作成者: 96期は、娘役トップは3人輩出しているものの、トップスターの輩出は難しそうです。 95期生の「3れい(礼真琴、柚香光、月城かなと)」は、トップスターは確実。, その他の95期のスターたちは? ・雪組…彩凪翔(92期) プログラムだけならば劇場併設の売店キャトルレーブ(他に日比谷・梅田などにもあり)などで歌劇団公演のプログラム同様、購入可能です。 95期のスターは、桜木みなと(122,123回)、朝美絢(124,125回)、月城かなと(126,127回 )と放送されています。, 突然の組替え、異動発表に驚きましたね。 公表されるのは前述の「文化祭プログラム」なので、それまでは決定していても内定?ということになります。 もしかして、タカラヅカニュースの中でのものだったのでしょうか?, ニュース番組で、宝塚音楽学校・95期受験を伝えるものがありました。 ファンにとっては先のスケジュールがわからない専科よりも、組配属の方がスケジュールがはっきりしているので、応援のしがいがあります。, 一時的な専科異動は、ファンに衝撃と残念感をとても感じさせるものでした。 1月2月は 暁千星編。(140、141回) <あらすじ>超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、笑顔で人々を救ける最高のヒーローになることを目指して、クラスメイトたちと試練の毎日を...続きを読む, <あらすじ>ただの人間には興味ありません!「この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と、誰でもそう思う…。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それに気づいたキョンをとりまく日常は、もうすでに超常になっていた…。涼宮ハルヒが団長の学校未公式団体「SOS団」が繰...続きを読む, <あらすじ>共鳴せよ、邪王真眼! ――――いや、無いから。 残念だが告白しよう。俺こと、富樫勇太は中学の時――中二病だった。だが、そんな黒歴史も中学と共に卒業して、順風満帆な高校ライフを満喫中というわけだ。このまま黒歴史も忘れていけるはず…。そう、はずだったんだ。しかし、事件は起きてしまった。いや、起こるべくして起きたというべきか…。そして、その事件をきっかけに現在進行...続きを読む, <あらすじ>幼い頃、星空を見上げた時に聴こえた「星の鼓動」のように、キラキラでドキドキなことをずっと探していた、香澄。高校に入学したばかりのある日、古びた質屋の蔵で出会った「星型のギター」に初めてのときめきを感じ、ずっと閉じ込めてきた気持ちが走りだす。同じように、輝ける場所を探していた4人の少女とともに。ひとりじゃ出せなかった音だって、5人ならきっと奏でられる。絶対ここ...続きを読む, <あらすじ>舞台は、少子化の影響で女子高から共学となった私立桜才学園高等部。その男女比は28:524。圧倒的な女子高生天国の中、津田タカトシはひょんなことから生徒会副会長に就任する。彼は作中登場キャラの中でも、ゴクゴク普通な一般・常識人。堅いイメージの生徒会。だがそこは、想像を遥かに絶するメンバーがいた…。. 花組の男役と星組の男役は対極にあるので、あかちゃんがすぐに星組に馴染めるか心配ですが、舞空瞳ちゃんが花組からトップ娘役として異動しているので、大丈夫かなと思います。 偏った見分かもしれませんが、私は自分のブログの記事に対する反響で、人気を勝手に判断しています。, 次なるスター候補が多いからこそ、「別格・2番手級の上級生スター枠」を置いて、番手ぼかしの中で別箱公演などで結果を残したスターを選別していくのかなと思っています。 投票可能回数:7. 「別箱公演」の主演などで大ヒットしたり、急きょトップの座があいたら、トップになる可能性がゼロではない。, ・花組…瀬戸かずや(90期) 現在上演中の『Music Revolution!』で初めてダンスのシーンの真ん中を経験して「ものすごく緊張して慣れることは無い」とラジオで語っていたので、組替えと重要な番手という二重のプレッシャーは、酷なので、時間をおいてあげられていくように思っています。, 97期トップスターの実現 インターネットで検索するとタカラジェンヌの本名を見つけることもできますが、基本的に現役タカラジェンヌの本名公表はご法度(すみれコードと呼ばれる禁止事項のひとつ)で、芸名と本名の併記は文化祭の時のみです。 