安易に「死」を口にする若者たちに、もう一度、生きることの輝きを思い出してもらいたい、苦しみの中にあってもなお、前を向いてひたむきに生き続けてほしいというメッセージをこめて制作された。 松本 梨菜(まつもとりな、1998年 4月7日 - )は、日本の女優、タレント。 本名同じ。東京都 大田区出身。 元セントラルプロダクショングループセントラル子供タレント所属。. 『1リットルの涙』(いちリットルのなみだ)は、木藤亜也の同名のノンフィクション書籍を原作としたテレビドラマ。日本国内ではフジテレビ系列2005年10月11日から12月20日まで毎週火曜日21:00 - 21:54[1]に、「火曜21時」枠で放送された。, オープニングは、亜也が書いたと思われる日記の上にくしゃくしゃに丸められた1枚の紙が広げられ、その上に涙がいくつも落ちて、ドラマのタイトルが浮かんでくるというもの。その後、1冊のノートに見開き2ページ分の寄せ書きが映し出される。内容はいずれも励ましのメッセージである。, ストーリーの大まかな流れは第1話から第8話までが亜也が脊髄小脳変性症を発症し、明和台東高校から養護学校へ編入するまでの1年間の彼女とその家族の葛藤、第9話が養護学校での生活、第10話が養護学校を卒業してからの自宅療養や入院生活での彼女の苦悩、最終話では彼女が成人し、亡くなるまでの数年間が描かれている。, エンドロールでは、教室や病院の診察室といった、放映したエピソードにまつわる風景や野の草花や空を映した写真とともに、木藤亜也の在りし日の写真が映し出される。また、第7話より、亜也が書き残した文章が原文のまま、テロップで紹介されるようになった(※第6話までは彼女が遺したノートにつづられた文章を映していただけだった)。最終回のエンドロールでは、ドラマのメインテーマにあわせて家族の近況も紹介された。, 主人公・亜也の学校の合唱の課題曲として、レミオロメンの「3月9日」が使用され、同曲をオリコンチャートランク外から再びランクインさせた。同じく挿入歌の「粉雪」も最高2位を記録。, 日本PTA全国協議会のアンケートで、調査対象の小学5年生保護者、中学2年生保護者ともに2005年度の「子供に見せたい番組」の第1位に輝いた。オリコン集計の『2005年ドラマ満足度ランキング』では『電車男』、『ドラゴン桜』、『野ブタ。をプロデュース』をおさえて第5位に輝いた[2]。, オフィシャルホームページには、放送中に賞賛や感謝の言葉など書き込みが多数寄せられ、回を追うごとにその数も増え続け、フジテレビ連続ドラマのホームページ史に残る投稿数となった。放送終了1年以上を経てもアクセスが途絶えることなく多くのメッセージが寄せられた。, 父親役の陣内孝則や母親役の薬師丸ひろ子らベテラン陣はもちろん、ドラマ初主演となった沢尻エリカを筆頭に恋人役の錦戸亮、妹役の成海璃子、弟役の真田佑馬ら若手陣の演技力評価を(さらに)高める作品となった。特に沢尻はこのドラマで大ブレイクした。 Information site for "families who support children who fight illness", 中学3年生(15歳)で不治の病に侵された少女・木藤亜也さんとその家族が過酷な運命と向き合い、生まれてきた意味を問いながら、闘った10年間がつづられています。, 1986年(昭和61年)に出版されたこの本はすぐに話題となり、私は沢尻エリカ主演のTVドラマを毎週観ていました。, 2007年(平成17年)に母親の潮香さんの手記が発行されると、2冊を買って読みました。, 最近になって、フリマアプリに出す本はないかと本棚を整理していたらその2冊が出てきたので、開いてみました。, 我が家の場合、命の危険はないものの、即効の薬や治療法のない病気を抱える娘がいます。, 一体この先どうなるのか・・・ただ見守るしかない私自身の価値も見出せずに、落ち込むことが多い中、励まされた本です。