x�bb�d`b``Ń3�� 0 : 150 0 obj <> endobj 0000002703 00000 n 1084 0 obj <>stream 0 図1のように、左右2つのスピーカーの真ん中(RPの位置)に座って、左右から同じ音量の音を出す(音の大きさの比率を、左:右=1:1とする)と、スピーカーではなくスピーカーの中央の何もない空間に音源が浮んで聞こえる。それが「音像」。 これは人間の脳がそう解釈するためと言われる。 左のみ音が出ている場合、当然左のスピーカーが音源として意識される(左:右=1:0)。左右に音量差がある場合、例えば(左:右=2:1)の場合は、中央からやや左寄りにその音像を意識させる。 これ … trailer 音源定位課題から単純反応課題・音源刺激変更:純音から白色雑音)を変更し、 同様の傾向が見られるのかについて検討した。その結果、以下の点が示された。 �—'sv}��}�f���L� ��]�B�WN\�91����W'�g���q�S�]�t�����fb�� 1043 0 obj <> endobj endstream endobj startxref 150 20 %PDF-1.5 %���� x�b```b``Y������� Ȁ ��@����avY�}��J��G��H0K=?��q�����u�C���t�A�X�2:��`Z�f2ӌbpӀ���1�� b!��"�b�;-� ff�Ml�Ě��p?`Hij``X4o�%��E�`o0�1'c�\��ܱ��M�A�"!� �-^ xref %PDF-1.6 %���� 169 0 obj <>stream 0000000696 00000 n h�bbd```b``��K@$S*�d��"���`��,�\fG���`�*`33�$Ӈ`����@��+&F�E`��D�g���@� �Wa 0 0000002838 00000 n ����`��{�Vh�ӪgQ��(� ϔђ-���LLJT�������Ln}�JkzY�!�J�7AI������޿Y�s�D͢(�Q���Cr�,����Z���[UҎ���g�ޥ��O&�%�K!�ƌ��zՔ_�T=�t���1���J�m�6��_�Db�����p�x-�A,Z��k��8�ӟ��J������'���c�E 0000005190 00000 n れている[4]。本報告では、この知見に基づき、雑音の共 分散行列を、音源やセンサ位置などが異なる複数のデータ セットに共通する項と、個々のデータ(特定の音源-セン サ配置)に特有の項に分解できるものと仮定する。このう 0000081957 00000 n 0000001477 00000 n 0000001663 00000 n 1064 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<318140BA2AE88247888619B1276F10A5>]/Index[1043 42]/Info 1042 0 R/Length 106/Prev 432317/Root 1044 0 R/Size 1085/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream endstream endobj startxref %%EOF 264 0 obj <>stream 本実験において採用した音源について述べる.聴 覚特性が明らかになっている純音に関して,最も聴 こえやすいとされている2000Hz を中心に250Hz か ら8000Hz までオクターブごとの純音を採用した. また,純音と複合音の定位性と反応時間の違いを知 0000008036 00000 n <<41ECA74A824FD24091A3ED8C01C11358>]>> 0000002313 00000 n 音源それぞれの音源音,研究手法によるそれぞれの分 離音を示す。 2.2 音源定位に基づく音源分離 本年度より新たに実施した研究テーマである。音 源定位により,複数の音源について,それらを追 従しつつ方位と距離の情報が得られる。この中か 212 0 obj <>/Encrypt 179 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<35FA71B12199E24EBB16AF4977C5A49C>]/Index[178 87]/Info 177 0 R/Length 145/Prev 1336162/Root 180 0 R/Size 265/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 0000003082 00000 n �LX�j1n�ɵ�C���؂1Ҏ���4+���r�ڌ� 0 0000001162 00000 n 178 0 obj <> endobj 0000005112 00000 n その時の乳幼児の行動を観察し、難聴の有無や程度を推定します。音刺激に対する乳幼児の行動としてよく観察される反射・反応を列挙すると、モロー反射、耳性眼瞼反射(瞬目反射)、驚愕反射、音源を探す探索反応、音源を見つける定位反応等です。 endstream endobj 179 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(Y]��� im�9\n�>Or�}{eX6���\(�G�)/P -1324/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(?Cn��ZX��hS���. 0000001944 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000000016 00000 n startxref 0000007617 00000 n 0000003332 00000 n endstream endobj 168 0 obj <>/Size 150/Type/XRef>>stream %%EOF 0000007991 00000 n %%EOF h�bbd```b``Q��7@$C�}D2uI��`�v��4�&/�H^qɼDʄ#T2�IF��`r:�d��I�m ��,���9X\�f�af�`]���$�D�.��� ��l���>r���q�$��s (j+ endstream endobj 151 0 obj <>/Metadata 14 0 R/PieceInfo<>>>/Pages 13 0 R/PageLayout/OneColumn/OCProperties<>/OCGs[152 0 R]>>/StructTreeRoot 16 0 R/Type/Catalog/LastModified(D:20081010160439)/PageLabels 11 0 R>> endobj 152 0 obj <. 0000007768 00000 n h�b```���LB ��ea��j `h���>��!��q��#�5��N��cR�u������D��Cz5ky��,����і��FY���t�u;��L����10utt00p ��`�H60�F�8�@&��@��X��0��-� �`�q0�"�xwC3c�"�p��7���;���o����?^0݂8[����H3�$ ����T����`# c��PU� �G� 0000000984 00000 n endstream endobj 1044 0 obj <. 0000082254 00000 n