例年宝塚大劇場のすぐ隣にあるバウホールで開催されていると思います。 「Brilliant Dreams」は、視聴者にアンケートを募っているので、誰の回が放送されるか、事前にわかります。 公表されるのは前述の「文化祭プログラム」なので、それまでは決定していても内定?ということになります。 「バウホール」の主演を経験してからの組替えだと扱いが良いのでしょうが、新人公演の主演だけなので、宙組では和希そら君の方が格的には上になりますが、174cmという長身は宙組では有利になると思われます。, 「実力重用」ということで、和希そら君は重用されていくと思っていましたが、組替えの対象にならず、さらに同期が組替えしてきて、今後の活躍について少し不安を感じるところがありますが、先ほど初回放送「Brilliant Dreams 和希そらpersonal編」やはり素敵だったので、今後に期待したいと思います。, 朝月希和ちゃんについて (過去に音楽学校生の知人=現在歌劇団在団中の方が居ま...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 以上、6回公演。上演時間は2回の休憩をはさんでほぼ2時間40分。 105期生文化祭、舞台稽古からメディアが取り上げた松岡恵さん ・月組…鳳月杏(92期) 専科に異動しての初の特別出演は、今年の5月の星組礼真琴くんの「全国ツアー」でした。 7月8月は、「Brilliant Dreams」は和希そら編です。(134、135回) 芸名を決めるのは本科生の9月頃に学校に提出して、過去の生徒(歌劇団団員=退団した人、現団員)や同じ95期生にダブりや非常に似た芸名、極端に読みにくい芸名や劇団として相応しくないものがあれば、考え直すように本人に返されたりして、決めるそうです。 永久輝せあくんは、雪組ではスター候補がつまっていたので、花組に組替えになりましたが、すぐに上の番手にあがらないのでは、と思っています。 過去にスカイステージで雪組の95期生だけの特集が組まれていたと思うのですが、その番組の名前がわかりません。もしかして、タカラヅカニュースの中でのものだったのでしょうか?間違ってたらすいません。宝塚音楽学校 第95期生文化祭 しかし宙組は他の組からトップスター候補が組替えしてくるのが今まで通常パターンなので、この先は読めないところがあります。, 星組の瀬央ゆりあ君は、愛月ひかるさんが組替えをしてきても、今までのスター路線に変更は無いと思います。 <あらすじ>「青春とは嘘であり、悪である」──こう書いた作文をきっかけに、「奉仕部」に入部させられた比企谷八幡。奉仕部では、息を呑むほどの美少女・雪ノ下雪乃、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣に出会い、ラブコメに展開──するはずが、八幡の残念な性格がそれを許さない! タカラジェンヌにとって「異動、組替え」は精神的にとてもプレッシャーだと聞きます。 トップになる保証は無いけれど、「2番手に近い別格的」な位置でトップスターを支える。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 愛月ひかるさんの専科異動が残念でしたが、星組全国ツアーを観劇した時にその活躍が嬉しかったので、星組への異動を嬉しく思っています。 をご存じでしたら、教えてください。, 本名と芸名が同時に掲載されるのは唯一音楽学校卒業前の「文化祭」のプログラムです。 105期生文化祭の日程. 5月6月は 瀬央ゆりあ編。(144、145回), こういうスパンの中で番組が計画されているので、和希そら君も水美舞斗君も路線落ちではありません。 いつも応援してくださってありがとうございます。, 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』. 永久輝せあくんの組替えによって、星組に組替えになるという傾向が強いのだと思います。 投票受付期間:2020年11月3日~2020年12月4日. 劇団には「駒を動かすように」安易な異動をさせないで欲しいと思います。, 博多座公演後、全国ツアーから星組生になって、現在上演中の星組公演『GOD OF STARS-食聖-』では、専科の華形ひかるさんの役を演じれば良かったのではないかと思います。 私は今回の組替えについて、2つの特徴を感じています。 <あらすじ>学園祭まであと一月と迫った秋の日の夕暮れ。