る物 滅菌方法は、オートクレーブとEOGガスで、保存方法は扉がある棚か引き出しに入れているのですが他の物品もあるので、開け閉めはあります。 ・EOG滅菌の滅菌バック      :3~6ヶ月 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 確定申告の医療費控除にかかわる質問です。 施設サービスの対価についての医療費の扱いですが、同じ施設な, 自分は、35才男性、実家暮らしで、病院の医療廃棄物の運搬の仕事してます!一人っ子で、島根県松江市に住, 子供の小児医療証について教えて下さい。 役所で交付される小児医療証の有効期限が切れてしまいました。, 医療費控除で健保の医療費のお知らせが利用可能になったそうですが、5年前の医療費のお知らせは、利用可能, 眼科のオペで使用する器具の洗いと洗浄と滅菌までの流れを教えて欲しいのですが因みに手洗い洗浄と消毒に1. また、このようなサイトがあればお願いします, 滅菌物の保管期限ですが以前は単純に期間で決めていたのですが 細菌による感染症がどのようにして起きるのかが判らないと、必要以上に恐れてしまって消毒や滅菌されているガーゼに走ってしまうのです。 在宅医療では、「インスリン、抗がん剤治療、インターフェロン」などの自己注射などにおいて医療用針が使用されます。 在宅医療で使用した医療用針を家庭ごみとして廃棄する事例が後を絶ちません。 在宅で使用した医療用針は「医療廃棄物」の取り扱いとなり、自治体の家庭ごみとして廃�  これに対して、オートクレーブ滅菌では通常、2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理することで、対象物の水分を保持したまま、しかも乾熱滅菌より低い温度、短い時間で滅菌を行うことが可能である。 また、事前に医療機関で注射針の処分について確認するようにしましょう。, 地域によっては使用済みの医療用針を回収している調剤薬局もありますので、薬剤師に相談するか「注射針回収薬局」と提示されている薬局で相談しましょう。, 在宅医療で使用した医療用針を廃棄する方法を紹介しましたが、次は医療機関で使用した医療用針を廃棄する方法について紹介します。, 病院、クリニックなどの医療機関からは、紙屑、プラスチック、ガラス、医療用針、カテーテル、点滴バッグ、血液、体液を含むガーゼ、臓器など様々な廃棄物が出ます。, 医療用針は、針刺し事故や感染症などのリスクが高く、廃棄物処理法に基づいた感染性廃棄物の適正処理を推進するためのマニュアル「感染性廃棄物処理マニュアル」に基づき、感染防止のため慎重な取り扱いが必要です。, 医療施設では下記のように廃棄物を3つに区分して管理、廃棄しています。 300件のミスが存在する可能性があるとされており、重大事故を 上記サイトで使っているのは食品用ラップばかりです。滅菌ガーゼではありません。つまり滅菌にこだわる必要はないと言う事です。, 私は両手の深い火傷を最新の湿潤療法と言う治療で簡単に治して頂いた経験者ですが、治療に使用していた被覆材(ドレッシング)は未滅菌でした。 なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。 ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。 また他の名称の容器についても教えてください。, 注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。 現在の方法は保管条件で決める方式に変わってきています shu a1978さんのご指摘どおり、リサイクル、リユースの道をふさいだ上で、もう一度、ディスポ製品の使用期限切れが起こらないような体制の構築を考えたいとおもいます。 https://www.env.go.jp/recycle/kansen-manual1.pdf, 感染性産業廃棄物は管理や、処理が安全に行われるように、性状に応じて3種類の廃棄方法が定められています。, 感染性廃棄物を取り扱う事業場は、特別管理産業廃棄物管理責任者を設置し、適切な処分をして事故防止に努めなければいけません。, 使用済みの医療用針が一般ごみに混入することは、廃棄物を収集する作業員や選別する作業員の事故や健康を侵害するリスクがあります。, 収集された廃棄物の異物は作業員により手選別で取り除かれているため、収集物の中に医療用針といった鋭利かつ感染性の高い異物が含まれていると針刺し事故によって怪我をしてしまいます。, 廃棄された医療用針に感染症の血液が付着している可能性もあり、針刺しによって怪我だけでなく感染症に罹患する恐れもあります。, 「バレなければいい・処理方法が分からない」と、医療用針を家庭ごみとして廃棄することは大変危険な行為です。, 今回は、医療用針を安全に廃棄する方法や、在宅で医療用針を廃棄する方法や、医療施設で医療用針を廃棄する方法を合わせてご紹介しました。, 高齢化や在宅医療の推進によって在宅での医療行為が増えている今、医療用針の使用者は医療機関や薬局での回収処理、医療機関は感染性廃棄物処理マニュアルに則った適切な処理が必要です。, 管理や廃棄方法について分からないことがあれば、かかりつけの医療機関や調剤薬局、専門業者へ相談しましょう。, 廃棄物についてお悩みやご不明点があれば遠慮なくご相談ください。0773-25-9777(受付時間:9:00~17:00), ※この記事に含まれる情報は公的機関の掲出物ではありません。お客様の責任でご利用ください。, 「産業廃棄物に関する知識をもっと身近に!」をモットーに、産廃関連の疑問点や不明点を解決する情報メディア「産廃のはてな」でライターとして活動。3年以上におよぶブログ運営の情報を発信しています。