・ 今日は、MRTラジオ 『スイッチ音time♪』を担当しました。 月曜日から金曜日まで、お昼12:00からの1時間、MRTアナウンサーが生放送でお送りしている番組です。 の~んびりお付き合い頂ければ嬉しいです♪ 写真は、放送後の一枚。 頂いたお便りを、全てじっくり読ませて頂きました。 株式会社宮崎放送(みやざきほうそう、Miyazaki Broadcasting Co., Ltd.)は、宮崎県を放送対象地域とした中波放送(AMラジオ放送)事業とテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。略称はMRT(Miyazaki Radio & Television)。, 1954年(昭和29年)7月に、宮崎県最初の民放として開局した。ラジオ(コールサイン:JONF、宮崎 936 kHz / 5 kW)はJRN系列とNRNのクロスネット局。テレビ(コールサイン:JONF-DTV、宮崎 15ch / 1 kW)はJNN系列。, 親局(送信所)はラジオがAM936kHz / FM90.4MHz、テレビが15ch(リモコンキーID:6ch)で送信しており、宮崎県外でも視聴・聴取が可能である。, 社屋(演奏所)は宮崎市の中心市街地にある橘通りにあり[1]、関連施設として社屋内にテナントビルの「MRT micc」が、隣接して有料駐車場の「MRTパーキング」がある。これらを総称して「MRTセンター」または「MRT会館」と呼ぶ。, 主な自社制作番組枠として1984年から開始した10時台(JST、以下同様)のローカルワイド番組(2014年7月2日以降は『モーニングてらす』)と、1974年10月に開始した18時台の報道番組(2010年3月29日以降は『MRTニュース Next』)がある。, 毎日新聞や朝日新聞とは、1970年に開局したテレビ宮崎(UMK)と比較して関係が深い[2]。地元紙の宮崎日日新聞とも開局時には関係が深かったものの、テレビ宮崎の開局の際に「マスメディア集中排除原則に反することとなった」ことを理由として同紙はテレビ宮崎との関係を強めるようになった。ただし、2019年現在も宮日文化情報センターと宮日カルチャーMRTミック教室が社屋内に入居しているなど、一定の関係が残っている。, 局ロゴとして2006年8月から2014年6月まで、波を基調とした赤いロゴマークを使用していた。ただし、1984年の開局30周年を機に改定されたローマン体のロゴが企業ロゴおよび社章で、放送設備などに状況に応じて使っていた[3]。「MRT micc」と同施設の実質的な駐車場の「MRTパーキング」では2018年現在も1984年からのMRTロゴがそのまま使われている。1984年までは細長いゴシック体が(末期はMが青、Rが赤、Tが緑だった)使用されていた。また、2006年から開局以来はじめてシンボルキャラクターを制定し、「ミーモ」「くーたん」「ぴよ蔵」の3体がお披露目された。, 2014年7月1日から、黄緑を基調に小文字で「mrt」表記の新しいロゴマークが制定された。同時に「宮崎放送」の和文ロゴも改定された。ただ、東北放送(TBC)、北海道文化放送(UHB)と同様に、小文字はロゴのみで用いられている。, 1953年5月30日、当時の郵政省が発表した「標準放送周波数割当計画表」により、宮崎地区に1490kc、1kWが割り当てられたことから、宮崎県内でも民放局の開局が可能となった。ところが当時は、朝鮮戦争後の不景気(スターリン暴落)により、宮崎の財界では当初開局に向けた動きは全く見られなかった。そこに目をつけたのは鹿児島県のラジオ南日本(現在の南日本放送)であった。ラジオ南日本は宮崎に中継局設置を計画しており、用意は周到であったという。[要出典], この動きに歯止めをかけた人物は、日向日日新聞(現在の宮崎日日新聞)社長であった。「鹿児島の電波が宮崎の空を飛ぶと、今に鹿児島資本に支配される。」などと、ラジオ南日本の誘いに乗りかけていた岩切章太郎(宮崎交通社長)や行政側(宮崎県など)をも巻き込み、1954年3月24日にラジオ宮崎(RMK:Radio Miyazaki K.K.)の設立にこぎつけた。3か月に及ぶ試験放送を経て、1954年7月1日に宮崎市下北方町(宮崎市立大宮小学校に隣接)からラジオ放送を開始。宮崎放送ではこの日を開局日としている。, 1960年10月1日にはテレビ放送を開始。テレビ放送の送信所は当初宮崎市北部の丘陵地、平和台に設ける予定であったが、中継局を大量に設置する必要があったため鰐塚山に変更された。この変更で親局のみで宮崎県内の7割以上をカバーするに至ったが、鹿児島県側にもスピルオーバーが発生し、鹿児島県の放送局にも影響を及ぼすことになった。