Copyright ©  俳優・女優 出演ドラマ ランキング一覧 All rights reserved. 価格:12634円(税込、送料無料) (2019/6/13時点), おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [DVD] 公式サイト http://www.sma.co.jp/artist/profile/index/379 価格:15568円(税込、送料無料) (2019/6/13時点), この作品では、島の民でアルバイトとして働いている役です。いつもパワフルで元気な姿が印象的です。いつもタオルを頭に巻いていて、バイトリーダーとの息も合っています。笑顔で全力で働いている感じが良かったです。, ブスと野獣【FOD】 第2話 たった一言の勇気【動画配信】 !(2018年10月14日 – 12月16日、日本テレビ) – 谷川安夫 役, 賭ケグルイ(2018年1月15日 – 3月19日、MBS・TBS) – 木渡潤 役, 大河ドラマ おんな城主 直虎(2017年1月 – 12月、NHK) – 中野直之 役, ゆとりですがなにか(2016年4月17日 – 6月19日、日本テレビ)純米吟醸純情編(2017年7月2日・9日) – 中森 役, ブスと野獣(2015年8月2日 – 9月19日、フジテレビ) – 主演・中田健太 役, ごめんね青春!(2014年10月12日 – 12月21日、TBS) – 古井豊 役, 水球ヤンキース(2014年7月12日 – 9月20日、フジテレビ) – 宮口幸喜 役, 連続テレビ小説(NHK)半分、青い。(2018年4月 – 9月) – 西園寺龍之介 役、テレビドラマ男 役, 連続テレビ小説(NHK)花子とアン(2014年3月 – 9月)花子とアン スピンオフスペシャル「朝市の嫁さん」(2014年10月18日、NHK BSプレミアム) – 徳丸武 役, 連続テレビ小説(NHK)てるてる家族(2003年9月 – 2004年3月) – 佐藤浪利 役, 【オリコン加盟店】送料無料■サントラ CD【TBS系 日曜劇場「仰げば尊し」オリジナル・サウンドトラック】16/9/7発売【楽ギフ_包装選択】, 連続テレビ小説 半分、青い。 完全版 Blu-ray BOX3【Blu-ray】 [ 永野芽郁 ], 【中古】 連続テレビ小説 花子とアン 完全版 DVD−BOX 1 /吉高由里子,伊原剛志,室井滋,梶浦由記(音楽) 【中古】afb, 明治開化 新十郎探偵帖(放送日未定- 、NHK BSプレミアム/NHK BS4K), 福岡放送開局50周年スペシャルドラマ 「天国からのラブソング」(2020年3月15日・福岡放送 / 2020年3月20日()・BS日テレ) – 轟木洋志 役, アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~(2020年2月24日、テレビ東京)- 麻生太賀吉 役, ワケあって火星に住みました〜エラバレシ4ニン〜 第4話(2020年2月15日、WOWOW) – 主演・大杉隼人 役, ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 第6話 – 第8話(2019年11月17日 – 12月1日、日本テレビ) – 眞木光流 役, この恋はツミなのか!? 「花子とアン」第96回★絶縁状を知った嘉納伝助〜吉田鋼太郎の大熱演. 公式ツイッター https://twitter.com/yuma_yamoto - エリートヤンキー三郎 - 島根の弁護士 - ひまわり〜夏目雅子27年の生涯と母の愛〜 - ジョシデカ!