5/27にWindows 10 2004 Updateが正式リリースされて、それに伴いWSL2もWindows Insider Preview版を使用しなくても利用可能となりました. ただ、メモリ解放をむやみにしてはいけません。パソコンが重いわけでもないのにメモリ解放を頻繁にしてしまうと、たまに作業中のソフトが強制終了したり、逆にパソコンが重い状態に戻る場合があります。 C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools, batch ファイル(empty.bat)を右クリックして、「ショートカットの作成」, リンク先の設定 このMicrosoft純正の「empty.exe」はWindows7でも64bitだけではなく、32bitでも使うことができます。32bitのWindows7で動作が重いのに悩んでいる人は、ぜひ32bitでも使える「empty.exe」を使ってみましょう。, 32bitでも64bitでもWindows7でメモリ解放することができるクリーナーソフトの「empty.exe」の具体的な設定方法についてここからみていきましょう。, 「empty.exe」は「Windows Server 2003 Resource Kit Tools」の中に含まれているツールです。Windowsサーバーを管理するためのツールですが、Windows7のPCでも利用することができます。まずはMicrosoftのこちらのページから「Windows Server 2003 Resource Kit Tools」をダウンロードします。, ダウンロードしたファイルをクリックすると実行するためのウイザードが始まるので、それにしたがってインストールしていきましょう。この時にどこのフォルダにファイルが作成されるのか確認しておきます。通常は「C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools」へインストールするファイルが作成されます。 Windows10の標準機能には、動画のキャプチャを録画できるGame DVR(ゲームバー)が搭載されています。この記事では、Windows10でGame DVRを使えるよう... Windows10にサインインするのに、パスワードやパスコードの入力が面倒くさいと感じる場合には、netplwizコマンドで自動でログインできるように設定しましょう。この記事... Windows10でNumLockが勝手に切り替わることがあり、支障をきたす場合があります。この場合にはNumLockを無効化すると良いでしょう。この記事では、NumLock... ネット上からファイルを入手するのに便利なLinuxのwgetコマンドはWindowsでも使えるようになります。この記事では、コマンドプロンプトでwgetコマンドを利用できるw... Windows10ではフォルダオプションの設定を変更するだけで、ちょっとしたファイル操作の使い勝手とてもよくなる場合があります。この記事では、Windows10でフォルダオプ... サイトから画像や文章をコピペしたくても、右クリックが禁止されていてコピペできないことがあります。この記事では、JavaScriptで右クリックを設定する方法や、サイトを閲覧す... Windows10では仮想デスクトップでタスクビューを切り替えられますが、画面の切り替えはショートカットキーでもできます。この記事では、仮想デスクトップで複数のタスクビューを... Windows PCにはさまざまなショートカットキーがあります。ウィンドウを最大化したり最小化したりできるショートカットキーも用意されています。この記事では、Windowsで... Windows10でゲームやアプリをダウンロードした時に、d3dx9_43.dllがないというエラーでインストールできないことがあります。この記事では、d3dx9_43.dl... Windows10でドライブのパーティションを整理していると、どうしても削除できないEFIシステムパーティションがあります。この記事では、EFIシステムパーティションとはどの... WindowsのPCが重い場合には、MsMpEng.exeがメモリのスペックを大量に使っていることが原因の場合があります。この記事では、Windowsを重くする原因にもなるM... Windows10のCPUの使用率が高くてPCの動作が重いとき、ntoskrnl.exeが原因の場合があります。この記事では、ntoskrnl.exeとはどのようなファイルな... Windows10に深刻なエラーが発生した場合にはブルースクリーンエラーが表示されます。その原因がntoskrnl.exeであることがあります。この記事では、ntoskrnl... ntuser.datファイルとはどのようなファイルなのか気になっていて、削除しても大丈夫か調べている方もいます。この記事では、ntuser.datとはどのような働きをするファ... Windows10をセットアップするときに、Windows Helloの暗証番号のPINを設定するように求められます。しかし、PINを設定したくないという方もいます。この記事... アメブロに掲載されている画像を保存したくても保存できないことがあります。実はアメブロからは通常の方法では画像保存ができません。この記事では、アメブロの画像を保存するにはどうし... Windows10でタスクバーが消えたり、表示がおかしい場合にはエクスプローラーを再起動するといいでしょう。