石橋貴明 野球人口減少に警鐘「真剣に話し合わないと、手遅れになってしまう」 とんねるずの石橋貴明(58)が、30日放送のnhk「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)で、野球人口減少の現状を憂い「手遅れになってしまう」と対策を呼びかけた。 この減少については、野球人口の減少というよりは日本全体の少子化のせいだと個人的には理解しています。気がかりなのは、29年から30年で8千人程度減少していることです。 特に新入生の数の減少が半 … 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. 高校野球やプロ野球、大谷選手が活躍している大リーグを見てみても今まで以上に人気があるように思えます。, 野球小僧も同じように考えています。どう見ても野球人口は減ってないんじゃないの?甲子園に毎年行くけど、年々入場するのに時間が掛かっています。始発でもバックネット裏は厳しい!, これが今から考えると、10年前から15年前の数字です。この5年間を見ているだけでも、毎年数千人程度部員が少なくなっていることがわかると思います。, 29年から過去5年を見ていると毎年1万~2万人の部員が減っています。なぜ、ここまで部員が減少しているのでしょうか。, 約15年で15万人も野球人口が減っています。約半分の数字です。かなり部員数は減っています。, このペースで部員が減っていくと、10年後20年後には部員がいなくなるのではないかと懸念しています。, 中学軟式野球の15年で15万人野球人口が減少しているのを考えると、増えているのが正直不思議な感じがします。, ただ平成25年から平成30年にかけて、部員数は約1万5千人減少しています。この事実を見たら、一度は上昇したけど今現在下落傾向にあることがわかります。, この減少については、野球人口の減少というよりは日本全体の少子化のせいだと個人的には理解しています。気がかりなのは、29年から30年で8千人程度減少していることです。, 人気が落ちていない理由としては、環境がよくなったのが一番の理由だと思います。データとしても、継続率が平成5年では約80%だったのが、平成29年では90%に向上しています。, この内容は当たり前ですが、昔は無法地帯でした。水を飲むことは甘え、指導者からの暴力は愛のあかし、先輩は神様、後輩は奴隷などなど完全なる縦社会でした。, 今そのようなことが起これば、一発で出場停止に追い込まれます。てか、出場停止になるからやらないではなく、人としてやってはいけない行為ばかりですけどね!, ちなみに野球小僧は水を飲めるようになったぐらいの世代なので、上記の内容で苦労したことはあまりありません。, 高校野球に関してはそこまで低迷している感じはしませんが、野球界全体をみると低迷していると言ってもいいと思います。, サッカーが1993年にプロスポーツになり、バスケが2015年から始まりました。その結果、今までは身近なテレビで見るスポーツは野球だったのが、サッカーバスケなどに変化してきました。, それが低迷の理由だと野球小僧は思います。特にサッカーに関して、ワールドカップの盛り上がりは半端ないです。日本の景気を揺るがす一大行事になっています。, 特に暴力の問題は、どんなに厳しく罰を受けても毎年のように出てきます。そうしたニュースを見るたびに、野球人口は減るんだろうな~と思いながら見ています。, 普通に考えたら、暴力のニュースが多いスポーツをやろうとはしませんよね。親もやらせたくありません。そこが理由だと思います。, 今後本気で指導者や選手の理不尽な上下関係をなくしていかないと、野球の人気はなくなると思います。, データから見ても、野球人口は年々減っています。日本全体の人口が減っているので、仕方ないと思いたくなります。, しかし、13年も野球をして、ここまで成長させてくれた野球の人気を回復させたい!そんな思いです。, アメトークの高校野球大好き芸人などで紹介されるなど、注目は浴びています。甲子園も毎年入場規制がされるほど、すさまじい人気です。, 高校野球は人気です。今後は中学野球や、大学野球なども人気になってくればいいのにな~と個人的には思っています。