さらに奥義Ptを貯めて、奥義「特攻の構え」とあわせて発動するのも良いでしょう。, 「ボス強襲」奥義はLv.1でも十分強いため編成の自由度が高く、初心者にもおすすめです。, 防御役の役割は、「敵の攻撃に耐え、味方の全滅を防ぐ壁役となる」ことです。 「ボス強襲」の発動時には、号令「開眼」とタイミングをあわせると強力です。 さらに奥義Ptを貯めて、奥義「特攻の構え」とあわせて発動するのも良いでしょう。 「ボス強襲」奥義はLv.1でも十分強いため編成の自由度が高く、初心者にもおすすめです。 これらの役割の人数バランスをどうするかが、そのまま連合としての戦術につながります。, ドンパチで戦局を大きく左右する要素、それが「奥義」です。 参加率、戦力ともに拮抗している場合、代理参戦の人数が勝敗を分けることも多いです。 攻撃ボタンを押すのを待ってでも回復を優先する方がよい場合も多いので、回復できるまでの残り時間は常に注意しておきましょう。, ドンパチのもっとも基本的な戦術は、「短時間で敵連合のすべての迎撃部隊を全滅させ、「襲撃チャンス」で一気に大ダメージ!」これに尽きます。 仮に20人で一斉に使用したら、襲撃ダメージを60%軽減! 同じ戦力であれば、「連合Pt」が高い連合のほうが有利となります。, ドンパチが開戦する前に連合メンバーでできること。それが「応援」です。 また、「ボス強襲」奥義を持つキャラクターが複数いる場合は、編成に入れて奥義レベルを上げておくと、より強力な一撃を放つことができます。 画像を拡大する. 色々できることも多いので、持ちキャラと相談して役割を調整しましょう!, 強襲役は、襲撃チャンス以外でも単独でボス襲撃ができる特殊な奥義「ボス強襲」を発動することに特化した役割です。, 「ボス強襲」のダメージは「襲撃部隊の総攻撃力」によります。 同じ奥義を持ったキャラクターを複数編成しておくことで、奥義レベルが上がり効果が強力になっていきます(最大5レベルまで)。, また、「攻撃の陣」や「防御の陣」など、連合の仲間と重ねがけすることで効果が強力になっていく奥義も存在します。 攻撃タイプを中心に、とにかく火力が高いキャラクターを編成しましょう。, 同じ攻撃タイプでも、単体攻撃が強いキャラと複数攻撃が強いキャラがいるのでうまく組み合わせることで効率よく敵を殲滅できます。 号令をいつ誰がどのようなタイミングで発動するか、連合内で話し合っておくことが重要です。, 「連撃」とは、ドンパチのバトル中に襲撃部隊の各キャラクターが1回攻撃するごとに増えていく数値です。 龍が如くオンライン(龍オン)の「ドンパチメダル」の情報を掲載!ドンパチメダルの基本情報や入手方法に加えて、使用用途まで記載しているのでの参考にどうぞ! 奥義Ptはすべての戦術で重要な要素なので、なるべく連合内で協力して「応援」しあいましょう。, ※Ver.1.9.0からホーム画面でも応援ボタンを押すことができるようになりました。, どんなに積極的にドンパチをプレイしていても、毎日、昼夜2回のドンパチにすべて参加するのは難しいものです。 キャラが十分育っていなくても、活気があり参加人数が多い連合ほど勝利し、ランクもどんどん上がっていきます。 龍が如くオンライン ボス強襲でダメージを増加させるテクニック! ボス強襲とは. 「連撃数」は、数が上がるごとに以下のような効果があります。, あまり知られていませんが、連撃数が一定数を超えるごとに獲得Pt量にボーナスが入ります。 なるべく襲撃部隊に攻撃力が高いキャラを編成し、一撃のダメージ量を高めましょう。 それぞれのタイプに適した装備や、バトルスキルを持つキャラクターを編成しましょう。