者同伴が望ましい)されたもの, 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの, 2009å¹´4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの, R-15指定に相当する場面があると思われるもの, 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの, R15+指定に相当する場面があると思われるもの, 1998å¹´4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの. (栗林すみれ、山本玲子他)『FOR COOL CATS ONLY -サムシンクールの誕生- VOL.1』(SOMETHIN'COOL / ディスクユニオン)2014年12月, 石若駿バンド『Cleanup』(SOMETHING’COOL / ディスクユニオン)2015年12月 (「JAZZ JAPAN AWARD 2015《アルバム・オブ・ザ・イヤー》ニュースター部門」「Jazz Life DISC GRAND PRIX 2015 ニュースター賞」「第29回ミュージック・ペンクラブ音楽賞《ポピュラー部門》ブライテスト・ホープ賞」トリプル受賞), 2016年5月1日 「JAZZ@HALL Vol.1」 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール(ディスクユニオン SOMETHIN'COOL主催) 出演:大西順子/山本剛/小林桂/栗林すみれ/石若駿他, 2017年1月15日 「JAZZ@HALL Vol.2」 於渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(同上) 出演:ケイコ・リー/寺井尚子/大林武司/栗林すみれ他, 2017年11月23日「JAZZ@HALL Vol.2」 於渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(同上) 出演:TOKU/SHANTI/大林武司/西口明宏他, 行方均、菊田有一、塙耕記監修 BLUE NOTE プレミアム復刻シリーズ 全12期(ディスクユニオン)2011~2014年, 行方均監修・選曲・解説『サムシン・イン・ブルー』(ユニバーサルミュージック)2013年, 行方均解説「ブルーノートに名曲あり」『This Is BLUE NOTE ザ・グレイテスト・ヒッツ・バイ・リクエスト』(ユニバーサルミュージック)2013年, マイケル・カスクーナ&行方均監修・解説 ブルーノート・マスターワークス第3期/世紀の発掘コレクション30タイトル(ユニバーサルミュージック)2014年6月, マイケル・カスクーナ&行方均監修・解説 ブルーノート・マスターワークス第4期/ザ・ヒッツ・オブ4000番台50タイトル(ユニバーサルミュージック)2014年10,11月, マイケル・カスクーナ&行方均監修・解説 ブルーノート・マスターワークス第5期(完結編)/珠玉の4000番台50タイトル(ユニバーサルミュージック)2015年3月, 行方均監修・選曲・解説『2サイズ・オブ・リー・モーガン』(ユニバーサルミュージック)2017年11月1日発売, 行方均シリーズ監修・解説 リー・モーガン後期傑作SHMコレクション1964~71×10タイトル 同上, 行方均選曲・解説 ビル・エヴァンス『ソングス・オン・タイム・リメンバード』(ユニバーサルミュージック)2019年5月1日発売, 行方均選曲・解説 アート・ブレイキー『アート・ブレイキー時代~ザ・タイム・オブ・ブレイキー』(同上)2019年9月発売, 行方均、マイケル・カスクーナ監修『21世紀版ブルーノート・ブック』(ジャズ批評ブックス)2009年12月, 行方均編『ブルーノートの名盤 改訂新版 200DISCS+7』(学研パブリッシング)2010年3月, 行方均、坂本涼子監修『いまなら1000円で買えるジャズ100年の大名盤500』(DUBOOKS) 2015年12月, 行方均編著『最強のジャズ100年史~名曲・名盤のブルーノート物語』(学研)2016年12月20日, グラハム・マーシュ他『ブルーノート・アルバム・カヴァー・アートV0l.2』(美術出版社)1997年7月, リチャード・クック『ブルーノート・レコード―史上最強のジャズ・レーベルの物語』(朝日文庫)2002年12月, グラハム・マーシュ他『新版ブルーノート・アルバム・カヴァー・アート』(美術出版社)2005年8月, フレデリック・コーエン『ブルーノート・オリジナル・プレッシング・ガイド』(DUBOOKS)2011年11月, リチャード・ヘイヴァーズ『ブルーノート・レコード~妥協なき表現の軌跡』(ヤマハ・ミュージックメディア)2014年10月, (字幕)ドキュメンタリー映画『I