- ZIP! - 辛坊治郎 Sunday Kiss, 読売新聞ニュース - ズームイン!!朝! !SUPER - サプライズ→SUPER SURPRISE - 朝生ワイド す・またん! - おもしろサンデー - 報道特捜プロジェクト - ズームイン! 民主主義を揺るがす「誘導工作」脅威への備えを急げ トランプvsバイデン 戦の後にすべきこと. これより外部のウェブサイトに移動します。 よろしければ下記URLをクリックしてください。https://kinokuniya.tameshiyo.me/9784121506528 ご注意リンク先のウェブサイトは、「Googleプレビュー」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。リンク先のウェブサイトについては、「Googleプレビュー」にご確認ください。, 「自分の意見が、知らずに誰かに操られている」。それが誘導工作=インフルエンス・オペレーションだ。情報操作やフェイク・ニュース流布を駆使するこの手法は、IT技術の進歩と普及によって近年、範囲、スピード、威力が格段に増した。本書はこの「現代の危機」を欧州各地の関係者取材を重ねて描き出す。それは東京五輪の盛り上がりを迎え、政治の変動もありうる日本において「すぐそばに迫る危機」でもある, 第1章 英国の国民投票、米大統領選で起きたこと第2章 誘導工作とは何か第3章 ロシアの脅威第4章 反撃に出た西側社会第5章 中国の脅威第6章 狙われる日本第7章 次の試練欧州議会選, 飯塚恵子[イイズカケイコ] 読売新聞欧州駐在編集委員。東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒。読売新聞社入社後、盛岡支局を経て、政治部記者として首相官邸、自民党、外務省、防衛庁、那覇駐在などを担当。96年に米・フレッチャー法律外交大学院で法律外交修士修了。ロンドン特派員、米ブルッキングス研究所客員研究員、政治部デスク、論説委員、アメリカ総局長、国際部長を経て、2017年からロンドンを拠点に現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。, 「自分の意見が、知らずに誰かに操られている!」。それが誘導工作=インフルエンス・オペレーションだ。印象操作や偽情報の流布を駆使するこの手法は、IT技術の進歩と普及によって、近年、範囲もスピードや威力も格段に増した。本書はこの「現代の危機」を欧州各地での関係者取材を重ねて描き出す。それは東京五輪の盛り上がりを迎え、政治の変動もありうる日本において「すぐそばに迫る危機」でもある。「ロシアは情報を兵器化した」(テリーザ・メイ)「これは軍拡競争だ!」(マーク・ザッカーバーグ), 次回からメールアドレス入力を省略 パスワードを表示する, 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。, https://kinokuniya.tameshiyo.me/9784121506528, https://www.kinokuniya.co.jp/disp/CKnSfGooglePreview.jsp?q=9784121506528. - ネプ&イモトの世界番付 - 直撃!コロシアム!! ご注意リンク先のウェブサイトは、「JPO 一般社団法人日本出版インフラセンター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。リンク先のウェブサイトについては、「JPO 一般社団法人日本出版インフラセンター」にご確認ください。, これより外部のウェブサイトに移動します。 よろしければ下記URLをクリックしてください。https://www.kinokuniya.co.jp/disp/CKnSfGooglePreview.jsp?q=9784121506528 飯塚恵子 白石興二郎(現:グループ本社 代表取締役 社長兼東京本社代表取締役社長兼読売ジャイアンツ取締役オーナー、元取締役論 … 大型BSニュース番組『深層NEWS』がスタート, https://www.oricon.co.jp/news/2083268/full/, http://www.news24.jp/articles/2016/12/20/08349503.html, https://hochi.news/articles/20180930-OHT1T50355.html, 今年度第1四半期・上期は順調に推移 10月新番組「深層NEWS」は完売 BS日本赤座社長、会見で現況など語る, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=深層NEWS&oldid=80058633, 久野静香 - 2019年10月2日から水 - 金曜日担当のサブキャスターに昇格し、番組に復帰。