, 野球は非常に成長できるスポーツです。チームメイトとの喜び、チームメイトとの悲しみ、礼儀を教えてくれる場所です。, そんな成長できる場所をなくしてはいけないと思います。野球のすばらしさを今後もお伝えできたらと思います!, フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 プロ野球チームがある都道府県まずはnpbのチームが本拠地に置く都道府県では全国全体に比べてどのように軟式野球の競技人口が変化しているかについて調べてみました。2017年度現在、プロ野球チームがある都道府県は 北海道:北海道日本ハムファイタ その経験をすべてお伝えします。 質問があれば、何なりと!, 「才能?努力?」プロ野球選手をあきらめるタイミングを徹底解説。正直天性の才能は必須!. Let’s play baseball ! pic.twitter.com/1kjhogDeGT, — 全国高校野球観戦部@センバツ3/23開幕 (@AJ_HS_BB_WC) 2018年3月4日, ぼくの息子も少年野球をしていますが、来年には人数が足りずこのままでは大会に出られないという危機的状況です。, 近隣の少年野球チームも同じで、試合ができずチームの合併があちこちで行われているのです。, こんな状況では近い将来、野球はヤバいことになります。数十年後には甲子園だって無くなるかも…。そんな危機意識すら感じるこの昨今です。, 少し考えただけでもこれだけあるのです。親の負担が半端ではないですよね。平日は仕事で疲れ、土日は野球で消耗している。夏は猛暑のなか紫外線関係無しで外に一日中いる状態だ。お母さんも辛すぎます。, 僕のように息子のヒット一本見ただけで疲れが吹き飛ぶような野球バカであれば良いが、みんながそうではない。, 入団する前は「親は来れる日だけでいいから!」などと甘い言葉で巧みに入団を勧めますが、いざ親が来ないと冷たい目で見られるのです。, テレビで大谷翔平(日本ハム)や甲子園球児を見て憧れる子供もいるのに、野球をやりたくてもできない。そんな可愛いそうな子供が沢山いるのです。, この一言に尽きるでしょう!野球がやりたくてもできない子供のなかには、大谷翔平やイチローを超えるセンスを持つ子供が眠っているかもしれない。日本の機会損失です。, 子供が野球をしている間、親御さんはプライベートをどうか楽しんで欲しい。そんな環境を作ってあげたいですね。その先には「野球人口減少」という問題も解決に向かう気がします。, 野球ブロガー/「上から叩け!」など昭和の野球に疑問がある方へ/息子の変態スイングを磨き7年後の甲子園へ/ワクワクする野球をInput→Updateします。, 【悲報】“野球人気ガタ落ち” 少年野球チームが激減…『2年で1000チームが減少』少子化も絡み10年後の野球人口が心配…。 : GNews速報|芸能スポーツ2chまとめ. 62000. 野球の研究者、指導者、競技者が一堂に会して研究発表を行い、野球の未来を語り合う、日本野球科学研究会第6回大会が12月1日、筑波大学つくばキャンパス体育芸術エリアで行われた。 http://www.giants.jp/G/gnews/news_398140.html, 「子供の頃所属していた少年野球チームがなくなった」「隣のチームと統合した」実は最近、野球に携わってる大人の間で、そんな会話が多くなっており、将来の野球界を担う野球少年たちが激減の真っ只中です。現在、プロ野球も高校野球も、スタンドに多くの観衆がつめかけ、野球人気が健在と思われていますが、結局、野球は大人たちの娯楽として成り立っているのが現状です。今は良くても、近い将来、プロ野球や高校野球にもしわ寄せが一気にくるかもしれません。そうならないためにも、野球人口減少を食い止める対策をしていかなければなりません。これから対策案を挙げてみたいと思います。, 野球に触れ合う機会が失われている今、そのきっかけを作る環境を生み出す事が大事になってきます。そのきっかけを作るのに、プロ野球チームが積極的に地元の小学校を訪れ、野球選手と触れ合ったり、野球教室をどんどん開く事が鍵となってきそうです。そこから子供たちが野球を始め、さらにファンとなり、集客にも繋がりメリットが多くなります。