-女子刑事- - 寧々〜おんな太閤記 - ありふれた奇跡 - アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜 - 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜 - 美しい隣人 - テンペスト - 南極大陸 - 悪女たちのメス - 恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方 - ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜 - サキ - 上意討ち 拝領妻始末 - 島の先生 - 花子とアン - 人生がときめく片づけの魔法 - ハニー・トラップ - 森光子を生きた女 - SAKURA〜事件を聞く女〜 - 美女と男子 - 相棒 - 偽装不倫, 友子の場合 - ラブ&ポップ - ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 - リング0 バースデイ - 溺れる魚 - 明日があるさ THE MOVIE - ゲームの名は誘拐 - トリック劇場版 - トリック劇場版2 - 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル - トリック劇場版 ラストステージ - g@me. 矢本 悠馬(やもと ゆうま、1990年8月31日 – )俳優。京都府出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。2003年、映画『ぼくんち』で子役としてデビュー。2015年、『ブスと野獣』で連続ドラマ初主演を務める。2019年1月27日、一般女性との結婚。. 価格:7715円(税込、送料別) (2019/6/13時点). 『花子とアン』(はなことアン)は、2014年(平成26年)度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第90シリーズの作品である。2014年3月31日から9月27日まで放送された。, 『赤毛のアン』の日本語翻訳者である村岡花子の半生を原案としたフィクションで、中園ミホ脚本により制作された。初回から最終回までの期間平均視聴率が22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)を記録。大ヒットした『あまちゃん』(20.6%)や『梅ちゃん先生』(20.7%)、『ごちそうさん』(22.4%)を超えて朝ドラでは過去10年で最高の記録となった。, 『赤毛のアン』に代表されるモンゴメリなどの英米児童文学の日本語訳版を著し、明治から昭和の混乱期に翻訳家として活躍した村岡花子の半生をもとにしたテレビドラマ[3]。, 主要な舞台は、山梨県と東京都(大森)で、山梨県が舞台になるのは1997年上期放送の『あぐり』以来となる。, 村岡恵理(花子の孫)『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』[4]を原案に、フィクションストーリー[注 1]として中園ミホの書き下ろし脚本にて制作[5]。本作では実在の村岡花子を主人公のモデルとしながらも、彼女と『赤毛のアン』の主人公アンとを重ね合わせ、随所に『赤毛のアン』を彷彿とさせる場面をちりばめるといった脚色がなされている[6]。また花子の腹心の友として登場する柳原白蓮にもスポットをあてるなど、花子とともに激動の時代を生き抜いた人々も描かれている。, 主役を演じる吉高由里子は、前作『ごちそうさん』の杏に続き、オーディションを介さず直接オファーによって決まった(このような形態で決まる朝ドラのヒロインでは、2017年上半期放映『ひよっこ』の有村架純まで現れない)。人選について、製作統括するの加賀田透は「オーディションにするか、キャスティング(直接オファー)にするか迷っていた3月頃に、映画『横道世之介』を見て、お嬢様育ちのヒロインを演じた吉高さんがいいのではないかと思った。スタッフも中園ミホさんも満場一致で支持してくれた」と述べている[7]。, 劇中の語りは、美輪明宏が担当する。加賀田透は、美輪を指名した理由について「『時空を越えて、過去も未来も自在に旅する人』、それが美輪明宏さんのイメージです。