, 「1リットルの涙」の木藤亜也さんが15歳の時にかかった病気は、脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)。, 身体の運動神経を支配している小脳・脊髄の病変によって、身体を動かす諸機能に障害が起きるようになります。, 手足を動かしたり、食べたり飲みこんだりする機能が徐々に失われていき、最後には呼吸が停止するか、衰弱による合併症のために多くの場合死亡する、現在の医学でも、原因も治療法もまだ究明中の病気です。, 知能は発病前と変わりなく健全に働いているので、次第に動かなくなる肉体に苦しめられることになります。, 亜也さんは、「人の役に立つ仕事がしたい」という夢を持って高校へ入学しましたが、身体がだんだん動かなくなって養護学校へ転校。, 卒業するころには大学進学どころか就職する場さえないほど障害が進み、やがて寝たきりとなり、食べることも話すことすらも難しくなっていきました。, 読書と書くことが好きだった亜也さんに、お母さんはずっと日記をつけるよう勧めていました。, 病気だから外に働きには出られないが、書くことはできる。それに手を動かすことは、機能喪失を少しでも遅らせることにもなる。, お母さんは亜也さんに、それでも自分にはやる仕事があるという希望と意欲を持ってほしくて、その日記を一緒に本にしようと約束しました。, 手の機能が衰えて文字がほとんど読み取れないほど乱れてきても、亜也さんは毎日1度は必ずフェルトペンを握りしめていました。, どこでも書けるようにと、自宅の各部屋にペンとノート、病院ではベッドでも車いすでも使える特製の机が取り付けられていました。, 過去の日記に目を通すのは娘の苦しい日々の再現であり、悩み、苦しみ、もがいていた心情を思うと感情が高ぶり、書き写せない日が何日もあったと言います。, それでも本が発行されると、読者からの手紙が日に数十通、病室を訪ねてくる人も1日に4~5人、などと反響が大きく、病院のベッドに横たわり世間から隔絶されていた亜也さんに、社会の風が吹き込みました。, 「わたしは何のために生きているの」…と問い続けた亜也さんに、人の役に立てていると感じられる日々が、訪れたのです。, 短く過酷な人生でしたが、亜也さんとその家族の生き様は、病気で苦しんでいる人や人生に悩んでいる人達に、とてもとても大きな勇気と希望を与えました。, うちの子も将来、病気の日々があったからこそ、自分だけの生きている意味を見つけられるのかもしれない、それならば私はわが子の運命を信じて、母として寄り添っていかなければ…そう思わせてくれる本です。, このシリーズには3冊目(平成18年初版)があり、亜也さんが1年間だけ通った高校時代の友人に書き続け、交流した手紙58通が掲載されています。, 読む順番は、母親の潮香さんの「手記」から読むのがわかりやすいかと、個人的には思います。. 『1リットルの涙』(いちリットルのなみだ)は、木藤亜也の同名のノンフィクション書籍を原作としたテレビドラマ。 日本国内では フジテレビ 系列 2005年 10月11日 から 12月20日 まで毎週火曜日21:00 - 21:54 [1] に、「 火曜21時 」枠で放送された。 ‚æ‚ˁB, @@@@@‚±‚ê‚́A•½¬\”ª”N\ŒŽ“ñ\‹ã“ú‚ɁA‚m‚g‚j‹³ˆçƒeƒŒƒr‚Ì, @@@@@u‚±‚±‚ë‚ÌŽž‘ãv‚Å•ú‰f‚³‚ꂽ‚à‚Ì‚Å‚ ‚é. 「1リットルの涙」最終回~遠くへ、涙の尽きた場所に~(視聴率20.5%、平均15.3%)を観ました。「おかあさんもうあるけない」木藤亜也さんも、ある日こんなふうに歩けなくなってしまったのでしょうか?やがて症状は体の内部までおよび、食事を喉に詰まらせてしまう亜也。 ナレーター: 若くして難病に冒され、時には大粒の涙を流しながら、限りあるいのちの意味を問い続けた一人の少女がいました。 その母親木藤潮香さん、六十九歳。