, 畑下由佳 - 2017年10月20日から金曜日担当のサブキャスターに昇格し、番組に復帰。2018年4月2日からは月・火曜日を担当。2020年9月22日卒業。, 滝菜月 - 2017年1月6日から9月29日まで金曜日のサブキャスターを担当した。, BS日テレ(2013年9月30日 - ):毎週月曜 - 金曜 22:00 - 23:00(, 日テレNEWS24(2013年10月1日 - ):毎週火曜 - 土曜 0:00 - 1:00(月曜 - 金曜深夜、2時間遅れ), テーマ曲:「透明色のクルージング (fox capture plan Instrumental Version)」(. とことん深掘り!深層NEWS!旬のゲストをスタジオに迎え、気になるテーマを生直撃。最新ニュースも続々入れ込み、目が離せない展開に。月曜日から木曜日は取材現場を知り尽くした右松健太キャスターが、あなたの“知りたいこと”に迫ります。 『深層NEWS』(しんそうニュース)は、日本テレビ・BS日テレ・読売新聞の3社共同企画により、2013年9月30日からBS日テレで放送されている報道番組である。日テレNEWS24(CS)でも時差ネット(2時間遅れ)。, 日本テレビ・BS日テレ・読売新聞の3社が共同で制作する報道番組[1][2]であり、読売新聞がニュース制作に関与する初めての番組となっている[3]。初代キャスターには、日本テレビ報道局記者の小西美穂、読売新聞編集委員(当時)の玉井忠幸と近藤和行が就任[1][2][4]。なかでも、キャスターの1人である玉井忠幸は編集局次長兼編集委員で元政治部長[3][4]。編集の要職にいる人物がキャスターに就任した初めてのケースとなった[3]。, 政治・経済、医療、教育から身近な暮らしの話題まで多岐に渡るテーマを用意。政治家や財界人、文化人やスポーツ選手を含むキーパーソンをスタジオに招く[4][5]。基本的にはBS日テレでは全編生放送だが、ゲストのスケジュールや特集等の都合上、該当パートのみ事前収録を行う場合がある。なお、収録場所は日本テレビのマイスタジオを使用している。, オープニング映像には、お笑いタレントの鉄拳が制作したパラパラ漫画風のイラストを使用[1](リニューアル前の2016年12月末まで使用)。読売新聞東京本社版[6]朝刊の第2テレビ面に当日の放送内容が掲載されている。, 2016年4月1日からは金曜をリニューアルした。「深層NEWS FRIDAY」と題し、週間を振り返り、そのニュースをあらためて深掘りしていく「深層WEEKLY(週間のニュース)、深層のしんそう」のコーナーを新設し、気になるトピックを徹底討論。またテーマカラーも、この金曜限り従来の赤から青になっている。同年10月3日から、月曜日から木曜日の内容もリニューアルした。, 2017年1月4日から、キャスター陣を一新。キャスターに2016年までNNNワシントン支局長を務めた近野宏明を起用[7][8]。テーマカラーも、月~木が青、金曜日がピンクに変更になった。, 2018年10月1日の放送から、番組のキャッチコピーとして「スタジオがニュース現場だ!」[9]を採用し、読売新聞東京本社と報知新聞社[9]との中継を結ぶコーナーを新設。また、「先読みNEWS」のコーナーでは翌日の読売新聞朝刊とスポーツ報知の紙面を紹介している。, 2019年9月1日からBS日テレで4K放送がスタートすることに伴い、当番組も翌2日放送分から4K制作に移行した[10]。また、同年9月30日から進行役の呼称を「アンカー」に変更[11]。近野に代わり、月 - 木曜日は読売テレビ(NNN系列局)出身の辛坊治郎、金曜日は日本テレビ元アナウンサーで政治部記者の右松健太がアンカーを務める[10][12][13]。また同日から在京キー局5局共同によるネット配信サイト「TVer」での見逃し配信も開始した[12]。, 2020年3月30日から進行役の呼称を「キャスター」に戻し、辛坊に代わり右松が月 - 木曜日のキャスターに就任した[14]。金曜キャスターは、日本テレビ報道局の鈴木あづさ、加藤聡が隔週で担当[14]。現在コメンテーターを務めている読売新聞の飯塚恵子編集委員は月~木曜に出演する[14]。なお、畑下由佳(月・火曜)、久野静香(水~金曜)両アナウンサーは続投する[14]。同年9月22日で畑下由佳が卒業。9月28日から笹崎里菜が月・火曜日のサブキャスターで出演。, ※いずれも出演当時のものを含め、全員日本テレビアナウンサー。また、勤務シフトの都合上代理出演する場合があった。, 2014年12月14日(日曜日)19:57 - 21:00には初の特番『深層NEWS×日テレNEWS24 衆院選スペシャル』をBS日テレ・日テレNEWS24でのみ同時ネットした。, 2014年以降、年内最終放送日には通常回の枠拡大として、開始時刻を20:00に繰り上げ、「年末3時間SP」を放送するが、BS日テレでのみの放送となる。