Called Him Morgan私が殺したリー・モーガン~ヘレンは彼をモーガンと呼んだ』2017年12月日本, (字幕)ドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス~タイム・リメンバード』2019年4月下旬, (字幕)ドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコーズ~ジャズを超えて』2019年9月公開, 雑木林進「ジャズは本棚に在り」(月刊「ジャズジャパン」誌2010年10月号~2018年3月号), 行方均 隔週刊「ジャズ・LPレコードコレクション」作品解説(デアゴスティーニ2016年9月~), 行方均「僕らのビートルズ」(ビートルズクラブ編・月刊「ザ・ビートルズ」2016年4月号~). 行方 均(なめかた ひとし、1951年6月29日 - 2020年3月13日)は日本のレコード・プロデューサー、音楽評論家。宮城県仙台市出身。, 東京都立西高校を経て早稲田大学政治経済学部卒業。1976年東芝EMI(当時)に入社。1988年ブルース・ランドヴァル(当時ブルーノート社長)、マイケル・カスクーナ(同プロデューサー)らの協力を得てブルーノートの姉妹レーベル「サムシンエルス」を社内に設立。現在まで200タイトル近くの作品を同レーベルで制作。多くはブルーノートを通じて海外でも発売されている。軽井沢録音のゴンサロ・ルバルカバ『ラプソディア』(1992年)はグラミー賞にノミネート。日本国内においてブルーノートをはじめとする多くのジャズ作品やミュージシャンを紹介し、ジャズ市場の育成に貢献。また1997~2013年にはビートルズの国内盤発売を統括。 ゴールデン・グローブ賞を受賞した衝撃のラブサスペンスの最終章。迷える大人たちは新たな出会いと別れを繰り返し、波乱に満ちた家族の物語が終わりを迎える。 2020年3月13日午前9時28分、急性骨髄性白血病のため東京都港区の病院で死去。享年68歳。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=行方均_(音楽評論家)&oldid=79639852, スーパーブルー feat.ロイ・ハーグローヴ『スーパーブルー!』1988年(ロイの初録音), ラルフ・ピーターソン『V』1988年(スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞金賞、録音賞), エリス・マルサリスfeat.ニコラス・ペイトン『ニューオリンズの夜』1989年(ニコラスの初録音), ゴンサロ・ルバルカバ『アット・モントルー』1990(ワールド・デビュー作/BN盤タイトルは"Discovery"), ゴンサロ・ルバルカバ『ラプソディア』1992年(1993年発売)(ジャズディスク大賞金賞、グラミー賞ノミネート), Ⅴ.A.『ストロベリー・フィールズ~ブルーノート・プレイズ・ザ・ビートルズ』1996年, THE BON BONES -上杉優&駒野逸美クインテット-『メルバズ・ムード』(SOMETHIN'COOL / ディスクユニオン)2014年10月, V.A. 私たちは本当にこの世界を知っているでしょうか。激変する社会、生きる人々のリアル、そして大自然のスペクタクル。地を這う取材と圧倒的な映像、想像を超えたストーリー体験があなたの生き方をも変えるはずです。 行方 均(なめかた ひとし、1951年 6月29日 - 2020年 3月13日)は日本のレコード・プロデューサー、音楽評論家。 宮城県 仙台市 出身。 目次 国内外のアーティスト・プロデュース、レコード・プロデュースや解説執筆のかたわら、2010年より衛星ラジオミュージックバードのJAZZチャンネル番組「プロファウンドリー・ブルー」パーソナリティも務める(2016年3月まで)。また2014年4月より、JFN系FM全国ネット「A・O・R -Jazz & Vocal Night-」(毎週火曜20時~21時生放送)に出演し選曲・解説を担当、「ジャズ100年の100曲」キャンペーンを推進する。2016年4月より、衛星ラジオ[ミュージック・バード]の大型(5時間)番組「ジャズ100年の名曲名演500時間」(毎週土曜日放送、日曜日再放送)をスタート(2018年3月まで)。2012年最後のEMIミュージックジャパン代表取締役会長に就任、ラストエンペラーを自称。ユニバーサルミュージック副社長を経て2014年に独立し、株式会社NAMES設立。別名に雑木林進。リー・モーガン(2018年)、ビル・エヴァンス、ブルーノート・レコード(ともに2019年公開)の字幕の翻訳・監修を手がける。2020年5月、ジャズ以前の自身の本籍地/出身地を取り上げた初のビートルズ本『ビートルズは終わらない』(シンコー)を刊行予定。