明治・大正・昭和にわたる『花子とアン』の世界に私たちをいざなってくれるのは美輪さんしかいないと思っております」と述べ[8]、脚本の中園も、劇中の語りの締めの言葉である「ごきげんよう」を使い慣れている人物が他にいないという理由から美輪を指名した。美輪本人も、2014年4月7日放送の『スタジオパークからこんにちは』において、劇中で表現される当時の時代背景や文化を直接知る世代の人間として自分が語りに適役ではないかと判断し、依頼を引き受けた旨を語っている[9]。, 本作出演中に、花子の妹・ももを演じた土屋太鳳が2015年前期の連続テレビ小説『まれ』の主役に、本作放送から2年後には花子の友人の娘・富士子を演じた芳根京子が2016年後期の連続テレビ小説『べっぴんさん』の主役に、いずれもオーディションで決定し、花子の幼馴染・朝市を演じた窪田正孝(後述)も含め、後の連続テレビ小説のヒロイン・主人公を本作から3人輩出することとなった。, 放送終了後には「花子を一途に思い続けた朝市にも幸せになってほしい」との視聴者の声が多く寄せられ、木場朝市を主役にしたスピンオフドラマ『朝市の嫁さん』が、同年10月18日19:30 - 20:59にNHK BSプレミアムで放送された[10]。朝市役の窪田は、2020年上期放送の『エール』の主演にキャスティングされ、連続テレビ小説のスピンオフの主役からドラマ本編の主演に起用される初の事例となった。, 2017年9月25日より、毎週月曜日から土曜日の午前7時15分よりNHK BSプレミアムにて全話再放送されることになった。, 2013年11月から山梨県などでロケーションが実施された[3]。ロケ地として山梨県甲府市内にオープンセットを設置して行われたほか、女学校の撮影に博物館明治村(愛知県犬山市)[11]、群馬大学工学部(群馬県桐生市)、東京の街並みにワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市)などが使用された[12]。, 花子の生家ロケーション撮影が行われた、山梨県甲府市某所に作られたオープンセット(「韮崎宿豪商の蔵座敷」の隣に移築・公開の予定[13])2013年11月26日撮影[注 2]。, 地域の教会のロケーション撮影が行われた、韮崎市民俗資料館の旧小野家蔵屋敷「韮崎宿豪商の蔵座敷」[14]。2014年4月9日撮影。, 1945年(昭和20年)4月の東京大空襲の最中[6]、本作の主人公・村岡花子(旧名・安東はな)は「命より大事」な翻訳途中の Anne of Green Gables の原書を懐に抱え、子供たちを連れて戦火の中を逃げまどっていた。52歳の花子[18]が命がけで守り抜いたこの原書は、後年『赤毛のアン』の題名で翻訳出版され、日本中で人気を博することになる。, 山梨県甲府の貧しい小作農家に生まれ育ったはなは、家の手伝いのため学校に通えなかったが、1900年(明治33年)7歳の時、行商人の父・吉平からもらった絵本に強い興味を持ち、父に導かれ尋常小学校に通い始める。読み書きを習い始めたはなの聡明さに感心した父は、彼女を東京のミッションスクール・修和女学校へ編入させようと動き出す。家族と周囲に反対され諦めざるを得なくなるものの、はなの本を愛する気持ちは3年の年月を経て母・ふじと祖父・修造の気持ちを動かし、女学校への転校が叶う(第1週)。, 女学校へ転校当初、慣れない環境と苦手な英語に囲まれはなはホームシックになるが、課題で不正を犯し外国人教師を傷心させた際に校長から助言を受け、懸命に英語の勉強に取り組む決意をする。自分が話す英語で外国人教師と和解した喜びは、その後の英語の勉強への励みとなり、本科に進級した5年後には、英語の成績はクラスで一番になるほど優秀になる。さらに、通訳や英文の翻訳をするほどの実力を付け、英語力を認めた教師たちから、出版社のアルバイトを紹介されたり英語教師への推薦話が持ちかけられ、卒業式では校長の通訳の任務を果たす。そんな女学校生活で出会った編入当初からの同期・醍醐亜矢子は、友人としてはなを支え続け、本科時に編入してきた8歳年上の葉山蓮子とは当初は反発し合うものの、大文学会の演劇などを通して「腹心の友」となるまでに心を通い合わせ、青春時代を謳歌する(第2週 - 第6週)。