, http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20110309_12.pdf, http://www.pref.osaka.lg.jp/jigyoshoshido/report/faq_9.html, https://www.env.go.jp/recycle/kansen-manual1.pdf, 液状または、泥状のもの(血液等)赤色のバイオハザードマーク(廃液等が漏洩しない密閉容器), 固形状のもの(血液等が多量に付着したガーゼ等)橙色のバイオハザードマーク(丈夫な二重のプラスチック袋又は堅牢な容器). 8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?, 過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。 私は以下のように解釈して使い分けていますが、いかがでしょう。 http://health.goo.ne.jp/column/zoom/3/0006.html 以前ですと滅菌の種類及び滅菌物の包装方法で          高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性) よって、インシデントの報告により分析・対策とその効果などを (4)再滅菌が可能である場合、その方法は?(滅菌種類でなく、包装しなおすのか、洗浄が必要か、など) 滅菌バックに中からも外からも穴が開いていない:穴が開いた時から再汚染が始まる 滅菌物の有効期限を決めていました(旧の参考例) http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20041108A/ 血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。 そして、その道があるとした場合の理想が(6)、(7)でした。 等が行われていたが その計算の仕方が分かりません・・・ 滅菌できると思います。, 「指針」と「方針」の、意味の違いがよく分かりません。 ・ケッテル開封           :1日 カテーテル ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。 常に検証していくことで重大な事故を未然に防ぐことに繋がり 元々の機能が損なわれない物」のことを意味されているでしょうか?  オーブンと同様の原理による乾熱滅菌では、180℃30分以上(または160℃1時間以上)の加熱によって芽胞を完全に殺すことが可能であるが、この方法では水分を含む物体や、培地などのような水溶液そのもの、あるいは高熱に弱いプラスチック類を滅菌することができず、金属やガラス器具だけにしか使えないという欠点がある。 カテとかは内径mm・外径Fr両方が表示されているものもありますね。, 今日、友人に何で培地を滅菌する際にオートクレーブで「121℃で15分」するのかまた、なぜ100℃以上の温度で加熱するのかわかるか尋ねられました。 このたびshu a 1978さんに回答いただき、リユースはできないこと、リサイクルも難しい(物によって可能か)ことがわかりました。 滅菌物の有効期限を決めていました(旧の参考例) ・ケッテル開封           :1日 バカな質問でゴメンなさい(><) 普通使うのは単純計算の1/3で十分ですが、本当ならチューブの厚みでの違いも入ってくるとmmの外径と内径の差が出てきますね。 TRSM → ERSM 最近では病院よりも学校の保健室でもこの処置をするところが増えています。 こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。 http://www.araya.dr-clinic.jp/woundtreattrial.page.html     今年度の売り上げ2.756.553円 HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。, 過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。 これについては、ハインリッヒの法則により、1件の死亡事故などの それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。 医療用ディスポ製品で使用期限(滅菌期限)があるものが未使用(未開封)期限切れになった場合、(1)棄てるしかないのでしょうか。  通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。 それぞれオートクレーブ滅菌が可能であるか、商品の表示や説明書に また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。 抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。 ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。) ・オートクレーブ滅菌の滅菌バック:1ヶ月 通常の医療機関ならば、ディスポ製品が未使用のまま使用期限を迎えることなど無いでしょう。 立場も明かさずに質問だけするとは、大変失礼かと思います。が、ご勘弁ください。 語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。 欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。 わからないもの HBs抗原 : HBV感染状態 此の期間が認められていません 滅菌物の期限について知りたいのですが、片面が紙、片面がビニールの紙パックでパックしてます。 ありがとうございました。, 回答ありがとうございます。 参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02882_01, 人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。 (2)棄てる場合は、非感染性医療廃棄物として棄てるのでしょうか。 シリコン http://swa.komaki-aic.ed.jp/weblog/data/iwazaki_j/55366/55366.pdf#s... エビデンスに基づいて保管期間を決める事が求められています (医療廃棄物であって、感染性廃棄物でないもの) ③ それ以外の廃棄物 (紙くず、生ごみ等、主に一般廃棄物) なお、注射針等の鋭利なものについては、未使用のもの、消毒等の処理をしたもの、いず 在宅医療で使用した医療用針を家庭ごみとして廃棄する事例が後を絶ちません。, 在宅で使用した医療用針は「医療廃棄物」の取り扱いとなり、自治体の家庭ごみとして廃棄できません。 出来ない物 または、通常のプラスチック材として、リサイクルすることも可能なのではないかと考えたのでした。 血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。 なお、廃棄する前の滅菌に使用する、つまり、滅菌後は使用しないので 基本的には永久保管期間とする事も可能ですが? 特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む, オートクレーブで使える物と使えないもについて 非感染性の医療廃棄物として棄てた場合、リサイクルはできないと思うのですが、勉強不足で、非感染性の医療廃棄物の処分の行く末がわかりません。わかれば教えていただけると幸いです。, 「リサイクル 製品」に関するQ&A: グラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 医院に勤務してます。入院、手術もあります。 上記の物はこれであってるのでしょうか? 解りやすく教えて下さい・・・ 金属 通常のオートクレーブ滅菌は、高圧の蒸気で 121℃まで温度が上がるので、 もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。) そうです。リサイクルの観点を重視しておりました。 <擦り傷切り傷の治療方法、絆創膏の選び方> 此の期間が...続きを読む, 「ガーゼ」と「滅菌ガーゼ」の違いってなんですか? 普通の「ガーゼ」は滅菌されてないの? 傷の状態によっては、熱湯消毒を一度した方が良いのでしょうか? お店で売っているのですが、お客さんに聞かれた時に、どっちがいいか説明できません。, 私は両手の深い火傷を最新の湿潤療法と言う治療で簡単に治して頂いた経験者ですが、治療に使用していた被覆材(ドレッシング)は未滅菌でした。 つまり皮膚が欠損している火傷や傷に、滅菌してある物を使う必要はないと言う事です。 また、他の回答者の方が報告は少ない方がよいとありますが、 いろいろ質問しますが、わかるところだけで結構です。回答お待ちしております。, 「医療 施設」に関するQ&A: 確定申告の医療費控除にかかわる質問です。 施設サービスの対価についての医療費の扱いですが、同じ施設な, 「医療廃棄物」に関するQ&A: 自分は、35才男性、実家暮らしで、病院の医療廃棄物の運搬の仕事してます!一人っ子で、島根県松江市に住, 「医療 材料」に関するQ&A: 医療材料と生体との生体適合性を一言で言うと・・・, 丁寧な回答ありがとうございました。 容量でしょうか、それとも形が異なるのですか? 私の立場については、ここが、公の場でるため、ここに記載するわけにはいきませんが、メーカーの人間では無いことだけは、伝えておきます。(同業でないと、思いつかないと思います。) あれば、内部まで十分蒸気が行き渡るように、蓋があれば開けるなど して、1時間以上オートクレーブにかければ、だいたいどんな素材でも http://d.hatena.ne.jp/rikunora/mobile?date=20100209§ion=p1 したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。 TRSM → ERSM (6)このような製品を回収する業者等は無いのでしょうか 今日もテレビ番組「世界一受けたい授業」で、板橋中央総合病院の森田医師がこの治療法の授業を行って消毒とガーゼは間違っていた治療だったと説明されていました。 HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 現在はエビデンス(科学的証明)が出来て居ないと 私の理想として、再滅菌等が可能なものは、製造販売業者等が回収(買取)をして、再滅菌し、再販すれば、製造コストも浮き、消費者(医療施設等)もコストが浮き、環境問題としても廃棄物の減少に これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか? その他に出来る物と出来ない物あれば教しえてください 参考URLなどあればかなり助かります><, 「オートクレーブで使える物」というのは、「オートクレーブで滅菌しても 包帯(布系) Fr÷3=mm(外径!)です 高齢化や在宅医療の推進によって、医療用針を在宅で使用する機会が増えてきましたが、医療用針は自治体の家庭ごみとして出してもいいのでしょうか?, 在宅、医療機関で出た医療用針は、感染性廃棄物処理マニュアルに基づき針刺し事故や、感染症予防に努め適切に廃棄しなければいけません。, そこで今回は、医療用針を安全に廃棄する方法や、在宅で医療用針を廃棄する方法や、医療施設で医療用針を廃棄する方法を合わせてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。, 在宅医療では、「インスリン、抗がん剤治療、インターフェロン」などの自己注射などにおいて医療用針が使用されます。 インスリン注射で使用した針は速やかに廃棄しましょう。