この記事では、Windows10のエクスプローラーとはどのようなも... ガーミン時計をPCで管理できるアプリがGarmin Express(ガーミンエクスプレス)です。この記事では、ガーミンエクスプレスをパソコンにダウンロードからインストールして... Windows10にDVDやSDカード、USBメモリを挿入した時に「ディレクトリ名が無効です」と表示されることがあります。この記事では、Windows10の「ディレクトリ名が... メモリはPCの中でもCPUと同じくらい重要なパーツです。PCの調子が悪いときには、メモリの診断テストを実行することをおすすめします。この記事では、メモリに不具合がないか確認す... Windows7のメモリ解放方法!PCが重い時はMicrosoft純正のメモリクリーナーを使おう!のページです。アプリやWebの疑問に答えるメディアapplicaは、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリに加えて、WindowsやMacでのサービスの使い方や最新情報を紹介します。. emp.run "cmd /c empty.exe *",vbhide」 「プログラムが終了するときにメモリを解放する必要があるのか?」という疑問があるでしょうか?, OSの実装によりますが、たいていのOS(UnixやWindows)では、プログラムが終了するとき、OSによって、プログラムが使用していたリソースが自動的に解放されます。 C言語では、グローバル変数、自動変数(ローカル変数)以外に動的に確保するメモリを使用します。malloc,calloc,allocaなどのC言語の標準ライブラリの関数でメモリを確保し、freeでメモリを解放できます。不要になったメモリは、解放しなければなりません。, C++ユーザのために簡単に説明を入れておきます。C++では、メモリの動的割り当てと解放にnewとdeleteを使用していますが、C言語では、mallocとfreeを使用します。, なぜ、メモリを動的に確保する必要があるのでしょうか? 保存するときに拡張子を「vbs」にしておきます。するとこのようなファイルが作成されます。このファイルをクリックするだけでメモリクリーナーが起動して、メモリを解放してくれます。, 「empty.exe」を実行するのは、コマンドプロンプトからでできます。コマンドプロンプトというのは、PCを実行するための命令のコマンドを入力するものです。コマンドプロンプトを使いたいときには、Windows7の「スタートボタン」から「すべてのプログラム」>「アクセサリ」と進みます。「アクセサリ」の中にコマンドプロンプトがあります。 Microsoft社のソフトならウィルスの危険性がないしWindows10でも不具合が少なく利用できるので心置きなく、メモリ解放ができてしまいますね。, よって、今回はMicrosoft社が出しているメモリ解放ソフトResource Kit Toolsを使って、メモリ解放の仕方を伝授していきたいと思います!, Resource Kit ToolsはMicrosoft社が開発したものですが、なんと無料で使用することができてしまいます。 このような理由があり、Windows7のメモリ解放をMicrosoftの純正クリーナーソフトを使う判断をする方がいいのです。, それでは、ここからはWindows7にMicrosoftの純正クリーナーソフトを導入する方法について解説をしていきたいと思います。Windows7の動作が重くなってきたら、すぐにメモリ解放を行う判断をとってください。 企業向けでは有償で2023年までのサポートも提供されるということで、まだまだwindows7を使い続ける人も少なくないようです。 C:\Windows\System32\cmd.exe /c [batchファイルのパス], アイコンも変更(個人的嗜好) そんなWindows7のメモリを解放すると動作が軽くなると言われていますが、本当に自分のPCがメモリが足りなくなったのかを確認しなくては、メモリを解放しても意味がありません。そこで、メモリ容量の確認方法を次のステップでは説明させていただきます。, Windows7のメモリ解放をする前に、自分のPCのメモリの容量が現在どうなっているのか確認をしなくてはなりません。では、Windows7のメモリの確認方法について説明をしていきたいと思います。PCのメモリの容量を確認してメモリを解放して見てください。, まずは、Windows7のメモリの容量を確認する方法を行うにはタスクマネージャーを起動しなければなりません。PCのキーボードから「Ctrlキー」+「Altキー」+「Deleteキー」を同時押ししてタスクマネージャーを起動させてください。, つづきまして、Windows7でタスクマネージャーが起動しましたら、タスクマネージャーのタブから「パフォーマンスタブ」を選択して見てください。, Windows7でタスクマネージャーの画面の見方は「CPUの使用率」「物理メモリ」を見てください。CPUの使用率が100%に近い。物理メモリの容量が少ない場合は、PCが重くなっているはずですのでメモリの解放が必要になってきます。, メモリ解放の判断基準ですが、上記のWindows7でタスクマネージャーで「CPUの使用率」「物理メモリ」が緑のグラフが限界までなっていましたら、PCが重いはずですからメモリ解放をしてください。