, ほどなくして蓮子は葉山家の事情から福岡の実業家・嘉納伝助の元へ嫁ぐことが決まり、反対するはなと仲違いして女学校を去る。しかし伝助には愛人の子・冬子がすでにおり、蓮子を受け入れない女中らとの関係も悪く蓮子は嘉納家で孤立する。女学校を卒業したはなは当初希望していた東京の出版社への就職を家庭の事情から諦め、故郷の小学校の代用教員に就任する。失敗が多く試行錯誤しながら教鞭をとるなか、ある生徒のために創作した童話『みみずの女王』が児童文学賞を受賞する(第7週 - 第8週)。その後は教職に専念し4年の月日が流れたある日、歌集を出版した蓮子からの手紙に触発され再び筆を執る。第二作『たんぽぽの目』は、かつてのアルバイト先の編集長・梶原聡一郎の好評を得て出版が決まり、同時に彼が創業する出版社への誘いを受ける。はなは悩んだ末に、本を作る夢を叶えるべく出版社の就職を決め、東京へ向かう(第9週 - 第11週)。, 出版社「聡文堂」に転職したはなは、編集者生活の厳しさに直面し落ち込むなか、アルバイト時に知り合った印刷屋・村岡英治と再会する。彼の計らいで英文の童話を入手したはなは、編集者の仕事と同時に積極的に翻訳に取り組む。翻訳され「王子と乞食」と題された童話は、創刊する児童文学雑誌に連載されることとなる。10年ぶりに再会した蓮子から指摘され、はなは英語に取り組む自分を応援し続けてきた英治に恋していることに気付き、思わず彼に告白するが、後に英治が妻帯者であることを知る。道ならぬと解りながらも彼を忘れられずに悩み、仕事にも影響をもたらしたはなは、帰省し母から励まされ、夢枕に現れた祖父に叱責され、英治への恋心を吹っ切る。そんななか、妻と死別した英治は、はなの幼馴染み・木場朝市の懇願や妻の遺言を知り、はなとの再婚を決意。はなの両親を説得し、英治の父の反対を押し切り、2人ははなの故郷で挙式し、神前での誓いではなは「花子」と名乗ることも同時に誓う。結婚から1年半後には、2人の間に長男・歩が誕生する。, その頃、蓮子は、夫と価値観が合わず失望し籠の鳥の生活を送るなか、たまたま上京した際に社会主義の学生・宮本龍一と出逢い、やがて恋に落ちる。伝助の存在や身分の格差などで互いに傷つきながらも、密かに愛を育んで行った2人は、花子の出産後に間もなく駆け落ちを果たす(第12週 - 第16週)。本人達の意にそぐわず、蓮子の絶縁状とそれに対する伝助の反論文が新聞に掲載され、世間を賑わすこととなり、心配した花子は彼女たちの逃亡を支援する。結局は蓮子が龍一の子を妊娠しているとを知った伝助が身を引き離婚は成立するが、怒りが収まらない蓮子の兄・葉山晶貴により蓮子は実家に連れ戻される。蓮子は監禁生活を送るなか、男児・純平を出産する(第17週)。, 花子が完訳した『王子と乞食』の単行本化が決定し、英治は父から社長就任を言い渡されるなど、おのおのが明るい希望を抱き歩み始めようとしたとき、関東大震災が発生する(第18週)。震災で英治の弟・村岡郁弥や、多くの物を失いながらも、花子は英治と力を合わせ自社の再建と『王子と乞食』の出版を目指し前向きに動き出す。やがて女学校時代の仲間や伝助らの協力を得て、花子と英治は出版社を兼ねた印刷会社を立ち上げ『王子と乞食』も出版に漕ぎ着ける(第19週)。震災を機に蓮子は実家から解放され、姑と同居する形で親子揃っての生活を始める。龍一は家族のために新米弁護士として働くようになり、後に蓮子と龍一夫妻に女児・富士子も誕生し、家族ぐるみで村岡家と親交を深めて行く。花子は仕事と家事と子育てに多忙ながらも平穏な日々を送るなか、歩が疫痢にかかり5歳で急逝する。歩の後を追うことを考えるほど花子は傷心し、仕事を優先したことを自責するが、生前の歩の言葉と英治や蓮子の支えにより気を取り直し、日本中の子供のために、歩にしてやれなかったことをし、素敵な物語を届ける決意をする(第20週)。, 数年後、花子と英治は雑誌『家庭』を創刊。同じ年、蓮子の勧めで、花子はNHK[注 3]のラジオ番組『コドモの新聞』の語り手の仕事を引き受け、子供を始めとする聴衆たちに親しみやすいと好評を得ることとなる(第21週)[19]。