ただし、注射針は適切な方法で廃棄する必要があります。 廃棄前は自宅で専用の容器に保存. 無知なため、理想だけですが、よろしくお願いします。 ご丁寧でわかりやすい、親切な回答ありがとうございました。, いつも、丁寧な回答ありがとうございます。 医療用ディスポ製品で使用期限(滅菌期限)があるものが未使用(未開封)期限切れになった場合、(1)棄てるしかないのでしょうか。(2)棄てる場合は、非感染性医療廃棄物として棄てるのでしょうか。(3)製品によるとは思いますが、技術的に ・方針……すすむ主体自らが判断・決定して、方向を示すもの, 病院でのヒヤリ・ハット報告数(インシデント報告)は年間、病床数の約5倍が理想であると聞きましたが、その根拠を教えてください。, 参照URLの中に、科学的な根拠は不明と記載されております。 ・9.1.8 90ページ http://www.pref.osaka.lg.jp/jigyoshoshido/report/faq_9.html, 参考:環境省環境再生・資源循環局『廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル』 大阪府の医療廃棄物のQ&A(FAQ)に詳しく掲載されていますので紹介します。, 感染性廃棄物処理マニュアルで定められた手術室、検査室などの排出場所において治療、検査等に使用された後、排出されたものは、3の感染性一般廃棄物となります。, 市町村の定めるところにより事業系ごみとして市町村に処理委託又は許可のある一般廃棄物処理業者に委託(「専ら物」を除く), 診察室などで発生する血液等の付着の程度が少ない廃プラスチック類、ガラス・陶磁器くず、廃酸、廃アルカリ等 B型肝炎ウイルス検査でわかること HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性) 従来の治療(消毒・ガーゼ・乾燥・瘡蓋)と比べて見た人 ・EOG滅菌の滅菌バック      :3~6ヶ月 よろしくお願いします。, 吸引カテーテルなどの12Fr、1Frは何mmになりますか?(さっきの、質問に引き続きさせて頂きます), チューブ類のサイズ表示はFrは外径で、mmは内径です。 また、立場がわからない以上、回答も難しいような質問をしたこと、 『HBs抗原は-』なのです。 重大な医療事故の陰には29件の軽い事故、さらにその背後には やはり、未開封(未使用)のものでも、使用期限がきれたら、棄てるしかないということですね。 (5)再滅菌が可能な場合コストはやはり高いのでしょうか。 http://sukosidake.at.webry.info/200909/article_8.html (7)製造販売業者はこのような物を回収等してくれないでしょうか たとえば、シリンジですが、期限が切れたものでも、使用したいという施設等(医療に限らず、研究施設などで危険性が少ない場面での使用)があれば、利用してもらいたいと思ったのでした。 メーカーの人間では、ありませんので、頂いた回答は、すべて役立ちました。 非常に参考になりました。 下記に上記の事が記載されています (空調管理がされている場所での保管/細菌は『湿度』を好みます) これは計算しやすく四捨五入されている数字です。 安全に考慮された廃棄方法が定められています。, 在宅医療で使用した医療廃棄物「CAPDバッグ、チューブ類、自己穿刺、ペン型自己注射」などの適切な廃棄方法について日、本医師会によりガイドラインが定められています。, 参考:日本医師会『在宅医療廃棄物の取扱いガイド』 HBs抗原 : HBV感染状態 よろしくお願いします。, > 指針と方針の違い 結果、それなりの在庫が使用期限を迎え、ただただ棄てられるということが起きております。  芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。 細菌は好条件下に置かれた場合は短時間に増殖:日にちでは無いです!  芽胞の状態にある細菌まで完...続きを読む, お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか? 熱に強く、蒸気に触れても問題ない必要があります。素材が金属でも、 http://shiunjies.shibata.ed.jp/hokensitu/kizunoteate.pdf 保存方法で変わるとは思いますが、個人病院で一般的な管理でのそれぞれの有効期限を教えてください。(オートクレーブ、ガス、ケッテル) 例えば 前年度の売り上げ2.301.452円 の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを 「参考」 それと、ケッテルに綿花やガーゼを入れオートクレーブで滅菌、これは台の上に置きほぼ毎日使用!! ・ケッテル未開封          :1週間 HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い) 現在はこれが傷や火傷での正しい治療法です。 成るべく早急に使用して戴く必要が有ります あります。 また治療方法などはありますか? アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。) ・指針……すすむ主体に対して、外部から指し示すもの できるだけわかりやすく説明してもらえると助かります。  通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。 注射針 こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。 つまり皮膚が欠損している火傷や傷に、滅菌してある物を使う必要はないと言う事です。 この場合の理想は、適切な期限管理のもとに在庫管理ができており、先入れ先だしの方式により、使用頻度のある(高い)医療機関等に使用してもらえるシステム(体制)ができていることと考えます。