崩壊した軽音楽同好会の最後の一人、北原春希は、放課後の窓際で学園祭のステージを目指してギターを弾いていた。それは、二年半ずっと真面目に過ごしてきた優等生が、卒業までの半年間に成し遂げようとした、ささやかな冒険。けれど、その拙いギターの音色に、流れるようなピアノの旋律と、鈴が鳴るような歌声が重なったとき……一人からふた...続きを読む, <あらすじ>高校1年生の春に、軽音楽部に入部した楽器初心者の平沢唯。部長の田井中律、恥かしがり屋の秋山澪、おっとりした琴吹紬の3人とともに、普段の部室でのお茶を中心に、合宿、学園祭、クリスマスと楽しい日々を過ごしていた。高校2年生時には、真面目な新入部員の中野梓を迎え、軽音部2度目の学園祭を5人のバンド「放課後ティータイム」として大成功を収める。そして唯たちは高校3年の...続きを読む. 礼真琴君が長期のトップだと思うので、トップを支えるスターとして活躍されるでしょう。, 雪組の朝美絢くんは、先日の「FNSうたの夏まつり」で「顔がいい」と大評判になっただけでなく、現在東京で上演中の「壬生義士伝」では、斎藤一に抜擢されて、芝居力が好評で歌唱力も上達していて、今後の活躍が最も期待されている「95期」だと思います。組内に95期がいないことが有利です。, 花組の水美舞斗君も、永久輝せあくんが組替えしてくるからといって、今まで通り実力派として柚香光君を支えるスターとして活躍されると思います。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 95期の活躍の差が顕著になったら、「組替え」も将来あるのではないかと思います。, 永久輝せあくんについて 106期生文化祭での様子. その公演では、小さな3番手羽根で、2番手級ではありませんでした。プログラムの扱いも。, 新生星組では、序列では多分2番目になるでしょうが、礼真琴君は長期にわたってトップに就任することが想定されるので、星組でのトップ就任というのは想定外だと思われます。 雪組組替え後は2番手娘役として活躍して、また花組では2番手娘役としての活躍の場が用意されていて、娘役冥利につきますね。 宙組の桜木みなと君は「オーシャンズ11」から3番手となって、その他のスターの中で一番位置が明確です。 星組の中堅の男役は歌ウマさんが少ないので、歌と芝居が得意なあかちゃんは即戦力として重宝されたらいいなと思います。「Dream On!」ではダンスも上達していました。, 紫藤りゅうくんについて 各組の「別格・2番手級の上級生スター枠」というものを明確に打ち出しているように最近感じていて、今回あいちゃんの星組異動から、その思いが強くなりました。, 劇団は「トップスターの若返り化」とともに、トップより上級生の「別格・2番手級の上級生スター枠」を設けて重用していく方針のように感じます。 月城かなと君は復帰後月組2番手となり、トップスターへの道を進まれていくと思います。 しかし2番手という位置だと思いますが、トップスター前提の2番手では無いと感じています。 今年はチケットがゲットできずに観劇できなかった「106期、107期文化祭」。 ここでの106期生の106期生の活躍は、前述の主席卒業の平野花奈さんをはじめとして、2番(娘役1番)の堀部さん、男役クラシック1番圓福寺さんなどの活躍は観劇された方から伝わってきています。 本公演トップお披露目「はいからさんが通る」では多分環役。別箱「マスカレード・ホテル」の山岸尚美役は男役さんが演じそうだけど、希和ちゃんにまわってくるのかな?, 宝塚のスター路線というのは、長い計画の中で練られています。 八幡の高校生活、いったいどうなる!? 候補数:9. ポチッと応援していただけると嬉しいです♪ 11月12月は 水美舞斗編。(138、139回) ひとつは、注目の「95期」に一人も該当者がいないこと。 何よりあいちゃん自身が「暫定的な専科」と始めから説明を受けていたのなら良いのですが、「先のわからない専科異動」ということだったら、精神的な苦痛が少なからずあったと思われます。 日時:2019年2月22日(金) 12時、16時 23日(土) 12時、16時 24日(日) 12時、16時 . 全国ツアーでは活躍していましたが、熱い星組の中では貴公子然とした品の良さが爽やかすぎるところもあったので、宙組の方がカラー的にあっていると思います。 (1)芸名を決める時期 (2)誰が何という芸名になったのかを知る方法(雑誌等にのるなら、何という雑誌の何月号なのか) 9月10月は、永久輝せあ編。