, また、バトル中に傷ついた仲間を回復させる回復タイプのキャラクターを1~2体入れておくのも、迎撃部隊をより長く延命させるコツです。, 編成すべき奥義は、やはり「防御の陣」「防御の構え」「逆境・防御の構え」などの防御系奥義が基本になりますが、迎撃部隊が生き残るとコストを回復する「仁王の構え」もうまく使うとおもしろいでしょう。, 迎撃部隊はバトル中の操作ができないため、プレイングとしては奥義の使用と迎撃部隊を回復させるタイミングの2つとなります。, 奥義は、基本はなるべく早く「防御の陣」を使用するのがポイントですが、特に迎撃に自信があるプレイヤーは「防御の構え」で自分の防御力を上げるのも有効です。 逆に、SR寿など回避能力が高いキャラクターに、さらに回避率を上げる装備やキャラクターのスキルを組み合わせるのも、回避重視型の迎撃部隊の定石です。, 「防御の陣」を重ねがけし、さらに「防御の構え」や「逆境・防御の構え」を併用している迎撃部隊は防御力が非常に高くなっており、ほとんどHPを減らすことができません。 龍が如くオンライン(龍オン)でのドンパチ(連合バトル)で勝つ方法やおすすめの編成方法について解説していきます。 ドンパチメンバーに入れることでポイントを楽に稼げるので知らない方はぜひともチェックをしてください!, 龍が如くオンラインのボス強襲とはドンパチ奥義の1つでボス強襲の奥義持ちキャラをドンパチメンバーに入れ、奥義ポイントを稼ぐことで使用できます。, これだけですと特攻の構えの襲撃ポイントを20%アップとどっちが良いのかと悩む方もいるかもしれません。, ですがボス強襲の効果は敵に迎撃部隊が残っていても関係なく攻撃力を上げてからコストも支払わずに奥義ポイントだけでボス襲撃できてしまうという効果です。, ボス強襲の使い道としては始めたばかりで戦力が育っておらず、敵の迎撃部隊が硬くてまだ倒せない、削れないという方におすすめの奥義です。, 奥義ポイントを120使用するので大体1回きりの発動と割り切ってしまう使い方になります。, 敵を攻撃しつつ、自動回復をすることで奥義ポイントをためることができるので奥義ポイントを貯めてボス強襲をドンドン発動させれば効率よく襲撃ポイントを稼げます。, 現在ボス強襲持ちのキャラは3人いますが奥義レベル3になることで攻撃力を24%高め、一気にボス襲撃できてしまいます!, 特に錦山彰に関しては初心者ミッションをクリアすることにより確定で貰えますし、心属性を活かしやすいのでドンパチメンバーに非常に組み込みやすいです。, 上級者の方も大規模連合を相手にする際にはボス強襲持ちキャラを1人入れておくのもアリかもしれません。, 初心者ミッションのクリア報酬だけあり、手に入れた錦山彰はドンパチで最初の活躍をしてくれること間違いなしです。, 敵の育成済み迎撃メンバーは育ちきっていないメンバーですと非常に硬くつらいため一気にボス襲撃できてしまえばポイントも効率的に稼げます!, 錦山彰をはじめ、ボス強襲持ちキャラはSRでコストも軽めで限界突破しやすいのもメリットです。, 次のHTML タグと属性を使用できます:
. ドンパチを始めたばかりの方は、まずは第1ステップとして襲撃部隊に編成した攻撃タイプのキャラクターを1体、最大レベルまで上げるのを目指しましょう。, また、SSRキャラを育てるのは時間もコストもかかりますが、SRキャラであれば友情ガチャから入手できることもあり、比較的容易にキャラクターを限界突破することが可能です。 「ボス強襲」の発動時には、号令「開眼」とタイミングをあわせると強力です。 しかし、そんな状況でも「防御力無視」「貫通」のバトルスキルやヒートアクションを持つキャラクターがいれば通常通りダメージを与えることが可能です。