なお当該放送日に限り、ネット局の日テレNEWS24では『Daily Planet(2017年3月まではデイリープラネット)』を翌1:00まで延長放送する。, 2016年4月14日放送分は、同日の放送開始直前の21:26ごろに発生した平成28年熊本地震(前震)の影響で、内容を大幅に変更して放送した。なお、日テレNEWS24では、同地震関連の『NNN報道特別番組』(21:45 - 翌0:54)のサイマルネットを実施[16]した関係で、放送休止となった。, 「生放送番組の放送開始時間が遅れるのは好ましくない」という考えから、「深層NEWS」の放送開始時刻は22:00に固定されている[17][18]。 - ニューススクランブル - 元気モンTV - あさイチ! フリーアナウンサーの辛坊治郎氏にパワハラ疑惑が浮上しました。内容だけを見ていると辛坊氏がめちゃくちゃ怒っているのですが、一体どんな内容でそこまで怒って暴言を吐くに至ったのでしょうか。問題の経緯事件が起きたのは昨年12月中旬。辛坊氏が司会進行 飯塚恵子 (読売新聞東京本社編集委員・論説委員) 「自分の意見が、知らずに誰かに操られている」。それが誘導工作=インフルエンス・オペレーションだ。情報操作やフェイク・ニュース流布を駆使するこの手法は、IT技術の進歩と普及によって近年、範囲、スピード、威力が格段に増した。本書はこの「現代の危機」を欧州各地の関係者取材を重ねて描き出す。それは東京五輪の盛り上がりを迎え、政治の変動もありうる日本において「すぐそばに迫る危機」でもある - スター生たまご・邦子のいまドキ芸能界 - ウェークアップ! 第182回「音声でよみがえる、読売新聞<昭和史の天皇>」(9月28日放送分)『よみラジ』ポッドキャスト版 AM1422kHzラジオ日本; 第181回「新型コロナ、治療の最新情報」(9月21日放送分)『よみラジ』ポッドキャスト版 AM1422kHzラジオ日本 小田尚(東京本社専務取締役論説委員長) 竹内政明; 大塚浩之; 元職. したがって、本番組を放送する月曜日から金曜日までに巨人戦ナイターを放送する場合は延長対応がなされる。, 本番組の放送を開始した2013年10月の段階ではマルチ編成を実施していなかったため、野球延長時には21時台のレギュラー番組を休止し、つなぎ番組を用意していた(延長なしもしくはリレーナイターを行う必要がなくなった場合は予定通りレギュラー番組を放送した)。, 2014年4月以降は、制作局・BS日テレの現在のマスター設備が稼働し、マルチ編成が可能となったことから、本来放送する番組(141ch)と巨人戦ナイター(142ch)の両方を放送する[17][18][19]が、本番組の放送時間には影響は出ない。, 土曜日と日曜日は通常時は放送しないが、2018年5月19日(土曜日)日本時間20時からイギリスで行われた、英王室・ヘンリー王子とアメリカ女優メーガン・マークルとの結婚式の模様を伝えるため、「深層NEWS特別版▽ヘンリー王子&米女優結婚式を完全中継!注目の瞬間を見逃すな」として、19:00 - 21:54に放送した。, 読売プリントメディア、東海プリントメディア、読売大阪プリントメディア、メディアプレス瀬戸内、プリントメディア西部, 1 中核子会社5社(読売新聞社、よみうりも参照)2 福島県の地方紙3 主要な放送局のみ掲載。4 大阪本社が出資。5 北海道を中心に折り込み広告事業、人材派遣事業を行う会社。6 旧プランタン銀座。マロニエゲート銀座2&3の運営を行っている。マロニエゲート銀座1は三菱地所プロパティマネジメント運営。7 現在の東京ヴェルディ(現在はプロサッカークラブの経営から完全に手を引き現在はヴェルディ同様に1992年のJリーグカップや1993年Jリーグ開幕節から参戦のパナソニックガンバ大阪のブロンズパートナー(スポンサー)として支援している)。8 大阪本社が出資していた会社だが、2009年11月に清算された。9 2010年3月31日解散。業務は読売エージェンシーへ移管。10 作品がテレビ放映される場合は日本テレビと系列局のみにネットされる。, ウェークアップ!ぷらす - そこまで言って委員会NP - 体感!奇跡のリアルタイム - 辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 飯塚恵子 久野静香 1 飯塚恵子 久野静香 1 飯塚恵子 寺島淳司 1: 2020.3.30 2020.9.25 右松健太: 鈴木あづさ 2 加藤聡 2: 久野静香 1 寺島淳司 1: 2020.9.28: 笹崎里菜: 1 日本テレビアナウンサー(出演当時含む)。 2 隔週で担当。 3 金曜日はサブも担当。 (読売新聞東京本社編集委員・論説委員), 東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒。読売新聞入社後、1996年に米フレッチャー法律外交大学院で法律外交修士修了。