また、球団独自で野球教室専門のアカデミー活動をより積極的に行う事も重要だと思います。現在、埼玉西武ライオンズと読売ジャイアンツが行っておりますが、これが全球団取り組んで行けば、より効果が発揮できるのではないかと思います。また球団だけでなく、プロ野球機構が積極的に仕掛けていって全球団一丸となって取り組む事が重要になるでしょう。, 子供達が野球を続ける環境づくりも重要です。そうなると続ける先の中学・高校の野球部のあり方も変えていかなければなりません。少年野球をやってきた子たちが、野球部を避ける傾向として、昔ながらの指導体質に嫌気を指すケースが目立ちます。指導者の暴力が減ってきたとはいえ、野球は他の競技に比べたら、古い体質は否めません。時代に合わせた子供達がイキイキと打ち込める部活運営をしていく必要があるでしょう。, http://www.giants.jp/G/gnews/news_398140.html. 60000. dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, 記念すべき第100回を迎える夏の高校野球甲子園大会ですが、高校野球も決して永遠ではないかもしれません。, 中学校軟式野球部員の減少が止まらないのです。日本中学校体育連盟(東京)が加盟校を対象にした調査によると、軟式野球部の部員数(男子)は、2009年度「30万7053人」から減少傾向で、2017年度は「17万4343人」にまで減りました。最も古い統計の2001年度は「32万1629人」だったので、約20年でほぼ半減。更にここ数年の減少率は急速化しているそうです。, このまま行くと10年後には中学軟式野球部員0人になるという人もいます。まぁ、その見解は言い過ぎかもしれませんけど、でもそれくらい野球人口が減ってしまう可能性はあるということです。, 上のグラフは、サッカー部員が野球部員を逆転したものですが、よくみるとサッカー部員も減少しています。実は、少子化の進行で他の競技の男子部員総数も、2001年度より約2割減っているそうです。, ただ、そもそも部員数が多かった野球部員数の減少はひどくて、例えば、甲子園のお膝元で野球が盛んな兵庫県でも軟式野球部員は2010年度から8年連続で減少中。2001年度は1万5484人いたのが、2017年度は9020人と4割以上減りました。, ちなみに、全国的に高校野球部員も2015年から3年連続で減少しています。中学で野球をしていないと高校で野球を続ける子は少ないので、高校球児はもちろん、その先の大学や社会人、そしてプロ野球の人材も減ってしまう。日本の野球そのものの存続がキケンなのです。, 中学校の野球部員がなぜ減るのか? その原因についてリサーチしてみました。硬式球を扱うシニアとかボーイズに流れている傾向もあるようです。が、野球人口が全体的に減少傾向にあると捉えて、いちばん大事なのは、“小学生時期に野球を選択し、続けるか”でしょう。子どもが野球を好きになって続けたいという意志を保たれるかです。, 関連した単語でネット検索してみると沢山ヒットします。専門家や野球ファン、指導者の方などが、様々な角度から原因や見解を述べている記事を見ましたが、大凡すべてが当てはまると思いました。, 30年ほど前から、周囲に“キケン”として公園などで野球もキャッチボールも禁止という場所が増え、ボール遊びそのものが制限されたことが最大の原因かもしれません。近くに空地や公園などがなくても、昔は家の前の道でキャッチボールをしたり、軟らかいカラーボールで野球をしていたものですが、それも近所迷惑とか危ないとかで、そんな光景も見なくなりました。TVゲームの普及で単純に外で遊ぶ子どもも減りましたし…。, 五輪で日本人選手が活躍し、さまざまな競技にスポットが当たったことから子どもが興味を持つスポーツが多種多様になりました。そして、そのスポーツができる場所も全国的に増えています。最初は野球をしていても、自分は上手じゃない、活躍できないと感じたら、他のスポーツがしたいと思うのも当然。(逆に他のスポーツを諦めて野球を始めるパターンもあると思いますが)。, という声も多いのですが、地上波ではすっかり放送されなくなったプロ野球もBSではよく見られます。高校野球も甲子園大会は全試合地上波で観られます。