, 襲撃部隊に編成しているキャラクターの特性を理解し、状況にあったバトルスキルやヒートアクションを使用できるようにしておくのも、ドンパチにおける重要なテクニックです。, 例えば、敵を混乱させるSR鳴海に、混乱している敵に対しダメージ量が増えるSSRシンジやSR灰谷を組み合わせると、本来の力以上の結果を出すことができるでしょう。, このように、各キャラクターが持つバトルスキルやヒートアクション、アビリティ、リーダースキルにはそれぞれ特徴があり、組み合わせることによってさらに効果を高め合う「シナジー効果」が存在します。, また、ドンパチの対戦で強いと感じた敵迎撃部隊に出会ったらどうやってその編成を打ち破れるかを考えるのもよいでしょう。, 自分の役割を理解し育てるキャラクターが決まったら、あとは頑張ってそのキャラクターのレベルを上げ、覚醒し、スキルやアビリティを鍛えましょう!, 編成したキャラクター全員をまんべんなく強化するより、1人でも限界突破して最大まで強化したキャラクターがいる方が強いです。 また、攻撃役は攻撃回数が多くなりやすいため、後半、連撃数がたまった状態で「連射の構え」を発動するのも有効です。, 連撃役は、殲滅役とは対照的に「なるべく連撃数を稼ぐ」のが目的です。 龍が如くオンライン(龍オン)での ドンパチ(連合バトル)で勝つ方法やおすすめの編成方法 について解説していきます。 ドンパチで中々勝てない方には必見の戦い方を伝授していきますので必ずチェックして … 1回の攻撃で3連撃稼げる補助タイプを中心に、奥義「連撃の構え」を持つキャラクターを多く編成しましょう。 そのために、現在のドンパチで最もカギとなる奥義が「攻撃の陣」です。, 「攻撃の陣」は、上がる攻撃力こそ「攻撃の構え」より低いですが、連合の全員が効果を受けられるため、数を重ねると非常に強力な効果となります。, 逆に、「防御の陣」は防御に特化した奥義となります。 3,000連撃を超えると1.3倍、6,500連撃を超えると2倍以上に獲得Ptが増えるため、同じ戦力の連合でも連撃数によって結果に大きく差が出ることになります。, 連撃数に応じて号令権が増えていくため、「号令」を発動するタイミングや回数に差が出てきます。 「とりあえず強そうなキャラクターを並べてみたのに、思うように勝てない…」「連合に入ってみたものの、他のメンバーのように活躍できない…」という方は、ぜひこちらの解説を参考にしてみてください。, ドンパチにとって、一番大事なのは「仲間」です。 ゲームを始めたばかりの人は、まずは「若葉連合」に参加したり、仲間を募集している連合に加入申請して「メンバーが10人以上いる連合」に所属するようにしましょう。, ドンパチはチーム戦です。個人がそれぞれ戦力値を上げるのも大事ですが、慣れてきたらお互いに役割を意識して連携することで、勝率を飛躍的にアップさせることができます。, 実際のドンパチでは、連合メンバー全員が同じ役割であることは少なく、「殲滅役×15人+連撃役×5人」や「防御役×7人+連撃役×3人+強襲役×10人」など、役割を分担することがほとんどです。 「防御の陣」「防御の構え」「逆境防御の構え」は別奥義として重ね掛けが可能なので、ここぞというときはガチガチに重ねてみましょう!, また、迎撃部隊を回復させるタイミングについては、「回復できるようになったら即回復」が基本です。 「連撃数」はキャラクターのタイプにより獲得する値が異なります。, 初めてプレイする人は、ドンパチにおける「連撃」の重要性がわかりにくいかもしれません。 更に、襲撃をされるたびに発動者は奥義Ptを獲得できるため、敵のボス襲撃の猛攻に耐えつつ一気に逆転につなげることができます。