特に大隅半島では容易に視聴できたため、南日本放送は自社の視聴者確保のために急遽鹿屋中継局(同局初の中継局)の設置計画を立てることとなり、ラジオ開局時と逆の事態が発生した。1961年7月には社名と略称を現在の宮崎放送(MRT:Miyazaki Radio & Television)に変更。1966年12月10日にカラー放送を開始した。, 1984年9月の開局30年を機に、本社機能を宮崎市中心部の橘通りに移転し、"MRT micc"とMRTパーキングを開業。1987年7月には、初代社屋隣にあったラジオ送信所も宮崎市一ツ葉に移転し、下北方町にあった初代社屋跡は住宅地となった。, 1990年8月29日には音声多重放送とクリアビジョンを、2006年12月には地上デジタル放送とワンセグの本放送を開始した。, 2007年には関連企業のデンサン運営の下でポータルサイト「miten」(ミテン)を開設。宮崎放送の各番組との連動コンテンツや動画なども用意されている。, 2008年からはキープみやざきビューティフルを発展させたAction みやざき エコライフキャンペーンをラジオ・テレビ双方で展開し、これに関連して2008年7月26日に宮崎県・都城市と「企業の森林づくり」事業の協定を締結した。宮崎放送では2008年からの10年間に渡り、都城市関之尾町にあるミーモの森を整備していく。[9][10], ラジオの放送時間は、5:00基点の24時間放送で、毎週月曜未明 1:00 - 5:00に休止。, 送信所が海抜1000mを超える鰐塚山にあるため、アナログ放送は隣県鹿児島県の鹿児島市内や種子島を始め、四国の愛媛県南予地方まで電波が届いた[30]。また、県北部の延岡局の電波は、海を挟んだ高知県の土佐清水市、大月町にも届く。高知新聞朝刊の第2テレビ面や産経新聞の高知県向けテレビ欄にはMRTの番組表が掲載されている。, 九州の放送局では唯一、リモコンキーIDとしてキー局のTBSテレビと同じ「6」を使用している。, 宮崎放送は放送対象地域外(宮崎県外)でも視聴・聴取することもできる。宮崎放送側でも2007年7月期のラジオタイムテーブルで高知県の南西部、熊本県の球磨地方、大分県の南部、鹿児島県の大隅半島全域をサービスエリアとしている。, しかし、資料により公式のサービスエリアが異なることがある。鹿児島県を例にすると、テレビ開局時(1960年10月)の日向日日新聞(現在の宮崎日日新聞)に掲載された特集ではテレビの県外受信地域は鹿児島県の大隅半島および鹿児島湾沿岸地域となっていたが、『宮崎放送三十年史』などではその中から鹿児島湾沿岸が省かれ、西端が鹿屋市付近に狭められていた。更に『MRT宮崎放送50年史』ではほぼ県境に沿ったエリアに狭められた。, ただし、鹿児島県内でも広く受信可能な地域が存在することは事実であり、上述のとおり鰐塚山にテレビの親局を置いたことが鹿児島県の南日本放送(MBC)が鹿屋中継局を設置したきっかけとなった。1972年3月に志布志湾の新大隅開発計画に関する報道特集を放送した際には、鹿児島県内の関係者でも話題となり放送時間の問い合わせがあったという。, 宮崎放送のマスコットキャラクターには赤がベースカラーで、頭にプロペラ、薄黄色のポシェットを正面向きにぶら下げていて、モチーフが存在しないオリジナル造形のミーモ、テディベア風にアレンジした河童のく〜たん、ピンク色のヒヨコのぴよ蔵(ぴよぞう)がいる。ミーモが主役格で、他のキャラクターは小さく描かれていることが多い。2006年に赤いステーションロゴと一緒に初登場し、テレビ関連のマスコットキャラクターとしては珍しく、登場当初から複数体用意されている。2014年に黄緑色で『mrt』と表記された現行ロゴへの変更後もキャラクターは変更されていない。 ブンブンブン. ぶらり宮崎さるき隊. バリ朝土曜日. お父様の夕焼け倶楽部. !」, 田原俊彦 君とSHOWERING NIGHT SHE!SAYS!DO! サンデーラジオ大学. http://listenradio.jp/, 番組では皆さんの声を大募集しています!武蔵小杉・川崎に限らず、広く情報、意見、ウワサ、告知、応援メッセージを募集しています。ラジオに出て告知したい、イベントの取材に来て欲しいなそ、まずは気軽にメールください。採用された方には番組特製ステッカーをプレゼント致します。メールにはお名前、送付先住所をお忘れなく!お便りは下記のメールフォームからお送りいただけます。また番組のtwitterアカウントへリプライ、ハッシュタグ「#コスギスイッチオン」へコメントでも受け付けています!, Twitter ? mrt宮崎放送による公式サイト。宮崎県内の最新ニュース、宮崎各地の天気、mrtのテレビ番組とラジオ番組の紹介、宮崎で行なわれるイベント情報など様々な情報をお届けします。 