木藤さんは娘の壮絶な生き方や心に突き刺さった言葉を数々語り伝える活動を続けています。 30年以上前の本ですが、色あせない闘病記。 中学3年生(15歳)で不治の病に侵された少女・木藤亜也さんとその家族が過酷な運命と向き合い、生まれてきた意味を問いながら、闘った10年間がつづられています。 1986年(昭和61年)に出版されたこの本はすぐに話題となり、私は沢尻エリカ主演のTVドラマを毎週観ていました。 2007年(平成17年)に母親の潮香さんの手記が発行されると、2冊を買って読みました。 最近になって、 … 舞台は、亜也が脊髄小脳変性症を発症しこの世からいなくなった半年後で、亜也の家族や原作にはない存在である遥斗が中心となって物語が展開するため、原作を土台としたオリジナルの内容になっている。亜也を演じる沢尻の新しい撮影シーンも織り込まれている。視聴率は17.0%を記録した。, 亜也が死去してから半年後。姉の姿をそばで見続けていた亜湖は看護師の道を目指し、家族以外でもっとも亜也に近い存在だった遥斗は、神経内科の医師としてかつて亜也が入院していた病院に勤務している。亜也という存在を失った喪失感を埋めようもなく自分自身を見失っている遥斗は、医師として亜也を救えなかったという意識に苛まれ、担当する患者に対しても距離を置いてしまっている。しかし“生きる”ことに後ろ向きな遥斗の患者・みずき(14歳)に対して、遥斗は初めて“池内亜也”という存在を語ろうと決心する。悩み、苦しみながらも懸命に生きることを求めた亜也の物語を通し、再び生きることを意識するようになるみずき。そして遥斗も亜也を語ることで、自らの苦しみから解き放たれていく。たとえ存在は消えてしまっても、亜也の残したものは引き継がれ、誰かの心の中に生き続けていく。, 家族と共に支える愛「1リットルの涙」 : 新おとな総研 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1リットルの涙_(テレビドラマ)&oldid=80176113, ドラマでの父・瑞生は豆腐屋を自営しているが、実際の父・木藤瑞生はサラリーマンである(『いのちのハードル』より)。, 実話では5人兄弟(2男3女)だが、ドラマでは4人兄弟(1男3女)である。これは次男・賢太朗が登場していないため。, 映画では診察室で片足立ちなどをするがドラマでは片足立ちになったり医師の指を追ったり診察室の外を歩いたりもする。, 著書にない恋人役の男性クラスメートの設定がある。これは今回ドラマ化にあたり、「亜也にも恋愛をさせてあげたかった」という母親の要望をフジテレビサイドが汲み取ったものである。なお、遥斗は生物部に所属しているが、原作でも生物部に所属する生徒が登場するので完全オリジナルのキャラクターではない(詳細はキャストを参照)。, 初回こそ13%台と当時としては低調なスタートだったが、尻上がりに数字を上げ、最終回では20%越えを達成した(ティーンズは26.3%、F2は23.4%)。最終回22時の池内亜也(. 香港では2006年10月15日から同年12月30日まで放送された。, 2007年4月5日にスペシャルドラマ(フジテレビ系)として、亜也の死から半年後について描かれた。詳しくは、後述の「#1リットルの涙 特別編〜追憶〜」を参照。, ※括弧内は登場人物の年齢。矢印の後ろの年齢は、ドラマで最後に登場した時の年齢を、ドラマの時系列をもとに計算した。, ※宮下信太郎を演じる森山は先に制作された映画版で患者役を演じており、ドラマではゲストという形で出演している。, ※明日美を演じる大西と菊枝を演じるかとうは先に制作された映画版で亜也と潮香を演じており、ドラマではゲストという形で出演している。, 2007年4月5日(木曜日)21:00 - 23:48に放送された。連続ドラマの放送終了後も公式HPに多くの感想が寄せられ続けるなど好評であったため、スペシャルとして復活。