それでも野球人口が増えないのは魅力がないのか。これはシビアに厳しいです。, この意見は結構多いです。野球に限らず、サッカーなど多くのスポーツで親の当番はあって、これがストレスとする親は多いとか。, 「当番」はチームのサポート役で、親が持ち回りで練習などに顔を出しドリンクタンクなどを用意します。他には、ケガの手当てなど様々な雑用を賄います。親は、それ自体が面倒だったり、参加したくてもできなかったり、親同士で上下関係ができたり…。, これが原因で親が子どもに「チームを辞めて」と言うケースもあるそうです。子どもが可愛そうですよね。なので最近は当番制を廃止しているチームが増えているようです。むか〜しは少年野球で当番なんてありませんでしたけどね。, でも、なんだかんだ言ったって他のスポーツ競技者からしてみると、「それでも競技人口もファンも多い人気スポーツだろ」と言われそうです。そうなんです、おかしいですよね? プロ野球の観客動員は毎年微増していますし、甲子園の高校野球だって毎年盛り上がります。人気はあるのに競技人口が減っているんです。, 危機感を覚えるべきは日本野球機構(NPB)です。オフシーズンなどで子ども達に野球教室を開くことはかなり昔から行っていますが、今重要な課題は「子どもをいかにして野球に取り込むか」でしょう。実は、「こりゃヤバい」と思ったのか、2016年から新しいことを始動しました(遅いけど)。, 現在、全国の約10ヶ所の小学校などに寄贈しています。この壁にボールを投げて跳ね返ってきた球をキャッチしまた投げるという繰り返し、いわゆる“壁当て”ができるのです。近年はそれができる家のブロック塀すら少なくなりました。壁相手に一人で遊ぶより、誰かとキャッチボールがしたい、バットで球を打ちたい、試合がしたい、というふうに友達と野球の輪が広がって行くと素晴らしい。, これは、今年5月に明治神宮外苑室内球技場などで初めて試みたイベント。未就学児(幼稚園児)を集め、野球の「握る」「投げる」「捕る」「打つ」「走る」などの多彩な動きを体験し、楽しんでもらうことで幼児期の発育・運動能力発達の一助となることを願って催したもの。, また、この楽しみ方のマニュアルを様々な野球関係者に伝え、今後広めて行けるよう指導しました。NPBに、参加した園児の保護者から、「子どもが家に帰ってきて『野球選手になる』と張り切っています。楽しい時間をありがとうございました」という嬉しい連絡が届いたそうです。今後も継続してゆくことが大事です。, 低年齢層に野球の魅力を伝え競技人口を増やす目的のイベントは、アイディアを出してもっとやってほしいです。, そこで提案があります。それは、子どもたちへ野球道具のプレゼントです(記載を見つけられなかったので行っていたらすみません)。スポーツには道具が必要ですし、道具を手にとってこそ始められるものです。しかも野球は道具が沢山必要なスポーツです。, そこで野球遊びに参加した子どもやベース・ウォールを設置する小学校に道具を提供して欲しいのです。特に学校には沢山のグラブ、ボール、バット、そしてキャッチャーミットとマスクは最低限必要。ベースや審判の用具など、すぐにでも試合ができる用具一式を無償で提供すれば、必ず野球が大好きになる子どもは増えるはずです。, 先日、とある企業の代表が「プロ野球球団を持ちたい」と発言し世間を賑わせました。このマガジンサミットでも去年、“16球団構想をシミュレーション”した記事を出しました。野球人口は減りつつも、子どもたちの「夢はプロ野球選手になる」という数はまだ上位なのです。その受け皿を増やせば野球人口はきっと増えるでしょう。, しかし、「球団を持ちたい」という報道に、NPBはなぜなんのリアクションもしないのでしょうか? 特に、昨年就任した斉藤淳コミッショナーが前に出て、堂々とリーダーシップを発揮できるチャンスなのに。, そもそもこの方、野球界については素人のようです。何かの記事で見ましたが、就任してから「NPB職員などに野球界のレクチャーを受けていろいろ驚いた。球界の現状把握に努めている」「野球人口が減少している。どうやって活性化するか。小・中、高校・社会人、プロまでひとつのグループで機能しなくてはいけない」, もう何人ものコミッショナーが同じことを言っていますが、またこの人もか、と思いました。