国際部長、欧州駐在編集委員などを経て現職。著書に『ドキュメント 誘導工作』(中央公論新社)など。, 新型コロナウイルスの襲来で、日本社会は世界でも著しい〝デジタル後進国〟であることがはっきりした。菅義偉首相は「デジタル庁」創設を柱に、急ピッチで巻き返しを図ると宣言した。, デジタル化は、日本の国力強化のため、避けて通れない。が、データや情報の扱いをめぐっては課題も多い。個人情報保護やサイバーセキュリティの確保はもちろん、国民が情報とどう向き合うか、「リテラシー」(読み書きの素養)を養うことも不可欠である。, なぜなら、こうした情報は、インターネットやソーシャルメディア、そして高度なデジタル技術の爆発的速度と規模により、世論を誘導したり、操作したりできる威力を持つからだ。米欧などでは、政治的意図を持つこうした活動を「influence operations」と呼ぶ。筆者は「誘導工作」と訳している。, 2016年の米大統領選では、ロシアがこの「誘導工作」を広範に展開、選挙戦に介入したことが、後の米司法当局の捜査で明らかになった。それは、現代の「情報戦」の最前線である。高度なデジタル社会への転換を急ぐ日本の近未来も、他人事ではない。, まず、1日。東京証券取引所でシステム障害が起き、売買が終日停止された。翌2日には、人工知能(AI)を使った「ディープフェイク」の技術を悪用した事件で、警視庁が日本で初めて容疑者2人を摘発した。, 東証の方は、1999年に取引を全面システム化して以来、初の終日取引停止だった。システムダウンに備えたバックアップも機能せず、世界第3位の取引所は、信頼に傷がついた。, サイバー攻撃によるシステム障害も疑われたが、専門家によると、現在の東証のシステムでは、可能性は低いらしい。ともあれ、今回の事件で、デジタルに全面依存する危うさを、内外投資家をはじめ多くの国民が実感した。デジタル分野の緊急事態への対処能力を、日本は一層拡充する必要がある。, 厄介なのは、2件目の「ディープフェイク」だ。これは、AIの学習機能を使い、人の口元や眉の動きなどを、別人に合成する技術だ。膨大な試行錯誤を繰り返し、従来の偽動画とは比較にならない精巧な動画が作れる。偽物と見抜くのは、至難の業だ。, 今回の初摘発では、人気女優らの顔を合成したアダルト動画をネット上に公開したとして、名誉毀損と著作権法違反の容疑で2人が逮捕された。, 日本語で「ディープフェイク」を検索すると、アダルト系かポルノ動画しか引っかからない。ところが、英語で「deepfake」と検索すると、「米大統領選」や「国防総省の戦い」などが出てくる。日本ではまだ初期段階だが、米欧などでは、これが「誘導工作」の道具にもなりつつあるのだ。, ここで、少し整理したい。インターネットやソーシャルメディアで情報やデータが悪用される〝政治の危機〟には、主に二つのタイプがある。, トランプ政権は国際社会との協調を拒み、中国との対立を激化させ、国内でも「分断」を深めた。 どちらが大統領の座に就こうとも、混迷を極めるなかの多難な船出となることは間違いない。 新たな時代に米国はもちろん、新政権の日本はどのような舵取りをす…, 空気が澄み、旅への憧れが高まる秋── 古都で紅葉見物はいかがですか? 奈良では、豊かな自然が見事に色づき、大きな伽藍をもった寺や神社を巡れば、穏やかな仏像を拝することができます。 京都へゆけば、数々の名庭が、赤や黄、紫もみじで彩られること…, 指針なき混迷のポストコロナ時代に求められるリーダーの資質とは?――「近代化の父」渋沢栄一の不朽の古典が、読みやすい「超約」スタイルでいま蘇る!, ‹Copyright © 1997-2020 Wedge All Rights Reserved.›, 新刊書籍『総統とわたしー「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間』, ロシアや中国からサイバー攻撃、トランプ・バイデン両陣営狙う 米マイクロソフトが警告. - 週刊ニュース解説 辛坊治郎のズバリ&どうよ! やはりバカなコメントが山盛りだ。今日の読売新聞一面、国際部長飯塚恵子の解説記事。「私はバカでした!」と白状したようなものだ。最初から振るっている。 「米国で… ズバッと!TV - 深層NEWS, 辛坊正記 - 森たけし - やしきたかじん - 森若佐紀子 - 川田裕美 - 徳光和夫 - 福留功男 - 福澤朗 - 羽鳥慎一 - 鍋谷直輝 - 大桃美代子 - 西尾由佳理 - 森麻季, http://www.news24.jp/articles/2013/09/20/08294569.html, https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130921/enn1309211454005-n1.htm, 日テレと読売新聞がタッグを組んで『報道ステーション』に挑む!? 読売新聞 現職.