戦局が激しくなるとともに渡される原稿も次第に軍事色が強まるが、花子は養女・美里をはじめ日本の子供たちに夢を伝えようと原稿選びや推敲に試行錯誤をする(第22週)。龍一が反戦行為で逮捕されて家族が非難を受けるようになり、蓮子は龍一と同じく軍事国家と闘う決意をするが、反対する花子と口論の末に決別する。同じ頃、花子は、帰国を決めた恩師の一人・スコット先生から友情の記念として一冊の洋書・Anne of Green Gablesを贈られる。1941年12月、太平洋戦争開戦と同時に、ラジオ局も戦争関連のニュースを伝えることが主となり、子供たちへの役目を果たせなくなった花子は、9年間務めた番組を自ら降板する(第23週)。かねてより外国の文化に親しみを持つことから、村岡家は非難を受けるようになり、所有する洋書を隠さざるをえなくなるなか、花子はAnne of Green Gablesは手元に置き翻訳を命がけで続ける(第24週)。, やがて太平洋戦争が終戦。梶原の紹介で、花子のもとに翻訳作品の原稿依頼が舞い込む。花子は戦中に書き溜めた翻訳原稿を入稿するが、その時点ではAnne of Green Gablesは作者が著名でないために出版社側から没とされる。同じ頃、NHKの職員・黒澤から花子に出演依頼が入る。純平の戦死の原因が花子のラジオでの発言であると蓮子から責められたこともあり、花子は躊躇するが、甲府の両親など花子のラジオ復帰を待つ人々がいることを知り、依頼を承諾し再びラジオで語り出す(第25週)。, その後花子は、出版社にAnne of Green Gablesの翻訳原稿を出版社に持ち込み回るが、採用されることは無いまま6年の月日が過ぎる。自宅で図書館を営みながら翻訳活動を続ける花子のもとに、出版社から女性向けの翻訳作品の原稿依頼が舞い込む。花子は再びAnne of Green Gablesの翻訳原稿を提案、出版社の社長に改めて作品を見直され出版が決定する。タイトルは若者向けを意識し『赤毛のアン』と題され、発行された書籍はとたんにベストセラーとなる。, 『赤毛のアン』出版記念式典の当日、数年前に英治が取り寄せた同作の続編Anne of Avonlea(後の『アンの青春』)の翻訳本の出版も決まる。式典で壇上に上がる直前にも関わらず続編の原書を夢中になって読む花子は、式典での挨拶を終えた後、一目散に自宅に帰り、早速翻訳を始める。こうして、花子が命がけで守った『赤毛のアン』は、時代が平成に変わったのちも多くの子供たちに読み継がれ、その「想像の翼」を広げているのであった(第26週)。, 裕福な暮らしぶりの地主。安東家や木場家をはじめ、はなの住む村で多くの小作人を抱えている。, 銀座界隈で3階建ての自社ビルを持ち、多くの出版社を顧客に持つ印刷屋を経営しているが[66]、関東大震災により会社は全壊。翌年、青凛社(せいりんしゃ)の名前で会社は再建される。, 明治以来、一部の特権階級だけが国の富を独占して国民の大部分が貧しい生活を強いられている日本の不条理な社会を強く批判し、真に平等な社会を作ることを理想とする、社会主義運動の関係者たち。政府からは社会の秩序を乱す危険思想の持ち主と見なされ、たびたび弾圧を受けている。, 劇中、小説『赤毛のアン』を基にしたエピソードが数々仕込まれている[6]。他、シリーズでは第2作目『アンの青春』、第3作目『アンの愛情』を基にしたエピソードも含まれる。, 上記を含む『赤毛のアン』『アンの青春』『アンの愛情』作品のオマージュは『NHKウイークリーステラ臨時増刊 10月31日号 花子とアン メモリアルブック』でも公開している。, 前々作『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」などに倣い、はなの故郷である山梨の「お国言葉」(甲州弁)を採用しており、制作統括の加賀田透は「ユーモラスで特徴的でもあるので話題になれば」と思いを述べている[84]。以下はその主な例で、「花子とアン」推進委員会の公式サイトでも甲州弁を確認することができる[85]。