でも、野村證券副社長などの経歴を持つ経済界の重鎮です。この経歴に恥じない偉業をNPBでも成し遂げてくれると期待しています。, 野球ファンの中には、斉藤コミッショナーを知らない人も多いはず。そこで、まずは自分が決めた野球界活性化のマニフェストを掲げ、またその策まで具体的に示して欲しいと思うのです。任期は3年以上ということですが、目標を達成するまでは辞めない覚悟で責務を全うして欲しいです。, とにかく、NPBさん、もっともっと危機感を持たないと、このままじゃ数十年後には本当に高校野球もプロ野球もできなくなり、日本から野球が消えてしまいますよ。. >その減少傾向が、ついに高校世代にまで波及..★2 1002コメント ; 351kb; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ula版★; このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています. その経験をすべてお伝えします。, フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 高校1年生の野球部員数 高校. 1. 54000. 今は良くても、近い将来、プロ野球や高校野球にもしわ寄せが一気にくるかもしれません。 そうならないためにも、野球人口減少を食い止める対策をしていかなければなりません。 これから対策案を挙げてみたいと思います。 最近、「野球人口減少問題」をリアルに感じている。野球は「日本伝統の歴史ある素晴らしいスポーツ」。, 現在では二刀流・大谷翔平や毎年甲子園で行われる高校野球。この盛り上がりは決して野球熱が冷めているとは思えないのだ。, 関連記事:【悲報】“野球人気ガタ落ち” 少年野球チームが激減…『2年で1000チームが減少』少子化も絡み10年後の野球人口が心配…。 : GNews速報|芸能スポーツ2chまとめ, それは親自身のプライベートも大事だということ。そこを尊重し、そんな空気を作らなくてはならない。好きな親は来ればいいし無理してくる必要はない。, それでもお金を払う親はたくさんいますよ。親は文字通り何もしなくてもいい。希望者には追加料金で送迎も行いたい。親御さんのプライベートを大事にする事だけでなく、親が土日仕事で来られないという子供もサポートする。, スポーツ少年団の野球チーム数は最近10年で30%以上も減少。その煽りを受け、男子軟式野球部員の数も07年の約30万人から16年には約18万人に減少したそうです。, ちびっこ達!野球やろうよ! 52000. 58000. 50000. 64000. 66000. 年生の野球部員 日本高校野球連盟調査. 野球離れを食い止めるには… 日本野球科学研究会で発表された3つの実践例. 今は良くても、近い将来、プロ野球や高校野球にもしわ寄せが一気にくるかもしれません。 そうならないためにも、野球人口減少を食い止める対策をしていかなければなりません。 これから対策案を挙げてみたいと思います。 日本中学校体育連盟が公表しているデータによると軟式野球部の生徒数(男子)は01年は全国で32万1629人だったのが18年は16万6800人にまで減少したそうです。 野球人口の減少が叫ばれて久しく、このままではプロ野球選手を志す子供が減ってしまいます。今回は減少が起こった原因について考察してみました。 【野球人口減少】30年後には高校球児が極少で甲子園大会も危うい!?(マガジンサミット)記念すべき第100回を迎える夏の高校野球甲子園大会ですが、高校野球も決して永遠ではないかもしれません。中学校軟式野球部員… 野球の研究者、指導者、競技者が一堂に会して研究発表を行い、野球の未来を語り合う、日本野球科学研究会第6回大会が12月1日、筑波大学つくばキャンパス体育芸術エリアで行われた。, 【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト, 会場には、大学の研究者、小学校から社会人までの野球指導者、プロ野球や独立リーグの関係者、スポーツメーカーの担当者などが多数集まった。今回の大会実行委員長は、筑波大学体育系で教鞭を執り、同大学硬式野球部監督を務める川村卓准教授だ。