Design by http://f-tpl.com, 注目の街、武蔵小杉から発信する、武蔵小杉・川崎の今を伝えるラジオ番組『コスギ スイッチON!』。2016年4月の放送開始から、毎回ゲストを招いて生放送!かわさきFMの電波から、毎週木曜日14:00~15:00放送。武蔵小杉・川崎の歴史や今、これからについて爆笑弾丸トークをお届けしています。. ^ TOSテレビ大分はNNN・NNS系列、FNN・FNS系列のクロスネット局2. mrtラジオ歌のない歌謡曲. エ・コ・コロ カフェ. スイッチ!音♪time. 都農町 趣味. 問題まで幅広くとりあげる。, フォーク全盛期の名曲に捧げる熱い想いをギター片手に道本晋一がほのぼのと弾き語る, 『菅田将暉のオールナイトニッポン』, 『星野源のオールナイトニッポン』, 『乃木坂46のオールナイトニッポン』. 宮崎放送の番組表はもちろん、各番組の紹介・イベント情報などが盛りだくさん。ラジコプレミアムなら日本全国で宮崎放送が聴き放題。|インターネットラジオならラジコ フレッシュAM!もぎたてラジオ. 1954年(昭和29年)7月に、宮崎県最初の民放と … 注目の街、武蔵小杉から発信する、武蔵小杉・川崎の今を伝えるラジオ番組『コスギ スイッチon!』。2016年4月の放送開始から、毎回ゲストを招いて生放送!かわさきfmの電波から、毎週木曜日14:00~15:00放送。 担当番組. コスギ スイッチON!(ラジオ番組), かわさきFMのサテライトスタジオは、JR武蔵小杉駅北口を出てすぐのタワープレイス1階の中にあります。コスギスイッチON!の放送時間にお越しの方には、番組特製ステッカーを差し上げています。更に、スタジオ内にお招きすることも…?!どなたでも、気軽にお立ち寄りください。, コスギ スイッチON!では、番組スポンサー、サポーター、ボランティアスタッフを募集しています。お気軽にお問い合わせください。, 特集:変わる、武蔵小杉駅前 道が広場になる?社会実験 KOSUGI 3E OPEN TERRACE ゲスト:稲 …, 特集:プロレスリング HEAT-UP ゲスト:プロレスリングHEAT-UP  TAMURA(タムラ) パーソナ …, 特集:コスギ×まんなか Youtubeプレミア 公開ステージの詳細 ゲスト:吉川由維(studio TREND …, Copyright(c) 2020 コスギスイッチON! Facebook ? →あなたが歌うザ・カラオケ(1986年10月-?), わが青春のメロディー~なつかしのスターとともに~(1984年10月-?)→わが青春のメロディー(1985年10月-1987年3月), マーク・ピーターセンのおはようインタビュー(1985年4月-?)※『みやざき朝一番』土曜特集, 莉絵とおっちぃの民謡ジョッキー(1985年10月-?)→莉絵と解さんの民謡ジョッキー, うまか情報局(1986年7月-?)→ぶっとび!うまか族(1991年10月-1993年4月), MRT SUPER WIDE ハロー!日曜族(1986年10月-?)→ハロー日曜族II, 桜田明彦のぽっぷん王国(1986年11月-1990年3月)→ぽっぷん王国ミュージックスタジアム(1990年4月-?), 片健のケンケンガクガク(1988年3月-?)→カタケンの観光地診断(1988年10月-?), Cokeバラエティー 日曜するぞーッ(1988年4月-?)→COKE SUNDAY SPLASH(1991年7月-?), 吾子とはじめのいもがら♪かぼちゃ7時です(1989年4月-89年10月、90年4月-10月、91年4月-9月)→吾子&はじめのいもがらかぼちゃ(1989年10月-90年4月※20時台、90年10月-91年4月※21時台), MRTザ・歌BAN(1989年10月-1990年3月)※テレビO.A.に1時間遅れて同内容を放送, MRT 22ナビゲーション~銀座4丁目からこんばんは!~(1990年4月-?)→22ナビゲーションスペシャル(-1993年4月), サタデー・サロンタイム・スペシャル"Music Cruising"(1991年10月-1992年3月), 歌春一座がまいりました(1998年10月-1999年9月)※MRT開局45周年記念ラジオ番組, 大淀川とわたし(2003年8月2日)※『Keep Miyazaki Beautiful』由来のラジオ特番, 土曜の王様〜ドッキング☆ラジオ(2008年4月-?) →※現『超☆ドッキングラジオ』枠, roots~遙かなる時の彼方~(土曜 18:00 - 18:30 / - 2020年9月26日), ヒデキとこず恵の楽しいデート(1973年-?)→ヒデキとケン坊の「鬼さんこちら!