, 以上は現在のドンパチにおける一般的な「定石」ですが、日々、新しいキャラクターも追加されていき、流行の戦術はどんどん変化しています。 このサイトはJavaScriptを使用しています。すべての機能をご利用いただくため、ブラウザのJavaScriptの設定を有効にしてください。, こちらのページでは、「基本編」「応用編」「実践編」の3つのステップ別に、ドンパチの戦術をご紹介いたします。 タイミングも回数も、どちらもドンパチの勝敗に直結した要素となります。, ランキング上位の連合では、連撃を稼ぐ「連撃役」を数名、多い連合では10名近く置いている連合も少なくありません。 連撃数についての正しい理解は、ドンパチにおいて非常に重要です。 頑張っているほかの仲間のためにも、代理参戦をうまく利用してください。, 殲滅役は、文字通り「敵の迎撃部隊を殲滅する」のが役割です。 攻撃の陣が張られた後は、絶対に全滅させるという気持ちで戦いましょう! また、敵の迎撃部隊が無敵や回避率アップを使用した場合の対抗策として、プラス効果解除のスキル/ヒートアクションを持つキャラクターを編成しておくのも良いでしょう。 奥義Ptは、攻撃すると10Pt、敵から攻撃を受けると8Pt、時間回復を行うと6Pt獲得することができるので、攻撃を中心に効率よく奥義Ptを貯めましょう。 龍が如くオンライン のボス強襲とはドンパチ奥義の1つでボス強襲の奥義持ちキャラをドンパチメンバーに入れ、奥義ポイントを稼ぐことで使用できます。. 龍が如くオンライン(龍オン)でのボス強襲の効果や上手に使うやり方について解説していきます。 攻撃タイプを1人入れておき、敵の人数を減らしてしまうのも良いでしょう。, また、バトル時間をギリギリまで使って1回のバトルの連撃数を稼ぐのもよいですが、SR主体で消費コストを抑えめにすることで戦闘回数を増やし、貯まった奥義Ptで「攻撃の陣」や「防御の陣」、「ボス強襲」など別の奥義を狙うのも有効です。 なぜ短時間かと言うと、相手の迎撃部隊を倒しても一定時間経てばまた復活されてしまうため、時間をかけると一向に全滅させられないためです。 基本となる奥義は当然「攻撃の陣」ですが、火力がなく殲滅に自信がない場合は「攻撃の構え」や「逆境・攻撃の構え」を併用・重ねがけすると良いでしょう。, まずは奥義「攻撃の陣」を発動すること、そしてその後はとにかく「敵の迎撃部隊を討ち漏らさない」ことです。, たった一人生き残ってしまっただけで襲撃チャンスに入ることができず、復活されて1からやり直し、というケースは非常に多いです。 それぞれの役割に合った奥義を揃えて、ドンパチに臨みましょう。, 「号令」はなかなか発動できませんが、戦局を一気に変えるほどの強力な効果を持ちます。 SRキャラにも強力な奥義を持つキャラクターは多いので、ゲームを始めて間もない人はまずSRキャラを中心に襲撃部隊・迎撃部隊を編成し、SSRキャラが育ってきた段階で徐々に入れ替えていくと良いでしょう。, 奥義「忍耐の陣」は、敵から襲撃チャンスでボス襲撃を受けたり、奥義「ボス強襲」や奥義「ボス闇討」を使われた時にダメージを軽減する効果があります。 特に、回避率を上げる装備を身に着けている迎撃部隊が多いので、なかなか攻撃が当たらない場合は「命中率を上げる装備」で対抗しましょう。, また、「味方の命中率を上昇」「敵の回避率を低下」させるスキルやヒートアクションを持つキャラクターもいるので、これらもうまく組みあわせて攻撃を当てていきましょう。 5人揃えて最大レベルのLv.5まで上げることで、稼げる連撃数が格段に増えることが実感できるはずです。