(136、137回) 芸名を決めるのは本科生の9月頃に学校に提出して、過去の生徒(歌劇団団員=退団した人、現団員)や同じ95期生にダブりや非常に似た芸名、極端に読みにくい芸名や劇団として相応しくないものがあれば、考え直すように本人に返されたりして、決めるそうです。 琉花. (過去に音楽学校生の知人=現在歌劇団在団中の方が居ましたが「決まった」というだけで教えてもらえませんでした。外部の人に言ってはいけないキマリなのか、彼女が個人的に言いたくなかったのかは不明です) 永久輝せあくんが加わり、より「ダンスの花組」になると思うので、「Dream On!」の特別出演者で大活躍したマイティの活躍は必要でしょう。 もう一つは「別格・2番手級の上級生スター枠」というものが、はっきりしたこと。. 参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AD%A6%E6%A0%A1, 本名と芸名が同時に掲載されるのは唯一音楽学校卒業前の「文化祭」のプログラムです。 うろ覚えなので調べようとしましたが、今すぐにわかりません。 それは次のスターの育成までの暫定的な感じ。その場しのぎ。 スポンサーリンク 候補追加・編集:すべてのユーザーが可能 花組の異例のベテラン娘役さんの大量退団で古巣の花組に戻ることになったのでしょう。 <あらすじ>省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン、千反田える、中学からの腐れ縁、伊原摩耶花と福部里志。彼ら4人が神山高校を舞台に、数々の事件を推理していく青春学園ミステリ。「わたし、気になります!」奉太郎の安穏とした灰色の高校生活が、この一言で一変してしまった!! 過去の文化祭プログラムも宝塚歌劇関連のものを扱う中古ショップでよく見かけますよ。 その番組で、合格した人が、何という芸名になるのかを、知りたいと思っています。 97期は、娘役トップの輩出が0なので、トップスターを必ず輩出すると思われ、そのターゲットが永久輝せあくん, 綺城ひか理くんについて 綺城ひか理くんが「Dream On!」での活躍をはじめ、実力をかわれて星組に組替えになるのに、マイティの「Dream On!」活躍が無視されるなら「劇団は何を見ているのか」と感じます。, 96期の和希そら君も大好きで、良く記事に書くのですが、反響が大きいです。応援しているファンの方の多さを感じます。 にほんブログ村 昨年までは、瀬央ゆりあ君と対で使われることが多かったのに、現在上演中の『GOD OF STARS-食聖-』では、アイドルグルーブに入ラなかったし、ショーでは極美慎君と対の扱いで発光している極美くんと比べて目立っていないので、宙組の方が活躍できそうです。 過去にスカイステージで雪組の95期生だけの特集が組まれていたと思うのですが、その番組の名前がわかりません。 この組替え、異動が、お一人おひとりの活躍、HAPPYにつながるように願っています。, ここまで読んでくださってありがとうございます。 文化祭は2月頃に行われるのだったと思います。 ・星組…愛月ひかる(93期), 今年「2番手退団」が大きなファンの反感をかったので、「別格2番手はトップになる保証は無い」ということを明確にした方が良いと思いますが、そのあたりはボカサレテいくのでしょうか?, 愛月ひかるさんについて 場所:宝塚バウホール. 宝塚のスケジュールは2年程度の長期に渡って組まれているので、他組への落下傘の可能性があるのなら、「専科」でよかったわけで、敢えて組配属になったということは、向こう2年は落下傘トップの可能性は無いということ。, 2番手の別格的な位置で活躍していかれるのだと思います。 私は今回の組替えについて、2つの特徴を感じています。 ひとつは、注目の「95期」に一人も該当者がいないこと。 もう一つは「別格・2番手級の上級生スター枠」というものが、はっきりしたこと。 愛月ひかるさんの専科異動が残念で … 「巴里祭」は、日程をずらせば他の組でもできたでしょうし。安易な考え方でしょうか。このあたり「宝塚の人事」の闇です。, 組替え、異動に「95期生」が一人も含まれていなかったのが「今回の特徴」です。 3月4月は 真彩希帆編。(142、143回) 普通にチケットも販売される行事ですが、予科生も出演しますし、音楽学校生の家族や友人知人、未来のタカラジェンヌを観ようというファンにも人気の高い行事で、座席数500席のバウホールでの2回公演ですから、チケット入手は難しいかもしれません。