, 方言指導の奥山眞佐子によれば、ドラマ中の方言は視聴者の理解を妨げないために標準語との「混在」がされており、台本の検討段階で「混在を薄める」努力がなされているという[88]。, 主人公のはなが編入する修和女学校の設定やくだりは、実際の村岡花子が明治時代に学んだ東洋英和女学校(現・東洋英和女学院中学部・高等部)[89]でのエピソードを基にしている[90][91]。作品としての設定は以下の通り。, 明治時代、カナダ人の宣教師により設立された、東京・麻布に校舎を構えるミッション系女学校。校内は男子禁制[注 56]、生徒の大半は特権階級の令嬢で、言葉遣いや礼儀作法に厳しく、校長を筆頭とする複数の外国人教師により徹底した英語教育が行われている。生徒たちは下の学年から予科・本科・高等科に分けられ、下級生は「小さい人」、上級生は「大きい方」と呼ばれる。はなのように貧しい家の子女に対しては授業料が免除される「給費生」制度もあるが、試験で一度でも落第点を取れば即刻退学を言い渡される(他の生徒は悪くても留年で済む)など条件が厳しく、実際に給費生として編入を許可される生徒は極めて少ない[23]。寄宿生たちは基本的に4人1組の相部屋で生活し、教師たちも寄宿舎に住み込みで生徒たちと年中生活を共にしている。, この学校で、当時の日本で最高水準の教養を身に付けた生徒たちは、外交官や貿易会社などエリート階層の男性から非常に人気が高く、在学中に縁談を持ち込まれる生徒も多い。また、多くの生徒たちはそのような好条件の縁談を獲得することを最大の目標としている。そのため、孤児院での奉仕活動や、校内年中行事として春に開催される大文學會(現在でいう文化祭)は、外部の男性と接点を持てる絶好の機会として生徒たちに認識されている[24][49]。しかし、男性から付け文をもらったことが発覚すると、校長により焼却処分される上、二度と男性から付け文を受け取らない趣旨の反省文を100回書く罰則が課されるなど、在学中の男女交際は厳しく禁じられている[24]。なお、在学中に縁談が成立した生徒は多くの場合、卒業を待たず退学することが慣例となっている[注 57]。, なお、校長室の机には、カナダの国旗ではなくイギリスの国旗(ユニオンジャック)[注 58][92]が日本の国旗と共に置かれている。, もう一つの物語の軸として仲間演じる葉山蓮子の人生がクローズアップされ、第5週、第6週では蓮子がヒロインとなる扱いを受けている。これにより、彼女のモデルとなる柳原白蓮の生涯を小説にした『白蓮れんれん』(林真理子著)が注目を浴び品切れ店が続出し[93]、柳原白蓮が2度目の夫・伊藤伝右衛門(劇中では嘉納伝助のモデル)と10年間暮らした旧伊藤伝右衛門邸の入場者数が伸びていく[94][74]などの現象が生じている。, 本作の花子は、夫となる村岡英治が妻と離婚・死別後に結婚を果たすが、原案の村岡恵理の著書によれば、実際は英治のモデルである村岡儆三には結核療養中の妻・幸と長男がいたため花子と苦しみながらも、出会って半年で妻と離婚し結婚、後に起きる関東大震災で長男は死去したという。これについてライターの島崎今日子は朝日新聞2014年7月9日掲載の「キュー」において、“花子を縛る朝ドラの「コード」”と題し、朝ドラのヒロインが結婚する際に相手に妻や子どもがいてはならず、周囲の理解と承認が必要であるために演出を加えたと憶測したうえで、そのために脚本家は準主役の位置にある蓮子の道ならぬ恋の方に筆が突っ走っていると見解している。, MOONLIGHT to DAYBREAK - トゥルー・ラブストーリー〜恋のように僕たちは〜 - 心に私がふたりいる - 負けない愛がきっとある - 遠い日のメロディー - 青い鳥 - Birthday - 愛してる (高橋克典 with 仲間由紀恵名義) - 恋のダウンロード (仲間由紀恵 with ダウンローズ名義) - 恋は無期限 (仲間由紀恵 with ダウンローズ名義) - 北陸ロマン -プレミアムデュエットバージョン- (谷村新司×仲間由紀恵名義), 青い夏 - 世にも奇妙な物語 - 坊っちゃんちゃん - もう我慢できない!