, また、連撃数を活かした「連射の構え」、コストを回復する「活性の構え」なども連撃役の編成に組み込みやすい奥義です。, まずは、なるべく早く奥義「連撃の構え」を使用し、その後はひたすら攻撃して連撃数を稼ぎましょう。, 連撃数を多く稼ぐためには、麻痺、封印などで相手の行動を封じたり、速度UPで味方の攻撃回数を増やすのが有効です。 ドンパチで中々勝てない方には必見の戦い方を伝授していきますので必ずチェックしてみてください!, 時間が指定されており、こちらの相手時間にできるというわけではないため注意が必要です。, ただしドンパチには参加できない場合自動で戦ってくれる代理参戦機能も存在しているため忙しいときでも安心して放置できます。, 龍が如くオンラインの楽しさは濃密なストーリーモードに加え連合の仲間同士で強力しあうこのドンパチモードの存在が大きいためドンパチを理解すると120%楽しめます。, 今回はドンパチについてシステムの解説と勝つためのおすすめのコツなどをご紹介していきます。, ドンパチで攻撃することは相手の防衛戦力を削る攻撃と防衛人数を0にしたときに一定時間の間のみできるボス襲撃の2つです。, どちらも襲撃を行う際に攻撃隊の編成分のコストを消費することで実行することができます。, 気をつけるべき点としては攻撃側が敵の防衛によって受けたダメージは自動的には回復しないという点です。, 攻撃隊が受けたダメージを回復するためには攻撃隊分のコストを支払う即時回復と1分30秒待機時間を待ち、コストも同時に25%回復する時間回復が存在しています。, ドンパチ開催中にメンバーにスタンプ1つかメッセージを送ることで1回だけコストを全回復する効果もあるため、ドンパチ中に1回メッセージを送っておきましょう。, ドンパチで攻撃と自動回復を続けていると奥義ポイントがたまり、ポイントを消費することで自分のチームの攻撃力や防御力の上昇ができる奥義が使用可能になります。, そのため敵を倒せなくても攻撃をし続け、~の陣を積極的に使ってくれる味方がいれば連合チームとしてもとてもありがたいです。, 奥義の発動回数による最多MVPも存在しているので始めたばかりでもMVP獲得による追加報酬を手に入れることができるので狙ってみてはいかがでしょうか。, 敵に攻撃をした際に一番大切なポイントとして補助キャラクター・防御キャラクターを先に倒すということが特に大事なコツです。, 攻撃の際に攻撃できる時間は60秒とかなり短いため、攻撃側は早期決着をつけたいところです。, 攻撃の際に相手のスキルで防御力を上げられてしまったり、回避率上昇、こちらへの状態異常キャラをかけられると時間を稼がれてしまいます。, そのため状態異常の補助や防御持ちキャラは優先的に選択して倒してしまわなくてはなりません。, ですのでドンパチに慣れてきたら各キャラのスキルを覚えておき倒す優先順序を作っておくと良いでしょう。, ドンパチで勝つ一番大事なことはアクティブなプレイヤーを連合にたくさん集めることが一番です。, 連合には多く人数がいたほうがボスを守ることができるため有利ですし、ドンパチの時間が忙しくとも代理参戦というCPUがドンパチをプレイしてくれることも設定できます。, 事前に敵の連合レベルが分かるため厳しい戦いになりそうなときはなるべく参加をお願いすることや代理参戦でもかまいませんとメッセージを送っておくことも有効です。, メンバーのオンライン/オフラインを見極めておくことや事前に応援ボタンでアクティブなユーザーを確認しておきましょう。, ですがおすすめにしてしまうと発動したい奥義が揃わなかったり、キャラクターがまだストーリー分しか育成されていない場合は攻撃と防衛で戦力が分かれてしまいます。