, 1日に行われたシンポジウムIは、「野球人口減少への取り組み~実践編~」と題し、大学や高校の現場で子供たちへの野球普及活動を実践している3人の指導者が、その活動を紹介した。, 青森県の弘前聖愛高等学校の原田一範野球部監督は、「高校球児による野球普及活動」について報告した。弘前市内では、2006年に1113人いた少年野球人口が、2016年には343人と70%も減少。親の負担が大きく、子供たちにとって野球は選択肢に入らない状況だという。そんな中、高校の野球部員たちが「少年野球チームに対する室内練習場を使った野球教室」「未経験者に対する野球遊び体験」「出張野球教室」「保育園を訪問しての野球遊び体験」などの普及活動を行った。, この活動により、子供たちに野球の楽しさを知ってもらえた上に、今野球界がどんな問題を抱えているかという問題意識を、指導者や大人が共有できた。そして、高校生自身も年少者に野球を教えることで精神的に成長するなど、大きな効果があったという。, 弘前市の少年野球人口は、2016年に343人だったものが、翌2017年には432人と99人も増加。この年、弘前でNPBの1軍公式戦があった影響も大きいが、弘前聖愛高等学校の取り組みも大きな役割を果たしたと言えるだろう。2018年度からは青森県高野連の主導で、こうした普及活動が展開されているという。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 56000. 滋賀県の学童野球チームの減少 高校野球の人口 48000. 日本中学校体育連盟が公表しているデータによると軟式野球部の生徒数(男子)は01年は全国で32万1629人だったのが18年は16万6800人にまで減少したそうです。, 野球人口の減少が叫ばれて久しく、このままではプロ野球選手を志す子供が減ってしまいます。今回は減少が起こった原因について考察してみました。, 昔はそこらの公園で野球少年がキャッチボールをできたそうですが、今では球技自体が危険ということで禁止されているところが多いです。つまりそもそも野球自体に触れる機会が少なくなったと言えます。, バットやボールに触れる機会は学校での体育の授業くらいでしょうか?野球に触れる機会が無ければ興味を持つ段階にすら至らないでしょう。, 野球を始めようと思えば、最低限バットとグローブ、スパイクは必要でしょうか。そこからチームに所属する場合はユニフォームが必要になります。ただでさえ収入が減り消費税が上がろうとしている今、子供に野球をさせようとする親は少なくなるでしょう。, 1960年代の流行語に巨人・大鵬・卵焼きということばがあります。これは当時子供が好きだったものを表した言葉で当時の巨人人気が伺えますが、逆を言えば戦後の貧しい中で娯楽が少なかったとも言えます。それからは巨人戦がゴールデンタイムに生中継され当たり前のように地上波放送で見ることが出来ましたが、2000年代には試合数が激減し今では年間数試合のみとなりました。, 野球の放送は場所を移しBSやCS、ネットでの動画ストリーミングサービスが主流になりました。これは野球がすでに好きな人は自分で調べ契約するでしょうが、野球に対する興味が0の人の目に触れる機会がとても少なくなったと言えます。, 少し前のPL学園のような強い上下関係は減ってきたようですが、それでも厳しい上下関係から野球をあきらめてしまう人もいるでしょう。, また、頭を丸刈りにしなければならないという風習が色濃く残っており、思春期を迎える少年にとっては厳しく映ってしまうのではないでしょうか。, 最近のニュースで慶応高校には丸刈りの部員がいないと取り上げられていましたが、このようなことでニュースになるスポーツは野球ぐらいでしょう。, かつて日本人にとって国民的スポーツと言えば野球が一番で多くの国民的スターを輩出してきました。今でも野球は人気のあるスポーツですが、スポーツの種類と娯楽が多様化してきた今では絶対的とは言えなくなってきています。, 野球人口減少はそういった過去の人気にあぐらをかき、野球をより多くの人に、特に新しい世代に好きになってもらう努力を怠ってきた結果、起こったよう思えます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.