, ここでおすすめなのがコスト計算をしつつRなどを交えて攻撃メンバーのコストを時間回復で回復できるコスト内に押さえつつ、強化キャラを襲撃メンバーに回すことです。, 簡単な整理方法でいけば攻撃タイプは襲撃部隊、防御タイプ、補助タイプは迎撃部隊にしておくと簡単に構成でき、構成を組みやすいです。, 迎撃部隊は現在青色の体タイプを主体に補助を入れた構成が基本となっているため、こちらの襲撃チームは緑色の技タイプを入れておくと有利に戦うこともできます。, 緑の技タイプですので敵の防衛として良く出る冴島を中心とした体タイプに有利なほか奥義特攻の構えでボス襲撃時のポイントを一気に稼ぐことも可能です。, ヒートアクションでの自分の速度を上げる効果もドンパチではヒートゲージが維持されるため開幕から発動させやすく、使いやすい構成になります。, またもう一人SSRになりますが阿部雅也をリーダーにすることにより味方の攻撃力5%アップの他回復をもつSSR澤村遙に弱点をとれるため敵を突破しやすくおすすめです。, 迎撃部隊ではとにかく60秒生き残ることを意識したパーティーを組むことがおすすめです。, その二人はSRなので比較的楽に入手しやすく、特に熊切でターゲットを絞りつつ、麻痺や混乱、速度ダウンやこちらの防御アップキャラを組み込みましょう。, どうしても青色の体属性が多くなりがちなため、麻痺にできる赤の心属性SRの守屋深雪や相手の速度をダウンさせる心属性SR八乙女静香もおすすめです!, ドンパチはまずは負けても良いのでとにかく相手に攻撃をしてみて相手にされたら嫌なことを覚えておくと良いでしょう。, このキャラは麻痺使ってくるから早めに処理しておくなど考えられたり、麻痺持ちのこのキャラを使われて嫌だったから自分も育成して迎撃に組み込もうなど考えられます。, ドンパチに参加して連合の足を引っ張るということはないので初心者の方でもぜひ気楽にプレイしてみてはいかがでしょうか。, 次のHTML タグと属性を使用できます:
. 敵を全滅させての襲撃チャンスや、奥義Ptを貯めて一斉にボス強襲を放つ直前に発動できれば、与えるダメージを大幅に向上させることができるでしょう。 ドンパチの30分前までに「応援」ボタンを押しておくことで「ボタンを押したメンバーの数×2Pt」分、奥義Ptが増えた状態で開戦を迎えることができるからです。 襲撃時の獲得Ptを上げる「特攻の構え」も非常に強襲役に向いた奥義だと言えます。, まずは「ボス強襲」を発動するのに必要な奥義Pt(110Pt)を稼ぎましょう。 それこそが、ドンパチの最大の楽しみ方と言えるでしょう。. 1人、2人が発動してもほとんど効果は感じられませんが、こちらもある程度の人数で重ねがけすると大幅に防御力が上がり、敵の「攻撃の陣」の効果を帳消しにすることができます。, こうして味方の全滅を防いだ上で、連撃数をためて号令をかけたり、奥義Ptをためて「ボス強襲」につなげるといった他の戦術と組み合わせることで、ドンパチを有利に進めることができるでしょう。, ドンパチでは通常のストーリーバトルとは異なり、敵の迎撃部隊が「装備」を身に着けています。 あらかじめ参加できないことがわかっている場合は、なるべく「代理参戦」ボタンを押しておきましょう。 特に、最初から使える「開眼」はもっとも基本的かつ重要な号令です。 連合の仲間と戦術について話し合ったり、戦った敵連合の編成を参考にしたりして、自分だけの戦術を試行錯誤すること。 まずは「開眼」が使えるようになる1,500連撃を目指しましょう。, ドンパチの耐久力にあたる「連合Pt」は、「遊ポイント」を連合投資して連合レベルを上げることで増やすことができます。